集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

芸能・スポーツの検証

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

芸能・スポーツの検証

Entertainment_and_sport_idx, 2016.10.27, 2018.5.8, 評価:★★★

 集スト・テク犯被害者であるということは特に名誉なことでもありませんので、有名人が被害者として名乗りを上げることは少なくなっています。そのため疑惑の域を出ないものとなりがちですが、明らかに被害が疑われる例もあります。

 公の扱いとしては、彼ら自身が監視・待ち伏せ・つきまとい、その他の集団ストーカー行為にあたる被害を告白していない場合は疑惑状態となります。被害を告白していて、さらにその被害が確からしい場合だけ被害者と呼ぶべきでしょう。

 彼らの中にも体験していなかったり、信じていない被害を主張する、いわゆる偽被害者・工作員にあたる自称被害者が出てくる可能性もありますので注意が必要となります。 2018.4.14, 2018.5.8

目次

芸能・スポーツの検証について

スポーツ


参考

有名人の集団ストーカー=組織的犯罪=コインテルプロの被害者14。。。 2018.4.8
 有名人被害者を網羅(疑惑レベルの話も含む) 2018.4.14




< 芸能・スポーツの検証について >

芸能・スポーツの検証について




< スポーツ >

リンピック選手などはテクノロジー犯罪の格好の標的
 イチローやボクシングの内山、大食い競争などへの遠隔技術の被害疑惑


 テクノロジー犯罪は証拠が残らないだけに、確証はありませんが、スポーツ選手の試合を調査した限りでは、不自然なものが見当たります。 それらには遠隔テクノロジー犯罪の被害が疑われます。 2016.10.11


スポーツのテクノロジー犯罪被害について

イチロー選手の不振の原因(野球)

内山選手の敗退(ボクシング)

井岡選手の対戦相手への疑い(ボクシング)

試合中の監督への思考盗聴疑惑(バレーボール)

満腹感抑制による大食いBMIドーピング疑惑 (大食い大会1)

満腹感への干渉の疑い (大食い大会2)

相撲興行妨害
 電通のCM利権拡大か在日の日本人精神の抑制あたりが目的か


< 参考 >

ソチ五輪での浅田選手のミスと指向性電磁波照射を考える - カレイドスコープ

日本人は相撲が弱いのか?
 電通や在日勢力の電磁波攻撃の疑い



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system