集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

集団ストーカーの技術・手法 加害者はどうやって攻撃しているのか

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカーの技術・手法

加害者はどうやって攻撃しているのか

Technology_of_a_gang_stalking, 2015/10/7, 2017.12.15, 動画版, 音声DL・再生 2016/10/9

< 目次 >

はじめに

盗聴

盗撮

思考盗聴

心身への被害

音声・騒音

家や室内などへの被害

携帯電話・スマートフォン・カーナビ・GPSなどの被害

ネット・パソコン被害

外出時、自動車での移動時などの監視

店舗などでの嫌がらせ工作

自動車への監視インフラの設置


< 関連 >

電磁波防御
 科学的考察や被害報告を元にした防御策の検討 2018.5.9




はじめに

 このページでは加害技術の概要について説明していきます。 加害行為には人為的なものと科学技術的なものが合わせて使われていることが多いので、この二つを厳密に区別することは難しい部分もあります。 人為的か科学的かという区別は集団ストーカー・テクノロジー犯罪の犯罪全体にとってはそれほど重要なことではありませんので、それほどこだわる必要はないでしょう。

 詳細は個々の記事や参考サイトなどで確認してください。 加害行為の傾向としては、人為的な加害行為から始まり、それで加害者の目的達成がされないような場合、徐々にテクノロジー犯罪(科学技術的な加害行為)の度合いが高まっていく傾向があります。 犯罪全体としては実験の要素がありますので、近頃はテクノロジー犯罪だけで心理操作しようとするか加害パターンも増えているようです。

 一般的な加害行為では威圧音声・ほのめかし・待ち伏せ・付きまといなどの人的な方法と、音や電波を使った監視や体罰など科学技術を使った方法、またそれらを複合させた風評工作など周囲の人たちへの心理操作などで被害者の周囲で悪意を演出し攻撃を続け被害者を破滅へ追い込もうとする傾向があります。 全体としては加害集団が連携し、監視・体罰技術を悪用した被害者と周囲の人たちに対する心理操作、またその結果として言動の誘導などが行われています。

 科学的な要素の強い技術や手法については次のテーマで扱っています。

テクノロジー犯罪

 また人為的・アナログ的な要素の強い被害についてはこちらを参考にしてください。

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ|ウォーカーのブログ
集団ストーカー.info
 [大規模分析 犯罪手法データベース]
ai-syuusuto-kaisetu | 集団ストーカーの手口

 このサイトで扱っている集団ストーカー技術・手法全般についてはおおむね次テーマで扱っています。

一般分析
 被害と対策(集スト・テク犯)
全般的な被害と対策
個別の被害と対策
モビング・企業ストーカー
分析

 犯罪全体としては、世界・国家・組織の3つのレベルで行われていて、社会システムや世論誘導や常識変更などの情報分野を悪用した心理操作によって大規模な犯行が行われています。 個々の犯罪に注目すると個人の破滅やそれによる利権の維持拡大という要素が強くなり、全体を俯瞰するとより多くの人々へのマインドコントロールや民衆支配の要素が強くなっています。

 犯罪全体を可能にし、かつ隠蔽しているのが個々のテクノロジー犯罪技術です。 2017/11/6




盗聴

 携帯電話を部屋に隠して置くだけの雑なものから、専用のコンクリートマイクなどで壁越しに離れた場所から盗聴するような技術もあります。 2015年に特定機密保護法の施行されてからは電波、レーダーを利用したEMP兵器などによる思考盗聴が主な盗聴方法になっているとみられています。




盗撮

 室内外に小型カメラを設置します。 明かりがなくても撮影できる暗視カメラ・赤外線カメラ、木・コンクリート・金属の壁越しにも撮影できる、空港で使われているボディスキャナーのような透過型のカメラも利用されています。




思考盗聴

 盗聴と同じようにレーダーを利用した電波兵器、EMP兵器を使った人間の精神活動を観測して、他人に入れ込むような監視が行われいます。 観測される精神活動は意識・五感・三欲・自律神経などが対象で、同時の複数の他人へ送信することで、多人数の意識の共有のようなこともできます。

 レーダで人の頭部を自動追尾する仕組みになっていて、頭部を守るヘルメット型の防御フィルターも軍事兵器として開発されています。

< 参考 >
思考盗聴 - 思考盗聴の技術 ブラックボックスモデル




心身への被害:電波・マイクロ派(電磁波)、BMI、思考送信、音波、放射能、毒物など

 いわゆるテクノロジー犯罪による被害についてです。

 被害者の心や体に被害を与える加害技術や手法は大量にあり、現在も増え続けているとみられています。 そのなかでも主な攻撃方法とみられているのが電波やマイクロ派などによる電磁波技術による攻撃です。

