集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
被害者個人情報売買の可能性 集スト・テク犯被害者の個人情報が数百万円で取引されている?

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 分析:その他 >

被害者個人情報売買の可能性

集スト・テク犯被害者の個人情報が数百万円で取引されている?

Possibility_of_the_buying_and_selling_of_victim_personal_information, 2017/3/24, 評価:★★

 一般的な犯罪でも犯罪集団によって詐欺被害者リストなどが作られ、犯罪者同士の間で売り買いされています。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の分野でも同様に被害者の個人情報が売り買いされている可能性があります。

 集団ストーカー関連の場合、被害者家族をすべて自殺・事故・精神病などに追い込み、被害者の財産の受け取り人がいない状態や、加害勢力側の人間が保険などの受取人になってしまえば、財産のすべてを加害者が手に入ることになります。

 集団ストーカーは政府公認のブラックビジネスという部分もありますので、総資産が数千万から数億円となるような人物や家族がターゲットにされた場合は、どうどうと犯罪を行い資産を奪おうとする犯罪者も後を絶たないことでしょう。 実際に自分や家族の持っている財産が大きいことを自慢していた人が集団ストーカー被害に会っている例もあります。

 そういった二次犯罪に利用するため、被害者の個人情報取得が集められているのではないかと疑われています。 その方法は、電話番号やメールアドレスなどの連絡先、配布用のチラシを送付するための住所確認などとみられています。 ネットユーザー同士がメールアドレスを教えあうくらいであれば問題ないでしょうが、電話番号だけでも住所などが知られてしまう危険がありますし、自分で住所・氏名を教えてしまっては、すべてまる分かり状態となってしまうでしょう。

 また、財産などの横取りや精神医療利権などが目的ではなく、政府や防犯利権勢力が攻撃対象者リストを整理しているだけという可能性もあります。 単にネットで被害状況を周知している人のリストを作り、危険度や攻撃優先度などを判断するのに使っているという可能性です。

 集団ストーカーの加害者同士であれば、情報共有できるので、現場の加害実行犯が教えてあげれば、被害者の個人情報など取引する必要がないのではないかと思う人もいるでしょう。 たしかに加害者同士であれば仲良く情報を教えあっているようにみえます。 しかし実際には現場の攻撃担当となる実行犯グループの10人程度の間でしか詳しい情報共有はされていないようです。

 また現状では加害勢力となる各グループでは、上位者同士の間では友好関係があるようですが、末端の現場レベルでは仲が悪い可能性が高いとみられています。 犯罪ではあってもお金のもうかるブラックビジネスの情報ですから、そうやすやすと部外者に教えることはないのでしょう。 むしろ、重要な情報として各組織が内部に隠しているような状態にあるようです。

 犯罪をも辞さない裏家業が行われている裏社会には、暗黙のルールはあるものの、最後は実力主義となる社会となっているため、加害勢力同士が仲良くするということ自体が難しいのでしょう。

 各グループはおおむね次のようなものがあります。 それは、各都道府県の警備警察や公安警察、民間警備会社や探偵、創価学会の各支部、全国の在日・同和勢力、フリーメーソンなどその他のカルト勢力などです。

 集団ストーカー被害者のなかには明らかにフリーメーソンだと判断できる、フリーメーソンを褒め称えているような人もいます。 彼らであればそんな被害にあわずにすみそうなものですが、彼らの被害告白からはたしかに集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害を受けていることがうかがえます。

 加害勢力に属するのであれば、被害者の情報も手に入れられますので、本物の被害者の被害告白をコピーしたような切迫した体験談を公開している人もいます。 しかし、これらの情報はよく調べると、それぞれの被害の前後関係やつながりなどに不審な点がみうけられるようになりますので、注意深く調べさえすれば、おおむね本物の被害者と偽者の被害者は区別できるようになります。

 明らかにフリーメーソンであるのに、明らかに被害を受けている人については、創価学会などがフリーメーソンを攻撃していると考えてよいでしょう。 フリーメーソンは特定の宣伝担当者のような人以外は、部外者に対してフリーメーソンに所属していることを強く隠す傾向がありますので、集団ストーカー加害者たちも区別ができなかったのでしょう。

 フリーメーソン以外では創価学会員、在日・同和出身者、警察・公安の警官、自衛隊員、その他のカルト宗教会員なども集団ストーカー・テクノロジー犯罪の組織内部被害者となることがあります。 加害勢力は内部の人間に対しても褒美と制裁、アメとムチを使ってメンバーを管理していますので、被害の度合いは一般の被害者よりも内部被害者のほうがひどくなる傾向があるようです。 創価学会にいたってはカルト信者自身が、日常的にテクノロジー犯罪のえじきとなり、カルト教団の活動や利益に貢献したときだけ、テクノロジー犯罪の被害が弱めてもらえるというひどい状況になることがあり、これを訴えている信者もいます。


 このようなことからブラックビジネスである集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の個人情報は各犯罪組織同士の間でやり取りされ、ある程度の資産家ともなれば数億円単位で犯罪利益が出ることから、その取引額は数百万円という高額となっている可能性もあるでしょう。 これ以外にも被害者の臓器や労働力を盗み取るような、政府公認犯罪であることを悪用した二次犯罪もかなり行われているようです。

 集団ストーカーは2000年代にはすでに、おどしや嫌がらせで不動産を放棄させるような犯罪が行われていました。 自宅やマンションを購入した人をおどして追い出すことで、ほぼ新築の家やマンションを転売することで巨額の不動産利益を上げるようなことに悪用されていることが問題となっていました。 これはさすがに政府や警察内部などから規制がかかっているせいか、近頃はあまり表面化していないようです。 あるいは不動産関連の問題を重点的に隠蔽しているだけなのかもしれません。 どちらにせよ、巨大なブラックビジネスとして安定した犯罪利益を上げているのは公安などの公権力を使った防犯利権くらいで、ほかの勢力にとっての集団ストーカーは、少しはもうかった、という程度の小さなブラックビジネスに変わりつつある可能性もあります。 これは実力主義である裏社会で、犯罪勢力同士が争い淘汰された結果とも言えるかもしれません。 2017/3/24





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system