集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
精神病工作 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

精神病工作

精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために

psychosis, 1511300120, 2015/11/30, 2017/3/9


< 目次 >

強制入院の危険性

精神病が存在しない可能性

精神医学の嘘
 精神医学は客観的な判断をしていない

被害者を精神病者として組織や社会から排除し被害証言を無効化

精神病の種類

被害者が監視犯罪に気付いたときが、被害者排除のきっかけとなる

誤診断させる手順を理解し、誤診断を避ける

強制入院の停止
 入院契約は破棄できる

精神病作戦を失敗させた後はどうすべきか
 被害改善を目指す

精神科医の誤診犯罪防止策
 診断精度の向上と誤診被害者の救済

精神病は奴隷への体罰の口実だった
 人々を奴隷管理するための詭弁


< 参考 >

統合失調症
 集団ストーカー犯罪の目的のひとつ

非常識工作
 非常識性を根拠にした隠蔽工作の論





強制入院の危険性


 健康な人間を精神病者扱いして強制入院させる訳ですから、加害者側が悪いことをしていることは誰でも分かることでしょう。

 強制入院、措置入院などの目的は、被害者を入院させて監禁することや、精神病者のレッテルを張り被害者の発言の信頼性を低下させることなどです。

 さらにひどい加害者の場合は、病院での投薬で、ALSやその他の精神病を発症させられる被害も出ています。 加害者側は被害者を精神病者扱いで強制入院させたため、何も症状がないという訳にはいかないと考え、幻覚や幻聴を引き起こす麻薬のような薬を投与することもあります。

 また、精神病院からの死亡退院者は年間1万5千人にものぼりますので、集団ストーカー被害者もこれに含まれている可能性も高いでしょう。

 このようなことから強制入院、措置入院はたいへん危険な状況に追い込まれる可能性がありますので、できるかぎりさけるように努力すべきでしょう。 強制入院をさせようと集まってきた人間に対して、入院の必要がないことを、相手に理解できるように、より冷静に、より平和的に説明し、強制入院させることをあきらめさせましょう。

 加害者との交渉は、なるべく平和的に行うべきです。 大きな声を出せば、「奇声を上げた」、「恫喝した」などと理由をつけてくるのが日本の警察組織の実態です。 最終的には、統合失調症などの誤診は、別の良識的な精神医の診断などで、誤りだったと証明する方法があります。 そのため、誤診を証明した後、裁判に訴え、損害賠償するなどと、お互いの現実を理解させるなどの対処をとるとよいでしょう。

 加害者の多くは上位の犯罪者にだまされているだけで、強制入院が違法行為であることや、その他の違法性・犯罪性を理解していない可能性があります。 そのため説得できる可能性は十分あります。

 被害者が、一度、統合失調症などの精神病者扱いのレッテルをはられると、加害者側が精神病者扱いすることが正当化されてしまいます。 そのため、その後の集団ストーカー被害が悪化しやすくなる傾向があります。 強制入院、措置入院、精神病者扱いなどは、どれもできる限りさけたほうがよいでしょう。


 強制入院以外でも、実際に精神科医と話し合うとき、受診せざるをえないときの注意についてこちらを参考にしてください。
参考:誤診断させる手順を理解し、誤診断を避ける
2016.9.24, 2016.9.25






精神病が存在しない可能性


 AGSASサイトでも説明されていますが、精神病の科学的証明はできないことが知られています。 科学的証明というのは、客観的に判断することで、同じ条件であれば、必ず同じ結果になるといったことが、科学的対象となる条件となっています。

 精神病者の幻覚や幻聴は本人にしか感じられないものですから、確かに客観的に証明することはできません。 それでは実際にはどのように病気かどうか判断しているかというと、精神医学界のトップのほうでも、最後は有識者の多数決で決定しているそうです。

 精神医学はこのように科学的対象にとって必要な客観性を持っていないため、人によっては嘘医学だなどと主張しています。 ヨーロッパでは実際に、無免許の営業マンが精神医を名乗り何年も活躍し続けたあげく逮捕されたという事件も起きています。

 最近も二重人格者が、実際は演技であったと告白し世間をにぎわせた事件がありました。 このように精神医学の客観性の低さや、科学的研究対象にふさわしくない研究方法などに、疑問の目が向けられています。

 日本の精神病も関連薬品といっしょに海外からもたらされたものです。 グローバル医療マーケットが精神病を作り、薬といっしょに輸出しているのではないかとも疑われています。 グローバル医療マーケット関連はかなり強い力を持っており、マスコミなど情報を操作して、精神医療を疑問視する意見を封じることまでしているという説もあります。

