目次 > 基本情報(集スト犯罪) > 初心者講習 >

集団ストーカー被害者が知るべきこと(4)(仲たがい工作のまとめ)

thing_a_group_stoker_victim_should_know_4, 2016.11.16, 2024.06.18, 評価(A)

離間工作・離間の計、加害者は被害者と周囲の人との衝突を望む

被害者は何かと攻撃されストレスを与えられていますが、その攻撃は制裁として正当化されていることが多いです。

攻撃者には攻撃者なりの正義があり、それが制裁の根拠になっています。

よくある制裁の根拠
  1. 被害者が自分をバカにしている(思考盗聴での悪口や批判も含む)
  2. ルール違反や反組織的、または反社会的行為をしている
  3. 違法ではなくてもズルいことをしている
  4. やるべきことをやっていない(怠慢)
  5. 精神傾向に問題がある(危険思想や虚言癖など)

制裁の根拠は監視情報という違法な情報を根拠としていることが多いこともあり、加害者がなかなか教えてくれないのでわかりにくいです。

ですが、それがわかれば誤解を解きやすくなるので、気が進まなくても直接たずねたり、分析したりしたほうがいいです。

加害者は被害者の周囲の人すべてに離間工作と協力者作成工作をしている恐れがあります。

スパイの工作と同じですが、とにかく離間工作に対処できないと誰とコミュニケーションをとってもうまくいきません。

簡単な対策は、自分が相手をほめるなどしてバカにしていないことを伝えたり、ルールを守っていることなどを伝えていくといいです。

監視や尾行、つきまとい、電磁波などの被害を訴えるのは、相手との信頼関係や相手の犯罪知識レベルが高まらないと難しいので後回しにするか、書籍の資料など説得力のある客観的な証拠を提示すべきです。

被害者であっても、自分に経験がない他の被害者の被害は理解しがたかいことがあるくらいですから、被害説明は慎重に行わなければなりません。

離間工作の理解は軽く見られがちですが、被害の軽減や説明のためにも、ともて大切なことです。

被害者同士にも工作されるので、自分以外の被疑者さんと接するときにも注意してください。

さらに、加害者や協力者同士にも離間工作されることがあるので注意が必要です。

ちなみに、このページのタイトルは「知るべきこと」になっていますが、役割としてはこのページが離間工作という人間関係を悪化させる離間工作のまとめページで、離間のトップカテゴリになっています。

更新履歴
  1. 2022.04.26 リード更新
  2. 2020.10.24 別の被害者の被害を再現し疑惑を植え付ける工作 追加
  3. 2019.12.27 直接的な心理誘導を使う高度な離間工作 追加
  4. 2019.10.17 リード更新
  5. 2019.10.13 離間工作のパターン 追加

目次

離間工作のパターン
パターンを理解して工作を未然に防ぐ 2019.10.13

離間工作は集団ストーカー被害の基本
孤立し周囲と喧嘩するように仕向けられるのが被害者の日常

ネット上での離間工作
悪意や疑惑をコントロールされコメント拒否ブロガー続出

違法監視で得た個人情報が加害者の優越感を助長し加害行為を悪化

被害を放置すると加害者の思う壺

周囲の人たちとのコミュニケーション
心理戦としては、敵の得意攻撃をかわし、弱点を突くのが有効

目の前に現れるのは加害協力者であることが多い

話し合いのコツ(周囲コミュと統合予定)

