集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
メール送信 被害改善責任論へのメールは届かないらしい

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

メール送信

被害改善責任論へのメールは届かないらしい

send_mail, 2016/3/11, 2017/10/26

< メール受信不能 >

 以前はメールアドレスを公開していましたが、このアドレスは、創価学会や公安らしき工作メールらしきものとプロバイダなどのシステムメールくらいしか受信できない状態になっています。

 一般の方から私へ送られたメールが届いていなかったという事実確認もとれました。

 そのため、誰かがメールを送ったのに、私が確認できないという被害が出ていますので、トラブルを防ぐためメールアドレスは非公開としています。


 御用の方はツィッター(hkskns20150904)のツィートやメッセージ送信などで連絡してください。 ツィッターアカウントがない人は、どの記事でもよいのでブログのコメント機能を利用してください。 Youtube動画にもコメントできますが、ブログやYoutubeへのコメントは月1回以上はなるべく確認しようと思います。

 ブログでコメント投稿するにはアカウントを作る必要があるかと思いますが、管理人への通知機能があるので、どこの記事にコメントしても管理人が確認することができます。 ブログコメントが一番確実ではないかと思います。

 コメントの内容は、要望があれば内容を公開しないようにしますので、非公開希望の方はその旨を明記しておいてください。

 アットウィキまとめサイトの連絡スペースは一応残しておきますが、ほぼ使っていません。 たまには確認するようにします。 2016/3/11, 2017/10/26


< 連絡はツィッターかブログコメントで >

 ツィッターは海外の会社が運営していますので、日本国内からの妨害は受けにくいようです。

 そうとはいえ、2016年の参議院選挙のとき、立候補した三宅洋平さんの言論が削除されていましたので、日本系とアメリカ系の金融マフィアが協力するような場合は、かなりの圧力がかけられるようです。

 このサイトも使っているアメーブロブ(アメブロ)も、コメントを書き込むと、このサイトの管理人の書き込みを含めた全書き込みが削除され、「コメント(0)」と表示されるようになってしまっていた時期がありました。

 公安などがアメブロ運営側に治安維持名目に情報開示させなくても、集ストの監視で被害者のブログのパスワードなどは盗めますので、管理者権限で堂々と削除しているような可能性もあります。

 このサイトの被害改善論ブログも読者は集スト加害者の公安・自衛隊・警察・創価学会やその中の在日勢力や金融マフィア勢力の関係者だらけで、単に妨害されただけなのかもしれません。

 アメブロでは、書き込み妨害などを乗り越えた今では正常に稼動しているようです。


< SNSの安全度、もしものためのバックアップは重要 >

 他にこのサイトの読者を考えると、国内外の金融マフィア、NSA、CIAなどと各先進国のスパイあたりは一応は内部にいる誰かが内容の確認しているだろうと予想されます。 このサイトの記事の日付と世界の出来事の日付を比較すれば、私の意見が思わぬ事件につながっていた、といったことも分かるかもしれません。

 国内では集団ストーカー・テクノロジー犯罪については政府が国家規模で隠蔽しているとみられますので、国内のSNSなどネット関連サービスはデータを削除される危険が付きまといます。

 海外でもウィキリークスの創始者がフェイスブックのアカウント停止やブログ削除などのSNS被害を受けていることが知られています。

 SNSを使っている場合、正常に機能しているうちは問題ないように思えるでしょう。 しかし、アカウント停止やブログデータ削除などは突然行われます。 そのため日頃から保険をかけておくひつようがあります。

 ローカル環境にバックアップをとるなどして削除されないように対処し、いざ使えなくなったら、海外運営のネット関連サービスへ移行するのがよいでしょう。

 NSA内の良心派勢力はネットの安全を監視しているということですから、一説によると私のサイトもSNSなどによって守られているという話もあります。 その影響でしょうか、日本の政府であってもネット犯罪、サイバー犯罪を堂々と行うのは難しくなっているのかもしれません。 2016.3.11, 2016.10.18



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system