目次 > 対策・活動 > 健康管理 >

栄養管理

nutritional-administration, 2015.10.19, 2022.5.20, 評価(B)

高ストレス環境となるためビタミンCやカルシウムが不足しがち

集スト被害者の生活は過度なストレスからビタミンCが不足しがちです。

電磁波を日常的に浴び続けることからサイクロトロニック現象が起こり体内のカルシウムが破壊されるのでカルシウムも不足しがちです。

家の電気のコンセントなどから出ている電磁波も50Hz、60Hzでウィンドウ効果を起こしてカルシウムを体外に流出させてしまいます。

電源からは離れたほうが安全です。

カルシウムは不足しやすいので意識して補給するようにしましょう。(※カルシウム摂取の注意)

参考:電磁波の生体への影響を考える(2) カルシウムイオンの流出 私のおべんきょうノート 2020/08/30
2020.2.7

更新履歴


目次

疲労の原因は活性酸素

ビタミン・カルシウム補給は卵・味噌・煮干しが無難

ビタミンCとカルシウムを補給しよう

カルシウム摂取の注意
  1. サプリメントが認知症リスクを増大
  2. 含有量の比較
  3. 体に必要な量

サプリメントの組み合わせ

関連・参考


疲労の原因は活性酸素

栄養管理は健康のためですがそれ以前に被害で疲れがたまっているという人も多いでしょう。

活性酸素を除去すれば疲労が回復すると科学的に証明されています。
疲労の原因は活性酸素 | 疲労回復策


ビタミン・カルシウム補給は卵・味噌・煮干しが無難

調べた結果この3つが栄養価が高く値段が安いので現実的です。

卵は栄養素的な完全食、味噌は必須アミノ酸がすべて含まれていて、煮干しは安定的なカルシウム源になります。

あとは健康維持のためにクエン酸が体にいいので梅干しを食べて、重曹も体にいいので水に薄めてうがいしたり少し飲んでおくとさらにいいです。

タンパク源としては鶏肉が優秀なので親子丼に煮干し入りの味噌汁と梅干しという組み合わせならかなり健康的です。

卵や味噌、米あたりで人に必要なビタミン・ミネラルは全部とれるのでわざわざサプリメントでとる必要はないようです。

恐ろしい話ですがサプリメントに入っている製造されたカルシウムは脳機能を低下させる神経毒になっているのでむしろとらないほうがいいです。

認知症の原因になるという恐ろしいものでした。

カルシウムはちゃんと食べ物からとらないと危ないです。

細かい理由はあまり気にならないという人はここから先は読まなくても大丈夫です。

ですが、これだけだと説明不足なので続けます。

多少お金をかけても安全が大事という人は有機栽培の無農薬野菜やそれで飼育された鶏の卵がおすすめです。

卵・味噌には農薬のフッ素などが入ってしまうからです。

フッ素は発癌性の高い神経毒です。虫歯菌も殺すだけでなく行く行くは人間も殺してしまいます。

フライパンのテフロン加工や歯磨き粉、農薬などに使われていて多くの食品にも含まれています。

少量なのと毒性が社会レベルで隠されているのであまり知られていませんが最も発癌性の高い物質だという学者もいます。

卵・味噌はビタミン補給用で煮干しはカルシウム補給用です。

煮干しは乾物ですが乾物は基本的には生物として死んで干からびたものなので少し質が落ちます。

干物は全体的に細胞の酸化が進んでいるので食べ物としては新鮮なものには劣ります。

こちらもお金をかけてもいいという人は乾物でなく生の新鮮なものほうが栄養価が高くなります。

日本政府は確実にやっていて他の政府もたぶん同じでしょうが、原発で出るゴミの放射性物質を海や川に流して捨てています。

天然物の魚も安全とはいいきれません。それでは養殖がいいかというと養殖では抗生物質を餌に混ぜたたくさん与えるため体によくありません。

隠れて放射性ゴミを水に流しているとすれば原発から遠いところでとれたもののほうが安全なはずです。

それでも海であればナトリウムイオンなどから放射性物質が電子を受け取り少しずつ無害化していくので多少はマシなのではないかと思います。

さらに日常的なカルシウム補給を考えると賞味期限が長く買い置きできるので小魚は煮干しくらいが無難だろうと思います。

値段は少し上がりますが煮干しに飽きたらエビでカルシウムをとってもいいです。

