集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー被害の改善は歴史の必然 発覚した不正はいずれ改善するが、それまでは改善努力とバランスコントロールを心がける

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカー被害の改善は歴史の必然

発覚した不正はいずれ改善するが、
それまでは改善努力とバランスコントロールを心がける


Improvement_of_gang_stalking_damage_is_history_necessary, 2015/10/7, 2016/12/25
動画版, 音声DL・再生

< 目次 >

常識的な言動を心がけ、自分の正当性を維持する

集団ストーカー問題は他の社会問題のように解決へ向かう

被害限界の突破

技術進歩とともに加害技術もあばかれる

集団ストーカー被害の改善は歴史の必然






常識的な言動を心がけ、自分の正当性を維持する


 被害者がとるべき基本的な姿勢や行動方針としては、周りの人から常識的な社会人と評価されるよう言動に気を付けることです。 まずは自分の正当性を保ちながら個々の被害へ対処し改善していくのがよいでしょう。

 しかし、その間、被害者が不満を抱え続けるというのは精神衛生上あまり好ましくありません。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪という偶然訪れた不幸な事態に直面してしまった被害者は、何を思って生きていけばよいのでしょうか。

 集団ストーカー犯罪はその犯罪性がすでに発覚しています。 まだ認知度は低いですが社会の抱えている問題として認知されつつあります。 将来的には壊れた機械が修理されるように、社会の自然な流れとして悪い部分が改善され、全体としても対処、改善されていくはずのものです。

 いつかは被害者が問題は解決されたのだと言える日がくることでしょう。


 集団ストーカー犯罪では、すでに利権が存在し、ブラックビジネスとして犯罪行為が繰り返されています。 この状態では、仕事のようなある種の義務として、嫌がらせ行為が続けられてしまいます。

 集団ストーカーには色々な種類の利権が存在しますが、この利権は違法行為や不正行為で実現されていますので、違法行為・不正行為を防ぐことが集団ストーカー犯罪の解決につながっていきます。


< 参考 >

心がまえ「きよく、ただしく、あきらめず」
 集団ストーカー犯罪にどのように向き合っていくべきか

被害者の心得:反社会的な行動はさけ、暴発しないこと

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール
2016/10/21, 2016/12/25






集団ストーカー問題は他の社会問題のように解決へ向かう


 それでは集団ストーカー問題が解決するまでは、被害者はあきらめて被害を受け続けながら生きていくしかないのでしょうか。

 それは違います。 人類社会は戦争や奴隷制度・人種差別など様々な問題に直面し、それぞれ解決に向けた努力を続け問題を改善してきました。

 人類社会全体は、以前は戦争による暴力的な支配体制を構築することを目指していた時期もあります。 なかには今でもそれを目指している人もいるでしょう。

 しかし、今ではそれは誤りだったと世界中の人々が理解して、平和のための反戦・反核活動などを続けています。

 人間を家畜のように扱う奴隷制度も廃止されました。 人種差別は今もまだ解決されたとは言いがたい状況ですが、サッカーワールドカップなどでも試合開始前に、毎回、人種差別の改善宣言のようなことが行われており、確実に解決へ向かっています。 2016/10/21, 2016/10/28






被害限界の突破


 集団ストーカー犯罪のような世界規模で多くの犠牲者が出ているような犯罪行為が、いつまでも野放しにされているはずがありません。

 今は合法犯罪として社会から隠されていますが、隠された状態が続くと、当然被害は拡大していきます。 加害者側からすると便利な合法犯罪ですから、加害行為は繰り返されることでエスカレートしていき、悪化していくことになります。

 たとえば万引き犯も、初めは安い品物を狙い、盗んでから次にまた盗むまでの期間も長かったものが、万引きを続けることで、次第に高価な物へと狙いを替えるようになり、盗む期間も短くなっていく傾向があります。

 これと同じことが集団ストーカー犯罪でも起こります。 万引き犯であれば、最後には逮捕されるということになります。 実際の集団ストーカー犯でも、万引き犯のように加害行為をエスカレートさせていき、最後には殺人などの凶悪犯罪を犯していることが事件として報道されています。 桶川女子大生ストーカー殺人事件などがその例です。

 長い間、犯罪が繰り返されていくと、いずれは社会全体としても対処せざるをえない大問題を引き起こし、対処せざるを得ない問題として、社会に認知されることになります。

 集団ストーカー犯が加害行為をやめないのは、万引き犯が逮捕されるまで犯行をやめないのと同じ仕組みです。 加害者は逮捕されるまで安全な犯罪だと思い込み、あるいは上位者などからだまされた状態で犯行を続けます。 犯行が続けられると、犯行自体が自然とエスカレートしていきますので、ついには大問題を起こし発覚してしまうことになります。