 いずれ精神医学の闇があばかれたとき、集団ストーカー・強制尾行被害者の精神病者も、あっさりと病院から解放され、精神病者のレッテルからも解放されるのかもしれません。 (2016/03/19)






精神医学の嘘


精神医学は客観的な判断をしていない


精神医学の嘘
 精神医学は客観的な判断をしていない






被害者を精神病者として組織や社会から排除し被害証言を無効化


 多くの集団ストーカー・テクノロジー犯罪・強制尾行犯罪で行われている、被害者への口封じ、被害証言の無効化を目的とした、被害者の排除方法が精神病の誤診断からの入院させるという方法です。 精神病者として扱うことは、集団ストーカー犯罪の開始初期段階で、加害者を増やす段階から、加害者に対して行われることが多いです。 被害者が精神病であるなどとして、集団ストーカー犯罪に加担させます。 (2015/11/30, 2016/03/16)

 被害者が精神病者扱いされやすい原因のひとつに、被害者の被害説明が一般人には理解しにくい というのがあります。 集スト・テク犯・強制尾行は特定の場所で隠れて行われており、情報も隠蔽されているため、一般の人は何が起きているのか知りません。

 その何もしらない人たちに、集スト被害者は、集スト関係者にしか分からない集スト業界(?)用語や関連概念を、あまり説明せずに使ってしまうため、一般の人には事態が理解できません。 そのため被害者は一般の人たちから、理解ができないことを言っている、主張が支離滅裂であるとか、誤解や独断がはなはだしいなどと判断されやすくなってしまっています。

 集スト被害者が一般の人に被害を説明する場合は、何も知らない人に説明するということを気に留めて、一般の人にも理解しやすい部分から少しづつ説明するなど、相手の理解度合いを確かめながら説明するよう心がけるとよいでしょう。 (2016/03/16)






精神病の種類


 犯罪者は集団ストーカー被害を幻聴や幻覚として正当化するため、統合失調症・自律神経失調症と誤診断させることが多いです。

 また、芸能人・タレントのなかで集団ストーカー被害疑惑のある人物に、うつ病経験者が複数存在することから、芸能界ではタレントとしての価値の低下、イメージの悪化を避けるため、統合失調症・自律神経失調症ではなく、うつ病と誤診断させる場合もあるとみられています。 (2015/12/02)

 統合失調症は「日本では2002年(平成14年)まで、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼ばれていた。 」とのことです。 (WikiPedia「統合失調症」より引用) (2015/12/03)

< 参考 >
統合失調症
 集団ストーカー犯罪の目的のひとつ






被害者が監視犯罪に気付いたときが、被害者排除のきっかけとなる


 犯罪者による集団ストーカー行為がある程度まで継続した段階で、被害者は事の異変に気付き、監視被害を誰かに相談するなどして、事態の確認や事実の究明を開始します。 これをきっかけに、犯罪者側は犯行の隠蔽、もみ消し行為を開始する可能性があります。

 犯罪者側も自分たちの行為が、違法監視であることや、迷惑行為防止条例・ストーカー禁止条例などに違反するということは、それなりに理解しています。 そのため、犯行が明るみに出たときに、どう対処するかということも、すでに想定されています。 犯罪者が口封じのために打つ、次の手が精神病の誤診断をさせることです。

 集団ストーカーは第一次世界大戦のころから続けられている洗脳技術の流れをくむ、洗脳・マインドコントロール技法の一種です。 見つからないように隠れて行うことより、相手を精神的に支配したり、相手に特定の行動を強要することにより強い目的となっています。 見つかってしまった後は、隠すことと同時に、被害者自身や加害者にも、被害者が精神病であると信じ込ませようとします。 犯罪者が見つかることをあまり恐れずに犯行を繰り返している理由のひとつが、この精神病の誤診断作戦で、多くの被害者の口封じができると考えているからです。






誤診断させる手順を理解し、誤診断を避ける


 被害者を精神病者として社会から排除する犯行は、統合失調症やうつ病などの誤診断をさせることがカギとなります。 犯罪者側はこれを理解しており、意図的に誤診断させるように仕向けようとします。

 被害者が素直に、「壁や天井・床などから声や音が聞こえる。 その音は自分の行動をきっかけに聞こえる。 」などと言ってはいけません。 証明できない事柄、証拠や根拠の説明できない被害を、被害者が訴えることを、隣人や同僚などの振りをした加害者は待っているのです。 存在しないはずの声や音が聞こえるということが、統合失調症と診断する根拠となってしまいます。

