集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
思考盗聴

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

思考盗聴

mind_reading, 2015/12/25, 2017/7/12, 評価:★★★

目次


概要

洗脳としての思考盗聴

被害の現状 思考盗聴 脳波が盗まれる被害

マインドリンク
 2人もしくは集団での意識や生体活動の共有

データ送受信技術
 思考や生体活動情報の伝達方法

思考盗聴された情報の管理

思考盗聴対策

思考盗聴の技術
 ブラックボックスモデル


< 参考 >

集団ストーカーをぶっ潰せ マインドマシンの詳細
 思考盗聴機器の情報

テクノロジー犯罪の技術関連リンク
 陰謀論「脳侵略者」を参照

まるでSF!脳から脳へ直接思考を伝える“未来型コミュニケーション”技術が開発中 | Techable(テッカブル) 2017/3/3






概要


 テレパシーのように対象人物の思考、特に言語の音声イメージを盗み知る電磁波による生体観測を悪用した犯罪行為です。

 集団ストーカーやテクノロジー犯罪の存在を否定する人間が、常識的にありないとして強く否定する技術のひとつです。 思考などの生態の精神活動の解析技術の存在は1990年前後にすでにWHOの報告書などでも確認することができます。 また、関連する様々な研究が行われており、世界中に数々の特許が存在することからもわかるように、非常識な妄想などではなく、現実として存在する技術です。

 技術的には、人体へ電磁波を照射し、輻射波(反射するように放射される電磁波)を解析することで、対象人物の精神活動、特に思考や五感の状態を観測したり、逆に生態へ送ることができることが確認されています。 送受信できるものは、音声イメージや痛み・かゆみ・暑さ寒さや温感などの五感や、原始的な欲求なども確認されており、人間の精神活動の全般が送受信できるとみられています。





洗脳としての思考盗聴


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は全体的に、対象者の思考や行動へ影響を及ぼすことを目的としており、全体が洗脳行為であるとも考えられますが、そのなかでも特に精神的な洗脳を強い目的とした犯罪方法が確認されています。

 それが洗脳目的の睡眠妨害です。 (2015/12/04)





被害の現状 思考盗聴 脳波が盗まれる被害


 脳内の言語分野、特に音声領域を解析することで、人間の思考を予測していると思われます。 人間が言葉を覚えるとき、最初に覚えるのは、音としての言語イメージです。 人間は言語を音声イメージとして認識しています。 何かを考えるときも、言葉の音声イメージを脳内で構築し、再生しながら考えるという行為を行っています。

 また精神活動は未知の部分が多いため解析には力をいれずに、未解析のままブラックボックスとして扱い、そのまま別の人間へ入れ込むことで、対象者の精神活動を把握するという方法もあります。 マインドリンク(未編集)のような人間同士の精神活動を直接つなぐ技術もあります。 監視中の思考盗聴で対象の考えなどを知ろうとする場合は、こちらの方法のほうが多く使われているであろうことが予想されています。

 思考盗聴の被害を防ぐには、音声を頭に浮かべないということで、盗む音声イメージがないため、思考が盗めないという状態にするという方法もあります。 音声イメージなしで、何かを考えられる人がどれくらいいるのか分かりませんが、理論的には音声イメージさえ頭に持たなければ盗めません。 思考の際、映像イメージを多く使用すれば、盗みにくい思考となることでしょう。 (2015/12/29)

 私が、思考盗聴されながら、実験したところ、「パャ、ピュ、ピョ」などの意味のない音声イメージを連続で盗ませた場合、盗んだ監視犯罪者側も、馬鹿にされたような、おかしな対応をとったことからも、音声イメージ部分を主に盗んでいるであろうことは、ほぼ間違いないでしょう。 ほかにも技術的には盗める可能性はあるのかもしれませんが、重要視しているのは、音声イメージを盗むことのようです。 (2015/09/19)





マインドリンク


2人もしくは集団での意識や生体活動の共有

 技術的な部分の証明はできていませんが、思考盗聴で行っていた脳波解析の精度が高まるとともに、現在では、その他の生体状態も読み取って他者へ入れ込むことができることができるようになっているとみられています。

 人の意識だけでなく、その他の刺激も多くは脳へ送られ管理されていますので、頭部へ電磁波を照射し、反射したふく射波を受信することで、生体情報を読み取っているとみられています。