外的要因による高度な離間工作

なりすまし・約束の取り消し

直接的な心理誘導を使う高度な離間工作

別の被害者の被害を再現し疑惑を植え付ける工作

関連・参考

離間工作のパターン

離間工作のパターン
パターンを理解して工作を未然に防ぐ 2019.10.17

離間工作は集団ストーカー被害の基本

孤立し周囲と喧嘩するように仕向けられるのが被害者の日常

集団ストーカー・テクノロジー犯罪行為として、加害組織はノイズキャンペーンや尾行・待ち伏せ・付きまといなどの嫌がらせや積極的な加害行為を続けています。

その基本的な最終目的は、被害者の破滅(名誉失墜、組織からの排除、自殺、犯罪者・精神病者扱い)、軟禁・予防拘禁、支配実験の継続などとみられています。

< 関連 >
集団ストーカーの目的は不都合な存在の排除や支配 2019.10.12

加害者は加害行為を続けることで何らかの利益を得たり、あるいは加害組織内部で自分が受けているテクノロジー犯罪による体罰を軽くしてもらったりしているはずです。

加害者の目的達成の前段階として、悪意のある風評の流布や名誉を傷つける情報操作を行い、まずは被害者と周囲の人たちの人間関係を悪化させ、集団的なハラスメント行為や口論・喧嘩などを正当化し、被害者と周囲の人たちの間にトラブルを起こさせようとします。

その結果として、具体的には、被害者の周囲にいる人のほとんどが、被害者の言動に対して、道徳的に批判したり、悪口を言ったり、それらをほのめかしたり、あるいは態度や咳払い・物音などので意図的に悪意を表現するようになります。

被害者の周囲にいる人のほとんどは加害勢力に洗脳されたような状態にありますので、被害者は周囲の人たちみんなから嫌われているような印象を受けるようになります。

被害者は周囲から悪者にされてしまったような状態になりがちです。

ですが、これは単に演出された悪意にすぎません。

集団ストーカーの悪意を演出する手法は長年に渡りノウハウが蓄積されたものです。

被害者の周囲にいる何も知らない一般の人たちがその罠から逃れることはほとんど不可能に近いことだろうと思います。

加害勢力はお得意の情報操作で心理戦に持ち込み、個人や組織での紛争、被害者の自殺・犯罪などを誘発する準備として、被害者を孤立化させ、精神的に追い詰めようとしています。

心理的にみると、男性よりも女性のほうが周囲の人たちとの協調性を重視し、人と仲良くすることや心が通じ合うことを大切に感じる性質が強くなっています。

そのため、男性よりも女性のほうが離間工作による被害で、不快感や悲しみをより強く感じる傾向があります。

女性の周囲には女性がいることが多いので、ほめたり信用させてから裏切るような昼ドラ的なかなり悪質な心理攻撃をしてくる女性加害者もいます。

女性の加害者のほうが心理的に陰湿な加害を好む傾向があるようです。

今の法には触れない範囲で行われる離間工作、あるいは人為的な被害全般は、周囲の人たちにチラシを配ったり、直接の話し合いで犯罪手法や被害を説明することで、ある程度まで被害が収まる傾向があります。

< 関連 >

ポスティング・チラシ配布
自宅に来たチラシは誰でもつい見てしまう

和平交渉 一般の人との話し合いや犯罪説明 2019.10.16

被害者の周囲では強烈な悪意が演出されます。

ですから、最初の一言を言い出すことや、初めの一歩を踏み出すことには、敵と仲良く話し合うようなものであって、かなりの抵抗を感じ、また勇気のいることです。

それでも勇気を持って、可能な範囲でよいので、なるべく理解を求める努力を続けていったほうが、被害は収まりやすい傾向があります。

ただし、集団ストーカー・テクノロジー犯罪と一言で表している犯罪は、被害者がひとくくりにしているだけで、それぞれの被害者の置かれた具体的な状況にはかなりの違いがあることがあります。

