集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
監視犯罪 被害改善活動 進捗と展望 2016年4月2日

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 個別分析 進捗と展望 >

監視犯罪 被害改善活動 進捗と展望 2016年4月2日

[progress160402] (2016/04/02)

 4月に入り、そこはかとない不全感、何か足りないという違和感を感じていました。 そして、ついに、この進捗を書き忘れていたことが、その違和感の原因だろうと思いあたりました。 そのうち、この進捗を書くことをすっかり忘れてしまい、何ヶ月も書かなくなる日がくるような気もしました。

 実際には、このサイトの下部の記事を定期的に歴史ページへ移動しないと、トップページが長大なページになってしまうので、記事移動がきっかけとなり思い出すような仕組みになっています。 そのため、進捗を何ヶ月も書き忘れるということはには、なりにくいでしょう。

 今回からの変更点として、「今後の展望」で対処していないものや対処が不十分なものについては、このページに要件として残すことにしました。 これで、やるつもりでいたのにやり忘れていた、という問題が改善される見込みです。 長期的に継続する要件や保留する要件は、今後の予定、懸案事項のほうに移そうかと思います。




目次


現在までの進捗

・不正の改善策

・在日利権ネットの概念を提唱

・初心者向け記事の重視

・部落問題の検証

・ミラーサイト設置先の選定

・YouTubeにプレイリスト作成と動画情報調査


今後の展望

・集スト、強制尾行犯罪の利権構造図作成

・被害者連合設立の提唱

・集スト国際連合設立の提唱

・日本集スト連合設立の提唱 … 国内の被害者をまとめる

その他の現在作成中の記事はトップページ最下部の編集中をご覧ください。


懸案事項へ移管

モビング、企業ストーカー
 調査分析を継続

ネット資産の音声化計画




現在までの進捗


 次のような記事を公開しています。


不正の改善策


不正の改善策
 不正行為の間接的な抑止、再発防止策 (2016/03/17)

 不正を周知することで、不正を抑止することができます。 不正行為が発覚してしまうという危険を感じる者は、不正行為をさけ、危険を感じないものはさらに不正行為を行い、処罰される危険が高まります。 何度でも書きますが、不正は周知し続けることで抑止することができます。 不正の周知は、あらゆる被害改善活動において、たいへん重要な活動のひとつです。



在日利権ネットの概念を提唱


27.在日利権ネットワーク
 特亜系在日外国人などの利権勢力問題

 数ヶ月ぶりとなり大項目の新規追加となる在日利権ネットが被害改善対象として正式に追加されました。 これにより、日本社会に様々な在日被害をもたらす謎の秘密組織が公に概念化され、在日利権ネットとして対処される契機となったはずです。 在日被害への対処は日本社会はもちろん、国際社会においても進められることになるでしょう。


在日は人のまねを恥じない
 個人のアイデンティティーが確立されていない (2016/03/22)

 在日朝鮮民族の精神的成長を促し、健全化するため、おかしな民族主義を脱却させ、在日被害の改善させていく土壌をつくりました。


悲しき楽園計画
 異国で人気者になりたかった朝鮮被差別民の夢 (2016/03/23)

 これが今のところ、一般読者向けには、在日利権ネット関連で最も面白い記事であろうと思われます。 テレビでよく見かける女性タレントに横長の目の人が多いというのは、説明されれば、誰もがおおむね心当たりのあることででしょう。 まずまず説得力のある、ありえる話と言えるのではないでしょうか。


在日利権ネットと集団ストーカーイメージ
 関連勢力や利権の図解 (2016/03/29)

 集団ストーカーとの関連を図式化しました。 まずまず分かりやすいものになっていると思います。


初心者向け記事の重視


超初心者向けの集団ストーカー説明
 集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」 (2016/03/25)

 自分が、集スト・テク犯・強制尾行犯罪などの被害者であることに、気付いていない人へ向けた導入記事の必要性を感じ、改めて説明を強化していくことにしました。 多くの被害者の被害改善に活用されることを期待します。



部落問題の検証


部落問題(同和問題)
 日本に古くからある差別問題、部落も集スト加害を行う (2016/03/30)

 朝鮮では1894年に完全撤廃されるまで、奴隷制度がありました。 奴隷制度は段階的に撤廃されましたがピーク時は全朝鮮国民の43%が奴隷だったと言われています。 この時期の被差別民も含めて朝鮮人は、日韓併合後に日本に移住しています。 そのなかに日本の被差別部落へ定住した人たちがいます。 その影響かと思われますが、現在でも、部落と在日朝鮮人は協力的な関係を維持しています。

 そのため部落問題は在日利権ネットを考える上での検証課題となります。



ミラーサイト設置先の選定


 その後、サイトの削除などの妨害は発生していませんので、この件は一旦終了します。

 tuyoさんのアメブロへのメッセージ送信やコメント書き込みは、ソーカコーアンがせっせと妨害しているせいか、相変わらず削除されがちですが、届いているものは届いているようです。 つまり、コーアンはそれほど強い権限を持っていないことが予想されます。

 それでもtuyoさん本人には、一睡もさせないような致命的な睡眠妨害が行われているそうですので、こちらからの接触は自粛します。 睡眠妨害を何日も続ければ、人は死んでしまいますが、集ストの目的は暗殺ではありません。 しばらくすれば、危険な睡眠妨害はあきらめるでしょうから、それまでなんとか耐えてもらうしかないでしょう。

