集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

在日利権ネットワーク 集スト関連の在日外国人などの利権勢力問題

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

在日利権ネットワーク

集スト関連の在日外国人などの利権勢力問題

Korean_resident_in_Japan_rights_network, 2016.3.11, 2017.12.16

< 在日問題の基本1:在日批判は政府主導だった >

 自分の身の回りの異変に気付き、ネットで情報を調べ、自分が集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害を受けていることを知った被害者が、最初に犯人だと考えるのが創価学会他の在日朝鮮系の勢力です。 このサイトでも数百の被害者サイトを確認した結果、被害を調べ始めたネット検索初心者の大半の人がそう考えていることが分かっています。 さらに多くの被害者は今でも在日犯人説を信じ、自らも主張しています。

 なぜそうなっているかというと、ネット上の被害者サイトの多くが在日勢力からの被害を訴え、犯人であると主張しているからです。 ネット世界では実際に在日犯人説を主張するサイトが大半を占めているのです。 特に検索結果の上位にヒットするような有名なサイトにはこの傾向が強くなっています。

 さらにその原因を探ると、タイトルにもあるように政府主導で在日朝鮮人や韓国・中国・北朝鮮批判が行われていることが分かりました。 実際に日本の政府系の組織が出資して在日や韓国・中国批判をさせていて、ネットで批判記事を書くと1回1000円などと報酬が支払われていたことが分かっています。

 これは日本人と在日勢力の分断工作となっていて、日本と朝鮮・中国・その他のアジア地域との友好関係の構築を阻害する目的で行われているとみられています。 日本と東アジア地域を分断して利益を得るのは日本に支配的な影響力を持つとみられるアメリカ系の勢力です。 具体的な分断工作としては慰安婦問題などが有名で、韓国からのあまり根拠のない理不尽な批判と、それに対する日本からの根拠のない補償が、歴史的に繰り返されています。

 政府はこの分断工作を行う意図を持っていて、それにそった形で 集団ストーカー被害でも同様に、在日犯人説を広められているとみてよいでしょう。 ただし、この犯罪には色々な組織が色々な目的で犯行に及んでいますので、それぞれの組織の都合によって在日批判の他にも、警察・公安批判、自衛隊批判など色々な勢力への批判も行われています。

 調査を進めていくと、在日批判というものは仕組まれた批判であって、実際に在日勢力が加害行為に参加しているとしても、真犯人であるとは言い難いという分析へたどり着いている人もある程度は存在しています。 その内容は、犯罪の規模や使われている技術力の高さから、創価学会のような新興宗教が単独で行えるようなことではないと分析していることが多くなっています。

 分析力の優れた人たちの多くは、公安・自衛隊・その他特務機関などの国家権力犯罪だと分析しています。 このサイトでも同じ分析にたどり着いています。 これは海外でも同じで、英語ではインテリジェンスやシークレットサービスといいますが、スパイや諜報機関、いわゆるCIAやMi6など、各国の秘密諜報機関が関与しているとして、強く疑われています。

 日本でも海外でも同じですが、その先にはさらに大きな犯罪ネットワークが存在することが疑われていて、いわゆるユダヤ金融資本などと呼ばれている、多国籍型秘密エリートネットワークによる世界的な犯行であると考えられています。

 このサイトでも当初は在日犯人説をとっていた関係で、この一連の記事は「在日利権ネットワーク」という呼び方になっています。 しかし、2016年頃から調査分析に行き詰まり、世界的な利権ネットワークへ疑いを向けるようになりました。 そして今の段階では在日は在日でも、朝鮮人限定ではなく、秘密エリートネットワークから送り込まれた、在日朝鮮系の一部のエージェントを含む、多国籍型エージェントが共謀した世界的な利権ネットワークが真犯人であろうと分析しています。

 世界を支配していると言っても過言ではないような世界に対して強い影響力を持った利権ネットワークが存在すること自体はまず間違いないでしょう。 表向きは世界の国々や権力者・大財閥が争っているように見えても、彼らの行動パターンや目的には共通点が多く、何らかの連携をしていることは否定しようのない事実です。

