集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
詐欺洗脳被害者を解放する情報の伝え方 誤解を解くためには、まずは信頼をえること

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >論拠 >

詐欺洗脳被害者を解放する情報の伝え方

誤解を解くためには、まずは信頼をえること

How_to_tell_the_information_from_which_a_cheat_brainwash_victim_is_freed, 2017/2/13

< 目次 >

信用がなければ始まらない

信用を失わないコツ

信頼をえるコツ

自分の信用を傷つけても守りたいものがある!?


< 参考 >

中村一八の知心コラム|信用・信頼関係を築く|ニューエア
 嘘や裏切り、不義理は厳禁、身近な人から意欲と誠実さで信頼をつかむ(ビジネス)

信頼関係を築くために大切な6つのコト | TABI LABO
 信頼関係を築くための基本的なルール(旅行)

カウンセリングサービス■心理学講座「信頼関係の築き方~信頼の橋を架けよう~」
 自己開示など(カウンセリング)

最速で人の信頼を得るための方法:南風盛 一郎の「立ち回りの技術」:オルタナティブ・ブログ
 「我々化」、常に相手の立場に立って話し合うこと(コラム)

「信用」と「信頼」の違いをご存知ですか?:谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」:オルタナティブ・ブログ
 過去を信用してもらってから、将来の信頼をえる(コラム)

信用を勝ち取れる文章の書き方。 | コピーライティング至上主義者の会
 ポスティングするチラシやネット情報発信にも(文章作法)

人生の最重要スキル『ラポール(信頼関係)』を築く4つのテクニック - NAVER まとめ
 小手先のテクニックのようですが、だまされないためには知っておいたほうがよいでしょう(テクニック)

信用創造の仕組みがよくわかりません。|地歴公民|苦手解決Q&A|進研ゼミプラス高校講座|ベネッセコーポレーション
 信用創造とは銀行がお金の作るという銀行家の詐欺のようなもの(受験の基礎知識)






信用がなければ始まらない


 人は社会のなかでしか行くことができません。 その社会は人と人との信頼関係で成り立っています。 分厚い契約書にサインを求める欧米式の契約社会であっても、人や社会にとって基本となるようごく簡単なルールまでは書かれていないものです。

 このサイトで扱っている集団ストーカー問題の被害者は、社会的な信用を失墜させる風評被害を必ず受けていますので、社会的な信用の回復は特に気を付けて努力していかなければなりません。 社会的なを信頼をある程度まで回復しないと、普通の生活を送るだけでも大きな障害となってしまいます。

 集団ストーカー被害者だけでなく、そのほかの一般の人にとっても、周りから信頼をえるというのはとても大切なことです。 このサイトの主な活動目的である、いろいろな被害の改善活動も、まずは被害者、次には加害者からも一定の信頼をえないことには、被害改善はおろか、まともに話を聞いてもらうことすら難しいでしょう。

 当たり前のことですが、まずは人からの信頼を得ることからすべてが始まります。

 誰でもそうですが、人間が何かの行動するときに最終的に判断する基準は、直感や気分などの感覚や感情的なものとなっています。 人は信用できない相手のことは、感覚的にすべて否定してしまう傾向がありますので、最低限、全否定されない程度の信頼性は確保しておかないと、どうにもなりません。 テレビ・新聞などの旧メディアが不都合な人物に対して盛んに否定的なイメージ操作を行うのは、この人間心理を悪用しているからです。

 このような理由から、まずは人や社会から信頼を得るため、あるいは信頼を失わないためのコツを検討していきます。

 人や社会から信頼をえらえるようになれば、集団ストーカー問題を含めいろいろな問題からくる被害の改善もよりスムーズに進めることができるようになるでしょう。 2017/2/13, 2017/2/15






信用を失わないコツ


 信用を失うのは一瞬の出来事です。 まずは今まで築いてきた信用を失わないように心がけましょう。 嘘や裏切りなど不義理な行いはさけるというのが基本となります。 あなたの誠実な態度が、相手から誠実な対応を引き出すという結果につながります。 ここには信頼をえるコツも含まれていますが、おおむね信用を失わないコツとなるのが次のようなものです。


嘘や裏切り、不義理な行いをさける(誠実な態度をとる)
 これが全体の基本となります。 ついつい大げさな話をしてしまったり、ささいな嘘を付いてしまうようなことでも、長期的にみれば嘘がバレて信用を失うようなことになってしまいます。 誠実な態度をとるのは信用を失わないためというよりも、日常的な態度として好ましいものですから、普段から心がけるようにしましょう。

