集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
科学技術について

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 科学技術 >

科学技術について

about_science_and_technology, 2016/4/19, 2016/5/28

 日本でテクノロジー犯罪に使われているテレパシー装置は、NTT、東芝、NECの開発した電磁波兵器であるという説が有力です。 どれも軍需企業ですから、彼らが装置を作り、自衛隊の情報部や公安が使用しているとみられています。

 世界レベルのスパイ・諜報活動の分野では、対象者に音声を聞かせる技術は、すでに簡単な技術のひとつとなっています。 イギリスの元諜報員、バリー・トラウアー博士もインタビュー動画の中で、笑いながら、声を聞かせるのは簡単だ、と話しています。

 2016年、現在の自衛隊や公安の使うテレパシー装置、マイクロ波遠隔テクノロジーは、24種のパルス波形を暗号化して通信していますので、民間での解析は不可能に近いものです。 しかし、IBMの特許期限が切れるなどして、理論は公開されていますので、いずれ民間の技術が追いつき、テレパシー装置の存在を一般人々が理解する日が訪れます。 2016.5.28

 テクノロジー犯罪に使われるマイクロ波などの電磁波関連技術は、電磁波被害と対策で扱っています。 ここではそれ以外の、テクノロジー犯罪を生み出す結果となった周辺技術やその研究事業などについて扱います。

 レーダーなどの電磁波関連技術は、日本では大学や企業が研究し、自衛隊が購入して使うことが多いようです。 自衛隊や防衛省側も防衛大学などで電磁波関連の軍事研究をしています。 2016.4.25

 その他の用語については科学技術用語でも扱っています。





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system