目次 > 事例と証拠 >

吉本興業

yoshimoto_kogyo, 2016/1/3, 評価(c)
集団ストーカーとの強い関連が疑われている企業です。実際に加害行為を行っていたとしても、表に出ている人間が多数存在しますので、主犯格ではないでしょう。主犯格の組織は違法性を理解していますので、処罰される危険を恐れて表には出てこない傾向があります。

過去に加害行為に加担させられていた可能性はかなり高いですが、所属タレントの引退や休業、企業自体の株式上場廃止など、どちらかというと集スト被害者と判断できる側面もありますので、今後の健全化が期待されます。集ストが違法行為であると理解し、犯罪行為にかかわらないよう努力しているとみられる点もあります。

主要な株主、上位10社に主要テレビ局、NHKを除くキー局全社と電通などが名を連ねていることがから、それらとの関係とともに今後の動向が注目されます。(2016/01/03)

inserted by FC2 system