集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
カルトナンバー 被害妄想を助長する監視包囲偽装マインドゲーム

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 個別の被害と対策 >

カルトナンバー被害と対策

被害妄想を助長する監視包囲偽装マインドゲーム

cult_number, 2016/4/20, 2016/4/21, 評価:★★★

< 目次 >

カルトナンバー車両は予想外に多い

採番は管理されており、警察などが好きな番号を使うこともできる

在日コリアンにはカルトナンバーは縁起がよい

場を支配するという、マインドゲームを制すための考え方

監視マインドゲームの対処法 完全な無視が理想

マインドゲームに負けても反撃がしたい場合


< 参考 >
集団ストーカー教程18(さまざまな工作活動 ~車両ストーキングについて~)





カルトナンバー車両は予想外に多い


 自動車のナンバーとなる1から9999の数字の組み合わせの中には、ゾロ目など同じ数字や連番でならんだ、いわゆるカルトナンバーとなる組み合わせは、全体の約3割程度含まれています。 自然状態でもかなり数のカルトナンバーが採番される計算になります。 逆にいうと、あまり珍しいものではありません。 プロ野球選手の打率でいえば、かなりの高打率になってしまいます。





採番は管理されており、警察などが好きな番号を使うこともできる


 自動車ナンバーは国土交通省が管理していて、市民が好きなナンバーを選べる抽選の仕組みもあります。 しかし、現実的には、道路や交通を管理している、国交省と警察の都合でかなり恣意的な変更が可能です。 役所の行う抽選などそもそもあてにはならないでしょう。

 警察や探偵、カルト教団などが実際にカルトナンバーを好んで使っているこはほぼ確実な事実です。 その証拠は、各都道府県の警察署の駐車場にあります。 警察署の駐車場にカルトナンバーが多いのは一目瞭然です。 スーパーなどの大規模駐車場と、警察署駐車場のカルトナンバー比率を比べてみてください。 警察署の駐車場にカルトナンバーが多いことは明らかな事実です。

 警察が優先的にカルトナンバーを使えるのは、国交省との関係もありますが、ナンバーの届出手続きなどを代行する自動車メーカーなどの業者との関係もあります。 警察は自動車メーカーにとって最大の商売相手、得意先、大顧客ですから、警察への協力は惜しみません。 これも警察のカルトナンバー増加の要因となっていることでしょう。





在日コリアンにはカルトナンバーは縁起がよい


 日本の裏社会に巣くう在日勢力ですが、彼らの朝鮮民族文化では、カルトナンバーは縁起がよいものとされています。 そのため在日の多い探偵なども好んでカルトナンバーを使っています。

 探偵はそもそも警察の便利屋のような仕事をしていて、警察が盗聴したいとき、自分で盗聴器を仕掛けるわけにはいかない場合などに、盗聴器の設置依頼を警察から受けたりしています。

 ほかに在日が好むナンバーに21というのがあります。 これは韓国語で統一を表す言葉と発音が同じで、縁起がよいとされています。 よくCMで見かけるリーブ21という会社も在日企業です。 在日タレントをCMに出演させている企業の多くは在日企業です。 在日企業のために、在日タレントを使ったCMを電通(在日企業)が作る、といったように在日利権ネット内で利益をプールしているとみられています。

 在日は南北朝鮮の統一や朝鮮と日本の統一を夢のように語ることがあります。 日本と朝鮮の統一などは当然ありえませんが、南北朝鮮の統一も不可能に近いでしょう。 すでに利権や役割がほぼ固定しています。 朝鮮民族にとってはよいことかもしれませんが、それ以外の国にとって統一するメリットはほぼないでしょう。 在日朝鮮人もそうですが、南北朝鮮のどちらも約束は守らず、自分勝手なことをしたり、嘘を平気でついたりするため、諸外国はどちらかとうと迷惑しています。  2016.4.20





場を支配するという、マインドゲームを制すための考え方


犯罪支配の境地
 集団ストーカー犯罪をあえて行わせるという考え方

 上の記事で説明していますが、被害者が加害行為をコントロールすることで、その場、被害者と加害者のいる空間を精神的に支配することができます。

 この精神的支配はあくまで被害者の心理的な変化であって、実際に嫌がらせ犯罪のすべてを支配できる訳ではありません。 被害者の精神的なストレスを緩和できるということです。

 しかし、うまくコントロールすることで、実際に嫌がらせ犯罪者をコントロールすること、つまり支配することに限りなく近いことも可能になることもあります。

 カルトナンバー車両のコントロールは、犯罪者コントロールのなかでも、かなりやりやすい分野といえます。 思考盗聴被害を受けている被害者であれば、車で出かける前に、行き先や通り道、出かける目的などを思考盗聴を利用して犯罪者に伝えることで、犯罪者の動きをかなりコントロールすることができます。

 被害者であれば、警察署の駐車場にあるカルトナンバー車両を撮影しに出かける、などと伝えておくと、現れるカルトナンバー車両に明らかな変化が起こることが確認できるでしょう。