 集団ストーカーという言葉をネット検索すると100万件以上ヒットします。 以前は400万件ヒットしていたそうですが、今では加害者側がヒット件数が増えないように工作しているようです。

 しかし、100万件もヒットするのであれば十分です。 集団ストーカー犯罪は現実としてすでに立派な社会問題となっていると言ってよいでしょう。 そのため将来的には、確実に改善されていくはずの問題だと言えます。

 集団ストーカー犯罪は人類が次に乗り越えていくべき障害のひとつにすぎないのです。






技術進歩とともに加害技術もあばかれる


 科学技術は日々進歩していきますから、近い将来、集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪に使われる監視・攻撃関連の機器も、より低価格で、より多くの人の手に渡るようになることが予想されます。

 テレパシー技術だけでもとても便利な技術ですから、使いたい人はいくらでもいるはずです。 テレパシー技術は、被害者にとっては思考盗聴被害をもたらす迷惑な技術ですが、不正や犯罪に使われないのであれば、自然と世の中に広まっていくべき便利な技術と言えます。

 電化製品やパソコンの文字入力、テレビゲームなど使い道はいくらでもる字類にとってとても役に立つはずの技術です。

 実際に技術が世の中に広まっていった場合、技術を悪用する人も増えてしまいますので、初めは一時的に被害が悪化することでしょう。 しかし、被害者も犯罪機器を手に入れやすくなっていきます。 そうなれば犯罪者の手法やその他の犯罪技術も明らかになり、被害者側も技術的な対処をより的確に行うことができるようになるはずです。

 社会全体としては、集団ストーカーは社会問題としてさらに注目度が高まり、解決へ向けた活動も活発化していくことでしょう。 2016/10/21, 2016/12/25






集団ストーカー被害の改善は歴史の必然


 集団ストーカー問題がいつ解決するのか、と問われると、確かな期日は誰にも答えられないことでしょう。 しかし、将来的に解決に向かうことは確実です。

 もはや歴史的な必然と言ってもよいでしょう。

 世界情勢を考えると、今は、911テロやリーマンショックを経て、今は中東のテロをきっかけとしたロシアとアメリカの対立が激化した状態にあります。 アメリカ大統領選でトランプ候補が勝利してからは、ロ米だけでなく世界全体が対立から融和へと向かっている兆しはありますが、まだ今後の展開がどうなるかはわかりません。

 国際金融マフィアと呼ぶべき利益目的の金融市場操作を行ったり、第三次世界大戦を引き起こそうとしている勢力が、実際に存在することはすでに明らかになっています。

 中東テロを自ら引き起こしているという証拠がいくつも出てきているアメリカやイスラエルなどの暴走は、彼らの背後にいる国際金融マフィアの計画であることは間違いないでしょう。

 金融マフィア勢力の暴走に対しては、ロシアなどによる健全化や沈静化活動が盛んに行われています。

 日本の銀行家や政治家、財閥など権力の中心にいる勢力は、残念ながら金融マフィアに近い勢力となっています。 そのため、私たちも日本人として、日本金融マフィアの不正・犯罪に対処していかなければなりません。

 第三次世界大戦など金融マフィア全体の大きな犯罪計画が失敗に終わり、ある程度まで落ち着いたところで、その他の色々な社会的な不正も対処できるようになるでしょう。

 この色々な社会的な不正が改善へ向かうなかに、集団ストーカー問題も含まれることになります。 私たち集団ストーカー被害者としては、集団ストーカー問題が対処されるための優先度をなるべく高められるような努力を行うべきでしょう。

 ただし、集団ストーカー問題が社会的に対処されるようになるそのときまでは、被害者ひとりひとりが被害を調査・分析し理解を深め、改善の努力に励み、被害を減少させていくしかありません。

 私たちひとりひとりの実行力や理解力には限界がありますが、この小さな努力の積み重ねが、いずれはカリスマ的なリーダーや、すべてを予測できるようなブレーンや参謀を生み出す土台となります。

 私たちが行っているネットでの被害報告なども、一見するとよくある文章のように思えるかもしれませんが、分かる人には分かるような真実が隠されていることもあります。

 私たちの小さな努力が、私たちには理解できないことや気付かないこと、さらには集団ストーカー分野や世界の仕組みなどを直観できるような人を育てる環境を作り出すことになります。


 それらの努力を続けていく際に心がけるべき点は、すでに説明した、自分の正当性を保つことと、もうひとつ、被害の完全な解決を目指しつつも、ある程度我慢できる程度まで被害を改善させるような被害と加害のバランスコントロールとなることでしょう。 2015/10/7, 2016/12/25


< 参考 >

支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?
 世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力

支配層・秘密エリートネットワークの日本支部、日本系金融マフィアとは?

NWO、ニューワールドオーダー、新世界秩序
 裏社会の最終目標か、単なる陰謀論か

分断統治
 人々を民族・宗教・身分などで分断・対立させ支配する方法





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system