 さらにその世界的な利権ネットワークの正体については諸説ありますが、すでに多くの研究家やリサーチャーが分析しているように、恐らく古来からの宗教的指導者や王侯貴族などの名誉を受け継ぐと自ら主張しているような巨大財閥の緩やかな同盟関係にあることでしょう。 2017.12.16


< 在日問題の基本2:在日問題の短観 >

 日本の富が次々と海外へ流出し、日本人が実質的な重税から貧困の危機を迎えているような日本の政治腐敗の原因としては、直接的には政治が官僚支配の及んだの官僚主権状態になっている点にあります。 さらにそれらの原因となっているとみられているのが在日利権ネットワークというべき在日外国人勢力の影響です。

 在日外国人勢力は主に、世界的なユダヤ・フリーメーソン系、サンカや天皇派閥などの旧渡来人系、在日朝鮮・中国人などの新渡来人系などが大きな勢力で、末端のほうでは争いあうこともありますが、上層部はそれぞれがお互いに緩やかな同盟関係にあり、一定の友好関係を維持しているとみられています。 問題を引き起こしているのは必ずしも在日勢力とばかりも言えません。 残念ですが、これらの勢力に取り込まれている日本人は、公務員や暴力団などをはじめ大量に存在します。 それほどまでにこれらの勢力の影響力が大きくなっていると言ってもよいでしょう。

 3つの大勢力は紹介した順に力が強くなっていて、一般大衆への支配や戦争などの共同作戦では協力しあって利益を得ています。 しかし、彼らの内部では実力主義となっていて常に利権をめぐる抗争を続けており、またこれはそれぞれの勢力内部でも同じ状態で、細かくみれば至る所で内部派閥抗争なようなことが続けられているとみられています。

 3つの大勢力はそれぞれ、ユダヤ・フリーメーソン勢力は世界規模、天皇一族勢力は日本と朝鮮、在日朝鮮・中国勢力は日本・朝鮮・中国地域で主に利権ネットワークを形成しているとみられています。

 日本では、実力の関係上、政治やマスコミでも、ユダヤ・フリーメーソン系勢力により強い敬意が払われ、在日朝鮮・中国系勢力は悪役として批判されやすくなっています。


 日本政府は在日朝鮮人の通名を禁止するなど、政府としても在日問題の改善には対処している、かのように見えますが、実際には、韓国政府の慰安婦問題捏造や竹島問題などの反日プロパガンダと同じように、在日問題も日本政府に政治利用されています。

 日本も韓国もスキャンダルや政治の失策などによる国民の政治不信や内閣支持率低下などへの対応策として、民族問題をあえて国内に発生させておいて、これに対処することで信頼を回復しようという政治手法が取られています。

 日本の在日問題、在日被害は政府の人気取りの材料としてわざと解決しないまま問題のある状態が維持されています。 日本は戸籍などもかなり高い精度で管理されていますので、政府が本気で在日勢力に対処しようと思えば、問題を起こしている一部の在日朝鮮・中国人などはすべて逮捕するようなこともできるはずです。 なぜそれをしないかというと、問題を起こす敵として存在し続けてもらわないと政府が困るという背景があるからです。

 政府は在特会などが在日特権などの是正を求めると、大臣クラスの政治家がそれなりに話は聞くものの、逆にヘイトスピーチ法案などはあえて成立させることで、日本人と在日勢力との間に争いの種を残しては次の人気取りのために問題をほどよく育てているのです。

 このようなことから、政府の反在日プロパガンダに踊らされずに、そうとはいえ在日利権ネットからの被害は減らしていくような賢い対応が必要となってくるでしょう。

 たとえば、現在のヘイトスピーチ法などは、おそらく何度か改悪された後、政府にとってほどよい時期に是正されるような流れとなることが予定されます。 舛添都知事事件などの在日政治家バッシングも今後、似たようなことが繰り返されるでしょうから、政府やマスコミなどの情報誘導策は相手にせずに、もっと本質的な在日被害の改善を目指していくべきでしょう。 2016.7.31, 2017.12.16




