集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
寝起き改善策:朝、起きやすくする方法 深呼吸と手足の軽い運動

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 > 健康管理 >

寝起き改善策:朝、起きやすくする方法

way_to_make_it_easy_to_get_up_in_the_morning, 2016.10.20

深呼吸と手足の軽い運動


 寒い冬の朝は誰でも布団から出たくないものです。

 そんなときに無理して布団から飛び起きるようなことをすると体に悪いことが分かっています。 眠っていた体を急激に動かすと、体の色々な部分に負担がかかってしまい危ないのです。

 集団ストーカー被害者であれば、ほとんどの人が睡眠中に何度も目を覚まさせられるような睡眠妨害を受けていますので、寝起きのストレスはさらに大きなものとなっています。

 被害を何とかしたいところですが、分かっていても対処が難しいのが集スト被害の特徴でもあります。


 それでも、朝の目覚めをよくする方法はあります。 それは、疲労改善策の記事でも説明していますが、深呼吸しながら手足の運動を行うことです。

 深呼吸は肺でのガス交換で体内へ酸素を取り入れる機能を高めます。 手足のグーパー運動(※)や手首・足首の運動は体全体の血流量を増加させます。 これを同時に行うことで体の血行がよくなりますので、体調を整えやすくなります。

(※グーパー運動:ジャンケンのグーとパーを繰り返す、指のにぎり開き運動や指を開閉するような運動のこと。 )

 朝、目覚めた後に、布団の中で5分も行えば、その効果を実感することができるでしょう。


 軽いとはいえ運動ですから、やりすぎには注意しましょう。 人それぞれに適度な運動量というものがあります。 自分にあった継続時間や方法を工夫するとよいでしょう。

 深呼吸をしながら手足の軽い運動をすることが、適度に行えるようになれば、体を夜の睡眠状態から朝の活動状態へ切り替えることが、比較的スムーズに行えるようになるはずです。

 正確には、目覚め自体がよくなる訳ではありませんが、深呼吸をしながらの手足の軽い運動をすることで、目が覚めてから布団を出るときのストレスを軽減する効果が期待できます。

 この記事の方法は、冬でなくても布団から出るのがつらいというすべての人に試してほしい寝起き改善策です。 2016.10.20





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system