 マインドリンクでは被害者の体験から以下のことが確認されています。

 人の精神活動だけでなく、五感三欲、その他の内臓感覚など、意識できるも領域から意識できない無意識で活動している領域まで、広く生体活動を読み取り、他者へコピーすることができる。 また、読み取り(受信)とコピー(送信)を同時に行うと、マインドリンクと言うべき他者同士での生体活動の共有が可能となります。

 マインドリンクは対象者が眠っている間も可能で、夢を共有され、干渉される被害も確認されています。 また、人には固有の脳波パターンがあるため脳波を受信するだけで個人を特定することもできます。

 このマインドリンクは2人以上の大人数でも共有可能です。 また読み取りとコピー、受信と送信は別々の技術ですから、監視では1人の対象から読み取った生体活動を多人数へコピーすることで共有し、加害者自身の生体活動は仲間内だけで共有するようなことが行われているとみられています。

 これは集団ストーカー・テクノロジー犯罪の監視だけでなく、要人警護などでも活用されていて、守るべき要人の意識が警護のSP達に共有されているそうです。

 技術自体は、人が感じることができることから、無意識の生体活動まで、他人と共有できてしまうことから、「他人の人生を生きることができる」などと表現されることがあります。

 このマインドリンク被害を受けてしまうと、あまりにも高い精度で他人の生体状態を共有できることから、プライバシーの概念は完全に崩壊してしまいます。 普段、私たちが秘密としている排泄や性生活などまで他人に疑似体験されてしまうため、加害者側からも、「今はこちらが食事中だからトイレは我慢してくれ」などといったメッセージが送られてくるほどだと、被害者が告白しています。

 ほかの具体的なものは、五感の文字通り、五感に対応する感覚、視覚であれば映像イメージ、聴覚であれば音声・音楽など、臭覚ではにおいの良さ悪さ、味覚では味の良さ悪さ、触覚では痛みなどの痛覚や温度感覚などが他人と共有することができます。

 寒冷地にいる人と温暖な地域にいる人をリンクさせ、寒さを感じさせ風邪の症状を引き起こしたり、他人を性行為を疑似体験させられ同じ気分を体験させられるような被害があります。 被害者は出産や異性の性体験など、通常では体験できないものまで体験させられています。

 他者との意識の接続は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者以外の人でも行われているようです。

 病院ではアレルギーテストとして、電波送信による強制的なアレルギー状態の再現が行われています。 病院ではほかにも、内臓や脳神経系・ホルモン分泌・副交感神経などの反応を実験しているとみられています。 最終的には電磁波が人体に与える影響のすべてを解き明かそうとしているのではないかとみられています。

 さらにひどい例では、火葬場で焼かれる人と意識を接続されたというのがあります。 死の瞬間らしきタイミングでは意識が消えてしまうせいかよく感じ取れなかったそうです。 まさか生きた人間を実験台にしたということはないでしょうから、そうなると心停止などの医学的な死後も脳波レベルでの生体活動は行われている可能性も考えられます。

 これらのことはその前後でどんな変化があるか観察するような人体実験が行われているものとみられています。

 電波送信技術では大半の生理現象は再現できること、たとえば特定のホルモン生成や膀胱の筋肉を緩和させ失禁させられることが知られています。 強制的に色々な状態にさせられる被害ではありますが、自分で意識的にコントロールできるものは、強制電波と自分の意識による命令が競合状態とります。 2017/7/12

< 参考 >

電磁波の人体干渉周波数一覧
 精神や肉体へ干渉可能な電磁波周波数の相関リスト





データ送受信技術

思考や生体活動情報の伝達方法

 赤外線やWiFi・BlueToothなどパソコンの無線通信機や携帯電話・スマートフォンなどの家電が、マインドリンクを実現する通信機として使われているとみられています。

 家電の通信機器もたしかに通信能力、具体的には電波の送受信能力がありますので、これが利用されている可能性は高いでしょう。 2017/7/12





思考盗聴された情報の管理


 思考盗聴は大規模なシステムで1台の装置で50人の対象者の思考盗聴が可能だという情報があります。 さらにその装置はほかの装置とリンクされていて、日本全体が巨大な監視システムで管理されているとみられています。

 これだけ大規模な監視体制を運用するには民間組織ではコスト・人員的に不可能ですから、政府が警察・公安・自衛隊・その他の特務機関などを使って行っているとみられています。

 とある経済産業省の関係者からの情報によると、政府が運営している監視事業として、すでに政府内部では知られていて、思考盗聴された内容は個人情報とされていて、行政機密として守られことが行政法で定められているとのことです。