 実際に撮影をしに行く必要はありませんが、被害者が場を支配することで、監視ストレスを軽減し、監視包囲偽装を打破する助けにはなるでしょう。  2016.4.21





監視マインドゲームの対処法 … 完全な無視が理想


 多くの集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害に共通することですが、被害は黙殺するのが有効な対処法となります。 カルトナンバーを頻繁に見かける被害者の多くは、車での移動中に見かけていることでしょう。 カルトナンバーに気を取られて事故などを起こしては大変です。

 自動車で目的の相手とすれ違うにはうまくタイミングを合わせる必要があり、実際はなかなか難しいものです。 カルトナンバー車両も数台集めただけでは、目的を達成することは難しいでしょう。 また被害者には、より多くのカルト車両を見せ付けたほうが嫌がらせ効果が高まりますので、カルト側も大量のカルト車両を動員しようとします。

 被害者が気付いたが数十台程度でだった場合、実際のカルト動員数は、そのさらに倍以上、場合によっては3倍から5倍程度は動員されているとみられています。 カルト側がこれだけの努力を重ねたにもかかわらず、被害者がまったく目もくれなかったとしたら、カルト側の努力も無駄な努力に終わります。

 車は電源がありますので、監視装置を付けることにより思考盗聴も可能です。 特に2014年4月前後から、悪しき規制緩和が行われたらしく、マイクロ波遠隔テクノロジーによる監視、カウンターインテリジェンスにおけるテクノロジー犯罪で、BMI生体監視による、いわゆる思考盗聴の被害が急増しています。 そのため普段から思考盗聴被害にあっている人は、車の中、運転中も意識がのぞき見られている可能性が高くなっています。

 運転中も思考盗聴されていますので、カルトナンバーを無視したこと、気付いてもいないことは、カルト側にも伝わります。 そのため無視する効果はさらに高くなります。 完全に気付かないような無視ができるようになれば、監視マインドゲームでは勝利したといえます。 カルト側を落胆させたり、悔しがらせたりして、徒労感などを与えることができるでしょう。

 思考盗聴は考えを読み取るというより、他人の意識のコピーに近いので、ナンバーを見ることなく、まったく意識せずにやり過ごせれば、かなり完全な無視に成功したといえます。





マインドゲームに負けても反撃がしたい場合


 コインテルプロ、カウンター・インテリジェンス・プログラムへの反撃、つまりカウンター・カウンター・インテリジェンスということになりますが、反撃方法もいくつか存在します。 実際にカルト教団が使い、被害者を事故に追い込んでいる方法ですが、車ですれ違うときに何らかのアクションを行うという方法があります。 車を運転中の相手の注意を運転からそらし事故を誘発するというものです。

 握りこぶしを突き出す、グーパンチするような素振りをすれば、それを見た相手は不審に思い、運転から意識をそらすことでしょう。 カルトナンバーとはいえ、対向車の運転主を集中できない状態にして、事故を誘発することは、道徳的に問題がありますので、するべきではありません。

 しかしながら、被害者の精神が多少なりともよい状態になるのであれば、警察などから苦情が来ない範囲なら、少しくらいは、何らかのアクションをとってもよいかもしれません。

 カルト運転手は、被害者がカルトナンバーに注意を向けることを知っています。 そのため、カルトナンバー包囲偽装作戦ともいうべきカルト車両大動員は、カルト側にとっても、自分たちの顔を知られにくい安全な嫌がらせだとされてます。 そこで逆をついて、カルトナンバーではなく、運転手の顔を見ることで、地味ですが加害者をけん制することができます。

 嫌がらせ加害を行うカルトナンバー側も顔を知られたくない人はいます。 ごまかす素振りなどを見せたら成功といえます。 カルトナンバー包囲偽装作戦といっても、基本的に、カーナンバーを目立たせるだけのつまらない嫌がらせですので、お互いにあまりできることはありません。

 反撃アクション、カウンターカウンターがおすすめできないことにはもうひとつ理由があります。 それはアクションをしている被害者自体も運転に対する集中力が散漫になってしまい、事故などを起こす可能性が高まってしまうという点です。

 仮にカルト側が事故を起こしたところで、すれ違ってしまった運転者が確認することは面倒ですし、一般人を事故に巻き込んでしまっても後味が悪いでしょう。 まかり間違って運転している自分の車に衝突されるようなことがあっても困ります。

 あくまで、何もしないのが最善の反撃と思い、まったく気付かなかったかのような完全な無視を決め込んだり、自然体を保つことをおすすめします。 こちらのほうが、ひとりの被害者に対して何十台ものカルト車両を用意しているカルト側に対して、確実に精神的ダメージを与えることができます。 長期間、無視を続けると、カルト車両は見かけなくなってしまいますが、これはこれで勝利のひとつと考えてよいでしょう。 カルト車両を見かけなくなったことにすら気付かないような境地を目指しましょう。






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system