集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカーとは いったい何が起きているのか

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカーとは

いったい何が起きているのか

gang_stalking, 2015/12/01, 2017/10/6

< 目次 >

いったい何が起きているのか

集団ストーカーとテクノロジー犯罪という言葉

テクノロジー犯罪は隠れた体罰

ネットで初めて知る犯罪の事実

ベテラン被害者でも分からないテクノロジー犯罪

一体、どうすれば?

「負けるな」


< 参考 >

概要の解説 - 集団ストーカー.info

集団ストーカーとは? 一般人向けの基本情報 - ウォーカーのブログ

集団ストーカーとは支配層の見えない暴力装置 K24 - 阿修羅♪掲示板

【阿修羅】クークラック 集団ストーカー資料|ウォーカーのブログ

初心者向け説明

参考:凶悪な組織的ストーキング犯罪からの退避文書




いったい何が起きているのか

 集団ストーカーについて短くまとめると、

(1)隠れて行われる組織的な監視・嫌がらせ・体罰犯罪で、

(2)組織は、カルト団体・企業・役所・警察・政府・裁判所・マスコミなどが共謀し、

(3)目的は、対象者の排除、政治工作、詐欺犯罪、洗脳実験などで、

(4)内容は、永続的な悪意の演出による心理誘導や科学技術を駆使した肉体攻撃が行われる、

と言ってよいでしょう。




集団ストーカーとテクノロジー犯罪という言葉

 集団ストーカーは一般社会では存在が隠蔽されていて、公には存在しないものとして扱われています。 そのため言葉の意味を正しく定義した辞書などは今のところは存在しません。 しかし、おおむね集団ストーカーやテクノロジー犯罪などの犯罪と被害を総称する言葉となっています。 テクノロジー犯罪も犯罪である以上それを行うのは人間ですから、根本的には人為的な犯罪であって、集団ストーカー犯罪と呼んで問題はないでしょう。

 少し細かく分類すると、心理攻撃など人為的な部分を集団ストーカーと呼び、 科学技術を悪用した部分をテクノロジー犯罪と呼ぶ傾向があります。

 この犯罪は、法律や常識の隙を突き、現在の刑法などのルールでは裁かれないようなやり方で、隠れて行われるのが特徴で、ヨーロッパではコバート・ハラスメント(隠れた嫌がらせ・見えない体罰)などとも呼ばれています。

 実際に行われている犯罪は、集団的人権侵害と呼ぶべき、嫌がらせ行為、社会的ないじめ、ハラスメント行為、科学技術を悪用した体罰などによる犯罪行為です。 精神や肉体へダメージを与える点から、行為としては体罰にあたりますが、何らかの目的へ誘導していることから拷問だと言ってもよいでしょう。

 その行為には、迷惑行為禁止条例やストーカー禁止条例などの法令によって禁止されている犯罪行為が、多く含まれています。 通常は隠れて行われる犯罪ですが、加害者によっては証拠を残してしまうこともあり、被害者が裁判で勝訴した例もあります。

 個人または少数者に対して、集団で加害行為を行うことから、この集団性・組織性に注目して、集団ストーカー、組織的ストーキング被害、英語ではギャングストーキング、エレクトリックハラスメント(ER)、TI、コインテルプロ、MKウルトラ、コバート・ハラスメントなど、警察公安用語では行動観察や強制尾行、カウンターインテリジェンスなどとも言います。

< 参考 >
用語




テクノロジー犯罪は隠れた体罰

 監視や嫌がらせの方法に色々な科学技術が使われることから、この技術面に注目して、テクノロジー犯罪、電磁波被害、エレクトリック・ハラスメントなどと呼びます。

 テクノロジー犯罪ではテレパシー技術や思考送受信・指向性兵器など一般社会では作り話として隠蔽されている技術が実際に使われています。 この犯罪や技術について、一般社会では長年に渡り高度な情報隠蔽が続けらていてます。 そのため、被害者をはじめ常識的な人々が被害にあっても、自分が被害を受けていることすら自覚することが出来ないことがよくあります。