自分の状況に合った方法で理解を求めるようしたほうがいいです。

具体的な状況で特に注意が必要なのは、被害者との関係性や相手の立場・性格などです。

全体としてはあまり難しく考えず、相手の人個人を直接批判したり威圧するのではなく、犯罪全体や個々の手法を説明するような原理的な説明を続けるのが無難でしょう。

被害者は犯罪の説明をしているだけですが、加害者にとっては自分が批判されているかのように聞こえますので、遠まわしに健全化を促していける可能性があります。

話し合いを続けていくうちに相手の性格や理解度が変わってきますので、その度に相手が理解できそうな話を付け加えていくと理解を得やすいのではないでしょうか。

2016.11.16, 2019.10.16

ネット上での離間工作

ネット上での離間工作
悪意や疑惑をコントロールされコメント拒否ブロガー続出

違法監視で得た個人情報が加害者の優越感を助長し加害行為を悪化

被害者が周囲の人から受ける加害行為、色々な悪意の演出がエスカレートする原因のひとつがタイトルにある優越感の助長です。

被害者の周囲にいる人たちは、本来であれば手に入らない個人情報を毎日得られるようになります。

その情報に触れるたびに、被害者に対する優越感を高め、被害者を劣った存在と感じるようになっていきます。

そして加害行為を強めていってしまう傾向があります。

詳細な個人情報には加害者側からの情報操作が施されていて、個人情報自体がより被害者と周囲の人間を不仲にさせるような離間工作の一部となっているようです。

これは加害者全般に言えることですが、被害者の情報を知れば知るほど、加害者は被害者に対する優越感を強く感じるようになり、被害者を馬鹿にして、より強引で悪質な加害行為を行いやすくなってしまいます。

心理学的にみると、男性のほうに強くある傾向ですが、人間にはそのものに対する情報を知れば知るほど、そのものを理解し、そのものへ支配感覚を強く感じる傾向があります。

個人差もありますが、具体的には、車のカタログデータを見て、そこに書かれた車のサイズやエンジン排気量・馬力などを知ったただけで、あたかもその車のすべてを把握したような気分になる傾向があります。

これが犯罪の印象操作や洗脳に悪用されています。

違法監視で得た個人情報には、加害者側も、周囲の人たちがより悪質な加害行為に及ぶような情報操作を行い、印象操作しているようです。

周囲の人たちは監視情報にふれることで心理誘導されていく傾向があります。

仮に情報操作が不十分であったとしても、他人の生活を24時間観察したかのような情報を与えれば、その中には効率の悪い部分やあまり道徳的でない部分が見つかるものです。

普通は誰でも同じ間違いを繰り返してしまうことがあります。

周囲の人たちは被害者を過剰に観察している状態におちいるので、小さなミスの数を数え、被害者をさらにバカにするようになっていくようです。

そうしているうちに、自然と加害勢力が望むような悪意を演出する加害者へと変えられ洗脳されていくのです。

一般的にはかなり善人の部類に入る、いわゆる良い人たちも加害行為の協力者へと洗脳されてしまっているようです。

これは周囲の人たちの性格が原因というよりも、加害者側の洗脳工作がかなり高いレベルにあることが原因だろうと思います。 2016.11.16, 2019.10.16

被害を放置すると加害者の思う壺


周囲の人たちに何の説明もしないでいると、周囲の人たちは加害者からの情報ばかりを信じるようになっていきます。

加害者の書いたシナリオ通りに被害者のことを理解するようになります。

 これでは被害者がより不利な状況へ持ち込まれてしまいます。

ある日、警察や役所の人が来て、「統合失調症の可能性が高いので精神科へ入院させてください」などと言われると、心理誘導された家族は「ついに来たか」などと思い、言われるままに被害者を入院させてしまうようなことになってしまいます。

どうしてこなるかというと、この状態は加害者が得意とする心理戦が続き、加害者の情報操作が成功しやすくなるからです。

離間工作による被害もより悪化しやすくなります。

周囲の人たちとのコミュニケーション(※1)は、被害者が何らかの悪人、例えば不道徳な人間であるとか、危険な性格の持ち主、あるいは嘘つきであるなどといった、加害者から情報工作された状態から始まっているようです。

