集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
用語説明

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

19.用語説明

word, 2015/9/14, 2017/3/14

 このサイトで使っている言葉で一般的な呼び名や定義がないものや、定義が異なる用語を集めました。 このサイトの変わった言葉はおおむね載せて行く予定です。 2015.9.14

 一般用語や、ある程度知られている業界用語などは、各自、関心の度合いに応じて検索するのが、インターネットの普及したIT社会での、一般的な解決法でしょうから、他のサイトのネット情報を有効活用してほしいと思います。 2015/10/13


< 目次 >

用語の関連性

 集団ストーカー全般を表す用語
  個人や少数者に対する集団的人権侵害行為

 科学技術用語
  テクノロジー犯罪など集団的人権侵害を行う科学技術を表す用語

 人為的な技術・手法の用語 集団ストーキングの方法や技術全般

 社会規模での大衆誘導や市民管理:弾圧・監視・洗脳・心理操作・経済圧力など

 組織名・人物名 関連組織や職種・人物などの呼び名

 マイク 盗聴などで使われる音波受信機

 スピーカー ノイズキャンペーンや軍事活動などで使われる音波送信機

 カメラ 監視犯罪では隠しカメラや透視カメラが使われます

 ハイテク機器など

 理論、犯罪隠蔽や正当化のための論理武装

裏社会の用語集
 このサイトで使う裏社会関連用語の簡単な説明

アルファベット

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

その他


< 参考 >

集団ストーカー テクノロジー犯罪 資料サイト|ウォーカーのブログ
 ページ下部の「テクノロジー ライブラリ テスト版」の項目で用語や人物を紹介 2017/2/10






「用語の関連性」


 ここでは、用語同士の関連性、類似性などを扱います。

 各用語と関連する分野については、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の関連分野で扱っています。 2016.10.31


< 集団ストーカー全般を表す用語 >

個人や少数者に対する集団的人権侵害行為

 以下の用語は、集団が組織的に個人や少数者に嫌がらせをする行為やその集団を表します。 ほぼ同様の意味で使われます。

集団ストーカー

 不特定の集団によるつきまとい犯罪全体のこと。 略:集スト

集団ストーキング

 嫌がらせの行為のこと。 集団ストーカーと同じ意味で使われることもあり、あまり厳密には区別されていない。

強制尾行

 集団ストーカーの警察・公安用語。 2015/10/13

ギャングストーキング(Gang Stalking)

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の英名(アメリカ圏)。

コベットハラスメント(Covet Harassument)

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の英名(ヨーロッパ圏)。 2015/12/28

テクノロジー犯罪

 監視犯罪技術のこと。 集団ストーカー全体を表す場合もある。 略:テク犯 2016/11/10

組織ストーカー

 意図的に組織された集団による犯行が行われることから、組織性を強調した表現。 集団ストーカーが俗語であることから、こちらが正式な用語として使われることがある。 2016/11/10

凶悪な組織ストーカー

 集団ストーカーの凶悪性を強調した表現。

組織的嫌がらせ

 組織性と犯罪性を強調した表現。

集団的(個人)人権侵害

 法令など公式な表現として予想される表現。 あまり使われていない。 2016/11/10

コインテルプロ

 米FBIによる治安維持を目的とした国家プロジェクト、暴力や暗殺などまで行われた集団ストーカーが極度に悪化したような機密工作の手法のこと。 2017/11/10

ER(エレクトロニックハラスメント)

 テクノロジー犯罪及び、より広義の科学技術を使った嫌がらせのこと。 2016/11/10

マルチストーカー(活動)

 アメリカ・カナダでの集団的によるストーカー行為。 集団ストーカーとほぼ同じ意味。 2016/11/4

招集ストーカー、活動員

 主に創価学会による集団ストーカーの実行犯・加害者のこと。 2015/11/11

プロ市民

 一般には市民の振りをして政治や諜報活動などを行う人のこと。 集団ストーカーでは主に加害者のことをさす。 2016/11/10

トゥルーマン・ショー被害

 24時間完全監視被害。 自分の生活がテレビで24時間生中継されていたという内容の映画のタイトルが由来。 集団ストーカー被害では加害者の情報共有や加害者側への脅しとして頻繁に行われている犯罪手法。 2015/01/01, 2016/10/10

TI (TI's, Target Individual)

 英語での個人標的型犯罪、つまり集スト・テク犯やその被害者(TI's)を表す略語。 2016/3/27

MKウルトラ

 CIA、FBIなどが研究し実行しているアメリカの洗脳プロジェクト。 米映画産業のハリウッドでは、監禁・体罰などを行う特にひどい監視洗脳犯罪の意味で使われる。 関連:コインテルプロハリウッドのMKウルトラ支配 2016.8.25

ステスル・ハラスメント

 集団ストーカーを、日本人にわかりやすいように英語化した和製英語。 このサイトが命名。 今の日本英語としては扱いやすいので、広まる可能性も。 2016/11/21

監視犯罪(者)

 このサイトで当初、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を包括する言葉として使われていた言葉。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪とほぼ同じ意味。 集団ストーカーという言葉は創価学会などカルト団体との関連が強いため、当時は犯罪全体から人為的な犯罪部分を切り離して、技術的な犯罪に焦点をあてようという意図があった。 2016/11/5



< 科学技術用語 >

テクノロジー犯罪など集団的人権侵害を行う科学技術を表す用語

 以下の言葉は、科学技術やそれによる犯罪・嫌がらせ行為を表します。 これらは集団が組織的に個人や少数者に嫌がらせをする際に利用される傾向があります。 これらの言葉は意味は異なりますが同じような使われかたをします。