 すでに現在では、思考盗聴で大規模な個人情報の漏洩が起こっているはずですが、表社会があまり混乱していないことへの説明としては、なかなか説得力があります。

 ただし、裏社会では当然、不正や犯罪に悪用されているはずですから、その行政法がどこまで守られているかには疑問が残ります。 2017/7/11





思考盗聴対策


参考

犯罪の沈静化の「具体策:思考盗聴対策 … 被害を意識しない」

ほのめかし
 実際の音声や思考送信による音被害対策





思考盗聴の技術 … ブラックボックスモデル


 思考盗聴で手に入れた人間の思考や精神活動データは、解析せずに、未知のもの、ブラックボックスとして扱い、そのまま別の人間の脳へ入れ込むことで、その内容を確認するという方法がとられている可能性があります。

 脳の性能をコンピューターに換算するとスーパーコンピューターよりも高性能だということですから、現在の科学技術では人間の思考を解析するのはかなり難しいことが予想されます。

 また、動物実験では、サルやネコの脳と人間の脳を電極でつないで、動物の思いのままに動かすことができることが知られています。 動物には人間の言葉が理解できないはずですが、動かすことに成功しています。 動物が相手となるコミュニケーションですから、人間の言葉以外の念のようなもので、何らかの対話が行われていたことが予想されます。

 これらのことから思考盗聴でも言語情報のみを扱っているというより、精神活動全体を解析せずにそのまま扱っていると考えるほうが自然でしょう。 現状では、思考盗聴と呼び、思考だけに注意が向けられていますが、精神活動の全体、つまり、視覚や食欲などの五感・三欲などまで、監視担当者は、被害者と同じように感じて把握している可能性もあります。

 現状では、このブラックボックス説は、なかなか説得力のある説明と言えるのではないでしょうか。


 逆に、思考送信や、電磁波攻撃のようなテクノロジー犯罪で、痛みなどを送信する場合の、思考や痛みなどの送信するデータは、実際に、被験者に思考させたり、痛みを与えたりして、そのときのデータを保存するような方法で作成しているのかもしれません。 (2016/02/08)



加筆 … やはりブラックボックスモデルが有力

 2015年のNPOテク犯ネットのアンケート調査で、考えを読まれている被害、いわゆる思考盗聴被害が被害のトップになっていると発表されています。 被害のなかに、トイレや風呂場など自分しかいない個室での、盗撮を元にしたと思われる状況説明などの被害が複数報告されていました。 被害者のなかには水着を着て入浴している人までいるそうです。

 思考送信によって、個室内部の状況が説明されますので、一見すると、加害者が盗撮した情報を思考送信で送りつけているようにもみえます。 しかし、実際は、全脳活動を盗み、加害者の脳へ入れ込むようなブラックボックスモデルを元にした、思考精神の全体のコピーが行われている可能性があります。

 BMI生体観測と内容理解のための人体への入れ込みが、ブラックボックスモデルで行われている場合、全精神活動がコピーされているはずですので、五感三欲などのすべてを加害者が把握している可能性があります。 五感のうちの視覚もコピーされているはずですから、おそらく被害者の視覚情報、被害者が見たものを、加害者は同じように感じて、その内容を思考送信しているのでしょう。

(注意:被害者が見たものを、言語イメージとして脳内で想起したものが、思考盗聴によって盗まれ、それを元に監視カメラが仕掛けられているかのような思考送信を行っている可能性もあります)

 他の被害者の告白でも、被害を受けている際に、目を閉じたら、加害者から「何が起きているのだ」などと困惑の声を聞かされたという被害やこれと似たようなの被害が複数見受けられます。 加害者は被害者の目をカメラとして映された視覚イメージも思考盗聴と同時に盗むことができると考えてよいでしょう。

 これらのことから、ブラックボックスモデルで加害者にコピーされたBMI生体観測情報は、観測元となる被害者の精神活動のすべてを共有している可能性が高いとみてよいでしょう。

 この被害について、加害者が「他人の人生を体験できる」とほのめかしている(きまぐれファイル、◆基本となる加害方法◆より)ことからも、その技術の存在はおそらく間違いないでしょう。 きまぐれファイルの同記事には2003年の被害と書かれていますので、日本社会が集団ストーカーもガスライティング犯罪も知らないこの時期に、すでに実用化されていたことがうかがえます。 (2016/03/31)








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system