この状態で被害者が誰かと会話すると、かなりのストレスや不快感、理不尽さを感じることになり、差別されているような理不尽なコミュニケーションとなりがちです。

被害者が自分の集団ストーカー被害に気付いた頃には、加害組織の情報操作はかなり進んだ状態になっているようです。

この状態で周囲の人とコミュニケーションを取ると、被害者は悪人扱いされた状態になっているので、会話がとてもやりにくいのですが、「これは犯罪であり加害者が悪いのだ」などと割り切って、誤解をひとつひとつ晴らしていおいたほうがいいです。

家族・友人などであっても、あまり話を聞かず、会話をさけようとすることがあります。

これも加害勢力に心理誘導されていると考えられます。

統合失調症患者の対応として、「話は聞いてもいいが、内容は否定しろ」というのがあります。

周囲の人たちは、集スト犯罪について理解したり同意したりすると妄想障害が肯定され悪化するので、話の内容は否定するように、何らかの形で教えられているようです。

そのせいか周囲の人たちは、被害者の言葉を信じない傾向があります。

これは被害者本人の主張や説明を信じない状態です。

本や雑誌、ネット情報やそれを印刷したものなど、被害者本人の主張ではない、客観的な資料であれば信じる可能性があるのでこれを利用するのがいいです。

論より証拠ということです。

言葉を信じてくれない訳ですから、被害者のやっている反集スト活動のすべてを否定的に評価している可能性があります。

誰にみられても恥ずかしくないような立派な活動を続けていれば、理解をえやすくなるはずです。 2016.11.16, 2019.10.17

< 関連 >
背中で語る活動を
人の心を動かし反集スト活動を市民運動として盛り上げる 2019.10.17

周囲の人たちとのコミュニケーション

心理戦としては、敵の得意攻撃をかわし、弱点を突くのが有効

周囲の人たちは加害勢力の非常識工作や精神病工作などで情報操作され、思考誘導され、ある種の洗脳された状態にあります。

この周囲にいる洗脳被害者たちを洗脳から救うのだ、などと考えればストレスのかかるコミュニケーション(※1)も多少はやりやすくなるのではないでしょうか。

集団ストーカー被害者となってしまった人は、周囲の人とのトラブルを避ける、あるいは自分自身への悪評と戦うための努力が必要となります。

被害者が何もせずに放置していても、加害者は毎日離間工作などの加害行為やその準備を続けています。

被害者の言葉や行動は悪意のある解釈がされて、周囲の人たちにはその解釈が真実だと信じるような情報操作と心理誘導が行われていると考えておいたほうがいいです。

何もしないでいると、被害者はどんどん不利な状況に追い込まれてしまいます。

毎日行われる離間工作はすぐに対処するのが難しく、被害を受けてしまうのは致し方ない部分もあります。

これに対処するには、この離間工作の仕組みを心に留めておき、冷静さを保つよう心がけるとよいでしょう。

離間工作だけではありませんが、罠を張るのが加害者の仕事とも言えます。

常識的にみれば、嫌がらせをしてくる相手のほうが明らかに悪い訳ですから、「馬鹿にされた」、「負けるわけにはいかない」、「やられたら、やり返す」という気持ちで反撃したくなるのが、正常な人間の反応です。

しかし、これこそが犯罪者の狙いであり、犯罪者の利益と結びついた工作のひとつになっています。

犯罪者の行うノイズキャンペーンや尾行・待ち伏せ・付きまといなどでは、被害者の怒りや憎しみが、常に誰かに向かうように仕向けられています。

マスコミで報道されている事件で、OLが面識のない子供を刺し殺してしまった事件がありました。

加害者となってしまったOLは反省の態度を示さず、子供が殺されても当然だという態度をとっていました。

この事件の真相は、集団ストーカー被害者のOLが、加害行為を行っていた子供を刺し殺してしまったということではないでしょうか。

集団ストーカー被害者はこのような仕組みを理解することで、下らない嫌がらせ・虐待・拷問犯罪にたいして冷静に対処しなければなりません。

慣れてくれば、マニュアル通りに動く加害初心者などを見分けることもできるようになりますので、こっけいなお芝居のように、面白さ・愉快ささえ感じられるようになるかもしれません。