RFエネルギー

 高周波エネルギー、大気などの自然環境や人体などへ干渉できるエネルギー。 電磁パルスを含む電波に利用されている。 (2016.4.14)

EMF

 電磁界、エレクトロ・マグネティック・フィールド(electromagnetic field)の略で、EMF測定、EMFレベルなどの表現に使われる。 2016/11/30

EMP(兵器、技術)

 電磁波パルス、エレクトロ・マグネティック・パルス(electromagnetic puls)eの略で、現代兵器に使われている電磁波技術。 集団ストーカーにおけるテクノロジー犯罪も同じEMP技術が使われている。 2016.8.25

XKeyscore(エックスキースコア)

 NSAのネット監視コンピューターシステム。 世界中のネット通信が対象でオーストラリア、ニュージーランドの情報通信機関が共同運営している。 2017/4/29

EDOMプログラム(Electronic Dissolution Of Memory Program)

 人間の記憶の疎外や、複数の人間の脳波情報をコンピューターでつなげることなどの研究。 2017/5/15

エシュロン(プログラム)

 NSAの通信傍受システム、電磁波攻撃に利用されている疑いがある。 2016.3.27

LIPC(レーザー誘起プラズマチャネル)

 レーザーで移動経路を確保してプラズマを照射する兵器。 プラズマ関連は2010年ころから活発に開発されている。<参考>米陸軍、新型プラズマ兵器の開発に成功 | 財経新聞 2017/2/16

オールシーイングアイ

 思考盗聴装置、マインドリーディングマシン。 2016.10.31
<参考>集団ストーカーをぶっ潰せ マインドマシンの詳細

音声送受信技術(音声送信・音声受信)

 マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)などを利用して音波を使わずに電波で対象者に音声を知覚させたり、逆に対象者の電波を照射し反射波から音声イメージを解析(脳情報イメージング)する技術。 テレパシー技術のこと。 合成テレパシー(シンセティック・テレパシー)とも言う。 2017/5/15

カーニボア(システム)

 NSAのあらゆるコンピューターシステムをダウンロードできるシステム 2016.3.27

合成テレパシー(シンセティック・テレパシー)

 音声送受信技術のこと。 2017/5/15

思考盗聴

 電磁波で生体情報、特に思考関連情報を盗む行為、電磁波犯罪の一部 2015.10.13

グウェンタワー(GWEN Tower)

 冷戦下、アメリカで建設され、現在通信塔となっている。 テクノロジー被害を引き起こす電磁波を出しているとみられている。 2016.1.5

GPS

 携帯電話・スマートフォンに内臓されている人工衛星によるGPS(全地球測位システム)。 2015.12.18

ケム・トレイル(chem trail、ケムトレイル)

 飛行機雲を偽装したエアロゾル(化学物質、金属、ウィルスなど)を空中に散布する技術。 目的は天候変化・自然災害発生・病気や精神病の誘発・農地などの土壌汚染などとみられている。 ケムトレイル関連動画 2016.4.15

殺人電磁波

 米軍などに配備されている、離れた場所へいる人を殺傷する、遠隔テクノロジー兵器。 マイクロ波を利用していて、哺乳類の体を破裂されるほどの威力がある。 2016.11.22

指向性エネルギー

 痛撃電磁波・殺人電磁波など軍事兵器に利用されている電磁波・マイクロ波、放射能、音波などのこと。 電磁波・マイクロ波はどちらも電波に分類されるため、電波兵器にあたる。 電磁波銃として軍に配備されていた。 2016/11/22, 2016/11/30

スマート・ダスト

 テクノロジー犯罪における電磁波のアンテナや発信機にあたる超小型化されたRFID、ナノチップのこと。 直接、人体や衣服・持ち物などに付けるだけでなく、ケムトレイルで広範囲に散布することも可能とされている。 自己複製能力があり体内で増殖するとみられている。
<参考> 「脳の活動を読解」するナノレベルの微粒子、「スマート・ダスト」 2017/3/24

生体情報、生体観測、心身分析

 テクノロジー犯罪で、監視時に、対象となる人体から取得・分析される人の精神・肉体に関する情報のこと。 生体情報は、人体に固有な情報という意味。 生体観測は人体の情報を観察するという意味(観測は主に自然現象に対して使われる言葉なのであまり適切ではない)。 生体情報には思考や高度な精神活動が含まれない傾向があるため、心身分析という言葉が最も事実に近く適切な表現となる。 用語自体としては生体情報という言葉が使われる傾向にある。 2016/11/24

痛撃電磁波、痛覚攻撃

 レーダー・レーザー・電磁波などによる体に直接的な痛みを感じる攻撃やその手段のこと。 アクティブ・ディナイアル・システム(積極阻止システム)という、米軍などに配備されている、離れた場所へいる人へ痛みを与える、遠隔テクノロジー兵器。 95ギガヘルツの電磁波で、人体に照射するとわずか2秒で皮膚表面を55度まで急上昇させるほどの威力があある。 痛みのほかにめまいや失神を引き起こすこともできる。 2016/11/22, 2017/2/23

TAMIシステム(Thought Amplifier and Mind Interface System)

 ニューロコンピュータ、脳のどの部位のニューロンのスパークが何を意味するかを解析しているスーパーコンピュータの技術。 人間の精神部分の解析、脳イメージ解析などとに使われる仕組み。 2017/5/15