嘘の混ぜた反論をする
 かなりの信頼低下を招く危険なやり方です。 嘘がバレた日には信用が不信へと一気に傾いてしまいます。

その場かぎりの言い逃れをしない
 失敗をそのときだけ嘘で隠しても、新たに生まれた嘘が信頼を低下させていきます。 誤りは素直に認め、謝罪・犯罪し、同じ誤りを繰り返さないようにまた誠実に対処していくべきでしょう。

有言人口、あるいは言葉で反省しても態度が伴わない
 一度口にしたことを実行しないというのは嘘をついたことになり、その相手を裏切る結果になります。 できない約束などはしないというのが日本人の美学というものでしょう。

約束や時間を守る
 少しのずるさや、ささいな裏切りが信用低下をまねく引き金になります。 2017/2/13, 2017/2/15






信頼をえるコツ


 人は社会のなかで生きていますのが、特に自分に近い人との人間関係が大切です。 身近な人から信頼を得られるように努力していきましょう。 人から信頼を得るにも誠実な対応が基本です。 全体的には、誠実な態度を心がけ、仲間意識を育てたり、人の役に立つことを行い、その恩返しとして、自分への信頼が高まることを期待するということになります。 信頼をえるコツは信用を失わないためのコツにもなっています。

 これらのコツを踏まえた上で、細かい部分は、自分が信頼している人や立派な人物、尊敬できる人物を思い浮かべ、彼らならどう対応するだろうかと考えて行動すれば、おおむね信頼をえることができるのではないでしょうか。

  また、詐欺師が行う小手先の心理操作術のようにならないように注意しましょう。 心理術を身に付け相手をうまく操るのが目的ではなく、実際の世の中で心理術を使う詐欺師にだまされないようにするための詐欺対策という意味で、客観的な情報として理解しておくのもよいでしょう。


< 悪い例:人を利用するためにだますのは詐欺師の犯罪と同じ >

橋下徹の図説心理戦で絶対負けない交渉術 どんな相手も丸め込む48の極意!... - Yahoo!知恵袋
 橋下さんは政治家になった後では、存在しない敵と戦っているような演出を続けているようですが、相手を言い負かすだけの詭弁術は詐欺や洗脳犯罪に悪用されています。


< コツ >

誠実な態度を守る
 誠実な人が一番信頼されます。 できるかぎり誠実な態度を貫くのが基本です。

身近な人を大切にする
 社会的に大きな信頼をえられるようになっても、身近な人からの一言で信用を失ってしまうこともあります。 信頼は身近な人から確実に積み上げていきましょう。

相手の葛藤を理解する
 心配事・不安などからくる相手の悩みを理解できるようになると、相手は喜びや安心感などを感じますので、信頼をえやすくなります。 これは、いわゆる仲間意識を強めるパターンのなかでも特に効果が高いものです。

相手のペースに合わせる(ラポール:ペーシング)
 誰しも自分の都合があり、自分のペースで生活しています。 会話にしろメールにしろ、自分勝手なものにならないように、相手のペースに合わせるようにしたほうが、信頼をえやすくなります。

納得してもらう(説得)
 同じ情報でも話でも納得してもらったほうが信頼をえやすくなります。 情報や話の展開は納得しやすいものにしたほうが内容も伝わりやすくなります。 発言や主張にはちゃんと理由を説明し、繰り返し、自信を持って伝えることで、納得してもらいやすくなります。 誠実な態度を守り、仲間意識を強めるなどしてある程度信頼を築くことも、相手を納得へ導くうえでの助けとなります。

共感してもらう(価値観の共有)
 納得してもらうことや価値のある情報の提供と共通する部分もありますが、同じ価値観であることをアピールすることでも信頼をえやすくなります。 同じ考えであることや、同じ趣味であることがわかったら、それを積極的に伝えていくとよいでしょう。 いわゆる仲間意識を強めるパターンです。

価値のある情報の提供
 価値の情報を提供することは相手の利益となります。 相手の考え方や好みを考えてあらかじめ情報収集しておくのもよいでしょう。

「我々化」、相手の立場で物事を考える
 人は仲間を信用し、敵を警戒します。 そのため、相手の立場に立って物事を考えることで信頼をえやすくなります。 いわゆる仲間意識を強めるパターンです。

相手の関心ごとに近い視点で物事を考える・相手に興味を持つ
 「我々化」に近い考え方ですが、相手の悩みや心配事、願いなど相手が興味や関心のある内容に関係させて話を進めることで、理解や信頼をえやすくなります。 納得や共感などと同じ仲間意識を強めるパターンです。

