集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ホンマでっか! TV 【アガり症&緊張克服法】 フジテレビ 2017/5/31

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > テレビ放送批評 >

ホンマでっか! TV 【アガり症&緊張克服法】

フジテレビ 2017/5/31

Telecast_criticism_20170531_honma, 2017/7/28, 評価:★★

< 目次 >

パニック障害の人はカフェイン摂取を控えめに!?

ホンマでっかTV、支配層戦略を自粛中!?

出演女性陣のつけまつげが控えめになる

見栄を張れば張るほど幸せは逃げていく!?

しじみを食べるのは時間の無駄

評論家、ヤバイーランキング


パニック障害の人はカフェイン摂取を控えめに!?

 澤口さんによるとカフェインが脳を刺激するので、パニック障害(病気の一種)の人はパニックを引き起こす可能性があるということでした。

 コーヒーといえば支配層(※1)勢力が保有する農場などで作られていますので、カフェインの危険性を知らせることは支配層にとっては若干不都合なのですが、澤口さんは気にせず説明しています。

 コーヒー関連では、ほかにも飲んでいる人に癌患者が少ないというデータがありますが、根拠が説明されていませんので、情報自体が偏っている可能性があります。 簡単に言うと、コーヒー利権関連の勢力が怪しげなデータを捏造している可能性があるということです。

 科学や学術情報を利用して、人々をだますというのは支配層の詐欺術の基本ですから注意しましょう。 ほかにもあらゆる権威を利用して人々をだまそうとします。 マスコミや政府発表などもよく悪用されています。


ホンマでっかTV、支配層戦略を自粛中!?

 この一連の番組批判記事などが功を奏したのか、今回の番組では支配層戦略にのっとった印象操作が、かなり抑えられていたようです。 そんななか、法律の堀井さんは、結婚を迫ってきた女性を殺そうとした、という物騒な話をしていました。

 これは結婚を遠まわしに阻害する人口削減計画の一種とみることができます。 結婚のイメージを悪くして、若者たちが結婚することを阻害しようとしている可能性があります。

 堀井さんの話は、よくある話ではなく、たまたま堀井さんが見ただけだというものにすぎません。 フジテレビは嘘をも辞さない過剰な演出を好むテレビ局として有名ですが、結婚を迫ってきた女性を相手の男性が殺そうとしたなどという極端な話は、特に好みますので、フジテレビ側の都合も関係していたのでしょう。


 アメリカ大統領選挙ではあれほど嘘を報道していたアメリカのCNN放送も今では、ロシアを批判する印象操作を控えるようになっています。 いまだに嘘の情報を流し続けているのは、おろかなことだとフジテレビも気付き始めたのかもしれません。

 さて、日本のテレビ局のほうは今後どうなっていくのでしょうか。

 北朝鮮・中国・ロシア・ドイツに批判的な印象操作を行っている日本のテレビ局ですが、ドイツのナチスの残党のようなDVDというドイツ秘密情報部のような組織が、NWOなどのグローバリズムと反グローバリスムの双方を支援しながら、争いを起こしてはお金儲けをしているそうですから、日本のテレビ局も結果的にはそれほど間違ったことはしていない可能性も出てきています。

 ただし、そのあたりの真実を日本のテレビ局員レベルの人間が理解できているとも思えませんが。 2017/7/28


出演女性陣のつけまつげが控えめになる

 以前、植木さんのつけまつげがやたらと多いて色も濃いのが気になったので、まつげがバサバサしすぎだと、書こうとしたことがあります。 しかし、出演女性陣を眺めると全体的に、まつげが濃く多くなっていたので、そんなものかと思い書くのをやめました。

 濃く多いつけまつげを付けるブームはすでに終わりかけていて、若い女性はかなり前からそんなものは付けていない、と書こうと思ったのですが、ホンマでっかの女性陣の間ではまだ流行っているようだったので、そっとしておいたのです。 年代によって感覚が違いますので、中年女性にはまだよいイメージがあるのかなと思いました。

 タレントのマツコさんもまつげをバサバサさせていたので、そういうものなのかと思ったのです。

 ところが、すでにホンマでっか女性陣にもその内容が伝わったのか、ボリュームのあるつけまつげを付ける人はほとんどいなくなっていました。 重田さんはまだボリュームのあるつけまつげに未練があるようでしたが。

