勝てる! 被害改善責任論

集団ストーカー・テクノロジー犯罪 Gang Stalking Improvement Activities

 私たち市民はとても困っています。匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。(集団ストーカー犯罪の説明

< お知らせ >
Geocitiesの被害改善責任論サイトは更新終了となりました(2020年4月に削除予定)。ミラーサイトはなくなり、更新はFC2サイトのみになっています。2018.10.8,2018.11.8

用語説明 | 被害改善責任論

目次 一覧 歴史 秘密利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 リンク

目次 >

用語説明

word, 2015.9.14-

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪やその周辺分野の用語やこのサイトで使っている造語などの一覧です。用語を分類した結果、どこにあるのか分かりにくくなっている用語もあるので「Ctrl+F」などでブラウザのページ内検索機能を使って検索することをお勧めします。

 このサイトの犯罪の調査や分析、理解度などは時間とともに上がってきていますので、日付が新しいものほど情報の信頼性が高くなっています。管理者側の感覚では、更新日が2016年以降であればまずまず信頼でき、2017年以降であればかなり客観的な情報となっているはずだと思っています。

 日付が二つあるものがありますが、最初が用語や記事の追加日で、次が更新日となっています。情報はどうしても古くなってしまうものですから、詳しい最新情報などについてはネット検索や他のサイトの情報も参考にしてください。2015.10.13, 2018.9.19

目次

用語の関連性

 集団ストーカー全般を表す用語
  個人や少数者に対する集団的人権侵害行為

 科学技術用語
  テクノロジー犯罪など集団的人権侵害を行う科学技術を表す用語

 医学用語
  精神医学やその他医学・医療全般

 人為的な技術・手法の用語 集団ストーキングの方法や技術全般

 社会規模での大衆誘導や市民管理:弾圧・監視・洗脳・心理操作・経済圧力など

 組織名・人物名 関連組織や職種・人物などの呼び名

 マイク 盗聴などで使われる音波受信機

 スピーカー ノイズキャンペーンや軍事活動などで使われる音波送信機

 カメラ 監視犯罪では隠しカメラや透視カメラが使われます

 ハイテク機器など

 政治や支配層の手法や理論・戦略など
 大衆誘導・犯罪隠蔽・論理武装などだましのテクニック

裏社会の用語集
 このサイトで使う裏社会関連用語の簡単な説明

アルファベット

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行

社会不正・真相究明


関連

テクノロジー犯罪の技術関連リンク
 BMI,電波,音波,洗脳その他

参考

集団ストーカー テクノロジー犯罪 資料サイト|ウォーカーのブログ
 ページ下部の「テクノロジー ライブラリ テスト版」の項目で用語や人物を紹介 2017/2/10

用語説明 - 人権と生命を守る社会に SOS 不都合な真実を求めて(予備) 2017/10/4

用語集 - AGSAS 2018.3.8

被害に関連する技術リンク 2018.4.24

用語リンク 2018.4.24

用語集 - 集団ストーカーテクノロジー被害者サポートセンター 2018.9.8

精神疾患用語集 2018.9.10

注意:読み方や表記のゆれ、敬語・丁寧語の使用方針など

 アルファベットの略称で読み方が書いていない単語は、そのままアルファベット読みをするとみられるものです。英語や略称をアルフェベットで表記するかカタカナで表記するかは、単語の知名度を予想して、比較的有名と思われるものをカタカナ表記、知名度が低いものをアルファベット表記としています。

 文中の敬語や丁寧語が統一されていないのは、このリストの作成途中で敬語・丁寧語などを使わないように方針を変えたためです。基本方針としては、敬語・丁寧語は作者の意見を含めた部分で使い、単語の客観的な説明では使わないように変更していく予定です。

 ちなみに日付表記にも揺れがありますが、無害なので一旦放置して更新の機会があったときなどに少しずつ統一していく予定です。2018.9.19




「用語の関連性」


 ここでは、用語同士の関連性、類似性などを扱います。

 各用語と関連する分野については、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の関連分野で扱っています。2016.10.31




< 集団ストーカー全般を表す用語 >


個人や少数者に対する集団的人権侵害行為

 以下の用語は、集団が組織的に個人や少数者に嫌がらせをする行為やその加害集団を表します。広義ではほぼ同じ意味を表します。ストーカーが人を、ストーキングが行為をそれぞれ表し、必要に応じて使い分けられています。また、マスコミなどでは集団ストーカー・テクノロジー犯罪という単語が使用禁止や非推奨用語となっているため、それらの代用として以下の用語が使われることがあります。

 呼び名としては、集団ストーカー、テクノロジー犯罪、ガスライティング(犯罪)、コインテルプロ、MKウルトラなどと呼ばれることが多く、公式な表現として組織的ストーカー行為、技術的な面から指向性エネルギー兵器、精神病工作や心理操作的な面からマインドコントロール(MC、洗脳)犯罪、英訳としてギャングストーキング、エレクトリックハラスメント、コバートハラスメントなどと呼ばれてることが多くなっています。2015.10.13, 2018.9.29

集団ストーカー

 不特定の集団によるつきまとい犯罪全体のこと。狭義では特に機械装置化やそれらで自動化されていないアナログ的で人が直接行う人為的な加害行為や被害を表すことが多く、広義ではテクノロジー犯罪もこれに含められることが多い。大手マスコミでは使用禁止用語となっている。略:集スト、集ス。2015.10.13, 2017.10.29

テクノロジー犯罪

 比較的高度な科学技術を悪用した犯罪のこと。狭義では犯罪技術やそれを悪用した加害行為を表し、広義では集団ストーカー全体を表す場合もある。略:テク犯 2016.11.10

ガスライティング(犯罪)

 心理的虐待の一種であり、被害者にわざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向ける手法(Wikipediaより引用)。集団ストーカーの加害手法とほぼ同じ意味。集団ストーカー、テクノロジー犯罪、ガスライティング犯罪が集スト犯罪の呼び名としてはよく使われている。心理学用語でもあり一般社会で使用が制限されていない言葉。 2015.10.13, 2018.10.7

< 参考 >
AGSAS 【 ガスライティング詳細解説 】 2018.9.18

わざと誤った情報を流し人を混乱に陥れる心理的攻撃「ガスライティング」を仕掛けるひとが使う11の方法 : カラパイア 2017/2/3

集団ストーキング

 集団ストーカーの犯罪・加害行為のこと。犯罪や犯罪者と犯罪行為を区別するために使われる。集団ストーカーと同じ意味で使われることもあり、日本ではあまり厳密には区別されていない。2015.10.13, 2018.9.19

行動観察 略:行観(コウカン)、強制尾行

 警察・公安・自衛隊・その他特務機関などの政府系機関が使っている集団ストーカーを表す用語。これ自体は警察など政府系機関が使う一般的な尾行監視捜査手法だが、政府系機関が裏金作りのため無実の一般人などを思想犯・政治犯などの扱いにしたり、政府都合などで政財界人などを監視し圧力をかけるためなどの目的で行う集団ストーカー犯罪もこれに含まれている。行動観察は一般的な犯罪捜査における監視や尾行の意味でも使われる。2015.10.13,2018.10.2

観察、まとわり

 警察内部の人物への監視やつきまといなどの特に凶悪な集団ストーカー・テクノロジー犯罪行為を表す警察用語。警官が退職後も恐れる内部集スト。警察官を服従させるためのおどしとして使われている。2016.6.30, 2018.10.2
< 参考 >
日本の警察事情 2010.6.16
 警察・公安もルールを守ろう 内規や警察内部監視「まとわり」など 2018.6.30

ギャングストーキング(Gang Stalking)

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の英名(アメリカ圏で使われることが多い?)。ギャングストーカー(gangstalker)は加害者を表す。通俗名称で公式の場ではオーガナイズド・ストーキングと呼ばれる傾向がある。 2015.12.28, 2018.10.7

カベット・ハラスメント、コバート・ハラスメント(Covert Harassument)

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の英名(ヨーロッパ圏で使われることが多い?)。ギャングストーキングと同様にER、TIなどとも呼ばれる。 2015.12.28, 2018.10.7

組織ストーカー

 意図的に組織された集団による犯行が行われることから、組織性を強調した表現。集団ストーカーが俗語であることから、こちらが正式な用語として使われることがある。2016.11.10

凶悪な組織ストーカー

 集団ストーカーの凶悪性を強調した表現。

組織的嫌がらせ

 組織性と犯罪性を強調した表現。テクノロジー犯罪の凶悪性を矮小化する意図で使われることがある。2018.3.21

集団的(個人)人権侵害

 法令など公式な表現として予想される表現。用語としては一般的ではない。2016.11.10, 2017.10.29

コインテルプロ

 米FBIによる治安維持を目的とした思想犯対策の国家プロジェクト。現在の集団ストーカーの原型とされる暴力や暗殺などまで行われた機密工作活動のこと。カウンター・インテリジェンス・プログラムの略で、日本の警察も宗教や共産主義者などの思想犯対策を(カウンター)インテリジェンスと呼んでいる。2017/11/10

カウンター・インテリジェンス(Counter-intelligence、略語CI)

 防諜(ぼうちょう)のことで、諜報戦で敵のスパイ活動に対抗したり、無力化すること。日本では警察庁警備局、公安警察、自衛隊の情報保全隊などが行っている。その手法の類似点から集団ストーカー・テクノロジー犯罪もこれに含まれているとみられている。
< 参考 >
Counter-Terrorismとは 2018.4.21

ER(エレクトロニックハラスメント)

 主に電磁波を悪用したテクノロジー犯罪のこと。2016.11.10, 2017.10.29

サイバーストーキング、サイバーストーカー

 主にインターネットや携帯電話・スマートフォンなどを悪用するストーカー行為のこと。メールなどで対象者の居場所や行動を言い当てるような監視状態をほのめかすなどの加害行為が行われている。集団ストーカーという単語が使えないマスコミなどで代用として使われることもある。集ストではスマホやGPSなどが駆使されているので意味的には代用語として使える範囲にある。 2018.3.21, 2018.10.2


メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集スト

 人や車、テレビ、ラジオ放送、新聞・雑誌・漫画・アニメ・ゲームに至るまで、あらゆるものを使ったほのめかし犯罪。加害行為の自覚の程度には差があるものの、マスコミ・芸能・スポーツ関係者の大半はメディアストーカーの加害者もしくは被害者、あるいはその両方に当てはまる被害者かつ加害者であるとみられている。メディアガスライティング、マスコミ集ストという言葉はこのサイトがメディアストーカーという言葉があることを把握する前に使われいた言葉でほぼ同じ意味。2015.12.28, 2018.2.22

マインド・コントロール(洗脳)

 人をだまして何かを信じ込ませることやそれによって利用すること。集団ストーカー・テクノロジー犯罪も広義のマインド・コントロールに分類することができる。現在の日本ではマスコミによって、マインド・コントロールはオカルト的な洗脳だと印象操作されている。略称は、マイコン、MC。2017/8/6

マルチストーカー(活動)

 アメリカ・カナダでの集団的によるストーカー行為。集団ストーカーとほぼ同じ意味。2016.11.4

招集ストーカー、活動員、プロ信者

 主に創価学会に属する集団ストーカー加害者や加害協力者のこと。2015.11.11, 2017.10.29

プロ市民

 一般には市民の振りをして政治や諜報活動などを行う人のこと。集団ストーカーでは主に加害者のことをさす。類義語:プロ信者 2016.11.10, 2017.10.29

トゥルーマン・ショー被害

 24時間完全監視被害。自分の生活がテレビで24時間生中継されていたという内容の映画のタイトルが由来。集団ストーカー被害では加害者の情報共有や加害者側への脅しとして頻繁に行われている犯罪手法。2015/01/01, 2016/10/10

TI (TI's, Target Individual)

 個人標的型犯罪という意味の英語で、集団ストーカー・テクノロジー犯罪やその被害者(TI's)を表す略語。英語圏ではこの言葉が一番普及している見込み。 2016.3.27, 2018.10.2

MKウルトラ

 CIA、FBIなどが研究し実行しているアメリカの洗脳プロジェクト。米映画産業のハリウッドでは、監禁・体罰などを行う特にひどい監視洗脳犯罪の意味で使われる。関連:コインテルプロハリウッドのMKウルトラ支配 2016.8.25

< 参考 >
MKULTRA(エム・ケイ・ウルトラ) - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

コーズストーキング(Cause Stalking)

 直訳すると原因のあるストーキングという意味になる模様。政府や特定団体への批判や誰かとのトラブルなど被害のきっかけとなる原因がある程度特定できるタイプの集団ストーカー犯罪や被害のことを表す言葉らしい。 2018.10.8

マルチイント(Multi-INT)

 マルチ・インテリジェンス(Multi Intelligence)の略。様々な方法で行われる思想統制や反政府主義思想の調査や取締りのこと。カウンター・インテリジェンスの技術の総称。
< 参考 >
J02.6 Electronic Warfare - Mind Game 2018.1.4

オシント(OSINT)

 オープン・ソース・インテリジェンス(Open Source Intelligence)の略。諜報活動でインターネットで公開されている情報(SNSなど)を元にした思想統制や反政府主義思想の調査や取締りのこと。カウンター・インテリジェンスの一種。
< 参考 >
諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語 2018.1.3

シギント(SIGINT)

 シグナル・インテリジェンス(Signal Intelligence)の略。諜報活動で電波を使った思想統制や反政府主義思想の調査や取締りのこと。カウンター・インテリジェンスの一種。
< 参考 >
諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語 2018.1.3
シギント - Wikipedia 2018.2.5

ヒューミント(HUMINT)

 ヒューマン・インテリジェンス(Human Intelligence)の略。諜報活動で人を使った思想統制や反政府主義思想の調査や取締りのこと。いわゆるスパイ活動だけでなく一般人や協力者なども利用する。カウンター・インテリジェンスの一種。公安警察がカウンターインテリジェンスを表の任務としているのに対して、このヒューミントは自衛隊が表の任務として挙げている。2018.1.3, 2018.10.30
< 参考 >
諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語 2018.1.3
情報機関の一覧
 世界各国の情報機関 公安警察はカウンターインテリジェンス、自衛隊はヒューミントが任務 2018.7.14

コミント(COMINT)

 コミニュケーション・インテリジェンス(Communication Intelligence)の略。諜報活動で外国の電波を傍受・測定して行う思想統制や反政府主義思想の調査や取締りのこと。カウンター・インテリジェンスの一種。
< 参考 >
諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語 2018.1.3

エリント(ELINT)

 エレクトリック・インテリジェンス(Electronic Intelligence)の略。諜報活動で電子機器を使用した思想統制や反政府主義思想の調査や取締りのこと。カウンター・インテリジェンスの一種。
< 参考 >
諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本 図解サイバーセキュリティ用語 2018.1.3

穴を掘る

 参考サイトより引用。『ストーカー行為は業界用語で「穴を掘る」と言って生活ローラー作戦を主な作戦とする公安のやり方です。』
< 参考 >
翼システムの犯罪を告発 2018.4.21

電子戦、Electronic Warfare(エレクトロニック ウォフェア)

 電波・情報・衛星システムなどテクノロジー犯罪の土台となるシステムやインフラを使った闘争の意。

 以下、J02.6 Electronic Warfare - Mind Gameより引用。

------ 引用開始 ------

 Electronic Warfare(エレクトロニック ウォフェアと呼び、EWテクノロジー、Information Warfare等と表記されている)とは、情報システム(プログラミング、システム制御、シグナル及び事象発生させる為のデータを収集・分析・保管)、電子テクノロジー(レーダー)、電磁波技術(Voice to sKull, Directed Energy, Ultra Sonic Weapon, beyond)で構成され、衛星・地上ネットワーク、軍事・一般インターネットなどの通信網で接続されています。 これは日本語では電子戦と言われておりますが、電子戦対応システムと言った方が適切であり、本来は軍事目的のために敵国に対して行なわれる電子戦テクノロジーであり、Multi-INTと言われる複数の情報収集・諜報活動(ELINT、COMINT、HUMINTなど)を行い、敵に対して、妨害、破壊などをするシステムです。

------ 引用終了 ------
2018.1.3

< 参考 >
Electronic warfare - Wikipedia 2018.2.5
Electromagnetic Warfare Is Here 2018.2.5

反社会的活動の監視や抑止

 警察が集団ストーカー・テクノロジー犯罪を行う際に自身の行為を正当化するための根拠のひとつとしているのが反社会的活動という概念。2018.4.23

反自衛隊活動の監視や抑止

 自衛隊情報保全隊などが違法市民監視を行う際の分類のひとつ。主に自衛隊が不利益をこうむる恐れのある政治家や市民の政治活動が監視対象となっているとみられている。集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者も政治・思想犯扱いされることが多いため関連が疑われる。2018.4.23

ステルス・ハラスメント

 主に集団ストーカー犯罪を日本人に分かりやすいように英語化した和製英語。このサイトが命名。マスコミ向けのテクノロジー犯罪の代用語を想定。類語:監視ハラスメント
2016.11.21,2018.10.2

AIストーカー

 主にテクノロジー犯罪で自動化された加害行為を表す。ステルス・ハラスメントに続きこのサイトが命名。マスコミ向けのテクノロジー犯罪の代用語を想定。2018.3.28

監視犯罪(者)

 このサイトで当初、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を包括する言葉として使われていた言葉。集団ストーカー・テクノロジー犯罪とほぼ同じ意味。集団ストーカーという言葉は創価学会などカルト団体との関連が強いため、当時は犯罪全体から人為的な犯罪部分を切り離して、技術的な犯罪(テク犯)に焦点をあてようという意図で使われていた。2016.11.5, 2018.3.28

村八分

 集団が仲間はずれにして疎外する差別的集団私刑行為。その手法から共同絶交とも言う。これの母集団が警察や防犯団体、カルト宗教となって、より積極的な死刑を行うのが集団ストーカーだとも言える。集団ストーカーを一般向けに説明する際は、広域的で過激な村八分といってもいいだろう。共同体を支配するための分割統治法とも言える。2018.11.5
< 参考 >
村八分(むらはちぶ) - 語源由来辞典 2018.11.5
「村八分」の由来から考える日本社会の私刑制度と共同体意識 2018.11.5
「村八分(むらはちぶ)」 の由来と語源 – 由来メモ 2018.11.5



< 科学技術用語 >

テクノロジー犯罪など集団的人権侵害を行う科学技術を表す用語

 以下の言葉は、科学技術やそれによる犯罪・嫌がらせ行為を表します。これらは集団が組織的に個人や少数者に嫌がらせをする際に利用される傾向があります。これらの言葉は意味は異なりますが同じような使われかたをします。

EBL

 Electormagnetic Brain Link(エレクトロマグネティック・ブレイン・リンク)の略で直訳すると電磁的脳接続といった意味。人の脳神経系の活動を電磁波で読み取り分析するなどして、別の人や機械に接続する技術や手法のこと。NSAが使っている電子的な手段による脳の結合を表す言葉。ちなみにこのサイトではマインドリンクという造語で同じことを表している。2016.11.30, 2018.9.19

bio-electromagnetic technology (バイオ・エレクトロマグネティック・テクノロジー, a.k.a. mind-control technology)

 直訳するとバイオ電磁技術、生体電磁技術といった意味、Covert Harassment Conferenceより 2015.12.28

BMI/BCI

 それぞれ Brain Machine Interface(ブレイン・マシン・インターフェイス)、brain-connected interface (ブレイン・コネクテッド・インターフェイスの略でほぼ同義。共に脳とコンピューター機器などをつなぐ技術や装置の総称。痛みや苦しみ、不快感などを与えるテクノロジー犯罪に悪用されている。ちなみに理想体重を計算するボディ・マス・インデックスという言葉もBMIと略されているが、これはマスコミなどを使った情報隠蔽工作と予想される。2015.11.11, 2018.9.19
< 参考 >
生体解析技術
 BMI/BCIなどの電磁波による脳波や精神状態などの生体解析技術 2015.11.11, 2018.2.13

Cherry Blossom(チェリー・ブロッサム)