 テクノロジー犯罪技術の存在を理解できない被害者は、自分が病気になったのではないかと疑ったりするようになります。 たとえば体の特定の部位、肩・腰・膝などの普通の人でも痛みが出やすい箇所を狙い、何年も痛みを感じる思考送信などを行い、病気を偽装し不要な手術を受けさせるような、公安などの防犯利権と医療利権が手を組んだような犯行が行われることもあります。

 一般常識や自分の経験や体感では、感知できない犯罪手法もありますので、被害者がネット情報などから自分の被害を理解したときには、すでに何年も被害にあい続けた後だったというようなこともよくあります。 10年以上も被害を受けているという被害者もかなりの数に上り、中にはは30年以上も被害を受け続けているという人までいます。




ネットで初めて知る犯罪の事実

 被害者が事実を理解するのは主にネット情報からです。 ネットで情報を集めた被害者は、それらの被害が現代科学で説明可能なテクノロジー犯罪に過ぎなかったことを少しずつ理解していきます。 ネットのアクセス解析では高齢者のアクセス比率のほうが高くなっているサイトがあり、近頃はネットを使わない高齢者へと加害行為のターゲットが移りつつあるのではないかとみられています。 このことから高齢者が財産を盗み捕らえるような被害に合っているのではないかと懸念されています。

 集団ストーカー犯罪は、「集団ストーカー」という言葉をマスコミが放送禁止用語扱いしているため、世間一般には広まっていませんが、実際に存在し、日本でも1980年代中盤から被害報告が確認されている列記とした犯罪行為です。

 政府やマスコミはひたかくしに隠し続けていますが、インターネット上では被害記録や犯罪分析などの情報が公開されています。 公開されている情報は日々増え続け、犯罪分析はより詳細かつ的確なものへと発展しつつありますので、いずれは政府・マスコミも犯罪を隠し続けられなくなるでしょう。

 被害者やその家族などの関係者は犯罪や被害への対処や問題解決のためよりよい情報を集め、自身の被害関連情報を公開するなどして、問題の解決を目指していかなければなりません。




ベテラン被害者でも分からないテクノロジー犯罪

 テクノロジー犯罪に使われる科学技術は日々進歩していて、より高度な技術が被害者の人生を使って無断で実験されている状態にあります。 またその犯罪技術へ被害者が対処すると、加害者たちはそれに応じて犯行方法を変化させていきますので、テクノロジー犯罪の変化には常に注意していく必要があります。

 テクノロジー犯罪は、その犯罪の基本方針に、「被害者に悟られずに被害者の心理や行動を変化させる」という犯罪思想があります。 そのため、おおむね被害者に自覚できない、あるいは因果関係を証明できないような変化が起こった場合、テクノロジー犯罪である可能性があると考えておけばよいでしょう。

 被害者は集団ストーカー・テクノロジー犯罪として同じ犯罪として扱っていますが、加害行為全般は実行する組織や実行犯によって犯罪傾向が異なります。 被害は、おおむね人為的な心理誘導から始まり、科学技術による肉体攻撃へと変化していく傾向があります。

 被害者や関係者は、被害を悪化させないため、あるいは被害を改善するため、自分の置かれている現状をより正確に把握し、今後の被害の経過などを正しく分析、また予測していくことで、被害を最小限に食い止めるよう心がけてください。 2015/10/7, 2017/10/5




一体、どうすれば?