 ちなみに問題の植木さんは額を隠していた前髪をどかて、おでこをだして、目はパッチリと見開いていました。 以前、このサイトで目が小さいので在日朝鮮系の遺伝ではないかと書いたのが気になったのかもしれません。


 日本のテレビや新聞、スポーツ、マスコミ関連の産業は在日産業となっていて、在日系の人たちが主に働いています。 彼らはそれらの業界で過去に在日系日本人がその他の日本人に対して行ってきた悪いことのイメージが、いかに悪いものかよく知っています。

 戦後に配給米を盗んで密造酒を作ったり、電車に乗り合わせた日本人を在日朝鮮人などが殴り殺していたという事実を、マスコミとしては伝えたり、隠したりしていたのが、当の在日朝鮮人・台湾人などの人たちだったからでしょう。

 そのせいか、在日であるということ自体が、一般の日本人に対してどれほど悪いイメージがあるかもよく理解しているようです。 この悪いイメージは在日朝鮮・台湾系日本人を利用して日本のマスコミやスポーツなどから、日本全体を支配しようとする支配層が、わざと作り上げている印象操作でもあるのですが、それも含めてその影響の大きさをよく理解しているということでしょう。


 植木さんが、とにかく在日疑惑だけは払拭したいといった印象を受けるような、目を大きくみせる外見にしていたのは、この在日疑惑を重く見ているということでしょう。

 植木さんは特別な地位にあるため、在日疑惑など持たれては困るということかもしれません。 植木さんのだけ番組内ではあまり批判も非難もされないことを考えれば、彼女がいかに特別な地位にあるのか、みなさんにも理解できるのではないでしょうか。

 植木さんの目は、急遽、整形手術をしたのか、元々そうだったのか分かりませんが、以前の幼いイメージとは違い大きなギョロツとしたものとなっていました。 普段のイメージとはあまりにもかけ離れていたので、澤口さんも誰だか分からなかったと言っていました。

 植木さんの顔を改めてよく見てみましたが、どこの人種や民族なのかよく分かりませんでした。 日本や朝鮮・台湾・中国などではなく、全然違う場所に住んでいる人種の顔なのかもしれません。 改めて付け加えておくと、植木さんは今は日本人なのでしょうが、祖先がどんな系統なのかはよく分からなかったということです。 人種や民族それ自体に良し悪しはありませんので、差別的な意味は含めずに説明してきたつもりです。

 外見を売りのひとつにしているタレントならともかく、評論家の女性の外見について語るのもあまりよくありませんので、外見についての話はこのあたりにとどめておきます。


 日本では「在日である」ということ自体が批判として成り立つほど純潔主義や日本人の民族意識が強くなってしまっています。 都知事選でも鳥後候補に対する批判として「在日だ」と言われていたほどです。 欧米であれば差別発言として非難されるようなことですが、日本ではまかり通っていて、むしろマスコミが得意そうに主張していました。

 日本はこのように、支配層戦略にうまくだまされてしまっている状態になっています。


 人間の先祖を遺伝的にたどっていくと、どの人種民族も数種類の先祖にたどり着き、最後は一組の男女に行き着くそうです。 そのため本当の歴史をひも解けば人種や民族の違いというのは、数種類に絞られてしまいます。

 日本人と在日系日本人で考えれば、同じ黄色人種ですし、歴史的にも交流がありましたので、遺伝的にも混ざってしまっています。 外見の特徴から多少は区別することができるのですが、混ざってしまっているので、はっきりと区別することは難しくなっています。

 そもそも人間同士であればどの人種民族同士であっても子供が生まれることなどから、元々は同じ種類の生き物であったことは間違いないでしょう。 遺伝的に証明できる見た目や気質の違いが人種民族主義などが考えるような決定的な違いとはならないでしょう。


 今の日本人が本当に古来から続いている日本人であるかというのも怪しいもので、北海道のアイヌ民族以外は大陸や南方から移住してきた人種であることが遺伝的に明らかになっています。 日本人の純血主義はおそらく幻想の中にたたずむ淡い理想にすぎないのでしょう。

 自民党や公明党・民主党・維新の会などの右翼系政党や日本財団その他の右翼団体からは非難されていましたが、天皇家の家系図からも祖先が朝鮮系であることが分かり、実際に天皇陛下が自らそれを明言しています。