 CIAが開発・使用しているハッキングシステム。WiFiルーターのファームウェアを自動で更新し、ネット閲覧状況をすべて傍受する。2017/7/5

EBL(Electronic Brain Link)

 電子的脳連動。電磁波で人と人の脳をつなぎ五感や意識などの精神活動を共有する技術。参考:エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)[ ELECTRONIC BRAIN LINK & REMOTE NEURAL MONITORING (EBL & RNM) ] 2011.3.14 2018.10.25

EDOMプログラム(イーディーオーエム[エドム?]プログラム)

 Electronic Dissolution Of Memory Programの略で、直訳すると恐らく人の記憶構造の電気的分解や解析といった意味。人間の記憶の疎外や、複数の人間の脳波情報をコンピューターでつなげることなどの研究。2017.5.15, 2018.9.19

EMF

 電磁界、エレクトロ・マグネティック・フィールド(ElectroMagnetic Field)の略で、EMF測定、EMFレベルなどの表現に使われる。2016/11/30

EMP

 電磁波パルス、エレクトロ・マグネティック・パルス(ElectroMagnetic Puls)の略で、現代兵器に使われている電磁波技術。集団ストーカーにおけるテクノロジー犯罪も同じEMP技術が使われている。2016.8.25

ELF

 Extremely Low Frequency(エクストリームリィ・ロウ・フリークエンシー)の略で低周波、超低周波の電磁界こと。電波の周波数の低い帯域のこと。2018.1.3

FBMI

 Focused Beam Microwave Irradiation(フォーカスド・ビーム・マイクロウェイブ・イラディシオン)の略で、直訳するとマイクロ波ビームの集中照射となり、一般的には特定対象へのマイクロ波照射という意味になるとみられる。2017.7.11, 2018.9.19

GPS

 携帯電話・スマートフォンに内臓されている人工衛星によるGPS(全地球測位システム)。2015.12.18

HAARP

 高周波活性オーロラ調査プログラム。電磁波による地震誘発やマス・マインドコントロールに利用されているという説がある。地球の大気圏にある電離層に電磁波(極長調波)を反射させ遠隔地を攻撃できるとみられている。関連動画 2016.4.14

LIPC

 レーザー誘起プラズマチャネル。レーザーで移動経路を確保してプラズマを照射する兵器。プラズマ関連は2010年ころから活発に開発されている。<参考>米陸軍、新型プラズマ兵器の開発に成功 | 財経新聞 2017/2/16

Neoface Watch(ネオフェイス・ウォッチ)

 NECが開発した顔認識ソフト開発キットで世界最高水準の認識性能を誇る。2017/10/10

<参考>
2017年 7月13日 顔認識ソフトを利用した英警察の捜査で初の逮捕者(イギリス)

RNM

 遠隔的神経監視のこと。Remote Neural Monitoring(リモート・ニューラル・モニタリング)の略で直訳すると遠隔脳神経系観察といった意味。電磁波で遠隔的に脳神経系を監視・観察する技術や手法のこと。NSAなどの諜報機関などが個人や大衆監視などの目的で研究開発している。 2018.9.19, 2018.10.8
< 参考 >
NSA 機密マインド・コントロール作戦 2016.4.20 2018.9.19
参考:エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)[ ELECTRONIC BRAIN LINK & REMOTE NEURAL MONITORING (EBL & RNM) ] 2011.3.14

RFエネルギー

 高周波エネルギー、大気などの自然環境や人体などへ干渉できるエネルギー。電磁パルスを含む電波に利用されている。(2016.4.14)

TAMIシステム(Thought Amplifier and Mind Interface System)

 ニューロコンピュータ、脳のどの部位のニューロンのスパークが何を意味するかを解析しているスーパーコンピュータの技術。人間の精神部分の解析、脳イメージ解析などとに使われる仕組み。2017/5/15

V2K(ブイツーケー)

 Vice to Skull の略で電磁波などによる音声送信技術のこと。 2018.10.8

XKeyscore(エックスキースコア)

 日本にも導入されたNSAのネット監視コンピューターシステム。世界中のネット通信が対象でオーストラリア、ニュージーランドの情報通信機関が共同運営している。
< 参考 >
XKeyScore - 科学技術
 テクノロジー犯罪につながる周辺科学・監視・軍事技術など 2017.4.29, 2018.3.3

アップストリーム

 アップストリーム・コレクション。米国の監視手段。
< 参考 >
アップストリーム Wikipedia(英語) 2018.3.3

エシュロン(プログラム)

 NSAの通信傍受システム、電磁波攻撃に利用されている疑いがある。2016.3.27

遠隔神経監視(リモート・ニューラル・モニタリング)

 遠隔思考送受信技術など脳神経系の監視技術のこと。2017.12.5

オールシーイングアイ

 思考盗聴装置、マインドリーディングマシン。世界的な利権ネットワークのオカルトシンボルであるプロビデンスの目もすべてを見通す目という意味がありこれが語源となっていると考えられる。
< 参考 >
集団ストーカーをぶっ潰せ マインドマシンの詳細 2016.10.31
プロビデンスの目 - Wikipedia 2017/11/23

音響攻撃

 大手マスコミなどがテクノロジー犯罪や軍事兵器の音波系攻撃を表すときなどに使う呼び名。2017/10/9, 2017.10.29

音声送受信技術(音声送信・音声受信・音声通信)

 マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)などを利用して音波を使わずに電波で対象者に音声を知覚させたり、逆に対象者に電波を照射しその反射波から音声イメージを解析(脳情報イメージング)する技術。テレパシー技術のこと。合成テレパシー(シンセティック・テレパシー)とも言う。
 人が感じる聞こえ方は音波(一般的な音)とまったく同じなので、電波的な音声送信か実際の音波だったのかは状況で判断するしかない。 2017.5.15 2018.10.8

カーニボア(システム)

 NSAのあらゆるコンピューターシステムをダウンロードできるシステム 2016.3.27

顔認識ソフトウェア(顔検出・顔照合ソフトウェア)

 防犯カメラの映像に映った顔から個人を識別するソフトフェア。2017年7月13にはイギリス警察が捜査に使い初の逮捕者が出ている。2017/10/10

キャビテーション(現象)

 液体内の圧力差から泡(気泡)が発生する物理現象。DEW's(指向性エネルギー兵器)による振動でも起こるのでDEW'sが使用された証拠のひとつと考えられている。2018.9.18
< 参考 >
キャビテーション - Wikipedia 2018.9.18

軍事通信機器

 NECなどが開発し自衛隊などへ納入している軍事目的の生体観測・生体干渉など人間監視や殺傷を行う電波兵器は、レーダー、広域多目的無線通信、衛星通信、野外通信、通信電子機器などと呼ばれている。2017.12.9

合成テレパシー(シンセティック・テレパシー)

 音声送受信技術のこと。2017/5/15

サイクロトロン共鳴

 テクノロジー犯罪の人体への電磁波照射でカルシウムが溶け出すのはこの(電子)サイクロトロン共鳴の影響。その他の目的でも悪用されていることが予想される。
 以下はサイクロトロン共鳴(サイクロトロンきょうめい)とは - コトバンクより引用。
「荷電粒子は磁場中でサイクロトロン運動 (円運動) をするが,これと同じ振動数の電磁波を加えると共鳴して,電磁波のエネルギーを吸収する。この現象をサイクロトロン共鳴という。プラズマ中の電子やイオンの加熱に応用される。」(引用終わり) 2017.11.26

思考盗聴

 電磁波で生体情報、特に思考関連情報を盗む行為、電磁波犯罪の一部。2015.10.13

思考盗聴とは(詳細)
 心の声や、本を黙読するときのような脳内で使われるが、実際には発音しない言葉のイメージを取得し、文章化したり、他人の脳や精神で理解できるように入れ込むことで、他人の思考や感情の言語イメージを知る行為や技術のこと。2017/6/27

スティングレイ

 米国の監視手段のひとつ。
< 参考 >
Global surveillance disclosures (2013–present) - Wikipedia(英語) 2018.3.3

グウェンタワー(GWEN Tower)

 冷戦下、アメリカで建設され、現在通信塔となっている。テクノロジー被害を引き起こす電磁波を出しているとみられている。2016.1.5

ケム・トレイル(chem trail)

 飛行機雲を偽装したエアロゾル(化学物質、金属、ウィルスなど)を空中に散布する技術。目的は天候変化・自然災害発生・病気や精神病の誘発・農地などの土壌汚染などとみられている。ケムトレイル関連動画 2016.4.15

殺人電磁波

 米軍などに配備されている、離れた場所へいる人を殺傷する、遠隔テクノロジー兵器。マイクロ波を利用していて、哺乳類の体を破裂されるほどの威力がある。2016.11.22

サトラレ

 作品としては映画化・ドラマ化された漫画原作の物語。用語としては他人に思考や感情が伝わる思考伝搬やテレパシー技術・思考盗聴とほぼ同義。テレパシーを扱った作品は、大衆へのテレパシー技術隠蔽のための印象操作・思考誘導を目的として定期的に作られているとみられている。
参考:サトラレ - Wikipedia 2017/11/23

指向性エネルギー

 痛撃電磁波・殺人電磁波など軍事兵器に利用されている電磁波・マイクロ波、放射能、音波などのこと。電磁波・マイクロ波はどちらも電波に分類されるため、電波兵器にあたる。電磁波銃として軍に配備されていた。2016/11/22, 2016/11/30

身体操作・人体操作

 遠隔テクノロジーで脳や筋肉に干渉し、遠隔から身体を操作すること。ブレインジャック、ボディジャックと呼ぶ被害者さんが詳細を説明していたので、このサイトではブレインジャックという名前で記事にしていたが、身体操作という呼び名のほうが多少広まっている表現になっている。参考:身体操作・ブレインジャック
 思考や身体機能を乗っ取られる危険なテクノロジー犯罪 2018.10.30

スマート・ダスト

 テクノロジー犯罪における電磁波のアンテナや発信機にあたる超小型化されたRFID、ナノチップのこと。直接、人体や衣服・持ち物などに付けるだけでなく、ケムトレイルで広範囲に散布することも可能とされている。自己複製能力があり体内で増殖するとみられている。
<参考> 「脳の活動を読解」するナノレベルの微粒子、「スマート・ダスト」 2017/3/24