テクノロジー犯罪

 電磁波(電波・マイクロ波)、EMP(電磁パルス)兵器電波・レーザー・音波・光・毒物・放射線・コンピューター・衛星などの科学技術を悪用した監視や心身攻撃犯罪全般を表す。 思考送受信、痛撃電磁波などで結果的に痛みや不快感・不安・倦怠感などの被害者に与える犯罪。 略:テク犯 2015/10/13, 2017/2/24

テレパシー技術

 音声送受信技術のこと。 軍事技術として研究されていて自衛隊などもサイトで研究していることを明らかにしている。 2017/5/15

電波吸収体、電波吸収材料(Radar absorbent material、RAM)

 電波を吸収し反射波を減らす物質である。主にステルス機などで、形状制御技術ではコントロールしきれなかった鋭角などに使用される。(「電波吸収体 - Wikipedia」より引用) 2017/2/24

電磁波

 一般には電波と呼ばれている電気と磁気を帯びた波動のこと。 テレビなどの電波から光、X線など周波数によって異なる呼ばれ方をする。 様々な電波がこれに含まれる。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の分野では、電磁波被害に関わるマイクロ波を表すことが多い。 2016/8/24, 2017/2/24

電磁波犯罪

 電磁波を悪用した犯罪

電磁波攻撃

 電磁波で人体に悪影響を与える攻撃 2015.10.13

電波

 一般的にはテレビ波やラジオ波を表すが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪分野では主にマイクロ波のことを表す。 2016.8.24

テンペスト

 遠隔地のコンピュータ画面の解読などを可能とする電磁的盗聴技術 2016.3.27

バイオテレメトリー(遠隔計測法、システム)

 小型の生物などに計測器などをつけて生態を監視すること。 集団ストーカーでは人間や荷物・自動車・自転車などにGPSや思考盗聴装置、その他の監視装置を付ける形で行われている。 2016/11/30

バイオロギング(遠隔計測法、システム)

 ビデオカメラやセンサーで画像やその他のデータを記録して調査すること。 生物などに直接設置・装着しないという意味で、バイオテレメトリーと区別して使われることがある。 2016/11/30

BMI(Brain Machine Interface)/BCI(brain-connected interface)攻撃・技術

 BMIやBCIは脳とコンピューター機器などをつなぐ技術や装置の総称。脳神経系へのより直接的な攻撃を可能とする技術・装置のこと。 2015/11/11, 2017/2/26

bio-electromagnetic technology (a.k.a. mind-control technology)

 直訳するとバイオ電磁技術、生体電磁技術といった意味、Covert Harassment Conferenceより 2015.12.28

フレイ効果

 マイクロ波聴覚効果と同義。 複数地点からの等距離同時の電磁波加重照射。 強い電磁波攻撃が可能。 (2016/01/02, 2016/01/04)

Microwave Gun、Microwave Weapon

 遠隔テクノロジー攻撃に使われる機器の英語での呼び名。 海外ではこれらの単語の普及率が高いため、検索ワードに適している。 2016/11/22

マイクロ波

 電磁波被害に関わる電磁波の一種。 集団ストーカー分野では主に電磁パルスの意味で使われる。 定義が多義的で差異が含まれるため、著作権申請文書や国連文書などでは、単に電波と呼ばれることがある。 2016.8.24, 2016.8.25

マイクロ波聴覚効果

 フレイ効果と同義。 (2016/01/04)

HAARP

 高周波活性オーロラ調査プログラム。 電磁波による地震誘発やマス・マインドコントロールに利用されているという説がある。 地球の大気圏にある電離層に電磁波(極長調波)を反射させ遠隔地を攻撃できるとみられている。 関連動画 2016.4.14



< 人為的な技術・手法の用語 集団ストーキングの方法や技術全般 >


以下の言葉は、人為的な技術や方法を表します。 これらは集団が組織的に個人や少数者に嫌がらせや犯罪行為を行う際に利用される傾向があります。 一般用語も含まれていますが、監視犯罪の分野ではおおむね以下のように扱われます。

ガスライティング

 監視被害を意識させる監視犯罪行為全般。 参考:わざと誤った情報を流し人を混乱に陥れる心理的攻撃「ガスライティング」を仕掛けるひとが使う11の方法 : カラパイア 2017/2/3

アンカリング

 監視被害の意識付けによる監視犯罪

ノイズキャンペーン

 音関連の監視犯罪

コリジョンキャンペーン

 …被害者に衝突したり行く手をはばむ監視犯罪

ストリートシアター

 加害者集団が会話や口論などを自作自演する監視犯罪

ネットシアター

 ストリートシアターをネット上のSNSやメール・動画などで行われていることから管理人が作った造語。(まだほとんど使われていない) 2017/4/17

つきまとい・付回し

 被害者の後を付けたり、待ち伏せする監視犯罪

ほのめかし

 被害者の趣味・行動、その他の個人情報などをほのめかす監視犯罪

ブライティング

 光による監視犯罪(2015/10/13)

マインドゲーム

 継続的に様々な嫌がらせを行い被害者に心理的な不安や誤解や与える監視犯罪、監視犯罪では常にこれが行われている(2015/11/11)

モビング(リストラ工作など)

 企業がリストラ目的などで行う集団ストーキング(2015/10/13)

ミスリード手法

 首謀者が被害者や加害者に行う意図的な心理誘導。 監視犯罪における嫌がらせの多くは、これによる被害者の支配や排除・破滅を目的としている(2015/11/18)