 一般的には相手や、相手のしていること、考えていることなどに興味を持つことで信頼関係が高まります。 相手の話に対して、「興味はないけど一応話だけは聞く」、といった態度をとってしまうと信頼関係は築きにくくなってしまいます。 ただし、このサイトで扱っている集団ストーカー被害者のような、極度の監視被害にあっている人や、政治家やタレントなどの有名人などは、日常的に周りから向けられている興味・関心の度合いが強すぎるため、警戒され逆効果となってしまうこともあります。

自分を信じる、自信を持つ
 人は相手の話の内容よりも、その人の人物性に対して信じるか信じないかという判断をする傾向があります。 自分に自信のない人は、態度も弱腰になりやすくなってしまいますが、その弱さが他人から見るとその人全体の評価を下げてしまうことがあります。 自信がないというのは、自分で自分を信じていない状態ですから、その思いが周りの伝わり、結果的に周りの人もその人をあまり信じないようになってしまう傾向があります。 心優しい人というのよいことですが、気が弱いだけだと、自信のない人として、周りから信頼をえにくくなってしまいます。

自己開示、自分のことを話して警戒を解く
 初対面の相手などに初めにとるべき行動としては、自分のことを話すのがよいでしょうでしょう。 それを続けると信頼関係を築きやすくなります。 逆にいうと秘密や隠し事が多い人と何かと警戒されてしまい、人から信頼をえるのが難しくなってしまいます。

 自分から話しかけることを続けていけば、多少時間はかかりますが、少しずつ相手からも話しかけてくれるようになるはずです。 打ち解けて話し合えるような関係を作るには冗談を交えた、一見すると意味のないようなことも効果があります。 リラックスした楽しい時間をいっしょにすごすとよいということです。

価値のある物の提供
 小手先の工作のようにもみえますが、価値のある物やを提供することは相手の利益となります。 あまり高価な物を贈るようなことはワイロのようになってしまいますので問題がありますが、茶菓子程度の手土産を持参するくらいであれば問題はないでしょう。 その場に相応しい気の利いたものを用意するのが効果的です。

返報性の原理をうまく使う
 施しを受けるとそれを返したくなるという人の心理的な原理を返報性の原理といいます。 相手に、先によい情報を提供したり、親切なことをしておくと、いずれはそれが何らかのかたちで自分へ返ってくるものだという仕組みです。 すぐには何も帰ってこなくても相手からの信頼はえやすくなります。 また、これは信頼をえるコツ全般にかかわる仕組みです。

人の悪口を言わない
 悪口とは他人への精神的な攻撃でもあります。 他人の悪口を言う人に対して、人は無意識のうちに、自分も同じようにその人から悪口を言われているのではないかと疑う心理が働いてしまいます。 悪口を言う人のことを、周りの人はあまり信用しなくなる傾向にあります。 人を批判するのであれば、悪口ではなく、理由を示して正当な批判をするように心がけましょう。

隠し事をしない
 限度はありますが、相手に対してなるべく隠し事をしないほうが信頼をえやすくなります。 隠し事が多いという状態は、相手の警戒心をあおってしまいますので、相手が納得できるくらいには、何でも説明できるようにしておいたほうがよいでしょう。 どうしても明かせない秘密であっても、「今は説明できなが、いずれきちんと説明する」といったように説明して、相手から納得してもらえれば、何も言わずに隠し続けるよりはよいでしょう。 後で説明するという方法は、政治家や詐欺師の言い訳で多用されてしまっているので、あまりよいイメージはありませんが。

人に何かを強制しない
 日常生活で、誰かに命令をするということは、仕事でもないかぎり、それほどはありませんが、何かを頼んだり、禁止したりするというのも、行動の緩やかな強制ということになります。 多少遠まわしに何かを頼んだり、禁止したりすることで、相手の思考や行動を誘導しようとする人がよくいますが、これも信頼関係を築く上ではよくありません。 人の行動というのは、本来、その人が決めるべきことだからです。

誘導(ラポール:リーディング)
 詐欺師が得意とする心理誘導のことです。 正しい方向へ誘導したり、間違いを正すような方向へ誘導しましょう。 くれぐれも詐欺師のように自分の利益のために相手を利用することがないようにしなければいけません。

