集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ケムトレイル 軍事目的で研究された空気中への化学物質・ウィルスなど散布技術

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 科学技術 >

ケムトレイル

軍事目的で研究された空気中への化学物質・ウィルスなど散布技術

chem_trail, 2016/4/19, 2017/4/6

 化学物質(エアロゾル)の空中散布による天候変化・自然災害発生技術です。 HAARPと併用されることあるようです。 飛行機で空に化学物質を散布することで、水分子の結合を促進したり、阻害することで、雲を作り雨やヒョウを降らせたり、逆に干ばつ(日照り)にすることができます。

 科学物質は飛行機雲として散布されることがありますが、これは大気に一直線の線を描き、気流などの気象変化を観測・研究するためだとみられています。

 アメリカではケムトレイルの化学物質散布によって、農地が汚染されph(ペーハー)が異常値となり農作物の成長を阻害する被害が出ています。 大企業などがケムトレイルを悪用して、特定作物の収穫を妨害し、農作物の相場を操作することで利益を得たり、農業経営者を赤字に追い込み農地を買収したりしているとみられています。

 エアロゾルとしてはその他にも、インフルエンザや花粉症の原因物質、人工的につくられた生物兵器・ナノウィルス、さらには放射性物質までが散布されているのではないかとみらています。


< 参考 >

ケム・トレイル - Wikipedia

動画リンク

MKウルトラ
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の直接の起源となる洗脳研究

1942年頃 マンハッタン計画

日本の制空権
 米軍の支配が強化、関東地方は届出なしでの飛行が禁止 2016/11/13





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system