 対処活動は基本的には、より客観的で説得力のあるような、インパクトの強い動かぬ証拠をどんどん集めて公開し、より多くの人に理解を求めていくことになります。 これが集団ストーカー犯罪だとの戦いと言ってよいでしょう。 バランスをとるのが難しい部分もありますが、自分自身の受けている被害を軽減していくことも大切です。 無闇に自分の心身を傷つけるようなことは避けたほうが活動の継続や最終的な問題解決にとっては有効な対処となるでしょう。

 証拠となるものは、被害記録・分析・写真映像・被害漫画・技術の特許や製品・兵器情報・利権や裏社会情報などで、周知方法はネットやチラシその他の街宣活動となります。 テレビや政治家が「集団ストーカー撲滅」などと言ってくれればよいのですが、それはまだ先の話となるでしょう。

 下の参考にあげたガイドラインでも触れていますが、具体的な被害の軽減には加害者側のリスクを高めること、つまり、加害者や組織が特定されるようなより具体的な加害行為の証拠を収集や拡散が有効となります。

 最終的な問題の解決としては、政府など加害組織に罪を認めさせ、犯罪をやめさせることだと言ってよいでしょう。

 そうとはいえ実際に政府に罪を認めさせることは難しいでしょうから、今の段階としては、まずは説得力のある証拠を収集・拡散することで理解者を増やし、犯行を断念させるということが優先すべき課題となるでしょう。

 さしあたり表に出てきているメーソン系カルトメンバーや警察官などから証拠を集めるのがやりやすいのではないでしょうか。 近頃はパトカーによる尾行や監視圧力被害が減ってきているという情報もありますので、小さな証拠集めが功を奏してきていると言ってよいのもしれません。


< 参考 >

集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害改善ガイドライン
 警察・公安・自衛隊を犯罪者や犯罪組織にしないための戦い

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール




「負けるな」

 この一連の犯罪の共謀者には政府・警察・マスコミ・裁判所などが含まれていますので、問題の完全解決へ至る道はかなり険しいものとなります。

 この犯罪における世界共通の傾向ですが、どの国でも政府が関与しており、政府が圧力をかけるなどして影響力を発揮できる組織のほとんどは一連の集団ストーカー犯罪に加担し、そこから何らかの利益を得ているような状態にあります。

 現在はこのように、被害者にとって極めて不利な状況が出来上がってしまっています。 集団ストーカーは犯罪行為や社会問題として対処すべき問題ですが、その解決の主体となるべき政府や警察こそが実行犯となっているとみられています。

 この絶望的にみえる状況下では、被害者に対して、解決するまで頑張れ、などといった安易な言葉をかけることは出来ないでしょう。 頑張れと言っても、何をどうすればよいのか、まずはそこから試行錯誤を繰り返していかなければなりません。

 それでも集団ストーカーが犯罪行為であり、犯罪の証拠が集まりつつあることから、将来的には対処できるようになる社会問題であることは、社会的あるいは歴史的な事実と言ってよいでしょう。

 集団ストーカーは政府が見つからないように人々を苦しめている卑劣な犯罪行為そのものですから、いつか必ず何らかの建設的な対処が行われるはずです。 今のような人権侵害状態が永遠に放置され容認され続けると考えると信じている人がいるとすれば、そのほうがまったく現実的ではない、おかなしな考え方です。

 集団ストーカー問題はいずれ解決されるはずですが、それがいつになるかは分かりません。 この状態で被害者に対して言えることは、とにかく負けないで欲しいということです。

 このサイトが被害者のみなさんへ一番伝えたいことは、集団ストーカーとの戦いは、時間はかかっても、いずれは必ず勝てる戦いですから、それまではあきらめずに頑張って欲しいということです。 これがこのサイトのトップページやツイッターなどに載せている「大丈夫です。 勝つまでやれば、勝てます。 あきらめさせるのが、彼らのやり方です。」という言葉の意味です。

 これをさらに短く一言で言うなら、

「負けるな」

ということです。 集団ストーカーに負けないでください。

 被害者は一連の集団ストーカー犯罪を受け始めると、ものすごい巨悪に囲まれているかのような印象を受けることがよくありますが、それは犯罪者が得意とする詐欺的な心理誘導にすぎません。 実際にはたいしたことはしていません。 加害者たちは、悪い噂を流して周囲の人をだましたり、人や物を見せたり、音を聞かせたり、体に痛みを与えおどし、誤解を与え、被害者の心理を操作しようとしているだけにすぎません。