 おかしな物音が聞こえるということを話したとたんに、被害者は加害者から、精神科医への受診をすすめられることになります。 何も知らないで、ありのままの被害を話すと、ほぼ確実に統合失調症であるとの誤診断が下され、治療を受けることになります。 そうなると1年以上の入院を余儀なくされることも珍しくありません。 すでに入院中の被害者のかたは、病院側に、集団ストーカー被害は存在しない、声も音も監視もつきまとう人もすべて自分の勘違いだったと主張すると、病気は治ったと判断され、退院が早まります。

 あたりまえの話しですが、精神病ではない集団ストーカー被害者が入院を続けても、病気でない人間に治る部分はありません。 また監視被害が改善するわけでもありません。 病院では、犯罪者が医療関係者をだまして、被害者の監視活動に加担させている姿も目撃されています。 そのため、はやく退院してしまったほうがよいでしょう。 2015.11.30

 被害の状況によっては、警察や家族などが、突然、訪れ、被害者を強制入院や措置入院させようと暴挙にでることががあります。 このような緊急事態の対処はこちらを参考にしてください。
参考:強制入院の危険性
2016.9.25






強制入院の停止 … 入院契約は破棄できる


 警察や医療機関が自己判断で被害者を強制的に精神病院へ入院させるという被害を受けることがあります。 家族の同意による保護入院のようなかたちになりますので、あらためて家族に相談することで、入院契約を破棄することができます。 (2015/12/31)






精神病作戦を失敗させた後はどうすべきか … 被害改善を目指す


 被害者の周囲にいる人、特に定期的に顔をあわせる人というのは、ほぼすべて犯罪者側から洗脳工作や情報操作が行われており、被害者の悪い噂をおおむね信じ込まされている状態にあります。 被害者がおかしな物音が聞こえるなどのと言ってきたら、精神科医に診断させるようにと、あらかじめ吹き込まれていることも多いです。 残念ながら、相談相手として信用できる可能性は極めて低いでしょう。

 相談するのであれば、少しずつ犯罪を理解してもらい、最後に自分も被害者であると告白するといった方法が現実的でしょう。 通常は、犯罪を説明する段階で、全力で否定するなど過剰な反応を示します。 そのまま組織から排除されて終わりということも多いですから、相談相手としては、同じ組織の人間はひとまず避けたほうがよいでしょう。

 精神病作戦などの排除やマインドコントロール目的の犯行が開始された時点では、犯罪者はすでに被害者を非難する情報工作などを、ほぼ完成させた状態にあることが予想されます。 またこの時点では、加害者側は被害者を排除することをすでに決定した状態にある可能性が高く、会社であれば解雇、クビにするなど直接的な行動に出るであろうことが予想されます。 集団ストーカー被害を受けても、それでも組織に残りたい場合は、精神病作戦をさせないよう努力すべきでしょう。

 精神病作戦が実行されるような状態では、犯罪者側は監視情報の収集や情報工作などをある程度まで完成させているため、被害者に何をされても、あまり怖くはない状態にあり、被害者をそれほど恐れてはいません。 そのため、精神病作成が失敗したからといって、急に凶悪な犯行を仕掛けてくるような可能性も低くなります。 作戦を失敗させた後も、組織に残ることができた場合、次は監視被害の改善を目指しましょう。 (2015/11/30)

 集団ストーカーなどの監視被害を改善する方法はいろいろ検討されていますが、アンチガスライティングとして検討されていますので、参考にしてください。 (2015/12/01)






精神科医の誤診犯罪防止策 … 診断精度の向上と誤診被害者の救済


 2015年8月6日に、「聖マリアンナ医科大、指定医不正取得問題で処分」というニュースがありました。 「精神保健指定医」の資格を不正取得した教授や医師ら16人が懲戒処分となったというものです。

 「精神保健指定医」は精神疾患の患者を強制入院させる判断を行えるという、たいへん強い権限のある資格です。 このニュースは発生から3ヶ月もたった後も、関連の報道がなされており、世間をにぎわせているわけですが、集団ストーカーとの関連も疑われます。 (2015/12/02)

 資格を不正に取得した人間が、次に何をしようとするかと考えれば、当然、その資格を不正に悪用するであろうことが予想されます。 おそらく初めから不正に悪用することを目的として不正取得していたのでしょう。 (2015/12/03)

 精神病だと診断した後、すぐに強制入院させることができますので、集団ストーカーの犯罪者に悪用されていたであろうことが予想されます。 集団ストーカー犯罪者が医療関係者に裏金を渡して精神病工作に加担させたり、集団ストーカーに関係する医師などが直接取得して悪用しているような可能性があります。

 この問題は、集団ストーカー関連の被害では、珍しく政府やマスコミが直接対処できる問題ですから、適切な対応が期待されます。 対処案としては次のようなものが妥当ではないでしょうか。



「精神疾患の再診断を容易にする制度の導入」 (2015/12/02)


