集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
精神医療や医療関連問題 集団ストーカー・テクノロジー犯罪

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

30.精神医療や医療関連問題

集団ストーカー・テクノロジー犯罪

Medical_problems, 2016/4/26, 2016/7/18

概要:精神医療の不正は集団ストーカー問題の原因のひとつ


 集団ストーカーの作り出す精神病患者は精神病院に入院し、退院後も向精神薬を服用し続けます。 精神医療は牧畜だ、という言葉は、日本医師学会元会長の故武見太郎さんによるものです。 精神医療が患者をベッドに釘付けにして入院費や薬剤費の暴利をむさぼっているという現実を揶揄した表現です。

 この精神医療の闇と集団ストーカー・テクノロジー犯罪との関連が疑われています。 医療に詳しい被害者や専門家は、精神医療やグローバルメディカルマーケットが集団ストーカー犯罪を利用して、意図的に精神病者を作り出しているとみています。

 ここでは精神医学の不正という観点から集団ストーカー・テクノロジー犯罪の改善策を検討します。 2016.4.26



< 目次 >

精神病工作
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために

統合失調症
 集団ストーカー犯罪の目的のひとつ

集スト被害者の生活保護費で政府予算を圧迫し精神医療を健全化
 集スト統合失調症被害者も生活保護を受けられる可能性が高い

精神医療の統計と概要
 日本の精神医療の現状や問題点


< 参考 >

【驚愕】集団ストーカーと精神医学利権の関係|ウォーカーのブログ

医療・健康関連リンク





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system