集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
被害改善ガイドライン 様々な被害の改善を実現するための指標や有望な方策

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

被害改善ガイドライン 【作成中】

Damage_improvement_guideline, 2016/8/19, 2017/2/24

様々な被害の改善を実現するための指標や有望な方策


< 目次 >

不正に対して立ち上がる方法が分からないのではないか

対策の基本は経済制裁と不正・犯罪事実の公表

NWO・裏社会・国際金融マフィア

情報分野の健全化
 ネット発言の妨害を防ぎ、メディア・学問など情報分野の嘘をなくす

社会不正

戦争・紛争

人口削減計画

健康被害の原因となる社会毒

政治・経済全般

天皇閨閥支配・日本系金融マフィア

不正選挙

司法

行政

防犯行政(公安・警察・自衛隊)

政治家・官僚個人

集団ストーカー・テクノロジー犯罪

創価学会

マスコミの偏向報道

在日被害






不正に対して立ち上がる方法が分からないのではないか


 様々な社会活動家や社会批評家・ジャーナリストなどが、不正や被害に対して、「立ち上がれ」、「行動を開始しろ」、「批判の声を上げろ」などと主張して、私たちに呼びかけ、不正に対処する活動を行うよう鼓舞しています。

 このサイト、被害改善責任論も同じように、被害者へ被害改善の努力を行うよう呼びかけています。

 「声を上げろ」というのは、ネットや電話などで直接批判や苦情を伝えればよいというのは分かります。 実際に不正の原因となる人へ声の届くところまで近付いて自分の声で批判するというのもよいでしょう。

 しかし、それ以外の、立ち上がったり、行動を解しするとなると、多くの人々が、実際にはどのように行動すればよいのか、立ち上がるというのはどういうことか、といった具体的な活動方法がよく分からない状態にあるのではないでしょうか。


 ひとつひとつの不正や被害に対して、私たちが的確な対処活動を行っていれば、世の中の不正や被害はそれぞれ改善されているはずです。 しかし、そうなっていないということ、世の中から不正や被害が改善されていないということは、的確な対処活動ができていないということです。


 目的というものは、達成するための方法がひとつとは限りません。 様々な不正や被害の改善を実現するための方法も、同じように色々とあることでしょう。

 今のところ有望と思われる指標や方策を紹介します。 これらが被害改善のための改善策となるはずです。





対策の基本は経済制裁と不正・犯罪事実の公表


 今の国際社会は、すでに戦争を正当化することができない状態にあります。 そのため、今の世の中での実力は、経済力で示されることになります。

 お金がすべてという訳ではありませんが、労働や生産の一元的に、ひとつの基準で比べられる経済力が、世の中の実力の尺度となります。 そのため経済力を低下させるような経済制裁を行うことが、不正や犯罪を行う者の力を抑える適切な対応となります。

 政治など社会的な問題に対しては、不正や犯罪の事実を追求し、より多くの人に知れ渡るように公表するのが王道となるでしょう。 人というものは普遍的な善悪観念を持っていますので、悪いことをしているということを知れば、その罪に見合った罰を与えようと自然に考えるようになります。

 たいていの不正や犯罪に対する罪や罰は、すでに今の法令に含まれていますので、多くの人が不正や犯罪の事実を知りさえすれば、現行の法制度でも正しく機能していれば、法的に裁くことができるはずです。






NWO・裏社会・国際金融マフィア


 世界の王室や貴族などにひもづいた財閥がゆるやかな同盟関係を維持しながら国際金融マフィアのような巨大な利権集団となっています。 この金融マフィアは、世界の人々を効率的に支配するため、心理学的な思考誘導や不正も辞さない暴力的な方法で、国家や社会・経済などの制度を変更するなど大掛かりなやり方で利益を得ています。

 彼ら金融マフィアの望む世界は、世界人類を奴隷化・家畜化して管理する、マフィアが支配者や貴族として君臨する世界です。 このような世界では私たちの権利、健康・財産・自由などは大きく制限され、まさに奴隷や家畜と同じ生活を強いられるようになってしまいます。
 このような事態にどう対処するには、私たち一般市民としては、彼らにとって利益となるあらゆる行為を行わないという方法があります。

 金銭的な利益であれば、彼ら金融マフィア系の組織の製品やサービスへの不買活動、政治的には、彼らの配下となる政治家には投票しないなどの方法があります。

 自分自身が政治家や資産家などで、ある程度の実力を備えている場合は、金融マフィア系の組織への利益をより大きく阻害できる可能性があるでしょう。

 政治家や資産家は少なくとも金融マフィアの賄賂やおどしなどの工作で、彼らに味方するようなことがないよう注意しなければなりません。 金融マフィアは何十年もかけた長期工作を行うことがあります。 イラク戦争でもブッシュは数十年かけてビン・ラディン一族と家族ぐるみの友好関係を築いた上で、最後はあっさりと父子を事故死させ、イラクを攻撃しました。

 金融マフィア、特にその上層部は人々を奴隷としてみていて、いくら利用してもよいと考えています。 すっかり仲良くなったところで裏切っても何とも思わないのは、初めから裏切るために人を信用させているからです。

 金融マフィアの仲間に入ったと思っている人が、本当に金融マフィアと仲がよくなっているのか、裏切るために仲のよい振りをしてもらっているのかは、誰にも分からないのです。 人を奴隷と思っているのが金融マフィアですから、いくら仲良くなってもマフィア側で簡単に裏切ってくることもあります。

 金融マフィアはとても信用できない連中で、彼らとどんな約束をしても、彼らは彼らの都合で一方的に約束を破ります。 初めから利用するために約束しているので、彼らの判断に矛盾はありません。 彼らはまったく信用できませんので、たいへん危険な存在となります。 彼らとは手を切るしかありません。

 実際の国際社会でも、金融マフィアのために働いた多くの国家的指導者が、最後には裏切られ、失脚し、不幸な人生を歩んできたことが知られています。 金融マフィアは自分たちの身内以外の人間に利益を与えるようなことはありません。

 一見すると利益にみえるものは、支配するためのエサにすぎません。 そのエサも後で取り上げられてしまいますので、金融マフィアと仲良くして利益を得るということは、そもそも不可能なのです。 2016.8.25






情報分野の健全化


情報分野の健全化
 ネット発言の妨害を防ぎ、メディア・学問など情報分野の嘘をなくす





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system