 あなたの人生はまだ終わってはいません。 まだ勝つチャンスはあります。 この戦いはいずれは確実に勝てる戦いです。 あなたには自分の人生に負けずに、犯罪にも負けず、自分の人生を生き抜いて勝利をつかむチャンスがあります。

 我慢して被害を受け続けさせること、その高ストレス状態を被害者に受け入れさせること、つまりは、あなたに人生をあきらめさせることこそが犯罪者の目的です。

 被害者が負けずに戦い続けるということは犯罪に対する小さな勝利であり、この小さな勝利がいずれ大きな勝利へとつながっていきます。 2017/10/5


< 参考 >
超初心者向けの集団ストーカー説明
 集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」




参考:凶悪な組織的ストーキング犯罪からの退避文書


 この部分の記事は、以前、このサイトからも投稿していた他のサイトにあった説明の転載となっています。 参考までに載せておきます。


 集団ストーカーや組織的な嫌がらせについての説明は、下記のサイトや被害リンク先のサイトなどを参照してください。

集団ストーカー.info(企業ストーカー、職場ストーカー) (2015/12/01)

撲滅、集団ストーカー対策マニュアル (2016/01/11)

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)


 サイトのタイトルとなっている「凶悪な組織的ストーキング犯罪(旧サイト名)」とは、いわゆる集団ストーカー犯罪やギャングストーキング犯罪のことです。

 恋愛関連のトラブルが原因とされる一般的なストーカーが、複数人でストーカー行為を行っているということではありません。 組織化された集団による、個人または少数者へ対する監視・ほのめかし・おどし・挑発などの凶悪な人権侵害行為のことです。

 この犯罪行為が悪化すると、最終的には被害者に自殺を強要するような悲劇が起こります。 実際に自殺の被害報告もあり、芸能人では清水由貴子さんの自殺や、政治家では矢野絢也さんが受けた監視・脅迫被害などがそれにあたります。 このように秘密裏に悪化する大変危険な社会問題となっています。

 日本では政府やマスコミによって「集団ストーカー」という言葉を使うこと自体が規制されているとみられ、政府ぐるみの隠蔽工作が行われているとも予想されています。

 歴史的には世界大戦時の洗脳研究の流れの延長にあり、先進各国で日本の集団ストーカーと同様の洗脳監視犯罪のような被害が確認されています。 世界的に軍事や治安維持目的で脳や生体活動の研究が行われており、この研究成果の一部が犯行に悪用されているとみられています。

 一般的な電磁波を利用した脳や生体活動の研究は、世界中で様々な特許が出願されていることからも分かるように、学術機関だけでなく、民間企業なども研究を行っています。 集団ストーカー犯罪の思考盗聴や電磁波攻撃などに悪用されるような、電磁波技術は、日本ではカルト教団が行っているという報告もありますが、世界的には、政府や軍が主導で直接的、または間接的に研究機関へ資金援助を行い研究させているという見方が有力のようです。

 国内の被害規模については諸説ありますが、数千から数十万と幅があり、正確なところはあまり分かっていないようです。 現状では、NPOサイトの被害報告が1,500人を超え、Twitterの集団ストーカー関連の人気アカウントのフォロワー数が5,000人前後となっています。 フォロワーには被害者以外の人も含まれるでしょうから、それを差し引いて3,500人として計算すると、合計で5,000人程度となります。 これがインターネット上で確認できる最低人数と考えてよいでしょう。

 すべての被害者が自分から積極的にネット経由で報告したり、Twitterを利用したりしているわけではありませんので、実数としては、その10倍から20倍の5万人から10万人程度とみるのが妥当ではないでしょうか。 (2015/12/01)






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system