 睡眠妨害を続けても効果がないと犯罪者に判断させられれば、攻撃をやめるはずです。 あれほどの有名人が死んだとなれば、裏社会でも責任追及は免れないことでしょう。 誰が殺したか、あるいは誰が殺させたか、といったことは裏社会に属する人間にはすぐに知れ渡るものです。 特別なことがない限りは、tuyoさんが殺されることはないでしょう。

 私の経験からすると、集スト・テク犯・強制尾行犯罪者は、半年くらいなら何のためらいもなく、ほとんど眠らせないようなひどい睡眠妨害を続けることができるようです。 犯罪者は、暗殺ではなく、思想変更、思考誘導などを目的としています。 tuyoさんの場合はネットへの情報周知やデモ活動の停止が目的でしょうが、暴力では停止させることができないと犯罪者に理解させることは可能でしょう。



YouTubeにプレイリスト作成と動画情報調査


 在日利権ネットや警察の健全化を目的とした動画のプレイリストを作成しました。 集スト関連の被害やデモ活動などの証拠ともなりますので、今後も継続して更新していきます。

 プレイリスト作成と同時に情報収集も進みますので、活動全体に予想外の進展がみられました。 YouTubeは人気動画や注目動画が目に付きやすいシステムとなっており、情報収集にも向いているメディアだと言えます。 価値判断をある程度システムにまかせられるため、大量のブログから情報収集するよりも効率的です。 動画情報調査は継続します。



今後の展望


 目下の最大の敵となっている警察組織と在日利権ネットという巨大組織を健全化するにあたって、どのような方法が適切か、と考えた結果、経済原理に基づく活動エネルギーの抑制、経済制裁が有効だろうという考えにいたりました。 警察の裏金縮小と在日企業の不買運動などが適切な対処法となるでしょう。

 もうひとつの対処法として、政治的対処、具体的には在日利権ネットに属する政治家への投票停止呼びかけや政策批判なども有効な方法だろうと考えています。 よい政策を実現する日本社会にとってよい政治家であれば問題ありませんんが、東京都知事の舛添要一のようなあからさまな在日優遇政策は非難していかなければなりません。

 舛添要一は創価学会員と再婚していることからも分かるように、創価学会など在日勢力に属することは、すでに疑いようのない事実です。 最近では、在日優遇政策を隠すことなく堂々と行っています。 都民などから1,000件以上の非難や苦情が殺到しても、気にせず在日優遇策を正当化しています。 政治家としての価値は、都知事の任期終了とともに終わりを告げることを、本人もよく理解しているのでしょう。 もはや再選など考えずに自由な在日優遇策を続けているようです。 どうにかして舛添要一を都知事から辞職させることはできないものでしょうか。


集スト、強制尾行犯罪の利権構造図作成

 在日利権ネット全体と各分野のもう少し詳しい組織関係なども、今後追加していく予定です。



被害者連合設立の提唱

 被害者が連携できればよい、とは多くの被害者が考えていることですので、この実現に向けた活動は継続していきます。 客観的な証拠作りとしての歴史編纂や被害者活動をまとめることで、各被害者組織の連携を強めていく予定です。 連携の障害となるものにひとつづつ対処していくことで被害者の団結を実現します。



集スト国際連合設立の提唱

 アメリカの被害者団体、FFCHSも世界の被害者との連携を望んでいます。 世界各国が被害の歴史や対処の成功例などを共有することで、より早い段階での問題解決を実現することでしょう。 在日利権ネットへの対処例なども諸外国で被害改善に応用できる可能性があります。



日本集スト連合設立の提唱 … 国内の被害者をまとめる

 被害者団体は主義主張の違いから別の団体に分かれています。 異なる思想をひとつにまとめるのは難しいでしょうから、協力できる範囲で協力するといった程度の結合の弱いつながりから始めるのがよさそうです。 ひとつの強固な集団とならなくても、協力は可能でしょう。 (2016/04/02)



追伸


 ネット動画からの情報収集を予定としてあげたせいか、朝から通信規制をかけられ、通信速度が5分の1程度に制限されてしまったようです。 ネットが使えないとなると、プロバイダのソフトバンク批判や、警察の裏金批判を重点的に行うしかない、と考えていたところ、通信速度は通常速度まで回復しました。 どちらの影響が強かったのか特定できない状況となってしまいましたので、もし覚えていた、次に何らかの被害が悪化した場合は、因果関係が特定できるよう、ひとつづつ批判を検討したほうがよいだろうと思いました。

 それと現在、我が家への公安のカウンターインテリジェンスで流行っているのは、消耗品攻撃という非常識工作です。 カルシウムサプリメントや砂糖などを少しずつ盗む、窃盗犯罪が横行しています。

 これを警察に相談すると、一般的には、そんな意味のないことをする犯罪者はいない、非常識だなどととして相手にしないという、警察マニュアルが存在するとみられています。 得意顔で物を盗んでいることでしょうが、警察官なら物を盗むのはやめたほうがよいでしょう。

 ちなみに消耗品攻撃や非常識工作は、被害者の疑いを周囲の人間に向けることで、紛争を引き起こすことが目的のひとつ、といいますか、警察にとっての成功例のひとつとされています。 日本の警察も、証拠の捏造や自白の強要だけにはあきたらず、犯罪を誘発させようとは、困ったものです。 本当に証拠が残らない完全犯罪を成功させているとでも思っているのでしょうか。 (2016/04/03)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system