集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
共通の犯人像

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 犯人予想 >

共通の犯人像

Common_criminal_profile, 2016.10.3, 2016.10.5



< 目次 >

社会に寄生する詐欺犯罪

秘密結社は複数の詐欺組織による誇大広告か






社会に寄生する詐欺犯罪


 色々な社会的な不正、世界や国家、社会全体が行っているようにみえる不正を行っている人間には共通する特徴があります。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者にも同じ特徴があります。

 それは、色々な組織や集団の上層部から中間部・末端の作業員など全体の各層にごく一部の工作員を潜入させたり、ごく一部の人間を仲間へ引き入れ不正行為に加担させることで、不正を実現しているという点です。

 不正が行われている組織でも、多くの人たちは不正など行わずにまともなことをしているつもりで活動しています。 しかし、秘密結社のような極秘グループのごく一部の人間たちによって、その活動が不正な方向へねじまげられているような状態にあります。


 不正の目的は利権の拡大、利益と利益を得るための権限の拡大にあります。 まったくルールを守らずに、まったく罪の意識のない思考パターンを持つ彼らは、私たちをだまし、ルールやモラルを無視し、組織に寄生して利権をむさぼります。

 社会に対する寄生者であり、詐欺師である彼らは、社会・組織へ寄生する隠れた詐欺集団となっています。

 警察官が警察官を殺す自殺偽装犯罪、病院で2ヶ月に50人も殺してしまう警察と施設が共謀した保険金詐欺、精神病院で年間1万5千人も死亡退院がでるような薬殺、さらには日本政府の平和憲法を無視した軍拡政策など、どれも私たちの持つ常識的な倫理観、善悪感情では考えられないようなありえないことですが、実際に起こっています。

 このような非常識な犯罪的な事件が次から次へと起こっている以上、その首謀者や犯人となる倫理観の欠如した寄生詐欺集団が存在することが想定されます。

 このような利益至上主義、金権主義は商人的な発想であり、ユダヤ商人や客家・華僑などの中国商人などの関与が疑われます。 陰謀論におけるユダヤ金融資本組織や欧米ユダヤや中国商人が含まれるフリーメーソン・イルミナティなどに強い疑いがかかってしまうのも仕方のないことです。


 犯行は人をだます詐欺行為が主な手法となりますので、詐欺を働く前に人から信用を得る必要があります。 そのため、信用を簡単に得られる政府や役所、その他の公務員、情報面ではテレビ・新聞などのマスコミが盛んに悪用されるようになっています。 2016.10.3, 2016.10.5

< 参考 >
社会不正:マスコミ






秘密結社は複数の詐欺組織による誇大広告か


 真犯人は誰なのかというと、正確なところは証拠がそろうまでは何とも言えません。 しかし、おそらく金儲けを目的とした商人、つまりは銀行家、投資家、資産家、王侯貴族、カルト宗教家などによる緩やかな協力関係にあるグループであろうことが予想されます。

 この緩やかな利権同盟が社会全体や個々の組織や人々をだまして寄生詐欺をしている主体だとみてよいでしょう。

 フリーメーソン・イルミナティのようなひとつの組織が世界を支配しているというイメージは、陰謀論として世の中に広まってはいますが、実際の組織の存在としてはあまり現実的ではないでしょう。

 組織というのは元々、一枚岩のような団結力の強い状態を維持するのは難しいものです。 もしもひとつの組織が世界に君臨していたとすれば、世界の歴史に出てくる国家や王朝のように権力の相続争いなどの闘争で、すでに滅びていることでしょう。

 彼らのような秘密結社は組織がなくなっていないということから、単一の組織ではないということが予想されます。

 単一の組織にみえるのは、各組織の勢力規模などの力関係から上下関係がある程度まではっきりしていることから、下位の勢力が上位の勢力に逆らえないというような事情による影響でしょう。

 下請け企業が元請や発注企業に逆らえないことや、お店の店員さんがお客さんの機嫌をとっているような状況にあるというだけのことでしょう。 命令の強制力と組織構造とは別の問題だということです。

 人をだます秘密結社が強い団結力を持つということは、かなり難しいはずです。 たまに悪魔教の儀式に参加させるくらいでは結束力を保つことはできないでしょう。

 そのため、利権にかかわるときだけ協力し合う、初歩的なフリーメーソン思想があるだけの組織や血族が複数存在しているだけというほうが、組織のあり方としては自然な状態だと言えるでしょう。

 陰謀論におけるフリーメーソン・イルミナティという秘密結社は寄生詐欺師が自分たちの組織を恐れさせ守るための詐欺のひとつとなっているのではないでしょうか。 世界を支配できる組織が本当にあるとすれば、黙って世界を支配し続けていることでしょう。

 アメリカの1ドル札にシンボルを印刷させたり、日本の国会議事堂を上空からみるとフクロウに見えるように設計するなどの小細工はせずに、フリーメーソン・イルミナティを貴族のような特権階級として認めさせ、世界に君臨すればよい訳です。

 秘密結社の内部勢力の中でも、スイスのシェルバーンあたりはまともにネット検索できないようになっていますので、かなり強い権力のある地位を築いている可能性もありますが、それでも世界の支配者というにはほど遠いでしょう。

 経済学者のピケティによる1%の超富裕層が世界の富の99%を支配しているという話も、もし本当だとすれば黙って世界を支配し続けることもできるはずですから、あやしいものです。

 自分たちが支配しているマスコミを使ってわざわざ宣伝するような話ではありません。 衰退する犯罪組織の誇大広告だった可能性も十分ありえるでしょう。


 権力はもちろんのこと、お金、富とは社会における実力そのものですから、権力やお金を持った人間は、その力を過信し、自分たちが選ばれた特別な人間だと考えるようになります。

 この上流階級意識や選民意識が私たち一般人へルールや倫理観を無視した非道な行為を行わせる根拠ともなっています。

 社会不正を行う犯人像は、利権を手に入れた商人や権力者による、ルールを無視し、新しい詐欺ルールを作ってはまた私たちをだまして利権を追求するという寄生詐欺師というイメージが最も適しているのではないでしょうか。 2016.10.3, 2016.10.4





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system