集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

AIはネット集団知には勝てない AIの出す答えは政策などの正当性を保障できない

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) >

AIはネット集団知には勝てない

AIの出す答えは政策などの正当性を保障できない

The_AI_cannot_win_net_group_intellect, 2017.4.10, 2018.3.28, 評価:★★★★

< 注意 >

 一般的にはAIという言葉はコンピューターなどで判断や作業を自動化できるものすべてを表すことが多くなっています。ですが、この記事で主なテーマとなっているAIは自動処理全般ではなく、人の脳のシミュレートを目指す人工知性体としてのAIとなっています。 2018.6.9


< 目次 >

ビッグデータ、ディープラーニングなどで高まるAIへの期待

コンピューターはある程度決まった動作や判断はできるが、そうでないものは苦手

AIによる人の脳の再現は不可能に近い
 コンピューターは価値判断などに必要な抽象的な概念が扱えない

超富裕層がAIを新科学として政策判断の根拠にする可能性
 科学や統計学を悪用できなくなった超富裕層の次なる正当性作成候補

人間ひとりの精神活動を超えられないAIがネットの集団知に勝てるはずがない

車やドローン、無人兵器などへの自動操縦システムへのAIの活用
 AIロボットを平和利用できれば人類の未来はバラ色


< 関連 >

監視社会
 1984や人間牧場のような政府が人々の人生を自由に決める世界 2018.3.28

AIも間違った質問の答えは出せない - テレビ放送批評内の記事 2018.3.17


< 参考 >

世界連邦運動 - Wikipedia

人工知能と人間知性

人工知能 - Wikipedia

ゲシュタルト心理学 - Wikipedia

CIAは、AIを使った自然言語処理や情報データベースのインターフェース、画像認識、信号傍受、地理および空間データマネジメント、諜報ワークステーションの環境構築などを1984年からすでに行っていた。2018.4.30



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system