スティングレイ

 米警察の携帯電話追跡を行う監視ツール。2018.3.25
<参考> わたしたちは常に監視されている? 米国で犯罪捜査に使われる「秘密プログラム」の危険性 2018.2.18 2018.3.25

生体情報、生体観測、心身分析

 テクノロジー犯罪で、監視時に、対象となる人体から取得・分析される人の精神・肉体に関する情報のこと。生体情報は、人体に固有な情報という意味。生体観測は人体の情報を観察するという意味(観測は主に自然現象に対して使われる言葉なのであまり適切ではない)。生体情報には思考や高度な精神活動が含まれない傾向があるため、心身分析という言葉が最も事実に近く適切な表現となる。用語自体としては生体情報という言葉が使われる傾向にある。2016/11/24

痛撃電磁波、痛覚攻撃

 レーダー・レーザー・電磁波などによる体に直接的な痛みを感じる攻撃やその手段のこと。アクティブ・ディナイアル・システム(積極阻止システム)という、米軍などに配備されている、離れた場所へいる人へ痛みを与える、遠隔テクノロジー兵器。95ギガヘルツの電磁波で、人体に照射するとわずか2秒で皮膚表面を55度まで急上昇させるほどの威力があある。痛みのほかにめまいや失神を引き起こすこともできる。2016/11/22, 2017/2/23

テクネトロニック(Technetoronic)

 故ブレジンスキーが提唱していた電子工学技術による人類支配手法やその計画のこと。テクノロジー犯罪による監視や虐待はこの発想と一致するものが多い。
 「テクネトロニック・イーラーとは、テクノトロニックではなくエレクトロニックスの電子工学のEを含み、電子工学的、生物工学的、社会工学的科学技術の発達により、全人類の監視体系を構築して「電子工学的科学技術支配」での「世界人類支配」と言う意味になります。」(参考サイトより引用)
< 参考 >
更なる気づきが必要 ( 天文学 ) 2008.12.21 2018.10.8

テクノロジー犯罪

 電磁波(電波・マイクロ波)、EMP(電磁パルス)兵器電波・レーザー・音波・光・毒物・放射線・コンピューター・衛星などの科学技術を悪用した監視や心身攻撃犯罪全般を表す。思考送受信、痛撃電磁波などで結果的に痛みや不快感・不安・倦怠感などの被害者に与える犯罪。略:テク犯 2015.10.13, 2017/2/24

テレパシー技術

 狭義ではの音声送受信技術のこと。広義では脳神経系が管理する五感三欲その他の精神・肉体の活動状態を観測・干渉する電波・電磁波・マイクロ波などによる攻撃全般の技術を表す。軍事技術として研究されていて自衛隊などもサイトで研究していることを明らかにしている。観測・干渉する機能や部位によって、幻聴(知人や神やお化けなどの声が聞こえる)、思考盗聴、盗視、盗聴、味覚変更、頭痛・めまいなどの状態変化、心臓やその他の筋肉への痛みやかゆみの送信、各部位への痛撃電磁波など色々な呼び名が検討されている。2017.5.15, 2017.11.26

電波吸収体、電波吸収材料(Radar absorbent material、RAM)

 電波を吸収し反射波を減らす物質である。主にステルス機などで、形状制御技術ではコントロールしきれなかった鋭角などに使用される。(「電波吸収体 - Wikipedia」より引用) 2017/2/24

電磁波

 一般には電波と呼ばれている電気と磁気を帯びた波動のこと。テレビなどの電波から光、X線などまでがこれに含まれ、周波数帯で分類され異なる名称となっている。様々な電波がこれに含まれる。集団ストーカー・テクノロジー犯罪の分野では、電磁波被害に関わるマイクロ波を表すことが多い。日本の大手マスコミはこの「電磁波」という言葉の使用を避ける傾向があり、“光や電気・磁気などを帯びた波動”などと表現している。2016/8/24, 2017.10.29

電磁波人命探査装置

 「マイクロ波を使った生体計測と地中レーダーという2つの技術領域が融合したもの」参考サイトより引用。
< 参考 >
電磁波人命探査装置 - Wikipedia 2017.12.5

電磁波犯罪

 電磁波を悪用した犯罪

電磁波攻撃

 電磁波で人体に悪影響を与える攻撃 2015.10.13

電波

 一般的にはテレビ波やラジオ波を表すが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪分野では主にマイクロ波のことを表す。2016.8.24

電子的脳連動(エレクトロニック・ブレイン・リンク)

 遠隔思考送受信技術など脳神経系の電気的な連動関連技術。2017.12.5

テンペスト

 遠隔地のコンピュータ画面の解読などを可能とする電磁的盗聴技術 2016.3.27

肉伝導(非可聴つぶやき), NAMI(Non-Audible Murmur)

 体内の振動で音声を伝える技術。類似:骨伝導
< 参考 >
骨より伝わる!? ミツミ電機が「肉伝導マイクロフォン」をデモ
 注意:肉・骨伝道音声はテク犯扱いされない 2018.2.11, 2018.2.13NAM インターフェース・コミュニケーション
サイレント音声コミュニケーションのための音声強調技術 2018.2.13

バイオテレメトリー(遠隔計測法、システム)

 小型の生物などに計測器などをつけて生態を監視すること。集団ストーカーでは人間や荷物・自動車・自転車などにGPSや思考盗聴装置、その他の監視装置を付ける形で行われている。2016/11/30

バイオロギング(遠隔計測法、システム)

 ビデオカメラやセンサーで画像やその他のデータを記録して調査すること。生物などに直接設置・装着しないという意味で、バイオテレメトリーと区別して使われることがある。2016/11/30

パラレルコンストラクション

 米警察の極秘監視と通常操作を並行して行う捜査手法。極秘監視プログラムで証拠を入手し、並行して通常の操作手順で証拠を入手し極秘監視を隠蔽するストーリーを作り上げる。2018.3.25
<参考> わたしたちは常に監視されている? 米国で犯罪捜査に使われる「秘密プログラム」の危険性 2018.2.18 2018.3.25

バルクコレクション

 米国の大衆監視手段。
< 参考 >
Mass surveillance in the United States - Wikipedia(英語) 2018.3.3

非殺傷性兵器(Non-Lethal Weapons)

 音波や電波などで苦痛を与える非即死型の兵器。攻撃の強度を上げたり、何度も使用すればもちろん殺傷できる。 2018.10.8

プリズム

 アメリカのネット監視プロジェクト(プログラム、実行中の計画)。
< 参考 >
PRISM
 インターネット民間情報監視プロジェクト
PRISM (surveillance program) 2018.3.3

フレイ効果

 マイクロ波聴覚効果と同義。複数地点からの等距離同時の電磁波加重照射。強い電磁波攻撃が可能。(2016/01/02, 2016/01/04)

ブレインジャック(brain jack, BJ)

 電磁波による遠隔テクノロジーで対象者の思考や身体を操作すること。テクノロジー犯罪に悪用されている。身体操作・人体操作についてはボディジャックとも言う。
< 参考 >
身体操作・ブレインジャック
 思考や身体機能を乗っ取られる危険なテクノロジー犯罪 2016.11.22, 2018.2.6

ヘミスフィア

 米政府による通話記録監視プログラム。2018.3.25
<参考> わたしたちは常に監視されている? 米国で犯罪捜査に使われる「秘密プログラム」の危険性 2018.2.18 2018.3.25

マイクロウェーブ・ガン(Microwave Gun)、マイクロウェーブ・ウェポン(Microwave Weapon)

 遠隔テクノロジー攻撃に使われる機器の英語での呼び名。海外ではこれらの単語の普及率が高いため、検索ワードに適している。2016/11/22

マイクロ波

 電磁波被害に関わる電磁波の一種。集団ストーカー分野では主に電磁パルスの意味で使われる。定義が多義的で差異が含まれるため、著作権申請文書や国連文書などでは、単に電波と呼ばれることがある。2016.8.24, 2016.8.25

マイクロ波聴覚効果

 フレイ効果と同義。(2016/01/04)

マインドリンク

 電波技術による思考盗聴などの精神・身体感覚などの生体情報の受信と送信を同時に行うことで実現される、生体活動を他者と共有する技術を表す、このサイトの造語。ほかの用語の候補としては、意識共有や生体活動共有・マインドシンクロ・マインドオンライン・マインドリンクアップなどが考えられる。1対1だけでなく複数人で共有することもでき、すでに世界中の警察や軍隊がチーム内での精神活動を共有し、要人警護や軍事作戦などで利用しているとされている。2017/11/23

メーザー

 マイクロ波とレーザーの両方の特徴をもった周波数帯の電波(電磁波)のこと。加害者が被害者への攻撃で使用していた電磁波。2017/7/13

リリー波

 「脳のニューロンを共鳴させる電気パルスであり、被験者の脳波パターンを制御する能力がある」以下のサイトより引用。2017/10/15
【衝撃】アメリカ政府は「リリー波」を使って国民を遠隔洗脳していた! ディスプレイを通して脳の水分子を操作、感情・記憶を改変! - エキサイトニュース

ロービングバグ

 携帯電話を遠隔操作で通話状態にして盗聴方法。呼び出し音がなく、端末画面にも変化がないので被害に気付くことは難しい。2017/10/22

ワイヤレスニューロフォン

 電磁波で心を読み取るデバイスで特許が取得されている。2017/10/9




< 医学用語 精神医学やその他医学・医療全般 >


 加害行為の直接的な目的のひとつに被害者を精神病、主に統合失調症扱いするということがあります。歴史的にも統合失調症という病気の概念は不都合な人物(古くは奴隷など)から信用を奪う目的で作られたもので、集団ストーカー・テクノロジー犯罪でも同じ目的で使われています。すでにこの犯罪の隠蔽を主な目的としたような医療概念の修正も行われきたようです。2017/11/23

作為思考

 思考・感情・行動などが他人によって操作されているという考え方。統合失調症の症状。集団ストーカー・テクノロジー犯罪で人為的あるいは電波などで誘導もしくは強制的に行われている代表的な被害のひとつ。2017/11/23