目の前の加害者に関わることは、たいていの場合は時間と労力の無駄になりがちです。 2016.11.16, 2019.10.17

目の前に現れるのは加害協力者であることが多い

被害者の目の前に現れる加害者は、たいていの場合、犯罪者というよりも、犯罪者に利用されているだけの加害者であることが多くなっています。

罪の意識の低い、無自覚の加害者には、彼らの行為を逆に注目して、視線を送り続けることや、会話ができるくらいの人間関係にある人であれば、話し合いで理解を求めるなどの対処が有効となります。

どうみても加害者に違いないという人でも、話しかけてみると普通に話に応じてくれることもあります。

罪の意識のないような人も、普通に加害行為に参加しているようです。 2016.11.16, 2019.10.17

話し合いのコツ(周囲コミュと統合予定)

周囲の人との話し合い(※1)では、初めから相手を犯罪者扱いして、一方的に非難するようなことは避け、自分の被害や苦しみ・悲しみなどを、半一般人である彼らにもわかるように伝えるのがいいでしょう。

まずは人間に共通する感情的に訴えるというやり方です。

その際、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の専門用語を使わないよう注意してください。

意味が伝わらないばかりか、統合失調症疑惑を高めてしまう恐れがあります。

次は論より証拠で、事実関係を伝えるのがいいでしょう。

自分の被害をある程度まで理解してもらえたら、タレント被害者など一般人にもわかりやすい被害者について説明したり、ほかにも世界中に被害者がいることや、犯罪全体の仕組みなどを説明していくのがよいでしょう。

有名なタレント被害では清水由貴子さんや、最近ではASKAさん、ASKAさんの友人だった飯島愛さんの事件などであれば、一般の人にも理解しやすいはずです。

国会でも議論となり映像も公開されている黒い手帳で有名な矢野絢也の関連の話なども、一般の人への説得には強いインパクトを与えることでしょう。

被害者のNPO団体がいくつかあることを証明するのもいいです。

NPOとは政府公認団体ですから、犯罪の存在はともかく、被害があることについては政府も認めているという証拠になります。

言葉でうまく説明できない場合は、被害関連のチラシを印刷したり、スマホやパソコンが使えるのであればネットサイトを直接見せるなどの方法にすると説得力が高まります。

一般的に、加害者には、被害者は精神病者やそれに近い精神異常気質がある犯罪者予備軍である、という情報が犯罪者によって伝えられています。

あらかじめ被害者への加害行為を正当化するための洗脳が行われてる訳です。

そのため、被害者が個人の意見を伝えるよりも、初めから客観的な情報となる、ネット情報やチラシに頼るのが、理解を求めうえでは近道となります。 2016.11.16, 2019.10.17

< 関連 >
和平交渉 一般の人との話し合いや犯罪説明 2019.10.17

外的要因による高度な離間工作

加害者が被害者へ集団ストーカー行為を行い、直接的な悪意の演出に失敗したような場合、加害勢力は婉曲的な工作活動に力を入れるようになることがあります。

直接的に悪口を言うような加害行為ではなく、周囲の人を何からの言行にそれとなく誘導し、その言動で被害者に対する悪意を演出するようなやり方です。

離間工作にもなっていますが、加害者の基本戦術にもなっています。

有名なのがメディアストーカーという加害行為です。

これはテレビ・ラジオ・その他マスコミ・芸能関係者に何かをさせることで、遠まわしに被害者への悪意を演出します。

ネット上では広告やランキングなどが加害行為に悪用されることが増えているようです。

メールやSNSなどの個人通信を利用して頻繁に情報操作や思考誘導をしようとしてくる工作員がいることは、ネットでブログなどを開設している被害者であればよくご存知のことでしょう。

