勝てる! 被害改善責任論

集団ストーカー・テクノロジー犯罪 Gang Stalking Improvement Activities

 私たち市民はとても困っています。匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。(集団ストーカー犯罪の説明

< お知らせ >
Geocitiesブログサービス終了にともない被害改善責任論のGeocitiesミラーサイトも閲覧できなくなりました。 2018.10.8,2019.5.10

創価学会の終わり … IT時代は創価犯罪を認めない | 被害改善責任論

目次 一覧 歴史 秘密利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 リンク

目次 > 個別分析 創価学会 > 創価学会 >

創価学会の終わり

[end_of_soka] (2016/01/24)

IT時代は創価犯罪を認めない




創価学会や創価タレントの悪評はネットにあふれている


 創価学会をインターネットで検索すると、創価学会が自身で運営している宣伝サイト以外は、ほぼすべて創価学会を非難する内容のサイトがずらりと検索結果に表示されます。この悪評に対して、当の創価学会は、信者にネットを見ないように指示して、信者が脱会するのを防ごうとしているそうです。
(2016/01/24)

 ちなみに、マスコミに対しては、そのまま「マスコミのデマを信じるな」と教えているそうです。在日勢力でマスコミを支配して創価学会や電通の批判はほぼ不可能に近い状態を作り出しているわりには弱気な方針をとっているようにみえます。創価批判以外の部分も、創価学会は信者に、マスコミが伝えるような常識的なものとは違うことを教えているということが予想されます。(2016/02/10)

 以前、剛力彩芽さんという創価タレントが日本中から非難をあびたときもネット閲覧禁止令が所属事務所から彼女へ対して通達されていたこと話題となったことがあり、ある程度有名な話となっています。現在は、川口春菜さんという、こちらも創価タレントとみられている女優さんが、低視聴率女王の名をほしいままにしているようですが、彼女にも同じくネット閲覧禁止令がでています。2015年の低視聴率女王の記事では、川口春菜さん、武井咲さん、剛力彩芽さんの3人の創価タレントが上位を独占していました。(2016/01/24, 2016/02/10)

 彼女たちに出された禁止令は、一見すると事務所がタレントを守る優しい方針を示しているようにもみえますが、やり方からして、創価学会や電通など在日秘密結社的な存在がよく使う、常套手段でもあります。

 低視聴率女王ランキングの結果には、電通のマスコミ支配のゆがみや、創価タレントが過大評価されすぎているという現実に対する、日本人の素直な反応があらわれているといってもよいでしょう。多くの日本人は電通のマスコミ支配や創価タレントの価値を、すでに認めていないということでしょう。

 確かに、低視聴率女王の上位3人は特に、いままで日本で人気を博してきた人たちとは、かなり異なる顔立ちや雰囲気をしている点はいなめないでしょう。普段あまりテレビを見ない人たちを集めて、名前を伏せた状態で、写真だけで印象調査などを行った場合、対象者のグループや写真の質にもよるでしょうが、彼女たちが人気の上位を独占するようなことはないでしょう。彼女たちの所属事務所は、低視聴率女王たちに対して、写真では演技力が伝わらなかったのだ、などと優しくなぐさめるのでしょうか。また、当の本人たちも、今の過大評価を喜んでいるとは限りません。事務所の指示で、言われるままに仕事をこなしているだけかもしれません。




創価学会、敗れたり … 衰退することはあっても繁栄する見込みはない


 「創価、即、悪」、「創価学会イコール悪」という認識は、ネット世界ではすでに常識となっている感があります。集団ストーカー被害者からは、創価学会への破防法の適用や、宗教法人格の停止、日本占領を掲げた創価学会へのテロ思想や犯罪行為・在日テロなどへの危険性が叫ばれています。(2016/01/24, 2016/02/10)

 すでに悪い宗教、カルト教団として、ネット社会に認定されてしまっている創価学会は、これ以上信者を増やすことが、かなり難しい状況に追い込まれています。今後、創価学会が衰退することはあっても、繁栄することは難しいでしょう。(2016/01/24)

 サービス業・肉体労働など複雑な情報を処理したり、高度な判断が要求されないような比較的単純な労働に従事している人であれば、ネットが使えなくても、仕事や生活に支障をきたすことはないでしょう。しかし、それ以外のネット資産の活用が必須となるような知的労働者は、ネット利用を日常的に続けていくなかで、創価学会の悪評を目にしたり、犯罪性を理解したりしてしまうことでしょう。創価学会は、知的で有能な高所得者の信者から、次々と脱会者を増やしていくことでしょう。(2016/01/24, 2016/02/10)

 創価の危険性を理解した高所得者を失うということは、当然、教団の収入の多くが失われることを意味しています。また知的水準が高い信者が離反するとなれば、身内など周囲の人間も引き連れて脱会してしまうことでしょう。カルト教団とはいえ、信者同士の情報交換や情報共有は行われているでしょうから噂はすぐにひろがることでしょう。ひとりの脱会者はさらなる脱会者を呼び、教団はさらに弱体化していくことでしょう。(2016/01/24)