海川が危ないなら養殖はならどうか、放射能被曝をさけられるのではないかと考える人もいるかと思います。

ですが、養殖物はエサに成長ホルモンや病気予防の薬などを混ぜることが多いようなので別のリスクがあります。

ノルウェーサーモンなどは味はおいしいですが健康リスクはけっこう高いとみられています。

味をとるか健康を取るか難しいところです。

食品に隠れて入っている毒は大きく分けると癌・糖尿病・認知症(精神病その他の脳機能障害)・不妊の4つの系統があります。

複合的なものもありますが、どれも弱毒で健康被害を誘発するソフトキル型になっています。

毒物全般は人の免疫力を弱めるので基本的に癌を誘発します。

おいしいものや甘いものは過食から糖尿病を誘発し、糖尿病はさらに認知症を誘発します。

認知症は添加物・カルシウム・フッ素・アルミ・銀などが脳機能を阻害する神経毒となり誘発されます。

不妊は男女の生殖機能障害を狙った添加物やワクチンなどから誘発されます。

ワクチンは毒物や神経毒が入っているので全部意図的に誘発する意図があるとみられています。

近頃は神経毒や不妊毒に力を入れているようです。

小さなころからいろいろな病気のワクチンを予防接種してきた子供たちに精神病や不妊傾向が増えています。

農薬や水道からくるフッ素や食品添加物などの毒物は社会毒と呼ばれています。

基本的にはこの社会毒をさけて、重曹やクエン酸など体にいいものをとっていけば健康に近づけるはずです。

人の口に入るもののほぼすべてに社会毒が蔓延しています。

全部完全にさけるのは難しいです。

ですので実際にはよりリスクの少ないものを選ぶということになってきます。

私の分類ですが主要4系統の健康被害を危険度順にならべると、認知症(精神病)・糖尿病・癌・不妊くらいの順になるかと思います。

選択肢があるならこの順でさけていったほうがいいだろうと思います。

最近知ったことですが、クエン酸もかなり体にいいもので病気予防効果が高いことがわかりました。

重曹のように体をアルカリ化して酸化を防ぐ仕組みです。

クエン酸は酢・梅干し・トマト・レモン・グレープフルーツなどに含まれていて食品からとれるので重曹のように精製された粉からとるよりは自然に近く安全なのではないかと思います。

この中にも農薬のフッ素が入り込むのでできれば無農薬原料のほうがいいです。

酢の原料は穀物や果物で農薬は普通に使われます。

酢も原料が有機栽培のものがいいです。

レモン・グレープフルーツなどの果物は野菜よりも強い農薬が使われる傾向があります。

野菜よりも果物のほうがフッ素含有量も多いというデータがあります。

梅干しは果物よりも虫や病気に強いので農薬被害が比較的少ないと考えられます。

ですが、調理にいろいろな添加物が使われる恐れがあるので、有機栽培の無添加梅干しがおすすめです。

たとえば甘い梅干しの味付けにはサッカリンという人口甘味料が使われることがありますがこれが発癌性物質だったりします。

有機無添加だとお値段が高くなってくるので結局安い重曹のほうが精製されたものとはいえフッ素被害もなさそうなので無難です。

梅干しは大きさが小さいのでフッ素などの被害も少ないだろうと考えられるので食べてもそれほど害はないかもしれません。

梅干しについては難しいところですがギリギリ食べてもいいかなという気がします。

物によってかなり違うので不安な人は成分の添加物や製造法を確認して判断してください。

精製塩に神経毒になるアルミが混ぜられていたりと食品の闇は深いので気を付けてください。

最後にもう一度まとめておくと、ビタミン・ミネラル補給には卵・味噌・煮干し、健康維持には重曹が無難なのでおすすめです。 2020.10.16

< 関連 >

社会毒のない生活は体や心を健康にする
社会毒からはなれるだけで健康になれる

重曹でかなりの病気が治る
重曹が社会毒・電磁波・放射能でできるフリーラジカルを除去し人類を救う

クエン酸など | 製薬・医薬品開発 | 医療・健康関連リンク

フッ素をさけて健康を守ろう

ビタミンCとカルシウムを補給しよう

加害者から攻撃は集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者の心と体にダメージを与えますので、被害者は色々なストレスを受けながら生活することを強いられてしまいます。