これは別テーマの偽被害者・工作員疑惑(※2)の記事で分析・検討していますのでそちらを参照してください。

遠まわしに被害者へ影響を与える外的要因を悪用した加害行為は、加害者やその協力者だけではなく、被害者同士の間でも行われています。

もしも別の被害者が自分に対して、ほのめかしや何らかの加害行為を行っているように感じた場合は、加害者による外的要因を利用した離間工作が行われているかどうか注意して観察しておいたほうがいいです。

本当の被害者がある日を境に、別の本当の被害者を非難し始めることがあります。

これは外的要因によるものとも言えますが、単にネットのSNSアカウントが乗っ取られたり、一時的に本物の被害者に成りすましていることもありますので、冷静に判断してください。

管理人が一般の人に説明してみたところでは、正しい説明をしても、すぐに納得してくれる人はほとんどいませんでした。

被害者と何か話そうという人は、加害者側の都合で話しに来ていることがあります。

初めから何かの説得目的で来ている相手だと、特に被害者の主張は聞かずに、論点を変えて説得を続けるようです。

どの説得も失敗したと思うと帰っていくようです。

普通の人であっても、人には自分の一貫性を保とうという心理が働くので、たとえ間違っていたとしても、自分の考えをすぐ変えるには抵抗があるのではないかと思います。

これにはまた後日説明するなど、相手が冷静になるための時間をとってから相手の出方を伺いながら説明を続けるのがいいようです。 2016.11.16, 2019.10.17

なりすまし・約束の取り消し

離間工作のやり方には、ネットなどで知り合いや本物の被害者になりすましたり、約束を直前で取り消すようないわゆるドタキャンなどがあります。

ネット上では加害者がコメント投稿などで、本物の被害者のアカウント名を名乗ってほのめかしなどを行う恐れもあります(※これは実際にはあまりやられていないようです)。

自分が知らないような本物の被害者さんを加害者だと誤解しないようするなど、注意してください。

約束の取り消しは、本物の被害者さんも、約束当日や前夜の睡眠妨害や疲労の誘発などで体力が奪われ、本当に体調が悪いということもありますので、キャンセルされただけで人を疑ってしまうのは早とちりとなってしまうかもしれません。

同じ相手であれば怪しい人は経験から分かってくるでしょうが、多くの人と接するような人にとっては、これは避けがたい被害となるかもしれません。

集スト被害者としては、ある程度あきらめて冷静に対応していくしかないように思います。

本質的には、集スト犯罪システムや加害者が悪いことなので、あまり個人を攻めるような考え方はしないほうが気持ち的に楽になるだろうと思います。 2018.11.6, 2019.10.17

直接的な心理誘導を使う高度な離間工作

社交技術や心理学を使い会話による直接的な心理誘導で被害者や周囲の人たちを心理的に支配して加害を行うという高度な離間工作も行われています。

軍や警察のスパイ技術を使う加害者にとっては、この手の離間工作は得意分野となっているようです。

味方のような振りをして近づいてきては、持ち上げておいてから落とすような、ほめてからけなすパターンや、友好的な態度の裏で被害者の情報を調査しているだけだったり、同情をした振りをしてから裏切ったりと、何でもありのひどい工作になっています。

中でも女性被害者の旦那さんへのハニートラップはとてもえげつない状態に発展しやすいようです。

浮気の証拠をあちこちに残しながら、被害者となっている奥さんやその両親などを旦那さんが攻撃するように仕向けたりします。

以前はハニートラップは財産を奪う目的で創価がよくやっていたようですが、今は監視自体から利益を得る防犯利権型の集ストに移行しつつあるようです。

被害者個人の監視情報は秘密権力社会で売買されていて、特徴的な被害者の情報は高く売れるようになっているようです。

直接的な心理誘導を行う離間工作は、全体としては女性のほうが社交的なのでより強い心理的なダメージを受けやすいです。

男性はおしゃべりな加害者を無視して孤立していたとしても、一匹狼で愛想のない人だといった程度の評価で済むので多少はマシなのではないかと思います。

加害者は個人や集団を心理的に支配するために心理誘導を行います。

加害者側の支配力が強まると加害行為も悪化していきます。

加害行為としての心理誘導工作の流れとしては、友好関係を築く、加害者の仲間に引き入れる、被害者を非難する、仲間にした周囲の人たちにも被害者を非難させる、といった流れになります。

