集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
注意すべき病院・医療機関 集団ストーカー被害者であればなるべく避けたい病院など

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

注意すべき病院・医療機関

集団ストーカー被害者であればなるべく避けたい病院など

Hospital-to-watch-out, 2017/7/10, 評価:★★★

< 目次 >

はじめに

基本

目的

要注意医療機関






はじめに


 本来であれば人々の健康を守るのが病院など医療機関の役目ではありますが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者にとっては警察同様に、それほど信頼のできるもととはないっていないのが現状です。 ここでは被害者が注意すべき医療機関について検討します。 2017/7/10






基本


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は、警察に相談に言っても、精神病扱いされ、精神病院をすすめられるなど、一部の行政サービスや生活インフラを安心して利用することができません。

 加害勢力の基本的な加害戦略には、非常識工作、精神病工作などがあります。 その精神病工作では周囲の人たちや警察などを使い、被害者を精神病へ受診させ、故意に精神病者扱いするということが行われています。

 被害者には常に精神病扱いされる危険がつきまといますので、精神科への診療をすすめられたとしても、可能な限り断るのが賢い選択となります。

 どうしても断れないような状況では、受診の際にきちんと精神病ではないことを証明しておくのがよいでしょう。 言葉で説明するのが苦手な人はフマートフォンや被害周知のチラシ、ネットサイトを印刷した資料などを、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。 現状ではノートパソコンを持ち込んで、より説得力のあるサイトの説明や動画などを利用するのが最も効果的な説得材料となるでしょう。 2017/7/10






目的


 精神病工作が集団ストーカー被害者へ行われる目的は、おおむね防犯・医療・政治などの利権や監視・洗脳・支配実験とみられています。 さらに模倣犯などもいますので、一概に断定しずらいのが現状です。 これは逆に集団ストーカーをひとことのほうに無理があるとも言えます。 それぞのれ加害者が目的に応じて利用している犯罪行為が集団ストーカーの実情でしょう。

 集団ストーカー全体の目的はさておき、医療分野での目的は、人体実験要素が強くなっているとみられています。 精神病院で、向精神薬として処方されている薬を悪用して、無断で新薬のテストなどが行われているとすれば恐ろしいことです。

 入院した被害者には、ほかには電波脳科学のような分野や電波通信と脳生理学やその他人体などへの影響を調べる実験が行われているとみられています。 医療関係者が脳や内臓、神経・ホルモン分泌・副交感神経などの反射を人工的に管理する実験がされている可能性があります。

 人体の全機能を総合的に、網羅的に調査する実験が行われているのではないかということです。 2017/7/10






要注意医療機関


 医者や病院を疑ってかかるというのは、あまりよいことではありません。 しかし、あの病院にかかってから被害が悪化した、あるいは精神病院であれば、故意に統合失調症などの間違った診断を下されたなどいった情報がありますので、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者であれば、念のため気を付けておくに越したことはないでしょう。

 被害者からの評判のがよくない医療機関をあげておきますので、参考にしてください。 2017/7/10

北里病院

 有名被害者である被害オヤジさんによると、北里病院で医療実験に協力したときに、マイクロチップをインプラントされた疑いがあるそうです。 被害オヤジさんが、マイクロチップについて北里病院に問い合わせたところ、病院側が問題をうやむやにするような、あきらかに責任逃れをしているような態度をとっていますので、北里病院全体という訳ではないでしょうが、一部に怪しい人物がまぎれていることが疑われます。 2017/7/10


東京警察病院

 とある被害者の方が手術を受けた後、記憶の操作実験(再現・再生など)をされたり、入院時に同室していた患者も集団ストーカーメンバーに車で連れ出されているとのことでした。 また、当時の看護師は今も集団ストーカー行為に及んでいて、つきまといのメンバーとなっているそうです。

 ほかには健康な体にアレルギーを再現する実験台にもされたそうです。

 医師のなかには味方になってくれた人もいたそうです。 また現在は、飯田橋から国立へ移動しているそうです。

 警察が集団ストーカー行為に加担していることは、今の段階では疑い得ない事実ですから、被害者であれば、病院に限らず、警察と名の付くものはすべて警戒しておいたほうがよいでしょう。

 被害者・加害者ともに認める婦女暴行行為を行った犯人を逮捕できないのが、今の日本の警察の現状です。 日本の治安を守るには、今の警察組織では不十分な状態にあることは、一般社会においても認めざるを得ない事実といえるでしょう。

 今後、私たち国民にとっては、公安・自衛隊・その他の特務機関とともに、表の警備警察の健全化、警察を犯罪者にしないための努力、警察を犯罪組織にしないための努力が必要となります。 2017/7/10





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system