高ストレス状態での生活を続けると、体は頻繁に緊張状態におちいることになります。

この緊張状態が長く続くと、緊張状態を維持するために必要な栄養素が不足しがちになります。

当たり前の話ですが、普段の食生活で特に不足していないようであれば特にサプリメントなどでとる必要はないでしょう。

卵が完全食だと言われていて、ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸などが全部含まれています。

それでも比較的少ないものもあります。

それはちょうどお米に含まれています。

日常的に卵とご飯を食べている人は不足しにくくなっています。

それでも不足が心配される人は意識してとれば体調がよくなるかもしれません。

ストレスによって不足しがちな栄養素の代表がビタミンBとCです。

意識的に摂取していないと、被害が数日続いただけでも不足状態となってしまう人もいるようです。

ビタミンBは豚肉など、ビタミンCは野菜や果物に含まれています。

< 参考 >
効果的な栄養、ビタミン - ストレス

被害者は自覚のあるなしに関わらず、加害者によって監視のため頭や体に電磁波が照射されていているとみられています。

電磁波を浴びるとカルシウムは体内でサイクロトロン共鳴を起こて溶け出してしまいます。

これが被害者のカルシウム不足の原因とみてよいでしょう。

< 参考 >
サイクロトロン共鳴 - 用語説明

イライラとカルシウム不足の関係、ウソかホントか徹底調査!

ちなみにカルシウムも偏った食生活をしていなければ不足することはあまりないことが分かっています。

カルシウムをとらないと骨粗しょう症になるというのはマスコミや乳製品メーカーが広めてきた嘘です。

本当は逆です。

牛乳を飲むと血中カルシウム濃度が高くなりすぎてしまい、体がカルシウムを排出してしまうので骨粗しょう症になりやすくなってしまいます。

その結果、牛乳をよく飲む人のほうが骨粗しょう症になりやすくなっていたことが分かっています。

逆に体の血中カルシウム濃度が下がりすぎた場合は、骨や歯のカルシウムを使って濃度を一定に保っています。

牛乳やチーズなどの乳製品をよく食べる人はカルシムの取りすぎで、カルシウム不足を起こしている可能性があります。

この犯罪の被害者がで乳製品が好きな人は特に注意してください。

また牛乳に含まれるリンというミネラルがカルシウムと結合して体の外に出ようとすることからもカルシウム不足となるそうです。

下の参考動画では牛乳を飲む民族ほど骨粗しょう症になりやすいという話がまた出てきてますが、国際的なデータで証明されているそうです。

牛乳のカルシウム不足説はすでに決着のついた話だったということです。

さらに成長を早めるので老化を促進してしまうそうです。

とどめは牛乳に含まれるカゼインたんぱく質は発がん性が高いこともわかっているそうです。

特に乳がんの発症率が高いそうです。

内海先生が他のところで言っていますが、もはや牛乳は体に悪いけど飲みたい人が趣味で飲む嗜好品と考えるべきだそうです。

< 参考 >
「食の危険性」内海聡の内海塾 2014/12/30 2020.3.9

集スト・テク犯被害者でも、乳製品好きでもなければ、本来、意識してカルシウムを取る必要はなかったのでしょう。

歴史的にみても牛乳を飲んでいなかった昭和よりも前の時代に、日本人に骨粗しょう症の人が多かったことを示す証拠は見つかっていないそうです。

カルシウムは野菜やたまにたべる魚などから少量とっていればそれでよかったのでしょう。

< 参考 >
牛乳も危険? 食品業界がばらまく「社会毒」|LITERA/リテラ
牛乳でカルシウムはとれず、含まれるホルモンは乳がんや前立腺がんの原因

それぞれの栄養素の詳細については各自ネット検索などで正しい知識を身につけておいたほうがいいです。

不足のおおまかな目安としては、ビタミンCはカラ揚げなどの揚げ物などについてくるレモンを食べて、「おいしい」と感じるようであれば、不足しているとみてよいようです。

この犯罪以外ではタバコを吸うとビタミンCが不足しやすいことが分かっています。

カルシウム不足の目安は、虫歯ではないのに歯が痛んだり、骨がもろくなったりするなどの症状で、それらの自覚がある場合、不足しているとみるべきでしょう。

まとめると人間の体は、カルシウム不足になると、不足を補うために歯や骨などのカルシウムを溶かして再利用するような仕組みがあるためそうなっています。

< 関連 >
カルシウム摂取の注意
サプリメントが認知症リスクを増大

ビタミンCは骨を健康に保つためのコラーゲンの合成にも必要なものです。

各種ビタミン剤を飲み終わってしまうと、また買ってこないといけない訳ですが、この犯罪の被害者だと健忘症被害や集中力を保てないという被害もありますので、買い忘れてしまうこともあるでしょう。

