目次 > 参考資料 >

資料 書籍・映画・ドラマなど一般公開されているもの

resource, 2018.07.30, 2024.05.20 評価(A)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪・ガスライティング、その他の社会的な不正に関する資料です。

ここにないものでもっといい資料もあるだろうと思いますので各自で調べてみてください。

分類の基準や関連の弱いものを入れると、たくさんありすぎるので全部を網羅するというよりは、関連が強いと思われるものを集めていこうと思います。

本やDVDを買うなら、まずはネット検索がおすすめです。

ある程度有名な物なら近くの図書館やレンタル店に置いてあることもあります。

返却期限があるので中身を確認しないで放置してしまう危険も減ります。 2018.7.30, 2019.9.26

更新履歴 2024.05.20 被害報告集Kindle版 追加
2023.05.09 改行などデザイン調整
2023.02.14 『歯車』追加

目次

集団ストーカー・テクノロジー犯罪

犯罪調査・証拠確保・書類作成

一般書籍

テクノロジー犯罪関連書籍

被害者団体・探偵などの関連書籍

技術関連書籍

精神医学/医療関連書籍

洗脳/マインドコントロール関連書籍

社会的な不正・犯罪(真相究明・陰謀論など)

関連・参考

集団ストーカー・テクノロジー犯罪

『マトリックス解読』 The Saint (ロバート・ダンカン) 著 葉山真、noa 訳 2022/1 2022.4.30

700番 第二巻/第三巻』『700番 第一巻』(2017.2.17 2017.3.19 ASKA著)
逮捕・強制入院などの出来事の中で受けていた集団ストーカー被害にも言及(*「第二巻/第三巻」が先に発売 「700番 第一巻」は同氏のブログ名でもあった)

『おれに関する噂』(1972 筒井康孝著)
平凡なサラリーマンが、ある日突然、マスコミのネタ作りのためにストーカーされる話。(ai-syuusuto-kaisetu | 集団ストーカー的な内容を扱っている作品より引用) メディアストーカーに類似した物語

介護うつ お姉ちゃん、なんで死んじゃったの 姉・清水由貴子のラストメッセージ』(2009.11 出版:ブックマン社 ISBN:978-4-89308-728-7

『ガス燈』(映画1940年 舞台1944年)
ガスライティングの語源になったマインドコントロール映画

ゲーム』(1997年 映画 原題:The Game 主演:マイケル・ダグラス アメリカ)
集団ストーカー犯罪の手法の数々が実写化された映画

黒い手帳
黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録』(2009.2.27 矢野絢也著)
「黒い手帖」裁判全記録』(2009.7.1 矢野絢也著)

『ザ・サークル』(映画 原題:The Circle)

『サイコパス』(アニメ・映画)
政府がAIで人の危険性向を判断する警察国家物語

『サトラレ』(漫画・ドラマ・映画)
思考盗聴からの集団思考送信を病気扱いする映画 関連:サトラレ | 感想やコメント 周りの人全員に心の声を聞かれてしまう多人数共有型の思考送受信被害

『実験室KR-13』(映画2009年 アメリカ MKウルトラの実験計画)
21世紀に入っても極秘裏にMKウルトラ計画の研究を続けている架空の組織が、治験アルバイトとして募集した一般人を対象に人体実験を行うというストーリー。
史実のMKウルトラ計画の内容について言及するシーンがあり、カウンターテロリズムとの関連性が示唆されている。
ただし作中行われる実験の内容は史実とは大きく異なっており、ある条件を満たす適合者の選抜を目的としている。(Wikipediaより引用)2018.9.27

スノーデン』 (映画2016年 原題:Snowden アメリカ)
元CIA/NSA主人公が政府の民間人への無差別監視を暴露した事件を映画化したもの 参考:スノーデン(映画) Wikipedia

ゼイリブ

『セル』(映画 原題:Cell)

