集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
洗脳・マインドコントロール:心理的な支配や思考誘導 加害者がほのめかしや文章などで行う、被害者への思考や心理への誘導、ごまかしやおどしなど

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

洗脳・マインドコントロール:心理的な支配や思考誘導【作成中】

加害者がほのめかしや文章などで行う、被害者への思考や心理への誘導、ごまかしやおどしなど

Information_brainwash-Psychological_lead_to_a_victim, 2016/2/9, 2017/3/2

< 目次 >

日々の加害行為は洗脳行為そのもの
 加害者は毎日心理誘導・思考誘導などで被害者をだますための洗脳行為をしている

洗脳・マインドコントロールの目的

超富裕層の社会寄生型の詐欺洗脳支配

ほのめかしはおどしによる思考誘導

加害行為をやらせることは加害者への洗脳・思考誘導でもある


< 参考 >

電磁波攻撃、電磁波を使った拷問・人体実験、モルゲロン、ナノチップによる脳の完全支配、「マインドコントロール」などについて

STOP MIND CONTROL

マインドコントロール・洗脳の精神医学
 精神医学以外もMKウルトラやオーム真理教など幅広く分析 2016/6/12

電子ハラスメント その4 思考盗聴|ウォーカーのブログ

テクノロジー犯罪 ブレインジャック (ボディジャック)|ウォーカーのブログ

印象操作や思考誘導

社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明




日々の加害行為は洗脳行為そのもの


加害者は毎日心理誘導・思考誘導などで被害者をだますための洗脳行為をしている

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪が、どうしても毎日欠かさず行われているかというと、それは毎日行うことが効果的だからです。 ノイズキャンペーンやほのめかしは、たまにしかないのであれば、それは偶然にしか思えないことでしょう。 毎日行うことで、被害者へ強い監視圧力を与えることができるようになります。

 監視圧力を与える目的は、具体的には被害者の破滅、事故・自殺・犯罪・精神病・その他の社会的排除や抹殺することです。 これを成功させるため洗脳行為とそのための準備が、毎日行われる集団ストーカー・テクノロジー犯罪なのです。 2016/2/9




洗脳・マインドコントロールの目的


 洗脳・マインドコントロールは一般的には、フリーメーソン・イルミナティ・創価学会・統一教会などのカルト団体の信者や一般人への詐欺や心理操作、Mi6、モサド、CIA、公安、KCIAなど各国の諜報機関や軍隊などのスパイ育成やスパイ対策などに悪用されています。

 集団ストーカーの加害者が被害者に対して行っている心理戦は、被害者意識を植え付けることによる、被害妄想の助長を主な手法としています。 そこから個人支配や言動強制することを目指しています。 その過程には医療・保険・防犯利権があり、最終的な処理方法としては被害者を事故・自殺・精神病などの破滅へ追い込むという方法がとられています。

 これらのさらに先にある大目標は個人だけでなく社会全体、さらには世界人類全体の完全な支配があるのではないかとみられています。 2016/2/9, 2017/3/2

< 参考 >
集団ストーカーの目的は?
 なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み




超富裕層の社会寄生型の詐欺洗脳支配


 超富裕層であるお金持ちの人たちが自分たちの利益拡大や地位を守るために考え出した一番効率的な方法が人をだますことで、それを維持するために一番確実な方法が組織や社会全体を支配することだった、ということでしょう。 金融経済はその大半が本質的には高利貸しであり、実体のない利益追求システムとなっていて、それを維持拡大するのが社会を支配するルールやそれを決める政治ということです。

 また政治は税金という無限の収入源でもありますので、税金も積極的に盗み取っています。 税金の合法的な流用ができるため、政治支配は超富裕層にとってもっとも重要な課題のひとつとなっています。