在日被害全般


在日犯罪・被害リンク

在日利権ネットと集団ストーカーイメージ
 関連勢力や利権の図解

概要
 在日利権ネット犯罪を防止する

在日朝鮮人と日本人
 在日問題を考える前に

在日利権ネットは人種ではなく文化や民族主義の共同体

在日勢力の歴史概要
 日本社会の在日被害改善にかかわる出来事

時代は間に合った
 IT社会は在日ショックに対処できる

メモ
 芸能界の暴力団支配

在日利権ネットからの被害





在日勢力の精神成長を促す


 先進国では捏造やルール違反は野蛮な行為

モラルが低く稚拙にみえる朝鮮人の歴史的な反モラル独立戦略
 嫌われることで侵略を防ぐニダ 2016/6/8, 2017/4/5

ことわざから理解する韓国の稚拙な文化
 近親相姦・暴力・嘘がまかり通るプライドが高いだけの幼い精神性の朝鮮民族

在日批判ネット書き込み
 ネット書き込みからみる日本人の在日観

在日は人のまねを恥じない
 個人のアイデンティティーが確立されていない

民族主義からのアイデンティティーの確立
 自由は人間の本質、個人の権利としての自由の理解

悲しき楽園計画
 異国で人気者になりたかった朝鮮被差別民の夢

日本からの制裁
 在日勢力への日本社会からの制裁は避けられない

安全神話は日本人を油断させるための思想誘導か





組織や問題


 在日利権ネットに関する組織や集団、それらにかかわる問題

世界の宗教

電通

創価学会

朝鮮総連(総連)

韓国民団(民団)

統一教会

韓国の検証

北朝鮮の検証

在特会、在日特権を許さない市民の会
 在日利権・在日被害と戦う在特会の公式サイト

在特会(在日特権を許さない市民の会) - Wikipedia
 朝鮮学校補助金停止などに貢献

部落問題(同和問題)
 日本に古くからある差別問題、部落も集スト加害を行う

在日コリアンの寡占産業
 パチンコ屋、サラ金、オレオレ詐欺、焼き肉屋、暴力団、産廃、食肉、風俗など 2016.4.12

精神医療の闇と在日支配
 精神医療、精神病院・精神科医なども在日比率が高いことが指摘されています。 病理基準の不明確な精神医療は集団ストーカーだけでなく全般的に不正の温床となっている恐れがあります。
 5分足らずの問診で大量の向精神薬を処方する精神科医が多く、また過剰な投薬は薬害による疾病を引き起こしているとみられています。
 精神医療の闇については、日本医師学会元会長の故武見太郎さんなどは「精神医療は牧畜業だ」とまで明言しています。
参考:自衛隊の犯罪を斬る 「精神医療改革 あくまでも地域へ」 より 2016.4.25





関連情報


国民が知らない反日の実態
 半日関連情報全般

在日特権を許さない市民の会
 在日利権・在日被害と戦う在特会の公式サイト





在日利権ネットと集団ストーカーイメージ


 説明はこちら





メモ … 芸能界の暴力団支配


 亡くなった芸能リポーターでタレントの梨元勝さんが芸能・テレビ局宛に残した遺言書のなかで、芸能界が暴力団による麻薬と暴力によって支配されていると指摘しています。 最低モラルのテレビ番組の制作は、特に暴力団によって支配を受けている、バーニング周防(事務所社長)、Kダッシュの川村(ケイダッシュ会長)、吉本(よしもと、吉本興業)、エイベックスの安藤(パチンコ・パチスロ業界のトップ)等によって行われていると指摘しています。 芸能関係では有名な話のようです。

 日本の暴力団全体の内部構成は、警察の調べでは同和6割、在日3割という比率になっています。 バーニング周防郁雄は山口組系の在日勢力、エイベックスの安藤英雄も在日系と関連が強いとみられています。 おおむね北朝鮮系の影響が強いようです。

 このなかではパチンコ・パチスロ利権を握るエイベックスの安藤が特に莫大な資金力を持っており芸能以外の政治・警察などへも強い影響力を持っているとみられています。 芸能界でもEXILEなどエイベックス系アーティストの人気偽装のような強引な宣伝や、音楽賞受賞などでの権威付けが頻繁に行われている姿も度々見受けられています。 (2016/03/12)







  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system