思考伝搬(しこうでんぱん)

 精神医学用語で自分の思考が他人に伝わることを表す作為思考の一種。統合失調症の代表的な症状。いわゆる思考盗聴やテレパシー被害のこと。2017/11/23

統合失調症

 幻覚・幻聴・異常行動を伴う精神障害のひとつ。この犯罪では被害者の社会的信用や発言権などを奪うとともに、加害者にとって不都合な加害行為の事実などを隠すために、精神科医などを使い被害者を統合失調症であると診断させようとする。
<参考>精神病工作
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために
2017/11/23



< 人為的な技術・手法の用語 集団ストーキングの方法や技術全般 >


以下の言葉は、人為的な技術や方法を表します。これらは集団が組織的に個人や少数者に嫌がらせや犯罪行為を行う際に利用される傾向があります。一般用語も含まれていますが、監視犯罪の分野ではおおむね以下のように扱われます。

ガスライティング(犯罪)

< 参照 >
ガスライティング(犯罪) 2018.9.29, 2018.10.7

アンカリング

 監視被害の意識付けによる威圧や心理誘導。2015.10.13, 2018.9.29

< 参考 >
アンカリング - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

ノイズキャンペーン

 音を使った威圧や心理誘導。2015.10.13, 2018.9.29

< 参考 >
ノイズキャンペーン - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

コリジョンキャンペーン

 被害者に衝突したり行く手をはばむ威圧や心理誘導。2015.10.13, 2018.9.29

< 参考 >
コリジョン - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

ストリートシアター

 加害者集団が会話や口論などを自作自演する威圧や心理誘導。2015.10.13, 2018.9.29

< 関連 >
ストリートシアター 2018.10.1

ネットシアター

 ストリートシアターをネット上のSNSやメール・動画などで行われていることから管理人が作った造語。ストリートシアターでは被害者は第三者の観客となるが、ネットシアターでは被害者も参加する形で離間工作などが行われることが多い。2017.4.17, 2018.4.29
< 参考 >
日和見被害者について
 三枝構造や「噛みつきとクーラー」など分析の進んでいないこの分野での先駆的な分析 2018.4.29

つきまとい・付回し

 尾行、待ち伏せ、つきまといによる威圧や心理誘導。2015.10.13, 2018.9.29

付回し - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

ほのめかし

 被害者の趣味・行動、その他の個人情報などをほのめかす威圧や心理誘導。2015.10.13, 2018.9.29

ほのめかし - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

ブライティング

 光の点灯や点滅などを使った威圧や心理誘導。2015.10.13, 2018.9.29

< 参考 >
ブライティング - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

マインドゲーム

 継続的に様々な嫌がらせを行い被害者に心理的な不安や誤解や与える威圧や心理操作。マインドコントロールの一種で監視犯罪では常にこれが行われている。2015.11.11, 2018.9.29

< 参考 >
マインドゲーム - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

モビング(リストラ工作など)

 企業関係者が主体となり情報隠蔽やライバル排除・リストラなどの目的で行う集団ストーキング。2015.10.13, 2017.10.29

< 参考 >
モビング - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

ミスリード手法

 首謀者が被害者や加害者に行う意図的な心理誘導。監視犯罪における嫌がらせの多くは、これによる被害者の支配や排除・破滅を目的としている。(2015/11/18)

離間(工作)

 被害者同士あるいは被害者と家族・近隣住民・同僚・加害者・加害協力者などの人間関係を不和状態にする加害工作。衝突や争いを誘発して犯罪者にとって都合がいいように人々を誘導しコントロールする手法。被害者の人間関係すべての破壊対象。 2018.10.11
参考
集団ストーカー被害者が知るべきこと(4)
 離間工作・離間の計、加害者は被害者と周囲の人との衝突を望む 2018.10.11

リミッター

 加害用語で自宅などから外出させないための工作。2018.10.11
参考
集スト手口11 - 自殺強要集団ストーキングの邪悪な世界 2012.12.14 2018.10.11

コミュニティポリシング

 防犯ネットワークによる集スト手法のモデルとなったアメリカの防犯理論。2016.11.5

環境設計による犯罪予防

 防犯ネットワークによる集スト手法のモデルとなったアメリカの防犯理論。2016.11.5




< 社会規模での大衆誘導や市民管理:弾圧・監視・洗脳・心理操作・経済圧力など >


悪魔教(崇拝)、サタニズム

 超富裕層のNWO、完全なる世界人類支配計画を実現するために必要となる、作業担当の奴隷たちが法やモラルを逸脱する行為に反抗したり違和感を感じないように調教するために教えている法やモラルに反する教えやその実践。世界支配の実行犯、作業担当となる犯罪奴隷たちに、人間狩りや人の生き血を飲むこと、人肉食その他の人のモラルに反した行為や犯罪行為を行わせることで、法やモラルを無視できる人間となるような調教が行われているとみられている。血飲や人肉食については、実際に証拠が出ており、ローマ法王やエイザベス女王が罪に問われる裁判まで行われており、これが悪魔教崇拝が世間に知られるきっかけになった。2017/3/8

NWO

 New World Order(ニューワールドオーダー)の略で新世界秩序と訳される。表向きは、ローマ法王(教皇)やアメリカ大統領たちが主張している、世界統一政府を樹立する思想。実質的には超富裕層による完全な世界人類支配計画とみられている。様々な政府機能の民営化政策やその他のグローバリズム政策、人口削減計画などがNWOに含まれているとみられている。2017/3/8

監視社会、警察国家

 防犯や治安維持などを名目に、政府が国民への監視・検閲・弾圧などを強めることで、政府にとってだけ都合がよいように作り変えれた政府主権国家のような社会やその支配システムのこと。警察国家は具体的な警察権限の強化を主眼においた、政府の国民管理能力を支配的なまでに強めた社会やその支配システムのこと。集団ストーカー・テクノロジー犯罪もこの支配システムの手法のひとつをみられている。またNWOの一環とみられている。2017/3/8

監視資本主義

 軍事・防犯・市場調査・購買誘導などに監視技術が使われるようになり、監視行為が資本主義の経済循環に組み込まれた新たな資本主義の一形態。米ハーバード大学ビジネススクールのショシャナ・ズボフ名誉教授が命名。2018.1.17

社会毒

 生活環境全般に存在する健康被害の原因となる物質のこと。現在の日本ではあらゆる食品や日用品や水道水,、空気にまで発ガン性物質や遺伝子異常・成人病・精神病・避妊などの原因となる物質が含まれていることから社会毒と呼ばれるようになった。口から体に入るもの以外では、金属やインフルエンザなどのウィルスなどが、ケムトレイルなどを利用して散布されているとみられている。直接的に命を奪う猛毒のではなく、弱い毒物を使った人体への毒物の蓄積や長期的な免疫力の低下による疾病を誘発するという方法がとられている。2017/3/8, 2017/3/9

人口削減(計画)

 表社会ではWHO文書などに記載されている、環境保護を目的とした人口抑制政策のこと。一方、世界規模での政財界人のエリートネットワークが合意の下で行っている、人口削減による民衆支配効率の上昇が目的なのではないかともみられている。戦争やパンデミック(病気の蔓延)などのほかにスローキルという方法も同時に行われているとみられている。2017/3/8

心理戦争

 自衛隊が自作自演でテロや暴動を演出し、テロ・暴動鎮圧が目的と称して自衛隊、警察による国民の統制支配を強化する戦術、その際マスコミ等を使用したデマゴギー宣伝を利用し、国民を軍隊の意向に沿う方向に誘導する『心理誘導』戦術の事を指す。(「スクープ!米国と自衛隊合同による市民殺害部隊パイナップル・ブリゲイズ(民主党マニフェスト日本版FEMAで本格起動!!) そこちょっとつんつく」より引用 2017/2/24)

スローキル(Slow kill)、スローキリング、ソフトキリング

 政府・企業・マスコミなどを使った社会毒、労働システムの改悪、重税、社会保障の弱体化、大衆の白痴化などによる人々の命を徐々に蝕む殺人方法のこと。具体的には個人への病気誘発などで個人の寿命を短くしていて、全体としては人口削減計画の下に行われているとみられる人口減少政策とみられている。2017/3/8

超富裕層

 表向きは単なる超巨大資産家や超大財閥などを表すが、実質的には世界の政財界のエリートネットワークをさらに支配するような世界の実力者、世界支配層などとみられている、世界の王侯貴族や巨大宗教の上層部、特別な大富豪や超資産家たちのこと。経済学者の研究から世界の富の99%をたった1%の人々が所持していることが分かり、彼らは1%、1パセーンターなどとも呼ばれ、非難されている。また、巨大な経済力を背景に、巨大な権力を持ち、法やモラルを無視した利益活動、戦争や社会システム・常識変更などまで行っているとみられていることから、金融マフィアなどとも呼ばれる。以前は、ユダヤ系金融資本、ユダヤ金融マフィアなどとも呼ばれていたが、人種差別的な意味にも解釈できるため、また米国の愛国法などで規制されているため、現在はユダヤという言葉は使われなくなりつつある。超富裕層、支配層、グローバリスト、ユダヤ金融資本、シオニスト、悪魔教崇拝者(サタニスト)などの言葉は、実質的にはおおむね同じ権力者グループのことを表している。真の超富裕層は、社会の表にでている権力者、世界のリーダーと呼ばれている各国の首脳や巨大財閥の頭首、巨大な王族グループのトップすら支配下におき、彼らを意図的に争わせることで利益を得ているとみられている。悪魔教裁判などが隠蔽されず、世間に知られる事態となっているのは、悪魔教崇拝者やグローバリスト、世界各国の首脳が世界の真の実力者ではないという証拠のひとつとみられている。2017/3/8 < 2017/3/8





< 組織名・人物名 関連組織や職種・人物などの呼び名 >


< 関連 >

確認できる世界支配層のトップは?(1) 2018.11.5


< 参考 >

【殿堂入り】世界の組織 まとめ 2016.12.28
 裏社会系の組織の詳細な説明 2018.3.16

集団ストーカー テクノロジー犯罪 資料サイト|ウォーカーのブログ
 ページ下部の「テクノロジー ライブラリ テスト版」の項目で用語や人物を紹介 2017/2/10