 在日系であるかどうかという違いというのは、実際にはささいな違いに過ぎないのでしょう。 それを支配層が大きな違いであると錯覚させ争い事や社会の混乱に悪用しているだけです。


 ここで話題を監視疑惑の話に戻します。

 自宅監視のような不法監視が必要なほのめかし被害の疑惑を感じると、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は、テレビがほのめかしたとすぐに考えてしまいがちです。 私の場合だと、書いてすぐに消した記事が盗まれた、ということになります。

 実際に、かなり多くの一般人のテレビ視聴関連の情報が盗まれていて、かなり多くの人が自分の行動がテレビに影響したとか、自分の考えが盗まれたなどと主張しています。

 テレビ業界はかなり前から、無断で一般人のテレビ関連情報を盗んで、番組制作やドラマのシナリオ、歌の歌詞などに盗用といいますか、参考資料としていたとみられています。

 以前、小室哲也というミュージシャンが海外の新人アーティストの楽曲をお金を払って買い求め、流用していたそうですが、自分の作品についてあまりプライドを持っていない人たちは意外と多いようです。

 これを書いている私のささやかな恋物語も普通にドラマ化されていたりするのかもしれません。

 これらのことが悪化した結果、現在では、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者に対して、個人の名誉をおとしめたり、単なる悪口や嫌がらせのようなほのめかしが行われるようになっていると考えられてます。

 私のところにも公安らしき加害者がたちが、「馬鹿」、「アホ」などといった、行動観察などという監視の言い訳が許されないような、単なる悪口を日常的に私に対して言い放っています。 完全に治安を乱してる人間がいる訳ですが、これが本当に公安警察によるものだとすると日本の治安の悪化はもはや防ぎようがない状況に追い込まれているのかもしれません。

 悪口以外では、私のところでは超音波やマイクロ波などを使っているようですが、体温を上げるという加害行為が行われることが多くなっています。 他人の体温は目には見えませんので、攻撃する側も犯罪行為の反復に精神異常を起こしにくい状態で、ひどい苦痛を与え続けられるということでしょうか。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者の日常はだいたいこのような状態にありますので、私の被害もこれは珍しいことではありません。 警察組織が市民弾圧のため、日常的に市民に悪口を言っているというのが、今の日本の現状のようです。

 警察や自衛隊には犯罪者や犯罪組織にならないよう注意してもらう必要があるようです。


 テレビ・ラジオ業界全体では、自宅生放送(※2)という一般視聴者のテレビ・ラジオ視聴現場、つまり自宅などを盗撮・盗聴するという不法監視が行われているそうです。 生放送の現場では出演者が自宅生放送中のモニターを見ながら放送しているそうです。 芸能人側が被害者へ行うほのめかし犯罪の報酬は、一回5万円などとかなりの高報酬だった時期もあったそうです。


 ここで扱っているのはこのサイトで一旦書いたものの、公開せずに削除しつけまつげの話ですが、そのほかにもこのサイトで実際に書いた内容が反映されたと思われることもあります。

 分かりやすいのが法律の堀井さんの例で、堀井さん以前はせっかちな話し方をしていたのですが、今ではかなり落ち着いた話しぶりに変わっていました。 堀井さんは弁護しですし、大人ですし、芸風とかでもなかったでしょうから、これはこれでよかったのではないかと思います。

 私くらいの集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者になると、プライベート情報が盗まれ続けていて、生活のすべて映像で放送されるようなトゥルーマン・ショー被害と呼ばれる状態にあるようです。 その盗撮情報などが芸能界にも伝わっているということでしょうが、おかげで世間に対して過剰な影響力を持ってしまっているようです。

 韓流ブームの偽造や浅田真央さんへの不当な扱いで、フジテレビも利益が100億円台から50億円台に一気に落ち込むような大失態を犯していますので、色々と気をつけるようになってきてはいるのでしょうが、これからも印象操作自体をやめるつもりはないようです。

 番組の途中に入るCMも自動車は以前はトヨタで、前回あたりはスバル、今回はホンダと変わっていました。 スバルも在日イメージが付くのを避けたいのか、今回はホンダのCMとなっていました。 このサイトではCM企業の変遷も見所のひとつとなっています。 2017/7/23


見栄を張れば張るほど幸せは逃げていく!?