『トゥルーマンショー』(映画1998年 アメリカ)
主人公の男性は生まれた時からドキュメンタリー番組の被写体になっており、24時間、365日、撮影、生放送されているという話。(ai-syuusuto-kaisetu | 集団ストーカー的な内容を扱っている作品からの引用)

迫害の恐怖』(1999.5 飯塚英記著 文芸社)
電磁波迫害の被害者が国を相手に裁判し判決をえるまでの小説 2018.10.21
小さい声が聞こえる」(笠置和子著 Amazon Services International, Inc. 電子書籍 2017年前後) 2018.12.27

ベースメント』(2017年7月21日 映画)
集団ストーカーを含む日本の地下社会を扱った映画 映画情報 2019.4.28

コミティア126「防 犯 利 権。」第1巻(PDF版)』(2018年 春瀬由衣著)
サスペンス調の同人小説 2019.9.23

まんが死ぬかと思った悲惨な話』(2017年12月11日 アンソロジー著 コアコミックス 漫画)
ルポ漫画のひとつに『死ぬまで追い詰めるストーカー集団』が収録 2019.4.28

犯罪調査・証拠確保・書類作成

反集スト活動は犯罪対策と撲滅運動です。

犯罪をなくすには証拠を取ることと合わせて警察・検察・裁判所を納得させる調査証拠文書・資料の作成が必要になります。

そのためにはこのテーマで扱う分野の知識・技能が必要になります。ここに挙げているのは検索で目に付いたものの一部です。

実際には、各分野に教科書的な代表書籍があるだろうと思いますので探してみてください。 2018.11.19

自分で調べる技術―市民のための調査入門』( 宮内泰介著 岩波アクティブ新書 2004.7.6 ISBN-10:4007001170 ISBN-13:978-4007001178)

調べる技術・書く技術』(野村進著 講談社現代新書 1940 2008.4.18 ISBN-10:4062879409 ISBN-13:978-4062879408)
ジャーナリストの調査・文書作成術 2018.11.19

Lawより証拠 ある「証拠調査士(エビデンサー)」の事件簿』(平塚俊樹著 総合法令出版 2008.7 ISBN: 978-4-86280-076-3 )
思ってもみなかった方法で、どんな事件もすべて合法的に解決するすごい男が日本にいた!(引用) 集スト犯罪も掲載 2020.3.10

プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?』(喜多あおい著 祥伝社 2011.7.30 ISBN-10:4396614012 ISBN-13:978-4396614010)
テレビ番組リサーチャーが教えるプロのノウハウ 2018.11.19

勝てる「資料」をスピーディーに作るたった1つの原則』(喜多あおい著 マイナビ新書 2015/3/24 ISBN-10:9784839952709 ISBN-13:978-4839952709)
「資料は読ませるな」(引用) 2018.11.19

「犯罪 捜査」 - Amazon 本検索
敵のやり方を理解しつつ問題解決に応用 2018.11.19

一般書籍

『意識と脳』(スタニスラス・ドゥアンヌ著)

健康を脅かす電磁波』(荻野晃也著)

電磁波・化学物質過敏症対策 (克服するためのアドバイス)』(加藤やすこ著)

歯車』(1927年 芥川龍之介著 小説)
主人公がガスライティングやアンカリングなどで疑心暗鬼に陥るなど集ストに当たる被害が描かれている。また著者の芥川も発表の同年に服毒自殺している。
関連 今回の気になったコンテンツ

坊ちゃん』(1906年 夏目漱石著 小説)
主人公の教師が生徒から監視され集団ストーカー被害を受ける場面がある

テクノロジー犯罪関連書籍

黒い陰に輝く光』 著者:ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデ/訳者:石橋輝勝 (2021/03/12) ISBN:978-4-286-21638-6

電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている』(2011.7 ニック・ベキーチ著 訳:内田智穂子 成甲書房)

Advice for the Targeted Individual and Gang Stalking Victim』(電子書籍)

Silent Holocaust』(Bridget S.Howe著 電子書籍)

Closing The Gap Gang Stalking』(書籍)