マスコミ集スト・メディアガスライティング

 テレビ・ラジオ放送を使ったほのめかし犯罪(2015/12/28)

コミュニティポリシング

 防犯ネットワークによる集スト手法のモデルとなったアメリカの防犯理論 2016/11/5

環境設計による犯罪予防

 防犯ネットワークによる集スト手法のモデルとなったアメリカの防犯理論 2016/11/5




< 社会規模での大衆誘導や市民管理:弾圧・監視・洗脳・心理操作・経済圧力など >


悪魔教(崇拝)、サタニズム

 超富裕層のNWO、完全なる世界人類支配計画を実現するために必要となる、作業担当の奴隷たちが法やモラルを逸脱する行為に反抗したり違和感を感じないように調教するために教えている法やモラルに反する教えやその実践。 世界支配の実行犯、作業担当となる犯罪奴隷たちに、人間狩りや人の生き血を飲むこと、人肉食その他の人のモラルに反した行為や犯罪行為を行わせることで、法やモラルを無視できる人間となるような調教が行われているとみられている。 血飲や人肉食については、実際に証拠が出ており、ローマ法王やエイザベス女王が罪に問われる裁判まで行われており、これが悪魔教崇拝が世間に知られるきっかけになった。 2017/3/8

NWO(New World Order)、ニューワールドオーダー、

 表向きは、ローマ法王(教皇)やアメリカ大統領たちが主張している、世界統一政府を樹立する思想。 実質的には超富裕層による完全な世界人類支配計画とみられている。 様々な政府機能の民営化政策やその他のグローバリズム政策、人口削減計画などがNWOに含まれているとみられている。 2017/3/8

監視社会、警察国家

 防犯や治安維持などを名目に、政府が国民への監視・検閲・弾圧などを強めることで、政府にとってだけ都合がよいように作り変えれた政府主権国家のような社会やその支配システムのこと。 警察国家は具体的な警察権限の強化を主眼においた、政府の国民管理能力を支配的なまでに強めた社会やその支配システムのこと。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪もこの支配システムの手法のひとつをみられている。 またNWOの一環とみられている。 2017/3/8

社会毒

 生活環境全般に存在する健康被害の原因となる物質のこと。 現在の日本ではあらゆる食品や日用品や水道水,、空気にまで発がん性物質や遺伝子異常・成人病・精神病・避妊などの原因となる物質が含まれていることから社会毒と呼ばれるようになった。 口から体に入るもの以外では、金属やインフルエンザなどのウィルスなどが、ケムトレイルなどを利用して散布されているとみられている。 直接的に命を奪う猛毒のではなく、弱い毒物を使った人体への毒物の蓄積や長期的な免疫力の低下による疾病を誘発するという方法がとられている。 2017/3/8, 2017/3/9

人口削減(計画)

 表社会ではWHO文書などに記載されている、環境保護を目的とした人口抑制政策のこと。 一方、世界規模での政財界人のエリートネットワークが合意の下で行っている、人口削減による民衆支配効率の上昇が目的なのではないかともみられている。 戦争やパンデミック(病気の蔓延)などのほかにスローキルという方法も同時に行われているとみられている。 2017/3/8

心理戦争

 自衛隊が自作自演でテロや暴動を演出し、テロ・暴動鎮圧が目的と称して自衛隊、警察による国民の統制支配を強化する戦術、その際マスコミ等を使用したデマゴギー宣伝を利用し、国民を軍隊の意向に沿う方向に誘導する『心理誘導』戦術の事を指す。(「スクープ!米国と自衛隊合同による市民殺害部隊パイナップル・ブリゲイズ(民主党マニフェスト日本版FEMAで本格起動!!) そこちょっとつんつく」より引用 2017/2/24)

スローキル(Slow kill)、スローキリング、ソフトキリング

 政府・企業・マスコミなどを使った社会毒、労働システムの改悪、重税、社会保障の弱体化、大衆の白痴化などによる人々の命を徐々に蝕む殺人方法のこと。 具体的には個人への病気誘発などで個人の寿命を短くしていて、全体としては人口削減計画の下に行われているとみられる人口減少政策とみられている。 2017/3/8

超富裕層

 表向きは単なる超巨大資産家や超大財閥などを表すが、実質的には世界の政財界のエリートネットワークをさらに支配するような世界の実力者、世界支配層などとみられている、世界の王侯貴族や巨大宗教の上層部、特別な大富豪や超資産家たちのこと。 経済学者の研究から世界の富の99%をたった1%の人々が所持していることが分かり、彼らは1%、1パセーンターなどとも呼ばれ、非難されている。 また、巨大な経済力を背景に、巨大な権力を持ち、法やモラルを無視した利益活動、戦争や社会システム・常識変更などまで行っているとみられていることから、金融マフィアなどとも呼ばれる。 以前は、ユダヤ系金融資本、ユダヤ金融マフィアなどとも呼ばれていたが、人種差別的な意味にも解釈できるため、また米国の愛国法などで規制されているため、現在はユダヤという言葉は使われなくなりつつある。 超富裕層、支配層、グローバリスト、ユダヤ金融資本、シオニスト、悪魔教崇拝者(サタニスト)などの言葉は、実質的にはおおむね同じ権力者グループのことを表している。 真の超富裕層は、社会の表にでている権力者、世界のリーダーと呼ばれている各国の首脳や巨大財閥の頭首、巨大な王族グループのトップすら支配下におき、彼らを意図的に争わせることで利益を得ているとみられている。 悪魔教裁判などが隠蔽されず、世間に知られる事態となっているのは、悪魔教崇拝者やグローバリスト、世界各国の首脳が世界の真の実力者ではないという証拠のひとつとみられている。 2017/3/8 < 2017/3/8