そんなときの私の経験では、ビタミンC不足になったときが一番、体調が悪くなる印象があります。

カルシウム不足は自分の体の骨や歯を溶かせば補えますが、体内で生成できないビタミンは補充のしようがないということかもしれません。

また、この犯罪の被害と直接は関係ありませんが、他にはミネラルの亜鉛が、卵やカキなど摂取できる食べ物が限られているため不足しがちです。

卵が高コレステロールを引き起こすので体に悪いという説は2015年に厚生労働省が否定していますので、多少多く食べてもあまり問題はないようです。

糖尿病のお医者さんの中には1日3個食べろと進めている人までいます。 2015.10.19, 2020.3.9

カルシウム摂取の注意

ストレスを受けると体内のカルシウムとビタミンCが減ります。

日常的に普通の人より多くのストレスを受ける集団ストーカー被害者は意識して大目に取っておいたほうがいいです。


サプリメントが認知症リスクを増大

すごい記事がありました。

厚労省の統計によると日本の認知症患者は15年で18倍も増えているそうです。

カルシウムサプリメントは「たとえ少量の摂取でも」脳の病変やアルツハイマー型の認知症を引き起こす可能性が極めて高くなることが判明 2018/10/3 2020.2.7

松果体の石灰化を防げ : 認知症を避けるための最低限の準備のひとつは松果体を守ること 2019/10/8 2020.2.8

「過去のいくつかの研究で、カルシウムのサプリメントに使われる石灰石、骨、牡蠣や卵の殻を消費することにより、カルシウムが軟部組織に沈着して心臓発作や脳卒中に至るという可能性があることがわかっていた。」(引用)

カルシウムサプリやカルシウムを増やした食品にはそれらの無機質なカウシウムが使われているようなので、カウシウム1000mgなどと書いているものは全体的に危ないようです。

カルシウムが認知症に心臓病のリスクも高めていたとは恐ろし話です。

薬と言って毒を飲ませるシオニズムそのものです。

社会毒と呼ばれる弱毒を生活環境のすべてに入れて人々の心身を弱らせる支配層戦略です。

集スト被害者はカルシウム不足になるのは事実ですから補給が必要なのですがとり過ぎない容易に注意しないといといけません。

他にも「カルシウムサプリメントはまた高齢の女性においての心臓発作の増加と関連していることがわかっている。」(上記リンク記事から引用)とありましたのでサプリメントでカルシウムを摂ると思わぬリスクがあります。