イルミナティ

 このサイトで支配層と呼んでいる秘密エリートネットワークにあたる可能性の高い世界的な組織。内部派閥や偽装組織など細かい分類は諸説あるが、世界的な秘密ネットワークを持つ裏社会の支配組織、あるいは世界の影に隠れた真の実力組織とみられている。2017/8/4

クロカモ

 警察・公安・自衛隊を超える超法規的組織と目されている秘密の特務機関。2017/5/8

公安

 公安警察、または国家公安委員会や各都道府県の公安委員会。最も高度な監視技術などを持っており、利権確保のため、これが悪用されているとみられている。

サイコパス

 暗にサイコパス集団を表すことがある。嫌がらせの実行犯となる宗教工作員が、この名で呼ばれることがある。2017/8/13

在日利権ネットワーク(略:在日利権ネット)

 当サイトで集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害関与ネットワークの総称として使っていた言葉。後に在日ヘイトは民族対立を煽る国家・軍事心理戦の一部だと分かってきたので、2018年9月28日に秘密利権ネットワークに名称を変更。在日朝鮮系勢力は表に顔や名前を現していることやその勢力の小ささから、集ストの加害主体がである可能性は低く、末端の加害代行勢力と言うべき勢力。変更後に残っている名称は、各記事の更新機会に合わせて変更する予定。2018.9.28

< 関連 >
秘密利権ネットワーク
 偽ユダヤ・朝鮮・台湾・中国など在日外国人やその子孫たちによる利権勢力問題 2018.9.28

ザ・ネットワーク

 イルミナティがマインドコントロールした組織と洗脳作業員の情報網。イルミナティが自身の組織や我々と呼ぶときの主体のひとつ。主に諜報機関(秘密警察やその他の特務機関)、オカルト集団、軍の組織、大小の宗教団体で構成されている。2017/5/14

山窩(サンカ)

 日本に古来に移住し、定住してきた秘密民族集団。後から入ってきた渡来人を受けれ、軍事・諜報技術や芸能、宗教、支配思想・手法などに秀でていたとされる。現在の日本でも支配層ネットワークに組み込まれ勢力を拡大しているとみられる。2018.11.5
< 関連 >
山窩(サンカ)
 セブリモノは日本の秘密権力ネットワーク?

(世界)支配層・支配者層

 王族や政治家など一般庶民を支配する地位にある者たちやその集団が属する社会階層を支配層と呼ぶ。陰謀論として印象操作されている真の世界情勢の究明の分野では、裏社会の秘密権力ネットワークの最上層部のみを表す場合は、支配者層として層という字を追加することで区別している。世界を付けて世界支配層という表現になると支配者層とほぼ同じ意味を表す。世界支配層と表現すると、支配者層というある種の裏社会用語を使うことを避けられるため、陰謀論的な印象が多少弱まる。

< 補足 >
 このサイトでは支配層と書かれている場合は、裏社会の支配者層を暗に含めた意味で使っています。これはこのサイトの真相究明レベルがあまり高くないことからくる譲歩的な意味合いと真相究明家からの言葉や概念などに対する細かい議論を避けるためという二つの意味合いがあります。また、支配者層の代理人が支配層に入り込んでいる事実をみれば、あながち間違った表現とも言い切れないでしょう。2017/8/13

創価(学会)、草加、草刈、層化、ナンミョー

 公明党の支持母体。世界的にはカルト教団と判断されている。表向きは宗教法人であるが、集団ストーカーの実行犯として最も多く報告されている疑惑の団体。思考盗聴・電磁波攻撃などテクノロジー犯罪を行う技術を持っているとみられている。日本の総人口の約5%の信者数を誇り、様々な犯罪や不正行為との関与が噂されている。日本における様々な不正や犯罪の主体とみられているため、単なるスケープゴートに過ぎないともみられている。2015/11/18, 2017/5/8

特務機関、秘密警察ゼロ、サクラ、チヨダ、四係

 公安警察内の極秘組織、警察庁警備局警備企画課に属する協力者運営本部。警察協力者の作成、監視、諜報(スパイ)、暗殺などが主な業務とみられている。2017/5/8

防犯パトロール

 警察の指導のもと、市区町村役所などの自治体が運営している防犯組織。

顕正会

 宗教団体。過剰な勧誘方法などが危険視されている。その勧誘手法などからテクノロジー犯罪を行う能力はないとみられている。

警察

 防犯利権や創価学会の信者経由で監視犯罪に関与していることが疑われている。

自衛隊

 情報保全隊やその他の特務機関などが警察同様、防犯利権や創価学会の信者経由で監視犯罪に関与していることが疑われている。

自治体

 市区町村役所などの地方自治体。探偵や調査組織から危険人物情報などとして様々な個人情報を取得しているとみられている。また警察同様、防犯利権や創価学会の信者経由で監視犯罪に関与していることが疑われている。(2015/11/18)

電通

 大手広告代理店。メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集ストへの関与が疑われている。原発利権などと結びつきマスコミの支配者として日本に君臨しているとみられている。2016/1/2, 2017/2/24

パイナップル・ブリゲイツ

 米国と自衛隊合同による市民殺害部隊。日本人の虐殺には、主に在日朝鮮人を使うことで、同種殺を避けるようになっている。米国の市民虐殺部隊FEMAにあたる自衛隊の秘密部隊。(「スクープ!米国と自衛隊合同による市民殺害部隊パイナップル・ブリゲイズ(民主党マニフェスト日本版FEMAで本格起動!!) そこちょっとつんつく」より引用 2017/2/24)

被害加害者

 被害者かつ加害者である人のこと。自分や家族などが集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害を受けている加害者のこと。このサイトの造語、より適した表現を検討中。
< 参考 >
健全化が難しい被害加害者(テク犯被害者かつ加害者)
 加害組織は内部管理にテクノロジー犯罪を使っている 2017.12.2

ふくろう部隊

 朝鮮総連の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の実行組織とみられる組織。2017/9/28


<海外>

FCC

 連邦コミュニケーション委員会。MKウルトラ関連。2016.4.18




< マイク 盗聴などで使われる音波受信機 >


集音器

 傘状の反射器で集音するタイプ

ガンマイク

 棒状の指向性マイク

コンクリートマイク

 壁や床などに密着して集音するタイプ、木造建築でも使用可能

ロービングバグ(携帯電話・スマートフォン型)

 盗聴だけでなく音声発信も可能、遠隔地からの長時間盗聴向き

レーザー盗聴器

 窓ガラスに振動した音声を読み取る盗聴器




< スピーカー ノイズキャンペーンや軍事活動などで使われる音波送信機 >


 人の声を送信できるものは、神の声などを偽装することも可能です。ペルーの25人連続殺人事件で犯人が、「神に命令された」などと証言していることから、この技術が悪用されたとみられています。このような危険性から、現在は集団ストーカーだけでなく、軍事目的での使用もかなり制限されているようです。つまり、過去の被害事例(1990年くらいまで)では報告されていますが、現在の民間の集団ストーカーレベルでは、ほぼ使われないであろうことが予想されます。すでに水面下で世界規模で禁止されているような場合、日本国内の神の声事件を国際警察で取り締まるような対処も可能かもしれません。

LRAD(エルラッド、Long Range Acoustic Devices=長距離音響装置)

 音響兵器、現行品ではアメリカ製の長距離音響装置。2009年、米ペンシルベニア州ピッツバーグでG20サミットが開催された際に、抗議デモを追い払うために使用された。海上自衛隊はソマリア沖の海賊対策に使い効果をあげている。2012年のロンドンオリンピックでも警備用に配備された。イスラエル、ポーランド、シンガポール、ブラジルなど世界70カ国以上で導入済み。障害物がなければ2キロ、市街地では650メートルに音声を伝え、15メートル圏内では失聴、300メートル圏内では頭痛を発生させる能力がある。2017/10/9, 2017/11/23

音響兵器

 戦争・紛争・テロ鎮圧などでの利用を目的とした音声伝達技術、連絡や敵への戦意喪失などの心理攻撃に利用。アメリカではベトナム戦争の頃からすでに大音量の音声による威圧作戦を実行していた。2017/10/9

音波砲

 音響兵器の一種。2017/10/9

ザ・スクリーム

 2005年にイスラエル軍が使用した音波兵器。当時は「サウンド爆弾」とも呼ばれた。2017/10/9

サンダー・ジェネレーター

 イスラエルが開発した衝撃波を放つ兵器。純粋な音響兵器なのか電磁波兵器なのかは不明。2017/10/9

パラメトリック・スピーカー

 特定の狭い範囲だけに音を聴かせる技術、超音波を利用した特殊な音響システム、別名「オーディオ・スポットライト」、「ハイパーソニック・サウンド」

MEDUSA

 マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器




< カメラ 監視犯罪では隠しカメラや透視カメラが使われます >


防犯カメラ

 安価で防犯効果が高い。しかし電動であれば、公安の過剰捜査などでは家屋の全電源を停止させるなどして無効化する方法もある。これには無停電装置などによる電源の確保、監視員の常駐などで対処可能であるが、それができない相手を監視対象としている場合が多い。

ピンホールカメラ

 レンズの直径2ミリなどの小型カメラ、安価で盗撮・防犯ともに利用、今後さらなる小型化が予想される




< ハイテク機器など >


アクティブ・ディナイアル・システム(ADS)

 電磁波を使った対人型非殺傷兵器システム。実際には出力や使用期間によって人体を殺傷することができるが、人道的な非殺傷兵器として扱われている。2017.11.27

カルムーンシート

 遮音・防音シート。シート自体の遮音・防音性能にもよるが、テクノロジー犯罪の音波系高周波・低周波の被害軽減効果が期待できるものもある。2016/11/23

シールドルーム

 電磁波防御を目的としてた電波暗室・電磁波吸収部屋、日本政府などが作成している

赤外線計測器

 盗撮に利用するとコンクリートなどの壁も透過可能、市販されている

WB-1

 電磁波を使った非殺傷兵器。中国製で電子レンジを巨大化したような構造で、人体を瞬時に沸騰させる。2017.11.27

DEW(s)、指向性エネルギー照射装置

 Directed Energy Weaponsの略。指向性エネルギー、主に電磁波(電波・マイクロ波、EMP[電磁パルス])を使っているとみられるテクノロジー犯罪の攻撃装置。2017.3.8, 2018.2.1