< 組織名・人物名 関連組織や職種・人物などの呼び名 >


< 参考 >

集団ストーカー テクノロジー犯罪 資料サイト|ウォーカーのブログ
 ページ下部の「テクノロジー ライブラリ テスト版」の項目で用語や人物を紹介 2017/2/10


ザ・ネットワーク

 イルミナティがマインドコントロールした組織と洗脳作業員の情報網。 イルミナティが自身の組織や我々と呼ぶときの主体のひとつ。 主に諜報機関(秘密警察やその他の特務機関)、オカルト集団、軍の組織、大小の宗教団体で構成されている。 2017/5/14

クロカモ

 警察・公安・自衛隊を超える超法規的組織と目されている秘密の特務機関。 2017/5/8

創価(学会)、草加、草刈、層化、ナンミョー

 公明党の支持母体。 世界的にはカルト教団と判断されている。 表向きは宗教法人であるが、集団ストーカーの実行犯として最も多く報告されている疑惑の団体。 思考盗聴・電磁波攻撃などテクノロジー犯罪を行う技術を持っているとみられている。 日本の総人口の約5%の信者数を誇り、様々な犯罪や不正行為との関与が噂されている。 日本における様々な不正や犯罪の主体とみられているため、単なるスケープゴートに過ぎないともみられている。 2015/11/18, 2017/5/8

特務機関、秘密警察ゼロ、サクラ、チヨダ、四係

 公安警察内の極秘組織、警察庁警備局警備企画課に属する協力者運営本部。 警察協力者の作成、監視、諜報(スパイ)、暗殺などが主な業務とみられている。 2017/5/8

公安

 公安警察、または国家公安委員会や各都道府県の公安委員会。 最も高度な監視技術などを持っており、利権確保のため、これが悪用されているとみられている。

防犯パトロール

 警察の指導のもと、市区町村役所などの自治体が運営している防犯組織。

サイコパス

 嫌がらせの実行犯となる宗教工作員が、この名で呼ばれることがある。

顕正会

 宗教団体。 過剰な勧誘方法などが危険視されている。 その勧誘手法などからテクノロジー犯罪を行う能力はないとみられている。

警察

 防犯利権や創価学会の信者経由で監視犯罪に関与していることが疑われている

自衛隊

 警察同様、防犯利権や創価学会の信者経由で監視犯罪に関与していることが疑われている

自治体

 市区町村役所などの地方自治体。 探偵や調査組織から危険人物情報などとして様々な個人情報を取得しているとみられている。 また警察同様、防犯利権や創価学会の信者経由で監視犯罪に関与していることが疑われている。 (2015/11/18)

電通

 大手広告代理店。 マスコミ集スト・メディアガスライティングへの関与が疑われている。 原発利権などと結びつきマスコミの支配者として日本に君臨しているとみられている。 2016/1/2, 2017/2/24

パイナップル・ブリゲイツ

 米国と自衛隊合同による市民殺害部隊。 日本人の虐殺には、主に在日朝鮮人を使うことで、同種殺を避けるようになっている。 米国の市民虐殺部隊FEMAにあたる自衛隊の秘密部隊。 (「スクープ!米国と自衛隊合同による市民殺害部隊パイナップル・ブリゲイズ(民主党マニフェスト日本版FEMAで本格起動!!) そこちょっとつんつく」より引用 2017/2/24)

<海外>

FCC

 連邦コミュニケーション委員会。 MKウルトラ関連。  2016.4.18



< マイク 盗聴などで使われる音波受信機 >


集音器

 傘状の反射器で集音するタイプ

ガンマイク

 棒状の指向性マイク

コンクリートマイク

 壁や床などに密着して集音するタイプ、木造建築でも使用可能

ロービングバグ(携帯電話・スマートフォン型)

 盗聴だけでなく音声発信も可能、遠隔地からの長時間盗聴向き

レーザー盗聴器

 窓ガラスに振動した音声を読み取る盗聴器



< スピーカー ノイズキャンペーンや軍事活動などで使われる音波送信機 >


 人の声を送信できるものは、神の声などを偽装することも可能です。 ペルーの25人連続殺人事件で犯人が、「神に命令された」などと証言していることから、この技術が悪用されたとみられています。 このような危険性から、現在は集団ストーカーだけでなく、軍事目的での使用もかなり制限されているようです。 つまり、過去の被害事例(1990年くらいまで)では報告されていますが、現在の民間の集団ストーカーレベルでは、ほぼ使われないであろうことが予想されます。 すでに水面下で世界規模で禁止されているような場合、日本国内の神の声事件を国際警察で取り締まるような対処も可能かもしれません。

パラメトリック・スピーカー

 特定の狭い範囲だけに音を聴かせる技術、超音波を利用した特殊な音響システム、別名「オーディオ・スポットライト」、「ハイパーソニック・サウンド」

音響兵器

 戦争・紛争・テロ鎮圧などでの利用を目的とした音声伝達技術、連絡や敵への戦意喪失などの心理攻撃に利用

LRAD(エルラッド)

 音響兵器、現行品ではアメリカ製の長距離音響装置

MEDUSA

 マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器



< カメラ 監視犯罪では隠しカメラや透視カメラが使われます >


防犯カメラ

 安価で防犯効果が高い。 しかし電動であれば、公安の過剰捜査などでは家屋の全電源を停止させるなどして無効化する方法もある。 これには無停電装置などによる電源の確保、監視員の常駐などで対処可能であるが、それができない相手を監視対象としている場合が多い。

