集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
対策の優先順位とコスト

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 個別の被害と対策 >

対策の優先順位とコスト 【作成中】

Priorities_and_cost_of_the_measures, 1509270120, 2015.9.27, 2016/11/25



< 目次 >

被害対策の優先順位概要
 対策をどう進めるべきか

被害対策の基本方針
 黙殺と即時対処

効率的な対処
 強打速攻理論が理想ではあるが

コスト 金銭面
 予算はいくらぐらいか

コスト 労力・作業量
 何時間くらいかかるか、疲れるか

カメラ、ビデオによる証拠撮影

チラシ配布 被害の苦しみや被害者の正当性を訴える
 広範囲に有効な広報活動

思考盗聴対策
 電波妨害機導入

思考盗聴対策
 電線など受信アンテナにあたるものの撤去






被害対策の優先順位概要


対策をどう進めるべきか

 詳細はこちら





被害対策の基本方針


黙殺と即時対処

 具体的な個々の被害への対策としては、嫌がらせの行為は防ぎ、嫌がらせの効果(特に精神的肉体的な被害)は黙殺するのが有効な対処法となります。

 加害者が行う嫌がらせ行為は、すべてという訳にはいきませんが、その多くは、なるべくできないように防犯対策を行うこと、また被害やそこらかくる不快感は声や表情には表さずに、リアクションをなるべくとらないように無視、黙殺し続けることで、うまくいけば加害行為をあきらめさせることもできるようになります。

< 参考 >
嫌がらせの抑止と沈静化
 嫌がらせの行為は防ぎ、効果は黙殺


 被害の黙殺を続ければ、必ず被害が沈静化する、という訳ではありません。 公安・自衛隊・警察・創価学会などが加害行為を行う場合、上司から命令されたり、仕事として報酬を受け取っているような場合があります。

 このような場合は、攻撃する加害者には、被害者が苦しんでいる、という加害行為の結果が求めらることがありますので、被害の黙殺はよりひどい被害を呼んでしまうことがあります。

 そのため、集ストの加害行為、嫌がらせ犯罪は、被害者が被害をやりすごそうとして我慢したり、放置したりすればするほど悪化する傾向にあります。 加害者は、嫌がらせ犯罪を無視されたなどと判断し、より強い嫌がらせを行うようになる傾向があります。

★check
 集スト被害は黙殺したほうがよいのか、やられたらやり返すほうがよいのか、注意して判断しなければなりません。 加害者も人間ですから、様々なパターンがあります。

 基本的には、直接攻撃してくる相手とは話し合うのが一番でしょう。 悪口や非難ではなく、公正な態度で被害のつらさや非人道性などを説明してください。

 話し合いの場をもてないような相手への対処は逆ほのめかしのような言葉による説得や圧力が効果的です。 相手にほのめかすように説得したり、あるいは「裁判に訴える準備がある」などと圧力をかけるような言葉を相手に聞かせることで、黙殺するよりも高い改善効果が見込まれます。

 加害者の名前が分かっているなら、直接声で聞こえるように話すか、ブログなどネット上に公開してしまうのも効果的です。 加害者が肖像権などプライバシー権を主張してきたら、最後は裁判所で決着をつけるというのもよいでしょう。 プライバシー権の侵害よりも、嫌がらせ犯罪のほうが罪が重くなっています。 そのため、実際には裁判のような面倒なことにはならずに、加害者の沈静化が期待できます。

 加害行為の最終目的は精神病・犯罪・自殺への精神的な誘導です。 これが集スト・テク犯が洗脳、マインドコントロール犯罪と呼ばれる理由です。 加害者は自分で直接手を下さずに、被害者が自分の意思で社会やこの世界から排除されるようにすることを目指しています。

 嫌がらせ犯罪は適切に対処することで、被害の改善は可能です。 あきらめずに現状を正しく分析し、適切な対処をとり、いずれ訪れる集スト犯罪のない社会に向けて努力していきましょう。 2016.4.15 2016.8.9


< 参考 >

初心者向け説明

犯罪者コントロール

犯罪対策の基本方針
 集スト犯罪は、オオカミ少年の監視詐欺にすぎない






効率的な対処 強打速攻理論が理想ではあるが


 監視被害、テクノロジー犯罪の被害、集団ストーカー被害、それらを行う犯罪者に対して、確実な反撃ができる場合は、それを確実に行うことが理想的な対処となるでしょう。

 加害者は逮捕されない、法に触れない合法犯罪であることをよいことに悪いことをするならず者の集まりです。 子供や乱暴者と同じ発想で行動していますので、対処法もペットや子供と同じく、速く強く対処するほうが効果が高くなります。

 しかし、多くの場合、犯罪者・加害者は、反撃を受けないよう自分の安全をある程度確保した状態から攻撃してきますので、確実に反撃しダメージを与えることは難しいでしょう。 ならず者とはいえ、彼らの行動は治安の維持・向上、機密保持、宗教的正義などの名目で正当化されていますので、盲目の奴隷が暴れているような状態です。

 歴史的にも正義を振りかざす者ほど、よりひどい人道を無視した暴力や略奪を繰り返してきました。 偽りの正義を振りかざす悪党ほどたちの悪い犯罪者となります。

 このようなひどい状態ではありますが、その中でも、より高い効果が期待できる対処、と現段階で思われるものをあげておきます。 対処法は、随時、追加していく予定です。 2016.8.9