CEW(s)、伝導エネルギー兵器

 Conducted Energy Weaponsの略。DEWとほぼ同義。2018.2.1

テンペスト

 パソコンのモニタなどを電磁波から画面表示内容を盗撮する技術

透視カメラ

 壁などを透視するカメラの総称、すでにコンクリートや鉄板も透視可能な技術が開発され利用されている

ナイトウォッチPNP-M

 携帯型夜間暗視装置(監視用の暗視スコープ)

バイオテレメトリーシステム

 遠隔計測法

ハンドヘルド・エックスレイ・イメージングデバイス

 携帯型X線検査器

ファラデーケージ

 電場を遮断する導体に囲まれた空間。電磁波攻撃を防ぐシールドルームなどに使われる。効果は被害状況によるがドラム缶や大型ごみ箱で代用可能。 詳細 2016/8/24, 2017/1/21

Prism200

 ポータブル非破壊検査装置(これで壁越しの監視も可能)

ボディスキャナ

 空港の手荷物検査などに導入されている衣服などの透視が可能な透視撮影機器

マイクロウェーブスキャン

 写像性測定器、ピラミッドの内部調査などに利用 2015.11.11

MEDUSA(メデューサ)

 マイクロ波による音声送信兵器、日本では防衛省情報本部傘下の情報保全隊が使用 2016.8.23

RASIT

 「フランス製の地上監視レーダーであり、パルス・ドップラー・レーダーでもあります。」参考サイトより引用。
< 参考 >
対人レーダー;RASIT ( 工学 ) - 自衛隊の犯罪を斬る - Yahoo!ブログ 2017.12.5

LRAD-Xシリーズ(ラッドエックス)

 指向性超音波発生装置(騒音工作に悪用)

レイザーエックス

 ポータブルX線検査装置(X線照射式の小型透視装置)

ロブスターアイ

 X線で壁を透視する新兵器、アメリカでテロ対策で採用されているとみられている 2015.11.11




< 政治や支配層の手法や理論・戦略など >


大衆誘導・犯罪隠蔽・論理武装などだましのテクニック

医療利権

 医療・医薬品に関する利権のこと。集団ストーカー問題では、特に精神病への入院・通院による莫大な利権が発生している。精神医療利権が莫大であるため、精神病に関する資格や医師免許の不正取得が後を絶たない。2017/3/14
< 参考 >
医療・健康問題 2018.3.20

NWO

 超富裕層が利権の維持拡大のためにNWO(新世界秩序)と呼ばれる世界統一政府の樹立を目指しているという説やそのための活動全般のこと。そのために行われているのが、世界的な不正や犯罪、世界全体をだますような詐欺行為であるとみられている。集団ストーカーをNWOとしてみると、市民の完全な監視・奴隷支配を目指しているとみられている。参照:NWO。2017/3/14

過剰な監視や嫌がらせ全般

 不法監視を基礎とした監視圧力、ノイズキャンペーンなどは継続すればするほど防犯効果や治安維持効果が高いという警察関連組織の理論がある。パトロールなども同様にやればやるほど効果が高まるとされていて、これらも集団ストーカー被害を悪化させている要因となっている。2017/3/14

行動監視、行動調査、強制備考

 個人を監視し嫌がらせや何やらかの圧力を加える活動。対象者を危険人物(主に政治・思想犯)扱いしたうえで、警察関連組織が集団ストーカーを正当化するために使用。2017/3/14

ショック・ドクトリン

 大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革(The Rise of Disaster Capitalism)」のこと。これを拡大解釈し、偶然または意図的に引き起こされた事件や問題をきっかけにした計画や判断に対しても使われる。2017/10/4

政治犯、思想犯

 警察関連組織の監視・嫌がらせ犯罪を正当化するために使われている罪名。危険性や公序良俗に反するなどといったあいまいな基準で判断され、通常は取り消されることはない。古くは特高警察時代の共産主義弾圧などに悪用され、当時はほかにも反戦思想を持つ人たち全般が、危険思想の持ち主として投獄され命を落とした。官僚主導で公安が実行犯となっているとみられている集団ストーカー犯罪もこの流れをくむ、時の政府の都合で行われる実質的な国民弾圧行為のひとつとみられている。2017/3/14

精神病(主に統合失調症)

 精神的な病気全般のこと。公安などの公権力犯罪であるとみられている集団ストーカー・テクノロジー犯罪における、監視やノイズキャンペーンなどの犯罪事実を隠蔽するために、被害者を精神病扱いする方法が取られている。この精神病工作が成功すると、精神科での治療経験者は、精神病者扱いとなり裁判での証言能力をいちじるしく失うことになる。そのため集団ストーカー被害者には必ず行われる工作のひとつとなっている。2017/3/14

ゼロ・トレランス方式(ゼロ・トレランスほうしき、zero-tolerance policing)

 割れ窓理論に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。「tolerance(寛容)」の文字通り、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。日本語では「不寛容」「無寛容」「非寛容」等と表現され、転じて「毅然たる対応方式」などと意訳される。(WikiPediaより) 2017/3/14

防犯利権

 防犯活動に関わる利権のこと。政治やスポーツなどの国際的なイベントに使われる警備費用は年々急増しており、防犯利権は建設業のような税金の使用目的となる新たな巨大産業なりつつある。集団ストーカーの活動費用や直接的な利益も防犯利権から発生している。利権拡大のため人件費削減を目指しているので、集団ストーカー犯罪でも少数の加害者でより大人数の被害者を攻撃できるような、テクノロジー犯罪の自動化や加害者の少人数化が進みつつある。2017/3/14

ポリシー・ロンダリング

「政治的決定や立法、条約制定の当事者を隠蔽し[1]、そのプロセスを不透明化する行為のことで、マネーロンダリングから派生した用語である。国内で規制を行うために前もって国際条約を締結しておき、それに基づいて国内法を整備する手法は、典型的なポリシーロンダリングである。責任の所在を曖昧にする、本来の目的を隠蔽する、あるいは立法の手続きを迂回するために行われる」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

予防拘禁

 危険人物などに対して犯罪の予防、治安維持名目で行われる、対象の住居や生活範囲を限定する方法。刑務所やそれに近い準軟禁施設などで行われている。集団ストーカー被害の日常的な被害、不法監視やノイズキャンペーン、また精神病院への入院がこれにあたる。ほかには自衛隊の駐屯地への住居の固定などもこれにあたる。2017/3/14






アルファベット


A(略語)

 警視庁の隠語でアメリカ大使館を表します。「Aがダメだといっている」などと使われているそうです。(2015.10.12)

SQUID

 魚介類のイカと同じつづりだが、超電導量子干渉素子の略称で、超電導磁気センサのこと。監視犯罪分野では、思考盗聴や電磁波攻撃に利用されているとみられる。この技術自体は、超微弱磁場の計測が可能で、医療や物理学の分野での応用が期待されている。2015.10.12,2018.9.19




< あ行 >


エクストリーム自殺

 エクストリームという危険をともなう過激なスポーツがありますが、これと同じような過激な自殺判定を警察などが行うことを、エクストリーム自殺といいます。他殺や故意による事故死だと暗にほのめかしています。

 同じように警察の集団ストーカ-犯罪も、エクストーム監視、エクストーム行動確認、あるいはエクストリーム政治犯、エクストリーム精神障害者などということもできるでしょう。2016/12/28




< か行 >


監視ハラスメント

 個人監視の対象となる被害者が、監視犯罪者や観客的加害者から受ける精神的または肉体的な被害、あるいは名誉毀損などの風評被害、社会的信用の低下、さらに収入や財産の減少などをこうむるような社会的な被害をもたらす行為や事態の総称です。

 このサイトでは、日本語でハラスメントと表現すると、皮肉や悪口を言われた程度の軽度のいたずらのようなイメージが含まれることを避け、監視犯罪者の悪意をより的確に表現するため、嫌がらせ、という表現を使うようになってきています。

 ですが、嫌がらせという言葉もテクノロジー犯罪を矮小化してしまう部分があるので、監視圧力犯罪やガスライティング犯罪などのほうが現実に合っているようです。

 類義語:ステルスハラスメント 2015.4.1, 2018.10.2


観客的加害加害者、観客的加害組織

 このサイトの下書き時代に使っていた言葉で、それぞれいわゆる集団ストーカー・テクノロジー犯罪における加害者と加害組織を現す。当時、主観的加害組織という表現は使われていないので、厳密な定義は本人も確認できないが、加害行為に協力する無自覚な加害者を含めるといった意味だったのではないかと予想される。2017/10/11

強制尾行

 警察の隠語で集団ストーカーを表します。警察・公安が組織として堂々と集団ストーキングを行っていることの証拠のひとつといえるでしょう。(2015.10.12)


コインテルプロ

 COINTELPRO(Counter Intelligence Program カウンター・インテリジェンス・プログラム)の略で直訳すると知性対策手順のような意味。コインテルプロは1956年から1971年にFBI(米国内の治安維持組織)によって行われた非合法な機密工作。MKウルトラ計画から派生。信用低下や政治団体の崩壊を目的とした国家プロジェクトとして行われていた。FBIはその動機を治安維持、社会や政治体制などの維持であると主張。

 集団ストーカーも、その動機のひとつに、防犯を掲げる組織がある。手法においても、心理戦では、様々な信用失墜策、噂やメディアの利用、手紙、その他の直接的な嫌がらせが行われていた。さらに不法な投獄、暴力、果ては暗殺まで行い誹謗中傷を徹底して行っていたとされている。

 集団ストーカーが最悪の状態まで悪化したような凶悪さが特徴。集団ストーカーも野放しにしておけば、いずれはより完全なコインテルプロに近付いていく見込み。2015.10.16, 2018.9.19

< 参考 >
COINTERPRO(コインテルプロ) - AGSAS 【 用語集 】 2018.9.29

高度監視技術[機器]