Targeted Cyber Attacks』(Aditya Sood著 電子書籍)

Targeted individuals」(Phiem Nguyen著 電子書籍)

Project:Soul Catcher:Secrets of Cyber and Cybernetic Warfare Revealed』(ダンカン著)

脳神経倫理学の試論』(2022/4/9, 間何歩著, ASIN:B09XLHN5S7, 倫理学の文庫, Kindle版)

被害者団体・探偵などの関連書籍

集スト・テク犯被害者であれば想像がつくでしょうが、本も違法ですが検閲されています。

特に被害者の出す被害者本などは検閲が厳しくなっているはずです。

その結果、被害者本の内容は半分が事実、半分が嘘といったイメージで、半分しか本当のこと書けないようになってしまっているようです。

さらに明らかな偽被害者/工作員が書いた情報操作本もあるようなので注意してください。

残念ですがこのカテゴリーの本は印象操作・心理誘導されないように注意して読む必要があります。

たとえば、古牧和都は、集スト関連のそれらしいタイトルの本を何冊も出しています。

ですが、加害者と同じく集ストを被害妄想だとして存在しないと言っています。

犯罪を隠蔽する立場なので彼の主張はあまり信用できないものが多くなっているはずです。 2018.8.7, 2018.11.21

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集(2) 遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告』(テクノロジー犯罪被害ネットワーク著)感想 2019.9.17

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告 Kindle版』著者:内山 治樹 発売:2023/02/21

早すぎる?おはなし テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌』(内山治樹著)

集団ストーカー認知・撲滅』(2014.8.8 安倍幾多郎著 Parade books)

証拠調査士は見た! ~すぐ隣にいる悪辣非道な面々』(2012.5.25 平塚俊樹著)

集団ストーカー体験しました 電磁波被害もあるよ!』(メロディー著 テク犯ネット会員)

『集団ストーカー―盗聴発見業者が見た真実』(2007.9.10 古牧和都著 晋遊舎ブラック新書)
探偵、妄想原因説論者、被害には比較的公正、(12ページまでは) http://www.johoguard.com/SSK.html https://ameblo.jp/jgblog/

< 古牧和都のその他の著作 >
彼の著作は加害者研究などの目的以外ではあまり読む意味はないだろうと思います。2018.11.21
『集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール: 被害妄想とは何か、その原因と対策』
『電波な人々: 怯えて暮らすドン・キホーテな人々の事例集』
『電波な人々Ⅱ: 見られている聞かれていると感じたら読む本』
『電波な人々Ⅲ壮絶なる勘違いワールド』
『被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する』
『シックスサマナ 第20号 真夏の夜の被害妄想』
『凡人教育のススメ: 社会に適応できなくなってしまった人達を教訓にした育児・教書』
『隣人クライシス: ご近所トラブルに潜む知られざる実体』
『初心者用 盗聴・盗撮発見マニュアル』

技術関連書籍

テク犯関連では、電気、磁気、電波、電磁波、電気回路などが基礎知識となります。

本気でテク犯防御や証拠取りをするなら、ある程度までの理解は必須となります。幸い図書館にもかなり置いてあります。 2019.9.26

フューチャー・オブ・マインド 心の未来を科学する』 2015/2/20 ミチオ・カク(著) 斉藤 隆央(訳)  NHK出版  ISBN-10:414081666X ISBN-13:978-4140816660) 2021.2.6 紹介記事

実戦スパイ技術ハンドブック』(2007/9/11  バリー・デイヴィス(著) 伊藤 綺(訳) 原書房 ISBN-10:4562040971  ISBN-13:978-4562040971)

電波吸収体の技術と応用,第2巻』(2008 シーエムシー出版 ISBN 4882319616, 9784882319610)