 1億総活躍をかかげる日本政府ですから、入院患者と国家の医療費負担を同時に減らし、国民の活躍を支援する妥当な案として、容易に導入することができるでしょう。 (資格の不正取得のほうは、なにかしらの改善策がすでに検討されているでしょうからここでは考慮しません。 )



利点1:精神病診断の精度向上


 精神病と誤診断を受け、社会から排除された状態にある患者の社会復帰の可能性を高める制度となります。 以前から存在する偏見ですが、精神病診断のもつ問題点として、一度、精神病として診断されてしまうと、治った後も、一生、精神病者であるかのような目で見られてしまい、社会生活を送る上でハンデを背負ってしまうという問題があります。 これが回避しやすくなります。

 また、再診断を第三者機関などで、容易に行えるようにすることで、精神科医の診断がくつがえされる可能性がうまれます。 そのため、医師の診断自体が慎重に行われるようになり、無責任な誤診断などを減らせるようになるはずです。



利点2:誤診断の回避、誤診断被害者の救済


 総被害者5万人前後とみられる集団ストーカー被害者のうちで、精神病工作によって社会から排除されてしまった被害者を救うことができる可能性があります。 集団ストーカーの被害は退院後に改善することはありません。 被害者は退院後も入院前と同様に被害を受け続けています。 さらに悪いことに、入院中も集団ストーカー被害は続き、被害が止まることはありません。 病院内でも被害を受け続けるのが現状です。 被害者の長期入院は時間と金の無駄使いでしかありません。 (2015/12/03)



利点3:医療費の削減


 なにかと財源不足が指摘されている日本の医療費ですが、入院患者の減少により医療費全体の削減が期待できます。 集団ストーカー関連の精神病工作による統合失調症では、被害者の多くが1年前後の長期入院を強いられたと報告しています。 1年、365日となると入院費用も高額となり、それにともなう国家の医療費負担額も増大しているはずです。 (2015/12/02)



より健全な社会に向けて


 集団ストーカー被害者のうち、自分の入院が犯罪者による精神病工作だと気付いた人からの報告では、医師の問診などの際、早い段階で声や音などの集団ストーカー被害の存在を否定するなどして、精神科医から病気が治ったという診断を取り付け、退院したというものもあります。 もともと誤診断ですから、健康な人間が無駄に入院しているだけです。 無駄なこと、このうえありません。

 集団ストーカーは不都合な人間を排除するという、一連のブラックビジネスとなっているという側面もありますので、医療にかかわる利権を縮小することで、犯罪の一連の流れが滞り、犯罪全体の改善も見込まれます。

 精神病工作が使えなくなると、犯罪者側は医療利権を失うだけでなく、犯罪の隠蔽手段も失うことになります。 精神病者扱いにして、被害者の被害報告などを幻聴・幻覚などとして否定することも難しくなります。 いくら監視して嫌がらせを続けても、社会から排除するための決定打、とどめの一撃が打てなくなります。 そのため、犯罪を未然に防ぐような抑制効果も期待されます。

 社会全体の発展や健全化を目指す上でも、精神病診断を含めた医療制度の健全化が期待されています。 (2015/12/03)






精神病は奴隷への体罰の口実だった


人々を奴隷管理するための詭弁


 今の統合失調症の元となる精神病という概念は、歴史的には言う事を聞かないような奴隷扱いされていた人たちに対して付けられていた病名です。

 時代や場所によって変わってきますが、基本的には、奴隷といっても、人権がまったく何もないということではなく、生活に必要な最低限のことはすることができました。 そのため中には、所有者の意思に反して行動したり、反抗的な態度をとるような奴隷扱いの人もいました。

 また奴隷扱いとなっても人間ですから、他の奴隷扱いの人たちがいるので、あまりにもひどい扱い、非人道的な扱いをすることはやりにくい部分もあったのです。

 そのような状況下で、所有者にとって都合の悪い反抗的な奴隷扱いの人に対して、体罰を与えることを正当化するために、精神病という概念が使われ始めました。

 精神病というは初めから、他者への体罰やその他の攻撃を肯定するための、便利な口実として作り上げられた概念だったのです。

 今でも、集スト被害者やその他、加害勢力にとって都合の悪い人間に対して、精神病という概念が使われています。 精神病扱いして自分たちの不正行為を正当化するということは、昔から行われていた社会的弱者管理のための手法だった訳です。

(注意:精神病の歴史については、それほど詳しく調べていませんので、参考程度の情報だと考えてください。 奴隷という概念も歴史が長く一言で語れるものではありませんので、同様に参考程度の情報だと考えてください。 あまり正確な情報ではありませんが、アメリカの奴隷に対して精神病という言葉が使われたのが最初だったようです。 ) 2016.10.19








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system