賢い電通社員はすでに創価学会と手を切りたがっている可能性も


 集ストの分野では在日企業としてマスコミを支配し、偏向報道や創価タレントの過剰な優遇を行う無法者のようなイメージがありますが、電通自体は表向きは知的エリートの集まる一流企業ということになっています。誰でも簡単に入社できるような企業ではありません。

 在日勢力が入り込んでいるとはいえ、それ以外は優秀な人間の集まりである電通は、創価学会もさすがにこれ以上は勢力を拡大できないことを理解しているのではないでしょうか。おそらく創価学会が衰退することは、在日勢力の身内にあたる電通からしても、かなり確実な、既定の事実のように認識にされているのではないでしょうか。(2016/01/24, 2016/02/10)

 なぜかというと、テレビの視聴率などは電通が自由に変更できる力があるにもかかわらず、創価タレントが低視聴率女王となる状態を放置しているからです。日本のテレビ視聴率の調査会社としては、ほぼ独占的な地位を占めているビデオリサーチという会社は、電通が実質的に支配している企業なのです。視聴率の変更はいくらでもできるはずです。それを行わないということは、すでに電通と創価学会は、それほど強い協力関係を持っていない可能性があります。

 番組時聴率の高さと実際の品質との間にあまり相関関係がないことについては、TBSやテレビ朝日のドラマなどが視聴率が高い割りには、それほど面白くないといった、ネット社会に広がる日本国民の素直な反応からも判断することができます。視聴率調査の信頼性が下がるとともに、これ以上不正をすると、不正が発覚するという危機的な状態にすでに追い込まれた結果として、電通としても、やむをえず、視聴率の調整に制限をかけているのかもしれません。

 電通・創価など在日勢力の影響が強いTBSやテレビ朝日の視聴率は、おおむね3割程度は割り増しされているとみる説もありますので、実質は3割引きくらいの数値として扱ったほうが、より現実の数値に近づくのかもしれません。あるいは、ビデオリサーチ社の内部規定などで、視聴率の調整は、TBS・テレビ朝日がプラス15%で、それ以外がマイナス15%となるようなルールとなっているのかもしれません。(2016/01/24, 2016/02/10)




番外 … 視聴率調査はそもそもあいまい、番組予約数などで代用してはどうか


 テレビ視聴率の調査は、もともとその方法があまり正確なものではありません。特定の家庭に調査用機械を設置して調査しているそうですが、調査対象となっている人は、自分の見たテレビが視聴率に反映されることを知っていますので、視聴率自体を扱ったテレビ番組を作ると、調査対象者の関心度が高いため、視聴率も高くなってしまうなどのかたよりがあります。(2016/01/24)

 このはじめからあるかたよりに加えて、電通が手を加え変更していることが予想されますので、実際の数値とは、かなりことなる結果となることも、よくあることでしょう。

 これを回避する方法としては、テレビをネット予約する仕組みがすでにある程度普及していますので、その予約数を調査するような方法がありますので、こちらに変更してしまってもよいでしょう。これは一部ですでに行われていますが、予約数ですから、期待値ということで続編や各種有名人・著名人の参加などに影響されやすいという問題があったようです。また、どの番組がよいか、よくわからない分野や、これといって大きな違いがうまれないような分野では、このランキングに影響され、最初に上位になったものが、最後まで有利な状態となってしまうような問題も起きたようです。(2016/01/24, 2016/02/10)

 予約は週単位でできますので、これを数ヶ月放置して、後からまとめてみるような場合、あまり正確でない予約数となるような可能性もあります。

 それでも、後からまとめてみることに、失敗したという感想を持つ人もいるでしょうから、最初の1話目の内容くらいは確認するように、視聴者も変わっていくでしょうから、それほど大きな問題とはならないのではないでしょうか。少なくとも、電通・創価など在日勢力が何をしているかわからない視聴率を信用するよりは、おかしな偏向や調整が加わらない分だけ、公平な結果となり、全体としてよい状態に近づくのではないでしょうか。




創価学会員の判別 … 創価・電通などの在日テロに備えて


参考:創価学会員の判別
 危険分子のあぶりだし (2016/01/24)





目次 一覧 歴史 秘密利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 リンク


被害改善責任論 FC2 (メインサイト)
被害改善責任論 Geocities (更新終了 削除予定)
被害改善責任論 周知ブログ
被害改善責任論 Twitter@hkskns20150904
被害改善責任論 Hks Ssyk 動画チャンネル
集団ストーカー テクノロジー犯罪 まとめ Wiki

ダウンロード 連絡先

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について

Copyright(C) HKS 被害改善責任論 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system