 超富裕層がこの政治支配に失敗した例がロシアやアメリカです。 現在では、ロシアのプーチン大統領やアメリカのトランプ大統領の活躍により、この超富裕層による政治支配が揺らいでいますので、いろいろな不正や犯罪が改善へと向かっています。 その影響から集団ストーカー被害全体も改善される可能性が高まりつつあります。 2016/2/9, 2017/3/2




ほのめかしはおどしによる思考誘導


 ほのめかし被害では、被害者しか知らないことをほのめかしたり、被害者を暗におどすような内容がほのめかされています。 またノイズキャンペーンも同じように、被害者への監視を強く自覚させたり、警察から暴力団まで利用した危険をほのめかすようなおどしとなるように意図的に演出されています。

 加害者は、主に監視とおどしを使って被害者の言動をコントロールしようとしています。 そのための準備が、監視圧力やおどしによる思考誘導だといってよいでしょう。 日常的には、とにかく人や物音を使って、被害者に監視・嫌がらせ被害を意識させ、被害妄想を助長させることを目指しています。 2016/2/9, 2017/3/2

< 参考 >
印象操作や思考誘導




加害行為をやらせることは加害者への洗脳・思考誘導でもある


 集団ストーカー問題では、実行犯となる末端の加害者に対しても、真犯人というべき主導的な加害者から思考誘導や直接的な洗脳が行われています。

 日本での集団ストーカーの主犯となるのは、官僚とみてまず間違いないでしょう。 官僚は公安警察や表の警察組織やマスコミ、政府などに強い支配力を持っているからです。 政治・マスコミ関係者は官僚主権国家のような日本の現状を一番よく理解している人たちで、彼らは警察冤罪とマスコミ偏向報道による、官僚からのおどしがどれほどひどいものがよく知っていますので、官僚に逆らうようなことはほとんどありません。

 官僚に逆らえない体制を作ることは、同時に官僚の内部からの批判者を押さえ込む効果もあります。 警察官やその他の公務員に理不尽で恐ろしい犯罪や不正行為を行わせることで、上位者に服従するようしつけているのです。 公務員全体の支配には給料の増額や、職を解かれた後の再就職先の斡旋を行うことで、現役公務員や退職後の公務員まで生涯に渡って支配し続けようとしています。 上位者に服従しない公務員は、役に立たない犯罪奴隷だと判断され、組織から追い出され、集団ストーカー被害者となり再就職も妨害されるような強力な罰が与えられることになります。 集団ストーカー被害者は、官僚や公安など主犯格の組織からすれば、内部への見せしめにもなっています。

 有名陰謀論者のリチャード・コシミズさんも、以前は集団ストーカーを否定していましたが、2016年ころからでしょうか、今では裏切り者への見せしめという意味で集団ストーカーという言葉を使うようになってきています。

 官僚主導であるという点は、政財界、あるいは芸能界の有名人のなかで、集団ストーカー被害にあたる警察冤罪・マスコミ偏向報道被害を受けている人たちをみれば、それが官僚の利権目的で行われていることからも明らかです。 2016年のASKAさんの冤罪逮捕事件も、ASKAさんが反原発思想がなく、監視社会への警鐘も鳴らしていなければ、起こらなかった可能性もあります。

 政治やマスコミと関係のある人は、その関係が強ければ強いほど強力な官僚支配を受けていますが、彼らからするとその被害は集団ストーカーというよりも、より直接的な警察冤罪とマスコミ偏向報道だと理解していることでしょう。 それが私たち一般人になると、警察冤罪やマスコミ偏向報道というよりも、末端の警察官や創価学会などのカルト信者を目にする機会が多いので、よく分からない集団による集団ストーカーだと感じることになります。

 集団ストーカー被害者の多くが訴えているように、テレビ・ラジオを使ったほのめかし被害も実際に存在しています。 これら旧メディアを使った情報操作や心理操作は官僚の常套手段で、私たちのような一般被害者もその被害にあっています。 2016/2/9, 2017/3/2

< 参考 >
印象操作や思考誘導





Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system