 高度な監視技術全般やそれを利用した機器全般のことです。具体的にはイメージ送受信技術やそれを利用した機器、またはそれを含めた技術や機器のこと、または、イメージ送受信技術を未体験で理解できない人の誤解を招かないように高度監視技術と表現します。(2015/04/19, 2015/09/26)

 当サイトが第三世代監視技術として分類している、脳波解析による思考盗聴やその他の人体計測・体内観察などがもたらす脳や人体の詳細な情報やその分析結果、またGPSなどで得られる個人の位置情報、それらを関連付け、かつ情報利用の利便性を高めたインターネット技術利用などの技術や機器の総称です。(2015/09/14, 2015/09/26)


個人監視

 このサイトが下書き時代に使っていた用語で、おおむね集団ストーカー・テクノロジー犯罪全般を表す。当時は創価学会などによる集団ストーカーの人為的部分は保留として、技術的な部分をまず先に対処しようと考えていて、さらにネットが使えない環境で書いていたためテクノロジー犯罪という言葉にも気付かず、個人への違法監視に問題の焦点を当てていた。監視技術で得た情報を元に加害活動が行われていて、個人への違法監視が問題の原因であるといったイメージ。

 管理人が当時のネットの使えない環境での執筆活動を振り返ると、違法監視さえ防止できれば、被害者を24時間追跡することもできなくなるので、多くは犯罪が未然に防げるのではないかと考えていた、ように思われる。2017/10/11



< さ行 >


集団ストーカー、[略]集スト、[警]強制尾行

 一般的に宗教団体犯人説が有力となっています。警察・公安も行っており、警察用語では強制尾行といいます。

 元群馬県警の大河原宗平さんによると、警察が集団ストーカーをする場合、政治的な危険人物として格付け、ランク付けすることで、監視犯罪行為を正当化し、尾行対象者として集団ストーカー対象にすると説明しています。

 私の経験でも、確かに群馬県に引っ越してから後、監視犯罪は悪化の一途をたどっています。元群馬県警の大河原さんは、顔見知りの元同僚に付回されていると被害の現状を説明しています。 2015/09/29, 2016/04/17



上品な犯罪(者)、上品な犯行

 上品というのは、人間として品位が高い、という意味ではなく、犯罪行為であるにもかかわらず軽微な犯行を好むという意味です。自動車の移動ハラスメントを検証する際に作成された造語です。(2015/06/04, 2015/09/26)

 また毎日欠かさず監視犯罪を犯し被害者を攻撃すること、警察をまねているのか8時に規則正しく交代することなどの几帳面な犯罪態度であることなどの調査結果も、この上品さの要因となっています。(2015/09/25, 2015/09/26)

 犯罪者が自動車を移動するには自動車の鍵が必要なため、犯罪者は何らかの方法で鍵を手に入れていることが予想されます。犯罪者が鍵を持っているならば自動車を丸ごと盗んだほうが犯罪者としては利益が大きいはずです。しかし、駐車位置を移動させるだけという地味な嫌がらせしかしないという、インターネット上のブログの情報もこの言葉の元になっています。

 情報元となったブログの著者は、証拠を示すところまではいっていませんでしたが、犯人は公安警察であると予測して公安警察に疑いが向けられていました。

参考:1.150401- 自動車移動ハラスメント(準備中) (2015/09/26)


洗脳監視犯罪

 以前は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の共通点を抽出し、政府が黙殺隠蔽策を貫いている「集団ストーカー」という言葉に代わる概念として、「監視犯罪」という言葉を意識的に使用していました。しかし、関連犯罪の調査が進む過程で、科学技術・人為的な犯罪技術ともに、世界大戦中の洗脳研究の延長上にある犯罪だということが明らかになってきました。そのため、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の総称としては、「監視犯罪」よりも、「洗脳監視犯罪」としたほうがより正確に実情を表していると判断し、用語を変更することにしました。犯罪の目的が洗脳で、方法が監視技術、という意味合いです。

 対案としては、犯罪技術に焦点をあてた、電磁波犯罪やBMI犯罪・ER(エレクトリックハラスメント)あたりが有望でしょうか。犯罪例としては、監視にほとんど力を入れず、いきなり電磁波攻撃を行う種類のものや、電磁波攻撃を行わない監視を主とするものもありますので、どちらも片手落ちとなってしまう可能性はあります。そのため、目的が、洗脳、対象の排除やコントロールとなっていることから、単純に洗脳犯罪という用語にしてしまうこともできるでしょう。しかし、洗脳犯罪というと監視被害部分が抜け落ちてしまい、被害者数がかなり減ってしまうことから社会問題としてのインパクト・衝撃度が下がってしまうでしょうから、当面、洗脳監視犯罪という用語を使用しようと考えています。(2015/12/06)




< た行 >


血の結束

 カルト教団の団結力や結びつきのこと。カルト教団が信者・構成員に命令を強要するときに根拠となる考え方。(2016/01/06)



統失(とうしつ)

 統合失調症の略で主にネットスラングとして集団ストーカー加害者などが使う言葉。糖質はその暗喩。使用例:糖質ウォッチ 2016/12/28



特許

 特許技術は監視犯罪の装置・機器にも使われている可能性があります。特許情報プラットフォームというサイトで特許情報を検索することができます。海外の特許にも対応しています。特許の最新情報などはこちらを参照してください。現時点では、キーワード検索となっていますので、「発明の名称」で検索するのがよいでしょう。歴史などで扱っている特許の最新情報などはこちらからご確認してください。(2015.10.12, 2015.10.13)





< な行 >


人間のクズ

 カルト教団が好んで使う侮蔑の言葉。

 一般的な侮蔑用語のようにもみえますが、カルト教団が好んで使用する宗教用語にもなっています。選挙演説で対立候補を罵倒する百田(元NHK職員)だけの言葉ではありません。2016.1.6





< は行 >


プロ市民


 集団ストーカーで尾行・待ち伏せ・つきまといなどの嫌がらせを行う実行犯のなかで、一般市民を装う犯罪者のこと。2016/01/06

報道、放送、ネット報道、ネット情報、雑誌など情報元の区分

 情報元の表記が分かりにくいので、2015年10月18日以降は、次のように区分していく予定でした。ですが、大手メディアがテレビ・ラジオと同じ情報をネット上でも公開しているので、ネット・非ネットという区別で情報の信頼性を判断するのは現実的ではなくなってきました。

 そこでこのサイトとしては、(旧)マスコミやオールドメディアとしていわゆる大手新聞社や放送局を扱い、それ以外の情報に意図的な偏向の掛かりにくいネット情報をメディアやネットメディアとして扱うようになってきています。

 ネット世界でもテレビや新聞などの偏向情報をオールドメディアの偏向報道などとしておおむね扱うことが定着しつつあります。

・報道
 テレビ・ラジオ・新聞などマスコミ報道。

・放送
 テレビ・ラジオなど放送媒体のニュースやドキュメントなどの音声や映像の情報。

・ネット放送・動画
 ネット上で公開された音声化・映像化された情報。

・ネット報道
 インターネット上の報道。

・ネット情報
 インターネット上の情報一般。

・雑誌
 週刊誌などの情報。玉石混合であるが、偏向が比較的少ない情報もある。

・(旧)マスコミ、オールドメディア
 テレビ・ラジオ・新聞の偏向報道や心理操作・大衆誘導・常識改変などを行っている信頼性の低い情報源全般。ネットや良心的な雑誌を除いた、いわゆる大手マスコミや報道メディアのこと。

・(ネット)メディア
 大手マスコミ系の偏向報道もネット情報化されているが、そうでない公正な事実判断や善意に基ずく情報が含まれている可能性のある真の情報源がこのネットメディア。そもそも情報の信頼性は発信者の信頼性に依存するので、情報媒体としてのメディアの種類だけで判断できるものではないが、有用な情報源として期待できるのがこのネットメディア。情報の信頼性は発信者個人の資質や知識、分析力、推理力などによって当然変わってくる。2015.10.18,2018.9.19




< ま行 >


マスコミ・メディア

 IT革命後はネットがメディア・マスコミの主流となる見込み。2016.1.22,2018.2.22

メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集スト





社会不正・真相究明


 日本や世界の歴史・情勢などに関わる人名・組織名・主義主張の呼び名。ここには情勢分析用のメモとして記述しますので詳細は各自で調べるようにしてください。

アイゼンベルグ

 支配層の主要家系のひとつ。MI6とともにモサド、CIAを設立した。現在はイスラエルの軍事や世界の原発・核利権を支配しているとみられている。主要人物はショール・アイゼンベルグなど。ロスチャイルド家の主筋のひとつ。2017/5/29

悪魔教

 堕天使ルシファーを最高真とする悪魔教やそれを崇拝する組織や人々のこと。一般的な悪魔ではなく呼び名は色々あるがルシファーを頂点とする一神教で、イルミナティがメンバーなどに崇拝させている特定のカルト宗教を表す。子供の誘拐や幼児性愛、人肉食などの悪魔教儀式もこの特定カルト宗教が行う儀式。毎年5から6万人の子供の失踪は悪魔教による誘拐とみられている。2017/9/19

アリスター・クローリー

 イルミナティなどが実行する支配層戦略の作成者。悪魔教を背景とした彼の哲学や思想が現実的な支配層戦略の指針のひとつとなっている。2017/9/19

飯島勲

飯島とは小泉政権時の内閣総理大臣秘書官や第二次安倍内閣の内閣官房参与などを務めた国会議員秘書。安倍首相の右腕として官邸の腐敗を主導するブレーンのひとり。著書『ひみつの教養』(プレジデント社)は詐欺的なリーダー論で彼の人となりを端的に表している。2017/6/27





被害改善責任論 FC2 (メインサイト)
被害改善責任論 Geocities (更新終了 削除予定)
被害改善責任論 周知ブログ
被害改善責任論 Twitter@hkskns20150904
被害改善責任論 Hks Ssyk 動画チャンネル
集団ストーカー テクノロジー犯罪 まとめ Wiki

ダウンロード:サイト全体/説明 連絡先

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について

Copyright(C) HKS 被害改善責任論 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system