ピンホールカメラ

 レンズの直径2ミリなどの小型カメラ、安価で盗撮・防犯ともに利用、今後さらなる小型化が予想される



< ハイテク機器など >


カルムーンシート

 遮音・防音シート。 シート自体の遮音・防音性能にもよるが、テクノロジー犯罪の音波系高周波・低周波の被害軽減効果が期待できるものもある。 2016/11/23

シールドルーム

 電磁波防御を目的としてた電波暗室・電磁波吸収部屋、日本政府などが作成している

赤外線計測器

 盗撮に利用するとコンクリートなどの壁も透過可能、市販されている

DEW(s)、指向性エネルギー照射装置

 指向性エネルギー、主に電磁波(電波・マイクロ波、EMP[電磁パルス])を使っているとみられるテクノロジー犯罪の攻撃装置。 2017/3/8

テンペスト

 パソコンのモニタなどを電磁波から画面表示内容を盗撮する技術

透視カメラ

 壁などを透視するカメラの総称、すでにコンクリートや鉄板も透視可能な技術が開発され利用されている

ナイトウォッチPNP-M

 携帯型夜間暗視装置(監視用の暗視スコープ)

バイオテレメトリーシステム

 遠隔計測法

ハンドヘルド・エックスレイ・イメージングデバイス

 携帯型X線検査器

ファラデーケージ

 電場を遮断する導体に囲まれた空間。 電磁波攻撃を防ぐシールドルームなどに使われる。 効果は被害状況によるがドラム缶や大型ごみ箱で代用可能。 詳細 2016/8/24, 2017/1/21

Prism200

 ポータブル非破壊検査装置(これで壁越しの監視も可能)

ボディスキャナ

 空港の手荷物検査などに導入されている衣服などの透視が可能な透視撮影機器

マイクロウェーブスキャン

 写像性測定器、ピラミッドの内部調査などに利用 2015.11.11

MEDUSA(メデューサ)

 マイクロ波による音声送信兵器、日本では防衛省情報本部傘下の情報保全隊が使用 2016.8.23

LRAD-Xシリーズ(ラッドエックス)

 指向性超音波発生装置(騒音工作に悪用)

レイザーエックス

 ポータブルX線検査装置(X線照射式の小型透視装置)

ロブスターアイ

 X線で壁を透視する新兵器、アメリカでテロ対策で採用されているとみられている 2015.11.11



< 理論、犯罪の隠蔽や正当化のための理論武装 >


医療利権

 医療・医薬品に関する利権のこと。 集団ストーカー問題では、特に精神病への入院・通院による莫大な利権が発生している。 精神医療利権が莫大であるため、精神病に関する資格や医師免許の不正取得が後を絶たない。 2017/3/14

NWO

 超富裕層が利権の維持拡大のためにNWO(新世界秩序)と呼ばれる世界統一政府の樹立を目指しているという説やそのための活動全般のこと。 そのために行われているのが、世界的な不正や犯罪、世界全体をだますような詐欺行為であるとみられている。 集団ストーカーをNWOとしてみると、市民の完全な監視・奴隷支配を目指しているとみられている。 参照:NWO。 2017/3/14

過剰な監視や嫌がらせ全般

 不法監視を基礎とした監視圧力、ノイズキャンペーンなどは継続すればするほど防犯効果や治安維持効果が高いという警察関連組織の理論がある。 パトロールなども同様にやればやるほど効果が高まるとされていて、これらも集団ストーカー被害を悪化させている要因となっている。 2017/3/14

行動監視、行動調査、強制備考

 個人を監視し嫌がらせや何やらかの圧力を加える活動。 対象者を危険人物(主に政治・思想犯)扱いしたうえで、警察関連組織が集団ストーカーを正当化するために使用。 2017/3/14

政治犯、思想犯

 警察関連組織の監視・嫌がらせ犯罪を正当化するために使われている罪名。 危険性や公序良俗に反するなどといったあいまいな基準で判断され、通常は取り消されることはない。 古くは特高警察時代の共産主義弾圧などに悪用され、当時はほかにも反戦思想を持つ人たち全般が、危険思想の持ち主として投獄され命を落とした。 官僚主導で公安が実行犯となっているとみられている集団ストーカー犯罪もこの流れをくむ、時の政府の都合で行われる実質的な国民弾圧行為のひとつとみられている。 2017/3/14

精神病(主に統合失調症)

 精神的な病気全般のこと。 公安などの公権力犯罪であるとみられている集団ストーカー・テクノロジー犯罪における、監視やノイズキャンペーンなどの犯罪事実を隠蔽するために、被害者を精神病扱いする方法が取られている。 この精神病工作が成功すると、精神科での治療経験者は、精神病者扱いとなり裁判での証言能力をいちじるしく失うことになる。 そのため集団ストーカー被害者には必ず行われる工作のひとつとなっている。 2017/3/14

ゼロ・トレランス方式(ゼロ・トレランスほうしき、zero-tolerance policing)

 割れ窓理論に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。 「tolerance(寛容)」の文字通り、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。日本語では「不寛容」「無寛容」「非寛容」等と表現され、転じて「毅然たる対応方式」などと意訳される。 (WikiPediaより) 2017/3/14