加害者は、被害者からは情報収集のため近付き弱点や欠点をさがし、それを利用して周囲の人たちには被害者との間の離間工作を続けるということをしています。

被害者が反論や説明のできないところで行う情報操作であり、警察や軍のスパイ工作と同じような手法が使われています。

被害者のここを悪く言えばみんなが被害者を馬鹿にしたり非難するようになるというポイントを加害者はよく理解していて、その手法を共有していると考えられます。

よく調べればその手法も明らかになっていくだろうと思います。

分かってしまえばそれほど怖いものでもないだろうと思います。

ですが今のところ被害者としてはあまり対処のしようがないので追い込まれていくことになります。

そうとはいえ無視していると被害者の評価が下がるばかりなので、なるべく客観的に正当性を主張しておくのがいいだろうと思います。

この節で説明しているような心理誘導手法をそのまま説明してみたり、世の中の支配に使われている心理的な手法を説明してしまうのが手っ取り早いかと思います。

集スト・テク犯を説明するのはハードルが高く、普通の人にはまず理解されません。

集スト・テク犯という言葉を知っている人でも実際に説明すると心理的に抵抗があるようで引いてしまうようです。

集スト・テク犯を理解するための前提となる色々な知識をちゃんと付けてあげてから、集スト・テク犯の説明だとは分からないくらいの周辺事情などから説明していけば、普通の人にも理解しやすくなるのではないかと思います。

集ストの説明は普通の人からすると宇宙人の証明のようなとんでもない話に聞こえてしまうので注意してください。

被害について説明はなるべく多くの人にしておいたほうがいいです。

周囲の人たちを放っておくと全員加害者側に引き込まれる可能性が高いです。

その中でひとりでも被害者の言うことにも一理あると思ってくれれば、それが被害悪化を防ぐブレーキとなる可能性があります。

誰かが被害者のことを「あの人はきちがいなどではない」と言ってくれればかなり助かります。

多くの場合は被害者が気付いたときには周囲の人たちはもう加害者側に都合のいい考え方をするように情報操作され心理誘導されていている可能性が高いです。

被害者側としては、周囲の人たちからは、見下されていたり、精神病者扱いされている状態から話し合いが始めると考えておいたほうが無難です。

無視についてですが、被害への対処として無視・黙殺がいいというのは、話し合うことができないような、自覚的な加害者や協力者に対処するときの話です。

被害者の前に現れて話し合うこともできないような加害者や協力者は、集ストシステムに支配された作業員であって、所詮はザコにすぎないので相手するのは時間と労力の無駄です。

相手にしても得られることは少ないです。

素直に正論を伝えたりすると、彼らの歪んだプライドを傷つけてしまったりして被害が悪化する恐れもあります。

相手をするならまともなコミュニケーションをとれる相手だけに制限したほうがいいです。

あきらかな加害者は無視・黙殺したほうが自分への被害を軽減しやすくなり、余計な情報を与えることも防ぎつつ、加害者が個人的な判断で加害行為を悪化させるリスクも抑えやすくなります。

調べてみたら昔から「被害(加害者)は無視しろ」と言われていたことが分かってきました。

先人の偉大な知恵ですね。

被害は無視して、話せそうな人には説明していくのが被害者の基本的なスタンスになっていくだろうと思います。 2019.12.27

< 関連 >

和平交渉 一般の人との話し合いや犯罪説明

無視・黙殺での被害の軽減と沈静化(まとめ)
加害行為を無効にする長期的な高等戦術

< 参考 >

人が恐怖で変わる様子をみて 2019/12/14
職場で行われた高度なマインドコントロール 2019.12.27

別の被害者の被害を再現し疑惑を植え付ける工作

以前ネットで「どうしてhksさんは私の被害を知っているのですか?」と質問されました。

私は集スト犯罪の被害はたいてい知っているのですが、単に知っているかということではありません。

その方が被害者交流会に来てくれたので詳しく聞いてみると、自分しか体験していないはずの一連の被害がこのサイトの被害記録(集スト体験記)に書いてあったということでした。

