目次 > 個別分析 被害事例 > 被害事例 ここで扱っている事例 >

tuyoさんのテクノロジー犯罪被害 対策の検討

tuyo_s_case 2016.5.3

tuyoさんの被害を改善しよう


目次

tuyoさんの被害
24時間睡眠妨害作戦が実行中

感動作戦が有望か
電磁波兵器に庶民では対抗できないため人の改善を試みる


tuyoさんの被害 24時間睡眠妨害作戦が実行中

tuyoさんがブログでかなりひどい被害にあっていることを告白しています。テクノロジー犯罪被害とみられる体や頭への激痛や痺れを訴えています。電磁波攻撃は一日中、繰り返され、睡眠まで妨害しているそうです。

集団ストーカー被害が悪化すると、激痛や不快感を与え続け、一日中、眠ることができないという状態になることがあります。この被害は世界的なもので、海外、アメリカの被害者も30分毎に目を覚まさせられるような睡眠妨害の被害を訴えている人たちが多数存在します。この犯罪の直接的な目的は、マインドコントロールというよりも、拷問による心身への攻撃による、被害者の生活、活動の妨害にあるとみられています。

本来であれば、集団ストーカー、ここでは防犯利権、自衛隊、公安調査庁などに容疑がかかりますので、カンター・インテリジェンス・プログラム、コインテルプロや強制尾行として、あまり暴力的な攻撃は行わずに、思想や行動を変更させるという方法がとられるはずです。しかし、何らかの目的で実現を急ぐ場合などは、暴力的な拷問で直接的に攻撃することもあります。

テクノロジー犯罪による暴力的な拷問を続けること自体の目的は、合法的な、思想や行動の変更です。公安調査庁の行っているカンターインテリジェンスは、政府、法務省配下の公安調査庁や防衛省配下の自衛隊などが行う行政の一部となりますので、方法よりも、目的が重視されます。

たいへん残念なことですが、公務員が仕事として、一般市民を見えない拷問にかけるという、たいへん非人道的なことが実際に行われているとみられています。tuyoさんの被害もこれにあたる可能性が高いでしょう。


感動作戦が有望か

電磁波兵器に庶民では対抗できないため人の改善を試みる

集団ストーカー犯罪の解決を、テクノロジー犯罪対策の面から検討しているtuyoさんですから、民間人でもできるそれ相応の対策は行っていることでしょう。それでも被害を防げないため、24時間睡眠妨害の被害を受けてしまっているということでしょう。

自衛隊の犯罪を斬るブログのあちこちで説明されていますが、レーダーなどに使われる電磁波技術や機器は軍事兵器ですから、いくら世界からカルト指定されている創価学会でも、所持することは許されていないでしょう。電磁波機器も兵器ですから、カルト学会に持たせることは、武器弾薬を民間人に持たせるようなものだということです。そのため、電磁波機器、つまり兵器のほとんどは自衛隊が運用しているという可能性が高いでしょう。

創価学会からの集団ストーカー被害を訴えている人が、思考盗聴や痛みの送信などの電磁波被害をあまり訴えていないことも、この創価学会、電磁波兵器、非所持説の状況証拠といえるかもしれません。

創価学会の信者が思考盗聴被害を告白していますので、信者の洗脳に思考盗聴が使われている可能性自体は非常に高いでしょう。信者が念じただけで願いが叶った、つまり、声には出さずに頭や心の中だけで思い浮かべた内容が他人に知られているというのが、思考盗聴による洗脳行為にあたります。電磁波兵器というほどは危険性が高くない思考受信機のようなものを所持している可能性は高いということです。

電磁波機器ですが、軍事兵器に庶民が太刀打ちできるはずがありません。自衛隊の電磁波兵器に技術で立ち向かうというのは、ネズミがネコに立ち向かうような不毛な戦いとなります。

そのため電磁波技術という相手の得意分野ではなく、庶民でもできる情に訴える方法のほうが現実的な対処法となるでしょう。これが感動作戦ということになります。

ある程度の効果が期待できそうな動画プレイリストを作成中ですので、音声のある動画は、そのまま再生し、テキストベースの動画は、黙読するか、声に出して読むなどして有効活用してください。

人には個性がありますので、加害者によって効果に違いが出てくるでしょう。それでも、色々な種類の動画を試していくうちに、電磁波攻撃を行っている加害者本人の心を動かすものも出てくるでしょう。感動に涙しながら、つまらない嫌がらせ攻撃を続けるというのは、かなり難しいはずです。tuyoさんの場合も、これで被害の改善が期待できるでしょう。

< 参考 >

感動動画 被害改善責任論プレイリスト

inserted by FC2 system