防犯利権

 防犯活動に関わる利権のこと。 政治やスポーツなどの国際的なイベントに使われる警備費用は年々急増しており、防犯利権は建設業のような税金の使用目的となる新たな巨大産業なりつつある。 集団ストーカーの活動費用や直接的な利益も防犯利権から発生している。 利権拡大のため人件費削減を目指しているので、集団ストーカー犯罪でも少数の加害者でより大人数の被害者を攻撃できるような、テクノロジー犯罪の自動化や加害者の少人数化が進みつつある。 2017/3/14

予防拘禁

 危険人物などに対して犯罪の予防、治安維持名目で行われる、対象の住居や生活範囲を限定する方法。 刑務所やそれに近い準軟禁施設などで行われている。 集団ストーカー被害の日常的な被害、不法監視やノイズキャンペーン、また精神病院への入院がこれにあたる。 ほかには自衛隊の駐屯地への住居の固定などもこれにあたる。 2017/3/14






アルファベット


A(略語)

 警視庁の隠語でアメリカ大使館を表します。 「Aがダメだといっている」などと使われているそうです。 (2015/10/12)


SQUID

 海のイカと同じつづりですが、超電導量子干渉素子の略称で、超電導磁気センサのことです。 監視犯罪分野では、思考盗聴や電磁波攻撃に利用されているとみられています。 この技術自体は、超微弱磁場の計測が可能で、医療や物理学の分野での応用が期待されているそうです。 (2015/10/12)




< あ行 >


エクストリーム自殺



 エクストリームという危険をともなう過激なスポーツがありますが、これと同じような過激な自殺判定を警察などが行うことを、エクストリーム自殺といいます。 他殺や故意による事故死だと暗にほのめかしています。

 同じように警察の集団ストーカ-犯罪も、エクストーム監視、エクストーム行動確認、あるいはエクストリーム政治犯、エクストリーム精神障害者などということもできるでしょう。 2016/12/28




< か行 >


監視ハラスメント

 (2015/04/01, 2015/09/26)

 個人監視の対象となる被害者が、監視犯罪者や観客的加害者から受ける精神的または肉体的な被害、あるいは名誉毀損などの風評被害、社会的信用の低下、さらに収入や財産の減少などをこうむるような社会的な被害をもたらす行為や事態の総称です。 (2015/04/01, 2015/09/26)

 当サイトでは、日本語でハラスメントと表現すると、皮肉や悪口を言われた程度の軽度のいたずらのようなイメージが含まれることを避け、監視犯罪者の悪意をより的確に表現するため、嫌がらせ、という表現を使うようになってきています。 (2015/09/14, 2015/09/26)

強制尾行

 警察の隠語で集団ストーカーを表します。 警察・公安が組織として堂々と集団ストーキングを行っていることの証拠のひとつといえるでしょう。 (2015/10/12)


コインテルプロ

 COINTELPRO(Counter Intelligence Program の略語)、コインテルプロは1956年から1971年にFBI(米国内の治安維持組織)によって行われた非合法な機密工作です。 MKウルトラ計画から派生しています。 信用低下や政治団体の崩壊を目的とした国家プロジェクトとして行われていました。 FBIはその動機を治安維持、社会や政治体制などの維持であると主張しています。

 集団ストーカーも、その動機のひとつに、防犯を掲げる組織があります。 手法においても、心理戦では、様々な信用失墜策、噂やメディアの利用、手紙、その他の直接的な嫌がらせが行われていました。 さらに不法な投獄、暴力、果ては暗殺まで行い誹謗中傷を徹底して行っていたとされています。

 集団ストーカーが最悪の状態まで悪化したような凶悪さが特徴です。 集団ストーカーも野放しにしておけば、いずれコインテルプロに近づいていくことでしょう。 2015.10.16, 2016.8.25


高度監視技術[機器]

 高度な監視技術全般やそれを利用した機器全般のことです。 具体的にはイメージ送受信技術やそれを利用した機器、またはそれを含めた技術や機器のこと、または、イメージ送受信技術を未体験で理解できない人の誤解を招かないように高度監視技術と表現します。 (2015/04/19, 2015/09/26)

 当サイトが第三世代監視技術として分類している、脳波解析による思考盗聴やその他の人体計測・体内観察などがもたらす脳や人体の詳細な情報やその分析結果、またGPSなどで得られる個人の位置情報、それらを関連付け、かつ情報利用の利便性を高めたインターネット技術利用などの技術や機器の総称です。 (2015/09/14, 2015/09/26)



< さ行 >


集団ストーカー、[略]集スト、[警]強制尾行

 一般的に宗教団体犯人説が有力となっています。 警察・公安も行っており、警察用語では強制尾行といいます。

 元群馬県警の大河原宗平さんによると、警察が集団ストーカーをする場合、政治的な危険人物として格付け、ランク付けすることで、監視犯罪行為を正当化し、尾行対象者として集団ストーカー対象にすると説明しています。

 私の経験でも、確かに群馬県に引っ越してから後、監視犯罪は悪化の一途をたどっています。 元群馬県警の大河原さんは、顔見知りの元同僚に付回されていると被害の現状を説明しています。  2015/09/29, 2016/04/17



上品な犯罪(者)、上品な犯行

 (2015/06/04, 2015/09/26)

 上品というのは、人間として品位が高い、という意味ではなく、犯罪行為であるにもかかわらず軽微な犯行を好むという意味です。 自動車の移動ハラスメントを検証する際に作成された造語です。 (2015/06/04, 2015/09/26)