カルシウムといえば牛乳が有名ですが実はカルシウムを失う効果があって補給には向いていないことが分かっています。

小魚でも食べればいいのかというと、海には日本政府が核廃棄物を堂々と政府発表して投棄しているほどで安全とは言い切れません。

安全なカルシウム補給源も考えていかないといけません。

カルシウムは野菜にも入っているので含有量の多い有機野菜を食べればいいと思います。

少々お高くなりますが安全を買うには仕方ない出費といえるだろうと思います。 2020.2.7, 2020.2.8

< 関連 >
認知症 | 心の健康管理や精神医療リンク ストレス・不安などへの対処や精神医療 2020.2.8


含有量の比較

重さで比較すると牛乳:チーズ:小魚では1:5:20くらいの比率でカルシウムが含まれています。

牛乳は水分が多いので比率は少なめです。チーズも柔らかいものは水分が多いので少なめです。

小魚は水分が少ないので含有比率は高くなります。特に干しエビは多く小魚の3倍以上の含有率になっています。

こんぶなどの海藻や大根の葉などにも多く含まれています。

値段と量のコスパを考えるとやはり煮干しが優秀です。 2022.5.5


常識化された必要量

厚労省の基準だと1日600~800mgのカルシウムをとるべきだということになっています。

200mlの牛乳だと3~4本分くらいです。
br>
特に牛乳だけでとってしまうとカルシウム不足を起こして骨粗しょう症になってしまいます。

もちろんこれは間違っていると考えるべきです。

私が軽く調べたところでは厚労省が必要量の根拠を示しているデータは見つかりませんでした。

単に海外でカルシウム不足の人が多いというデータが示されていただけでした。

日本人の平均摂取量が500mgでこの状態で不足が起こるのでそれより多い量に設定しいてるようです。

基本的には必要な量の根拠はない、もしくは厚労省関係者の独断ということのようです。

陰謀論的な罠でもありますが、単に食品需要を喚起する政策になっていて多めの設定になっているのでしょう。

政府という責任追及される立場にあることから余裕をみて多めの基準を設定したいという思惑も隠されています。

政府から集団ストーカーという犯罪の被害を受けている被害者の方なら信用されているものを使って人をだますという裏社会の手口は理解できることと思います。 2022.5.5


体に必要な量

詳しいデータは確認できていませんが、集スト被害だと睡眠妨害のときの電磁波でカルシウムが失われるでしょうから、朝に煮干しでもかじっておけば十分なようです

味噌汁の出しに使った煮干しをいっしょに食べてしまえばちょうどいいでしょう。

人体の骨の総量は体重の約2%、そのうち血液中で使われているのが約1%です。

体重50キロだと骨が1キロで血中カルシウムは10グラムという比率です。

カルシウム含有率などで使われるミリグラムに直すと1万ミリグラムになります。

血中のカルシウムが不足すると骨のカルシウムを溶かして使うので完全に不足するこはまずありえません。

体がカルシウム不足になってもスライスチーズ1枚で十分取れてしまうくらいの量しか必要ありません。

ですから、牛乳1杯で200ミリグラムもカルシウムを取ってしまうと、液体で吸収が早いこともあってカルシウムを取り過ぎた状態になってしまいます。

カルシムを意識的にとるなら毎日少しずつとるか、疲れたときなどにプロセスチーズ1個をとるくらいで十分です。

私の経験でも飲み屋でチーズ揚げなどのつまみを食べると最初のうちは「うまい!」と思うのですがすぐに「そうでもないな」という感じで飽きてしまっていました。

カルシウムは不足しがちで補給が必要だけど少しでいいということが経験的にも分かります。 2022.5.5


サプリメントの組み合わせ

サプリメントの栄養素には相性があり、せっかくのビタミン・ミネラルがうまく吸収されない組み合わせがあるのでこちらも注意しましょう。

基本的にはほとんどの栄養素がカフェインとアルコールと相性が悪いので、コーヒー・お茶・エナジードリンク、お酒全般はサプリメントといっしょに取らないように時間を置いてから取るなど注意したほうがよいでしょう。

どうしてもいっしょうに飲み食いしたい場合は、サプリメントをとらないよりはとったほうがよいので、いっしょに飲んでしまってもよいでしょう。

他には食物繊維がミネラルの吸収を阻害してしまいます。

食物繊維といえば野菜ですが、野菜の中にもミネラルは含まれているのですが、余分なミネラル(金属など体内で使う物質)を体外に排出する役目もあります。

サプリメントは基本的には食後に取るものですが、野菜を食べないという訳にもいきませんので、これは致し方ないでしょう。

サプリメントは単体で取ると吸収率が悪いので食事と合わせたほうが吸収されやすくなります。

ビタミンCは利尿薬と、カルシウムは強心薬とそれぞれ相性が悪いそうです。

カルシウムのサプリは認知症の原因になるのでカルシウムはサプリではなくの食品からとりましょう。

他にも色々あるので詳しくは参考サイトなどで確認しておいて下さい。

医師から薬を処方されている人は医師に確認しておくとよいでしょう。 2015.10.19, 2022.5.5

< 関連 >

コーヒーやお茶は飲まないほうがいい?
サプリメントの吸収を阻害するカフェイン

< 参考 >
サプリメントの組み合わせ|サプリメント処方箋

サプリメント 飲み合わせ 良い 悪い

参考

5Gなどの電磁波被害については、電位依存性カルシウムチャネルについて、ちょっと知るだけでも理解できる 2020/7/13 2020.7.29


道案内: 目次 > 対策・活動 > 健康管理 > 現在地

inserted by FC2 system