 思考盗聴とは逆に、人体を電磁パルスなどで刺激し、脳神経系や循環器系に誤解やダメージを与える攻撃が行われています。 加害者は、被害者の思考を妨害したり、混乱させたりする言語イメージ、悪口や嘘の送信や、痛みやかゆみなどの不快なイメージを送信します。

 軍事兵器で実用化されているような失神や麻痺、筋肉の収縮、不快な強い音波などを遠隔地から送信する技術が流用されているか、EMP兵器や超音波兵器、レーザー・ビーム兵器などの軍事兵器がそのまま悪用されているとみられています。

 EMPなどの電波・電磁波系の攻撃は鉄・銅・アルミなどの金属で、高周波など音波系の攻撃は水などである程度まで防御できます。 また、電波系の攻撃は電波ジャマーで妨害することで被害を軽減することができます。

 金属は板状のものを壁にしたり、金属で頭部を守ることで、水はペットボトルなどに入れて壁を作るなど、身近な物でもある程度までの防御は可能です。


< 参考 >

電磁波防御
 科学的考察や被害報告を元にした防御策の検討 2018.5.9

電磁波被害と対策

音波系被害と対策 - 高周波・低周波など
2016/9/29, 2017/11/6




音声・騒音

 ノイズキャンペーンと呼ばれる日常的な生活音から、咳払い、言葉による悪口などを意図的に被害者に聞かせる手法です。 直接人が行う人的な攻撃と、電波兵器などで直接脳へ音声イメージを送信したり、周囲の無関係な人に咳、クシャミを誘発する間接的な加害方法もあります。

 長期的に継続される騒音被害の中には、何種類かの音声を録音素材として作成し、再生機器で繰り返し再生して被害者に聞かせる手法もあります。 警察などがよく使う方法ですが、誰かの声を編集し偽装したある程度長い会話などを、留守番電話などのメッセージとして残すという方法もあります。

 外出中などに、同じ人の声や同じ人によると思われる咳払いなどを繰り返し聞かされる被害は、この録音した音声データが反復利用されていることもあります。

 EMP兵器による遠隔テクノロジーを使えば、理論上はすべての音を偽装することも可能ですが、手間がかかるせいか、実際は人が直接音声を発していることが多くなっています。 2016/9/29, 2017/11/6




家や室内などへの被害

 公安や下請けの探偵など不法侵入が得意な人間が室内へ侵入し、室内の物を移動したり、ゴミなどを部屋にばらまいたり、物を壊すような攻撃を行います。 パソコンのパスワードが盗まれ、ホームページ、ブログなどの内容を直接改ざんすることもあります。 その他、することができる嫌がらせは何でもするとみられています。 家族・友人などが利用される場合もあります。

< 参考 >
出入り口や室内の防犯
 内鍵や防犯カメラなどの不法侵入対策




携帯電話・スマートフォン・カーナビ・GPSなどの被害

 携帯電話やスマートフォンは政府の監視インフラとして利用されていて、主にGPSによる居場所の特定に使われています。 待ち伏せ・付きまといが簡単に行われているのはこのためです。

 携帯電話・スマートフォンはさらに音声監視のインフラとしても利用されていて、政府・警察関係者は自由に個人の会話を盗み聞くことができることが知られています。




ネット・パソコン被害

下のリンク先の「はじめに」の項目参照。 2017/3/7

ネット・パソコン被害
 動かない、速度が遅い、SNSや動画などが見れないなど




外出時、自動車での移動時などの監視

 カーナビや携帯・スマホのGPSが利用されているため正確な尾行・待ち伏せができるようになっています。 2016.9.29




店舗などでの嫌がらせ工作

 店舗では店員や警備員・万引きG面、店内放送などを利用した要注意人物対策マニュアルがあり、これが集団ストーカー被害者にも悪用されています。


< 参考 >

集団ストーカー教程6(さまざまな妨害活動 ~店舗編~ )

イオンモールの要注意人物対策マニュアルの悪用 2017.12.15




自動車への監視インフラの設置

 現在生産されている自動車の多くには、すでに監視インフラとして、テクノロジー犯罪の思考盗聴や電波攻撃ができる装置が内臓されているとみられています。 後から増設されたような様子がまったく見当たらないため、初めから生産工程に監視装置が組み込まれているとみられています。

 自動車の自動運転技術の開発が進み、タクシーの自動化などが検討されていますが、今後、さらに監視装置の設置の秘密裏の義務化や機能の向上が行われることが予想されています。 2016.9.29






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system