電波工学 (電気・電子系教科書シリーズ)』 松田 豊稔 (著), 南部 幸久 (著), 宮田 克正 (著) 2008/3/1

図解雑学 電気・電子のしくみ―絵と文章でわかりやすい! 』三木 茂 (監修), 桑原 守二 1997/1

電磁波吸収・シールド材料の設計、評価技術と最新ノイズ対策 』 2016/9/30 2019.9.29

精神医学/医療関連書籍

DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル』(米国精神医学会)
DSMは精神医学/医療が根拠としている嘘精神医療の原因 2018.11.19

DSM-5精神疾患の分類と診断の手引』(米国精神医学会)

精神科から抜けるための一歩目』(内海聡著 Kindle版) 2018.11.19

精神科は今日も、やりたい放題』(内海聡著 三五館/PHP研究所/Kindle 2012.4.5)

大笑い!精神医学』(内海聡/めんどぅーさ著 三五館/Kindle 2012.12.3)
漫画で精神医学の悪行を追求

心の病に薬はいらない! 』(内海聡著 かんき出版 2013.4.8 ISBN-10:4761268972 ISBN-13: 978-4761268978)

信じる者は救われない!インチキ精神医学 その現状 第1巻』(小倉謙著 チェンジ・ザ・ワールド出版 1版 2013.9.10)

統合失調症―患者・家族を支えた実例集』(林公一著 保健同人社 2007.1.6 ISBN-10:483270334X ISBN-13:978-4832703346)
犯罪隠蔽に使われる嘘の精神医学理論を補強する悪書の例 同類本多数 2018.11.19

< 参考 >

関連基本書籍の抜粋 2011/11/20
統合失調症関連本の紹介と書評・関連記事 2018.11.29

上の記事から書籍部分のみ抜粋。

『精神分裂病の世界』 宮本忠雄著 (紀伊国屋書店)
『統合失調症--精神分裂病を解く』 森山公夫著 (ちくま新書)
『精神病を知る本』 (宝島社文庫)所収 「物語としての精神分裂病」、「精神病にとって「治る」とはどういうことか」 赤坂憲雄著
『影の現象学』 河合隼雄著 (講談社学術文庫)
『モーパッサン短編集<3>』(「オルラ」) (新潮文庫)
『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』 ルドルフ・シュタイナー著 (ちくま学芸文庫)
『太陽の秘儀』 キリアコス・C・マルキデス著 (太陽出版)
『マイナスエネルギーを浄化する方法』 小栗康平著 (ランダムハウス講談社) (新版 『症例X-封印された記憶』 ジービー)
『大笑い!精神医学』 内海聡著 (三五館)
『精神医療に葬られた人びと』 織田淳太郎著 (光文社新書)
『精神に疾患は存在するか』 北村俊則著 (星和書店) 2018.11.29

洗脳/マインドコントロール関連書籍

『Gaslighting: How to drive your enemies crazy』 Victor Santoro著 Loompanics Unlimited刊 1994年 ISBN 1-55950-113-8
AGSAS戸崎さんが要約しているガスライティングの原本 参考:AGSAS 【 ガスライティング詳細解説 】 2018.11.12

S・ミルグラム 岸田秀訳 『服従の心理』

多重人格はこうして作られる―モナーク・プログラミング・マインドコントロール』(1996/5 超知ライブラリー)

マインド・ウォーズ 操作される脳』(ジョナサン・D・モレノ著)

アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化』(2003/10 小出エリーナ著 東京図書出版会)
アメリカの一般市民への脳内音声兵器による人体実験の記録など

『PHYSICAL CONTROL OF THE MIND』(1969 ホセ・マニュエル・ロドリゲス・デルガド著)
黒い陰に輝く光』 著者:ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデ/訳者:石橋輝勝 (2021/03/12) ISBN:978-4-286-21638-6

電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている』(2011.7 ニック・ベキーチ著 訳:内田智穂子 成甲書房)

電磁波脳インプラント(スティモシーバー)による闘牛の停止実験で有名なデルガド博士の研究書。動物実験を元に心の物理的コントロールを研究。 2020.1.7
< 参考 >
ホセ・デルガード博士とスティモシーバー Jose Manuel Rodriguez Delgad 2020.1.7
NPO テクノロジー犯罪被害ネットワーク 資料 PHYSICAL CONTROL OF THE MIND 心の物理的コントロール 2020.1.7

驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書) 新書』(2018/8/7 ニコラス・スカウ (著), 伊藤 真 (著) 電子書籍) 2019.7.15

Brainwashed, A Thriller』(Ruth Harris and Michael Harris著 電子書籍)

『影なき狙撃者』(1962年・米 ジョン・フランケンハイマー監督)
朝鮮戦争にて共産主義者に洗脳された米兵が無意識に殺人を犯していく小説が原作の映画。2018.10.24

『陰謀のセオリー』(1997年、映画)
登場人物の1人がかつてMKウルトラ計画に関与していたことを告白するシーンがある。(Wikipediaより引用)

『洗脳 地獄の12年からの生還』(2014.7.23 Toshl著 講談社 ISBN 978-4062186575)

『RED/レッド』(2010年 映画)MKウルトラがモチーフ
(アメリカ、原作はグラフィック・ノベル) - 副主人公の1人であるマーヴィンは、「政府機関の極秘プログラム」の過酷な実験に耐え抜いた数少ない人物の1人という設定。
その結果超人的に研ぎ澄まされた感覚と記憶力を得たが、その代償として人格が破綻し、いかなる些細なリスクも排除しようとする危険人物になってしまった。
娯楽性を重視した作品であるためコミカルに誇張されているが、劇中の台詞やDVDの映像特典などでMKウルトラ計画をモチーフにしていることが判る。(Wikipediaより引用)2018.9.27

『エージェント・ウルトラ』(2015年 映画 アメリカ)
MKウルトラを題材としてアクション・コメディ

『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』(ゲーム、アトラス)
MKウルトラ計画をモチーフにしたアイテム「MK型治療器」が登場する。2018.9.27

監視社会や社会的な不正・犯罪・真相究明・陰謀論など

『1984年』(ジョージ・オーウェル著、映画、漫画)
全体主義の管理社会への警告的な内容

『動物牧場』(ジョージ・オーウェル著、映画、漫画)
ソ連をモデルにした全体主義の管理社会への警告的な内容 2018.11.6

『女王の教室』(ドラマ・映画)
教師が生徒たちを過剰に監視しながら極端な教育をする物語

『テクネトロニック・エージ』(1972年 ブレジンスキー著 書籍)

『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』(ヴィクター・ソーン著 副島隆彦訳責任編集 徳間書店)
近代政治事件を網羅

ホロコースト産業―同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち』(2004/12/1 ノーマン・G. フィンケルスタイン著 )

Treason at the CIA』(Richard Lighthouse著 電子書籍)

The Official CIA Manual』(Robert著 電子書籍)

Project MK-ULTRA』 Axel Balthazar著 電子書籍)

Project MK-Ultra and Mind Control Technology』(Axel Balthazar著)

関連

感想やコメント
あれはどんな感じ?

参考

資料の取り寄せ方 2020.11.23 2020.12.25

集団ストーカー テクノロジー犯罪 参考書籍 2019.10.31 2020.6.14

資料メモ 2019.10.31 2020.8.4

集団ストーカー 本 資料 2018.8.01
国会図書館オンラインは便利そう 2018.8.7, 2019.7.22

書籍紹介 2019.7.30

新しいタイプの人権侵害と暴力 2018.7.28
集スト・テク犯関連ではなく兵器や社会全般の情報 2018.8.7

ai-syuusuto-kaisetu | 集団ストーカー的な内容を扱っている作品 2018.10.21

集団ストーカー 映画と漫画作品 2019/4/16 2019.4.28

創価問題関連(HKS復刻版) | きまぐれファイル(HKS魚拓) 2019.9.23

精神域介入犯罪関連(HKS復刻版) | きまぐれファイル(HKS魚拓) 2019.9.23

伝言メモ | きまぐれファイル(HKS魚拓) 2019.9.3



inserted by FC2 system