集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
支配層戦略、支配洗脳詐欺術の概要 詐欺術の向上による究極の世界支配とその勢力分類

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正(裏社会) > 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判 >

支配層戦略、支配洗脳詐欺術の概要

詐欺術の向上による究極の世界支配とその勢力分類

Summary-of-the-rule-layer-strategy, 2017/4/24, 2017/6/4, 評価:★★★★

 詐欺手法についての説明はいろいろとありますが大きく分類すると、政治や法などの国家や社会システムの改変と民衆や個人への印象操作、心理・思考誘導となっています。 個人や社会全体を詐欺にはめて思い通りに動かすという支配方法です。 個人や集団への心理操作術と言ってもよいでしょう。 これら究極目的は世界全体の完全な支配であり、そのための手段が支配詐欺術や心理操作術の知識です。

 世界支配には莫大な資産が必要となるため、社会寄生型詐欺による利益追求が基本戦略となっています。 資本を独占した後は、社会の政治・経済・国民生活などを破壊しつくし混乱させ、莫大な資本を使い救世主としての地位を獲得し、世界統一政府を樹立し永続的な支配権を手に入れるというのが彼らの描いている詐欺支配戦略です。

 詐欺師たちの世界支配はかなりの段階まで進んでいて、支配とそのための知識を備えている彼らに残された課題は、いずれ実現する世界王国で誰が王となるかということくらいだと主張しています。 実際にそれが実現に向かっている部分も多々ありますが、すでに世界的に暴露されてしまっている彼らの詐欺手法で世界を支配することはできないでしょう。 彼らの詐欺手法はトリックの知られてしまった手品のようになっているので、人々を洗脳するという手法本来の目的を達成することはできないでしょう。

 これについては個々の詐欺師や全体の支配者である人間はすでに理解していることでしょう。 私たちが知ることができるシオニズムなどは、おそらく実際にはメーソン員やカルト団体員を支配する支配者が利益追求のための詐欺作業員であるメーソンたちを洗脳するために作り上げ続けている欺洗脳手工作にすぎないでしょう。

< このサイトで扱うメーソンの説明 >
メーソン
 支配層の勢力拡大のための詐欺犯罪作業員

 ユダヤのタルムードやシオニズム手法が詐欺奴隷への洗脳書だとすると、キリスト教の聖書は一般奴隷への洗脳書だと解釈することもできるでしょう。

 シオン長老の議定書などで使われている「我々」とはユダヤ人のことで、ユダヤ人が管理する秘密結社がメーソンとなります。 メーソン員(メイソンリー)は元々はユダヤ人でしたが、非ユダヤ人であるゴイム(一般大衆)もメーソン員として仲間に引き入れ利用してきたことから、「我々」に含まれる範囲はユダヤの教義を守り実行する仲間たち(兄弟)という意味となり拡大されています。


 このようなことから、社会寄生型詐欺犯罪組織の構造はおおむね6つに分類できます。 大きく分けると秘密結社と一般大衆の2つで、それぞれ権力層・管理層・一般層に分かれているイメージです。

(1) 秘密結社全体の頂点で決定権を持つ支配層(王族やその末裔、表社会の長者番付などにはでない莫大な資産家、裏超富裕層)

(2) シンクタンクメンバー、金融・政治エリート、超富裕層など戦略立案・実行管理担当の秘密結社員

(3) 実行犯や情報収集用の洗脳奴隷であるメーソンやその他の関連カルト勢力などの秘密結社員

(4) メーソン・カルト勢力と一般人の間で王族・金融家・政治家など主要な地位を占める特権ゴイム(自称メーソン)

(5) 生活や産業・経済に必要な労働や詐欺洗脳支配を助ける労働者や警官・軍人などの生産管理ゴイム(主要な地位は自称メーソン員が占める)

(6) それら以外のすべての支配対象となる一般大衆であるゴイム(一部は自称メーソン)


 ゴイムも利用できればメーソン員扱いしますし、メーソン員自体も必要であれば殺害してよいというルールになっているため厳密に区別するのは難しくなっていますが、おおむね次のようになっています。

 特権ゴイムや生産管理ゴイムは、彼ら本人にはメーソン員であると洗脳して利用しますが、実質的にはゴイムと同じ扱いになっています。 正式なメーソン員になることができるのは白人系ユダヤ人とその血縁者のみで、その他の白人やすべての有色人種は正式な会員にはなれません。

 正式なメーソン以外は、実質的には自称メーソン員といった状態になります。 支配層と有色人種の王族の間に生まれた子孫が正式なメーソンになれるのか特権ゴイム扱いになるのかなどははっきりしません。 また支配層が自分たちのことをメーソン扱いしているかもよく分かりません。

 秘密結社員はメーソンやカルト団体などに属し、一般社会の上流から下流まで全階層に潜り込んでいます。 彼らは一般人を装いながら、必要に応じて情報収集や仲間の利益権力の拡大、その他の作戦実行に協力し合っています。

 次に紹介する詐欺手法は、詐欺洗脳の対象がおおむね社会システム、社会集団、個人という順の並びになります。 2017/4/24, 2017/5/7


秘密結社員・(自称)メーソンの日々の活動は、スパイ・諜報工作員

 (2)から(5)の秘密結社員、メーソン、自称メーソンのゴイムは秘密ネットワークのスパイ・諜報活動員を兼ねていて、支配層戦略にのっとった情報収集や上位者への報告、個人または集団・世論への思考誘導などが日常的な役目となっています。

 Mi6・モサド・NSA・CIA・日本の公安などに所属するメーソンは、秘密結社と所属組織の命令をダブルスタンダードとする二重スパイということになります。 2017/6/4





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system