集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
民族主義からのアイデンティティーの確立 … 自由は人間の本質、個人の権利としての自由の理解

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 在日利権ネット 精神成長 >

民族主義からのアイデンティティーの確立【作成中】

[identity_establishment_from_the_racialism]
(2016/03/21)

自由は人の本質、個人の権利の理解




 人まねに羞恥心を感じないような在日勢力の文化は、いまだに自己が確立できていない状態、個人のアイデンティティが確立されていない状態にあるとみてよいでしょう。 彼らは在日勢力のために、ときには奴隷となるような自己犠牲的努力も惜しまず、ときには政略結婚のようなことまでしています。 このように在日勢力は、現在にいたっても、組織への所属意識が過剰に強い、民族主義的イデオロギーをいまだに固持しようとしているとみられます。


 政治の世界では、在日勢力の多い民主党の議員たちは、2015年の安保法案国会のときも、各自が自分の言い分を主張するばかりで、意見がまとまらなかったことが知られています。 自分というものの意識の希薄な、自己のアイデンティティを確立ができていない彼らは、自我をうまく理解することができないため、他人の自我や存在、そこから出てくる意見などを尊重することがでず、結果として周りの議員と意見調整し共通見解にいたるようなことができなかったのでしょう。

 政治家というのは、それぞれの勢力や選挙区の代表者であり、それぞれのリーダーという役割がありますので、民族主義的イデオロギーを持つ彼らは、それぞれの勢力の代表として、自分たちの利益を守ること優先し、「他の議員の意見に従うことは負けることだ」、などと考えていたことでしょう。

 2016年、民主党は維新の党と思想無き合流を果たし、民進党となりましたが、在日勢力が協調姿勢を見せることはないでしょうから、相変わらず内部は意見のまとまらない、バラバラは状態にあることでしょう。

 実質的には新党結成とほぼ同じ状態のはずですが、国民の支持率は10%台と低迷しており、国民からの期待の低さは在日マスコミの偏向報道をもってしても、隠すことができないようです。 実際に日本社会は民進党に何も期待していないようにみえます。 国民から支持の得られない政党は選挙で勝つことはできませんし、そもそも存在意義はありませんので、おそらく再び解党・合流・結党などの仕切りなおしが行われることでしょう。 (2016/03/21)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system