集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
TPPと集団ストーカー

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

TPPと集団ストーカー

[tpp_and_gang_stalking]
(2016/01/04)

TPPによる変化は集ストを改善する可能性がある

 日本ではTPP実施後に、主にアメリカ系の外資企業が様々な分野に進出したり、東南アジアの安価な労働力の流入などによって、社会がアメリカ寄りのシステムに徐々に変更されていくことが予想されています。 その過程で、アメリカ勢力が在日勢力を抑えていくことが予想されますので、TPPを契機に、在日の日本人いじめとしての集スト問題は、改善傾向を示す可能性もあります。

 アメリカ勢力がそのまま集ストシステムを利用する可能性もなくはありませんが、まわりくどい集ストの嫌がらせシステムはアメリカの合理主義精神によって否定される可能性のほうが高いのではないでしょうか。

 たったひとりの人間を何年もかけて監視して嫌がらせをするようなやり方は、たいへん人件費のかかることですから、カルト教団員の無償奉仕や低所得者などを利用しないと成立しません。 捜査名目で人件費を大量に捻出できる公安や警察は、集スト犯罪を継続できるかもしれませんが、効率化が進む社会では、非効率なものとして、嫌われることでしょう。

 TPPによる実質的な変化、いったい何が起こるのかはよくわかりませんが、基本的な路線は関税などの規制の緩和・自由化ですから、おそらく全体的に合理的なシステムに徐々に傾いていくことが予想されます。 関税などの規制は、国民を守るためだといっても、原理的にはもともと不公平なシステムですから、これが緩和されることは、競争の自由化を引き起こし、長期的には全体の繁栄に寄与するのではないでしょうか。

 変更自体は急激に行われるため、短期的には、懸念されているとおり、アメリカでもそうですが、日本でも失業者が増えたりするでしょう。 規制で守られていたり、利益を得ていた分野で利益が損なわれるのはいたしかたないでしょう。

 TPPでは日本もそうですが、韓国も大きな影響がでることが予想されているようです。 日本と韓国は国家や社会のシステムに思いのほか共通する部分もありますので、TPPによって悪影響が出た場合、どちらも仲良く経済が停滞するという予想もあります。

 集ストとの関連では、警察の機能不全という大問題を引き起こしてしまっているため、多少経済が停滞して貧しくなったとしても、最後には自殺や転落死をさせられるような集スト被害の現状から考えれば、それでも事態は改善に向かうのだと、前向きにとらえたいところです。 大量発生した失業者をカルト教団が取り込み、集スト被害が悪化するという未来にはならないでほしいところです。

 日本の停滞を既定事実のように扱ってしまいましたが、政治でいえば、自民党は公明党・創価学会の影響下にあり、対立する民主党も電通の影響下にあるようですので、どのみち在日勢力の影響が強く、日本単体で繁栄するのは難しいでしょう。 最近も慰安婦問題で慰安婦像の撤去などに10億円も支払うような案が政府から発表されています。

 靖国神社を燃やそうとするような韓国人のやり方からすると、像を作るというのはずいぶん賢いやり方にみえますので、エリートサラリーマンである電通社員あがりが入れ知恵などしていなければよいと思いますが、実際のことろはどうでしょうか。

 マスコミも電通が支配しているという見方があります。 実際に、創価学会・電通を批判する内容のテレビ・ラジオ・新聞などはほぼありません。 在日の影響力はマスコミではすでに支配的ですが、政治分野にもかなり入り込まれているというのは事実として認めざるをえないでしょう。 (2016/01/04)







目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system