オウム返し(ラポール:バックトラッキング)
 会話などで相手の言葉を繰り返すことで親近感がえやすくなります。 相手の話す事実や感情を同じように繰り返したり、話の要約などをすると、相手が自分のことが理解されていると思うようになります。 まずは本当に相手の話を理解する必要があります。

相手と同じ行動をする(ラポール:ミラーリング)
 人は自分と同じ行動をする人に親近感を持ちます。 文章などでも言い回しや漢字の使い方を合わせることで同じような効果が期待できます。 ただし、これは営業マンなどの間では有名なテクニックなので、相手がこの人まね法のようなミラーリングについて知っていると、効果がありません。 むしろ、警戒されたりしてしまうので、露骨な人まねはさけたほうがよいでしょう。

低い声が信頼感を演出する
 人間には低い声のほうが、高い声よりも安定感や信頼感を感じさせやすいという、心理的な傾向があります。 子供の声が高く、年をとるにつれて声が低くなることから、そのようなイメージが本能的に定着していったということでしょう。 単なる演出にすぎませんが、人間にそのような特徴があるのも事実ですから、利用できるときは利用してもよいでしょう。 詐欺師が人をだますときにも使われますので、やりすぎには注意しましょう。 2017/2/13, 2017/2/15






自分の信用を傷つけても守りたいものがある!?


 一度、人からの信用を失ってしまうと、すべての言葉と行動が胡散臭いものだと判断されてしまう危険があり、とても面倒な立場に追い込まれてしまいます。 そのため、おすすめはできませんが、それでも信用を失ってまでしても守りたいものがあるという状況になったと思えることがあるかもしれません。

 そういった状況になると、やむにやまれぬ事情があり、仕方ないのだ、などとその人は考えて自分の言動を正当化しがちです。 しかしながら、周りの人がその状況を自分と同じように判断してくれるかどうかというと、そのように都合のよい展開になることはあまり期待できません。 それまで築き上げてきた信用を棒に振ったあげく、得られるものは少なかったという結果になる可能性も考えられます。

 信用を失った後の、誰からも信じてもらえない状況では、何を言っても、何をしても状況を打開するのは難しくなってしまいます。

 一度、失ってしまった信用を取り戻すには何倍もの努力や時間が必要となりますので、何事も自分の信用が守れる範囲で対処したほうがよいでしょう。 詐欺犯罪などでなければ、たいていのことは誠実に対処することができますので、嘘をついたり、人を裏切るようなやり方は、一見よさそうに見えても、あまりよい選択肢とはいえません。

 嘘つきや詐欺師と交渉するような特殊な場合でなければ、嘘をついたり、裏切るということを含む言動が、その人に利益をもたらすということは考えにくいでしょう。 詐欺師のように短期的にあ利益を手に入れても、長期的には大きな罪を背負い、それ相応の罰を受けることになります。

 歴史的にみても、シオニストやユダヤ金融マフィアにつながる勢力が、紀元前1300年頃からホロコーストのユダヤ人迫害にいたるまで、3千年以上も弾圧されてきというのはそのよい例でしょう。 今の悪徳派ユダヤ民族につながる人たちは、自分たち以外の人々をゴイム(奴隷たち)と呼び、ゴイムをだますために努力をしろとか、優れた人でもゴイムは殺してもよいとか、ひどい教えを実行してきました。 そしてそれが悪化する度にそれ相応の報いを受けてきました。

 偽ユダヤ人のような本格的な犯罪民族の話はともかくとして、私たち一般人が誰かのために嘘をついたり、裏切ったりするという考え方は、誰かのためにする行為のなかにその人のためにならないことが混ざってしまっていますので、それ自体が矛盾している可能性があります。

 結局のところ、誰かのためだと思ってやったことも、人をだまして得をするのは、だました本人であって、本当にだまされた人の利益になっているかどうかは、だまされた人本人が判断することなのです。 そのような行為はどんなに正当化してみても、他人の考えを無視して自分の価値観を押し付けているという部分がり、誠実な態度とは程遠い傲慢な態度となってしまっていることがよくあります。

 この問題をさけるのは簡単なことで、解決法は、だましたり裏切ったりしてしまうであろう相手とよく話し合うことです。 それができないから独断で嘘や裏切りともとれることをやるのだ、とやる側は自分を正当化するのでしょうが、本当に自分の判断を押し付けることがよい結果を生むのか、冷静に考え直し、関係者と話し合うべきでしょう。 そういう人は、自分ひとりの判断が正しいと思うようなこと自体が傲慢な態度であると、もう一度考え直すべきでしょう。 2017/2/13





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system