 また毎日欠かさず監視犯罪を犯し被害者を攻撃すること、警察をまねているのか8時に規則正しく交代することなどの几帳面な犯罪態度であることなどの調査結果も、この上品さの要因となっています。 (2015/09/25, 2015/09/26)

 犯罪者が自動車を移動するには自動車の鍵が必要なため、犯罪者は何らかの方法で鍵を手に入れていることが予想されます。 犯罪者が鍵を持っているならば自動車を丸ごと盗んだほうが犯罪者としては利益が大きいはずです。 しかし、駐車位置を移動させるだけという地味な嫌がらせしかしないという、インターネット上のブログの情報もこの言葉の元になっています。

 情報元となったブログの著者は、証拠を示すところまではいっていませんでしたが、犯人は公安警察であると予測して公安警察に疑いが向けられていました。

参考:1.150401- 自動車移動ハラスメント(準備中) (2015/09/26)


洗脳監視犯罪


 以前は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の共通点を抽出し、政府が黙殺隠蔽策を貫いている「集団ストーカー」という言葉に代わる概念として、「監視犯罪」という言葉を意識的に使用していました。 しかし、関連犯罪の調査が進む過程で、科学技術・人為的な犯罪技術ともに、世界大戦中の洗脳研究の延長上にある犯罪だということが明らかになってきました。 そのため、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の総称としては、「監視犯罪」よりも、「洗脳監視犯罪」としたほうがより正確に実情を表していると判断し、用語を変更することにしました。 犯罪の目的が洗脳で、方法が監視技術、という意味合いです。

 対案としては、犯罪技術に焦点をあてた、電磁波犯罪やBMI犯罪・ER(エレクトリックハラスメント)あたりが有望でしょうか。 犯罪例としては、監視にほとんど力を入れず、いきなり電磁波攻撃を行う種類のものや、電磁波攻撃を行わない監視を主とするものもありますので、どちらも片手落ちとなってしまう可能性はあります。 そのため、目的が、洗脳、対象の排除やコントロールとなっていることから、単純に洗脳犯罪という用語にしてしまうこともできるでしょう。 しかし、洗脳犯罪というと監視被害部分が抜け落ちてしまい、被害者数がかなり減ってしまうことから社会問題としてのインパクト・衝撃度が下がってしまうでしょうから、当面、洗脳監視犯罪という用語を使用しようと考えています。 (2015/12/06)




< た行 >


血の結束

 カルト教団の団結力や結びつきのこと。 カルト教団が信者・構成員に命令を強要するときに根拠となる考え方。 (2016/01/06)



統失(とうしつ)

 統合失調症の略で主にネットスラングとして集団ストーカー加害者などが使う言葉。 糖質はその暗喩。 使用例:糖質ウォッチ 2016/12/28



特許

 特許技術は監視犯罪の装置・機器にも使われている可能性があります。 特許情報プラットフォームというサイトで特許情報を検索することができます。 海外の特許にも対応しています。 特許の最新情報などはこちらを参照してください。 現時点では、キーワード検索となっていますので、「発明の名称」で検索するのがよいでしょう。 22.歴史などで扱っている特許の最新情報などはこちらからご確認してください。 (2015/10/12, 2015/10/13)





< な行 >


人間のクズ

 カルト教団が好んで使う侮蔑の言葉。

 一般的な侮蔑用語のようにもみえますが、カルト教団が好んで使用する宗教用語にもなっています。 選挙演説で対立候補を罵倒する百田さん(元NHK職員)だけの言葉ではありません。 2016/1/6





< は行 >


プロ市民

 (2016/01/06)

 集団ストーカーで尾行・待ち伏せ・つきまといなどの嫌がらせを行う実行犯のなかで、一般市民を装う犯罪者のこと。 2016/01/06



報道、放送、ネット報道、ネット情報、雑誌など情報元の区分

 (2015/10/18)

 情報元の表記が分かりにくいので、2015年10月18日以降は、次のように区分していく予定です。

報道

 テレビ・ラジオ・新聞などマスコミ報道。

放送

 テレビ・ラジオなど放送媒体のニュースやドキュメントなどの情報。

ネット報道

 インターネット上の報道。

ネット情報

 インターネット上の情報一般。

雑誌

 週刊誌などの情報。

マスコミ

 テレビ・ラジオ・新聞の情報全般。 ネットや雑誌を除いた、いわゆる報道メディアの情報。 (2015/10/18)





< ま行 >


マスコミ・メディア



メディア・マスコミ
 ネットがメディアの主流となる見込み(2016/01/22)



マスコミ集スト・メディアガスライティング


 テレビ・ラジオ放送を使ったほのめかし犯罪(2015/12/28)

 テレビ・ラジオによる集スト犯罪のこと。 キャスターや出演者の発言で被害者へのほのめかしを行う行為。 発言者の本人が集スト犯罪であることを理解していない可能性もある。 一般用語として定まったものがないため、このサイトではマスコミ集スト、マスコミほのめかしと呼ぶ。 英語的にはメディアガスライティングとしてもよい。 (2015/12/28)





その他


 世界の歴史や世界情勢に関わる人名・組織名・主義主張の呼び名。 世界情勢分析用のメモとして記述するので詳細は各自で調べるようにしてください。

アイゼンベルグ


 支配層の主要家系のひとつ。 MI6とともにモサド、CIAを設立した。 現在はイスラエルの軍事や世界の原発・核利権を支配しているとみられている。 主要人物はショール・アイゼンベルグなど。 ロスチャイルド家の主筋のひとつ。 2017/5/29








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system