< 参考 >
強打速攻法
 すぐに反撃する方法





コスト 金銭面 予算はいくらぐらいか


 金銭的なコストがよい順番を上から並べてみました。

・チラシ配布:100円から15,000円程度

・カメラ、ビデオによる証拠撮影:1万円以上

・思考盗聴 電波妨害機導入:30,000円から65,000円程度

・思考盗聴 アンテナ電線撤去:0円から3,000円程度





コスト 労力・作業量 何時間くらいかかるか、疲れるか


 労力・作業量となると体力・技術力・習熟度などで個人差があるかと思いますが、おおむね以下の順となるのではないでしょうか。

・チラシ配布:1時間以上、初回以降は月1回程度の継続推奨

・カメラ、ビデオによる証拠撮影:外出時、常時持ち歩き、すぐに撮影できる状態を維持する

・思考盗聴 電波妨害機導入:30分以上、設置後の数日は効果の高い設置場所の調査が必要

・思考盗聴 アンテナ電線撤去:2時間以上、電線を無闇に切断することはできないため慎重な調査が必要、撤去作業も肉体労働となる





以下、それぞれの対処法の金銭面、労力・作業量的コスト面からの考察



カメラ、ビデオによる証拠撮影


参考:証拠の確保 映像証拠は犯罪抑止効果が高い





チラシ配布 被害の苦しみや被害者の正当性を訴える 広範囲に有効な広報活動


 監視犯罪、被害の世界は情報や技術を駆使した心理戦の世界でもあります。 チラシ配布は、その心理戦を少しでも有利に戦うための情報戦略のひとつと考えてください。 (2015/09/27)

 被害者がその苦しみを訴えようとしても、通常、加害者が被害者の声に耳を傾けるような機会は訪れません。 被害者の情報は監視犯罪者が独占的に取得し管理・販売しているからです。 犯罪者側も被害者と周囲の人たちが直接対話することがないようにマインドコントロールしています。 犯罪者は加害者には、被害者への嫌がらせはさせても、仲良く会話をするような機会は与えないようにしています。 (2015/11/25)

 そのため、被害者が周囲の人に被害を訴えるのも簡単ではありません。 この情報的に分断された被害者と加害者を結びつけ橋渡しするのがチラシ配布です。 多くの人に正しい情報を伝え、犯罪者の防犯情報詐欺の魔の手から、加害者を救うために、最も有効な対処法のひとつであると考えています。

 当サイトでも、そのチラシの内容を検討中ですので、いずれはそちらの内容を、パソコンのプリンターなどで印刷・コピーして配布することで、被害者の苦しみや正当性、加害者が犯罪者として罪に問われる危険性などの情報が、世間に広まっていくことでしょう。 その過程で、被害者が社会から理解を得られるようになり、被害が改善されることが見込まれます。

 この対策は、金銭的コストに優れており、100円ショップでB5コピー用紙が120枚、三つ折で入れるB5封筒も120個ほど手に入ります。 プリンターやインクを買うと10,000円以上かかってしまいますが、会社・学校・その他の施設などのプリンターが利用できれば、無料で実現できるかもしれません。 郵便で送る場合、封筒1通あたり82円かかります。 直接手渡すことは難しいが、どうしても情報を伝えたいような相手がいるのであれば、100円、200円の小銭を出し惜しみするべきではないでしょう。 被害の改善が遅れることを考えれば、封筒を送ってしまうほうよいでしょう。





思考盗聴対策 電波妨害機導入


 携帯電話の電波妨害機で思考盗聴の盗聴率の低下させるという対処法です。 家の中の物がなくなったり、移動させられているような、住居不法侵入被害が防げない状態にある場合は、残念ながら妨害機が犯罪者によって破壊されるような危険があるため、取り扱いには注意が必要です。

 妨害機は値段が30,000円から50,000万円程度と高額のため、金銭的コストは悪いですが、細工や破壊工作などで機能が停止されたりしなければ、確実な効果が期待できます。 副作用として、テレビ電波の受信も妨げてしまうため、置き場所には注意が必要となります。 また、電磁波自体が人体に悪影響を与えることも指摘されていますので、あまり体から近い距離に設置するのは避けたほうがよいでしょう。

 妨害機がすでに破壊工作などで機能が停止している可能性がある場合、対処法が必要となります。 まずはじめに妨害用の電磁波が発生しているか確認すべきでしょう。 これも15,000円くらいしてしまいますが、電磁波計、電界・磁界などを計測するトリフィールドメーターという計測器がありますので、これらを使えば確認できます。 セットで購入すると45,000円の出費となり、すぐに用意するのは難しいでしょうが、思考盗聴の被害は、精神的に特に強い圧迫感を受ける、重篤な被害ですので、被害の大きさを考えれば、高いなどとは言ってはいられないのが現実ではないでしょうか。





思考盗聴対策 電線など受信アンテナにあたるものの撤去


 思考盗聴で脳が発する電磁波を盗む場合、NTTの電話線や地デジ・BS・CSなどテレビのアンテナケーブル、その他の電磁波、電気を通すような金属などが、思考盗聴器の補助アンテナのような役割を果たすことが確認されています。 そのため、使用していない電話線・アンテナケーブル・金属(物干し竿やハシゴなど)を取り除くことで思考盗聴の精度を下げることができます。 我が家の例では、NTTのロゴの付いたカバーから出ている電話線のうち、実際には使用していないもの、どこにも接続されていない線が見つかり、これを取り除くことで思考盗聴の被害を緩和することに成功しています。 不審な電線らしきものを見つけた場合は、とりあえず撤去しておいたほうがよいでしょう。

 この対処は、自宅周囲の調査に必要なハシゴと電線を切断するペンチのようなものがあれば、それ以外に特に必要なものがないため、安上がりです。 しかし、調査には、実際に屋根に登ったりする必要もでてくるため、作業量が多く、体力的なコストが高い、体が疲れる対処法といえます。 (2015/09/27)







・Twitter hkskns20150904 ・メール ・ダウンロード サイト全体 説明
集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system