 異常心理評論家の杉浦さんが言っていましたが、そういう面もたしかにあるでしょう。 見栄を張って高い買い物をする人ほど幸福感が少なくなってしまうそうです。 幸福である、という状態のハードルを上げすぎてしまうのがよくないようです。

「見栄を張る」や「幸せ」という言葉の解釈によっても変わってくるでしょうが、見栄とは今の状態よりもよい状態に見せようと背伸びをしているような状態ですから、見栄を張り続ければ、いつかは限界がきて破綻したり、疲れてしまったりするでしょう。

 これは今回の番組では一番よい情報だったろうと思いますので、みなさんも紙にでも書いておいて、たまに思い出すとよいのではないでしょうか。

 ただし、逆に解釈すると、庶民は見栄を張らずに貧しい生活で満足していろ、という支配層戦略にも当てはまってしまいますので、ほどよい加減にするように注意したほうがいいかもしれません。

 支配層が派手な生活をさせているのが、支配層が支配要員の洗脳奴隷として使っている、いわゆるセレブや富裕層の人たちです。

 洗脳奴隷へのエサとして贅沢な暮らしを許しているのが支配層の、支配要員への洗脳術や支配術ですから、一般奴隷が無駄に贅沢な暮らしをしてしまうと支配要員へのエサの効き目が低くなってしまうという支配層都合があります。


 どちらにせよ、何事も現状に満足してしまっていては、進歩がありませんから、ケースバイケースで考えていかないといけません。 仕事や勉強などの本業ではなるべく上を目指し、妥協しないようにして、それ以外の生活面などでは「見栄を張ると幸せが逃げる」と考えたりするとちょうどよいかもしれません。


しじみを食べるのは時間の無駄

 支配層寄りの主張の目立つ門倉さんの話では、しじみ1個食べるのに6秒くらいかかるので、しじみの味噌汁1杯だと、だいたいしじみ20個で2分も時間をロスしてしまうということでした。 ビジネスマンは忙しいからそんな時間はないとも言っていました。

 それはそうでしょうが、無駄な時間を減らすとか、空き時間を有効活用して勉強や仕事に役立てよう、といった考え方には、支配層戦略にある一般人つまり、支配層側からみた奴隷の作業や労働効率を上げようという意図が隠されています。

 支配層は一般人を労働力として物のように考えていますので、もっと効率を上げさせたいと考えています。 それを支配層が支配しているテレビ放送を使って広めているので、門倉さんのような言うような時間の無駄遣いはやめようという印象操作が行われることになります。

 全体としては、時間の無駄遣いは悪いことだという考え方を、常識として広めようとしています。

 本来は、個人の時間の使い方などは、個人の自由ですから好きに使えばよいのです。 仕事で成功したければ時間を節約してあくせく働き、そうでなければのんびりするなど自由に時間を使えばよいのです。

 それをあたかも誰もがみな時間を無駄にせずに仕事や勉強をし続けなければならないかのように印象操作しています。


評論家、ヤバイーランキング

 番組内での支配層戦略のアピールが遠まわしになってきているので、あまり明確な基準で判断できている訳ではありませんが、おおむね次のようなイメージです。

 このサイトのテレビ健全化策の一環として偽ユダヤ支配のはなはだしいフジテレビの番組を取り扱っていますが、まずまずの効果が出てきたと言えるかもしれません。 この点については公安らしき不法監視犯も同意の姿勢を見せていますので、このサイトの批判も思いのほか効果があるのかもしれません。

1位:植木理恵、心理評論家
2位:門倉貴史、経済評論家
3位:重太みゆき、印象評論家
4位:堀井亜生、法律評論家
5位:武田邦彦、環境評論家
6位:杉浦義典、異常心理評論家
7位:荒木香織、スポーツ心理評論家
8位:和田由貴、節約評論家
9位:中野信子、認知科学評論家
10位:池田清彦、生物学評論家
11位:工藤孝文、肥満治療評論家
12位:澤口俊之、脳科学評論家
2017/7/28


< 参考 >

社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明

(※1) 支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配
 下書きを読む前に(1)用の説明

(※1) 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判
 シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など

(※2) マスコミ集スト・メディアガスライティング:自宅生放送
 テレビ・ラジオ局の視聴者監視トゥルーマン・ショー




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system