たしかに気持ちの悪い話です。

集スト体験記は2016年に書き始めたもので2004年ごろからの出来事が書いてあります。

その被害者の方が被害を認知したのは3か月前ですから、たぶん私のほうが先に記事を書いているはずです。

もちろん私が誰かの被害を自分の被害記録として書くようなことはしていません。

どうしてそういうことが起こるかというと、犯罪者たちが意図的に同じことをして、さらにその被害者の方をその記録記事を見るように誘導していたからだろうと考えられます。

あるいは同時期に複数の場所でいくつかの被害を組み合わせた一連の加害工作を行っておいておくことでもできます。

今回の件はたぶん犯罪者の誰かが面白いことを思いついたなどと思ってやってみただけではないかと思います。

それにしても他の被害者の被害記録をコピー・再現する工作が行われているとは初心者や知らない人にとっては気持ちの悪い被害になるだろうと思います。

今後、加害行為がAIで自動化されていくと一見手間のかかりそうなこういう工作も簡単にできるようになっていくはずです。

気を付けてください。

今回の件ではその被害者の方は私を加害者だと疑っていました。

もしも交流会に来てくれなければそのまま疑い続けhksは偽被害者・工作員だという情報を広めていたかもしれません。

hksのことを本物の被害者だと思っている人であればその誤解している被害者の方のほうを逆に偽物だと思うはずです。

被害記録のコピー・再現工作は思いのほかたちの悪い離間工作になっています。 2020.10.24

< 関連 >
集スト体験記
被害者を勇気付けるための問題分析や憶測を含めた体験記

被害者の方に会いに行ってみよう! 反集ストの会(交流会)の出席者募集

関連

(※1)和平交渉 一般の人との話し合いや犯罪説明

(※2)若干の否定的な説も出ているサイトや個人
公安・自衛隊・メーソン系カルトなどの工作員や偽被害者、プロ市民、集ストバランサーなどの疑惑(集スト・テク犯)

特徴・手法・目的・見分け方など(偽被害者・工作員疑惑)
問題解決を妨害するミスリードや離間工作 信頼確保

集団ストーカーとテクノロジー犯罪
違いや離間工作など

被害者を疑心暗鬼にさせる高度な離間工作 | 被害改善活動 進捗と展望 2018年10月 2018.12.16

ノイズキャンペーンラジオ vol.9 - 感想やコメント
被害者同士に加害行為(アンカリング・ほのめかしなど)をさせる間接心理操作 2018.10.11

参考 - 超初心者向けの集団ストーカー説明
一般向けの情報

モビング・企業ストーカー対策
和平交渉が有効

清水由貴子さんの自殺事件

国会議員矢野絢也の創価学会関連の黒い手帳事件

事例・証拠

文書通知法
チラシ・ビラなどの文書で加害者に被害の現実を伝える

反集スト活動にはステルス戦略が有効
大軍相手にはまず敵の情報収集や離間、同盟勢力の拡大などで戦力差を補うべき

参考

被害者クセをアンカリングに使い、別の被害者への加害工作に悪用する例1 | ノイズキャンペーンラジオvol.9の2 2018.10.9 2018.10.23

被害者クセをアンカリングに使い、別の被害者への加害工作に悪用する例2 | ノイズキャンペーンラジオvol.9の2 2018.10.9 2018.10.23

集団ストーカーの手法 その18 人間関係のコントロール 2019/10/25
2019.10.28



inserted by FC2 system