集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカーとは いったい何が起きているのか

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカーとは

いったい何が起きているのか

gang_stalking, 2015/12/01, 2017/5/15

< 目次 >

参考

集団ストーカーとは
 いったい何が起きているのか

凶悪な組織的ストーキング犯罪からの退避文書






参考


 このサイトでまとめている集団ストーカー・テクノロジー犯罪についての説明です。

 ネット上ではおおむね、犯罪を隠蔽しようとする加害者側は精神病扱いし、それ以外の被害者や問題を解決しようとしている人たちは事実として被害を訴え、犯罪と戦っています。 2016.9.28

概要の解説 - 集団ストーカー.info

集団ストーカーとは? 一般人向けの基本情報 - ウォーカーのブログ

集団ストーカーとは支配層の見えない暴力装置 K24 - 阿修羅♪掲示板

初心者向け説明






集団ストーカーとは


いったい何が起きているのか

 集団ストーカーについて短くまとめると、

(1)組織的な監視・嫌がらせ犯罪で、

(2)組織は、カルト団体・企業・役所・警察・政府・裁判所・マスコミなどが共謀し、

(3)目的は、対象者の排除、政治工作、詐欺犯罪、洗脳実験などで、

(4)内容は、永続的な悪意の演出による心理誘導が行われる、

と言ってよいよいでしょう。


 集団ストーカーとは、集団ストーカーやテクノロジー犯罪などの犯罪と被害の総称です。 集団的人権侵害と呼ぶべき、嫌がらせ行為、社会的ないじめ、ハラスメント行為などによる犯罪行為です。 その行為には、迷惑行為禁止条例やストーカー禁止条例などの法令によって禁止されている犯罪行為が、多く含まれています。

 個人または少数者に対して、集団で加害行為を行うことから、この集団性・組織性に注目して、集団ストーカー、組織的ストーキング被害、英語ではギャングストーキング、警察公安用語では強制尾行などと言いますが、これらの言葉はほぼ同じ意味です。

参考:用語


 嫌がらせの方法に監視の技術が使われることが多いため、この技術面に注目して、テクノロジー犯罪、電磁波被害、エレクトリック・ハラスメントなどと呼びますが、これらの言葉もほぼ同じ意味で使われることがあります。

 テクノロジー犯罪では一般社会では作り話として隠蔽されている魔法や超能力を使っているとしか思えないような加害行為が行われています。 そのため被害が始まってからはしばらくの間、被害者は自分の体や周辺で何が起こっているか理解できず、自分が病気になったのではないかと疑うようになることもあります。

 しかし、ネットで情報を集めた被害者は、それらの被害が現代科学で説明可能なテクノロジー犯罪に過ぎなかったことを少しずつ理解していくことになります。 近頃はネットを使わない高齢者に加害行為のターゲットが移っているというデータもあり、高齢者が財産を盗み捕らえるような被害に合っているのではないかと懸念されています。

 集団ストーカー犯罪は、「集団ストーカー」という言葉をマスコミが放送禁止用語扱いしているため、世間一般には広まっていませんが、実際に存在し、日本でも1980年代中盤から被害報告が確認されている列記とした犯罪行為です。

 政府やマスコミはひたかくしに隠し続けていますが、インターネット上には様々な情報が公開されていますので、被害者や関係者のかたは的確に対処するため、よりに正しい情報を手に入れるよう努力すべきでしょう。

 科学技術の進歩や被害者の被害対策によって加害者の加害行為は変化していくので注意が必要となります。

 被害者や関係者は、被害を悪化させないため、あるいは被害を改善するため、自分の置かれている現状をより正確に把握し、今後の被害の経過などを正しく分析、また予測していくことで、被害を最小限に食い止めるよう心がけてください。 2015/10/7, 2016/11/10


< 参考 >
超初心者向けの集団ストーカー説明
 集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」






凶悪な組織的ストーキング犯罪からの退避文書


 集団ストーカーや組織的な嫌がらせについての説明は、下記のサイトや被害リンク先のサイトなどを参照してください。

集団ストーカー.info(企業ストーカー、職場ストーカー) (2015/12/01)

撲滅、集団ストーカー対策マニュアル (2016/01/11)

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)


 サイトのタイトルとなっている「凶悪な組織的ストーキング犯罪(旧サイト名)」とは、いわゆる集団ストーカー犯罪やギャングストーキング犯罪のことです。

 恋愛関連のトラブルが原因とされる一般的なストーカーが、複数人でストーカー行為を行っているということではありません。 組織化された集団による、個人または少数者へ対する監視・ほのめかし・おどし・挑発などの凶悪な人権侵害行為のことです。
 この犯罪行為が悪化すると、最終的には被害者に自殺を強要するような悲劇が起こります。 実際に自殺の被害報告もあり、芸能人では清水由貴子さんの自殺や、政治家では矢野絢也さんが受けた監視・脅迫被害などがそれにあたります。 このように秘密裏に悪化する大変危険な社会問題となっています。

 日本では政府やマスコミによって「集団ストーカー」という言葉を使うこと自体が規制されているとみられ、政府ぐるみの隠蔽工作が行われているとも予想されています。

 歴史的には世界大戦時の洗脳研究の流れの延長にあり、先進各国で日本の集団ストーカーと同様の洗脳監視犯罪のような被害が確認されています。 世界的に軍事や治安維持目的で脳や生体活動の研究が行われており、この研究成果の一部が犯行に悪用されているとみられています。

 一般的な電磁波を利用した脳や生体活動の研究は、世界中で様々な特許が出願されていることからも分かるように、学術機関だけでなく、民間企業なども研究を行っています。 集団ストーカー犯罪の思考盗聴や電磁波攻撃などに悪用されるような、電磁波技術は、日本ではカルト教団が行っているという報告もありますが、世界的には、政府や軍が主導で直接的、または間接的に研究機関へ資金援助を行い研究させているという見方が有力のようです。

 国内の被害規模については諸説ありますが、数千から数十万と幅があり、正確なところはあまり分かっていないようです。 現状では、NPOサイトの被害報告が1,500人を超え、Twitterの集団ストーカー関連の人気アカウントのフォロワー数が5,000人前後となっています。 フォロワーには被害者以外の人も含まれるでしょうから、それを差し引いて3,500人として計算すると、合計で5,000人程度となります。 これがインターネット上で確認できる最低人数と考えてよいでしょう。

 すべての被害者が自分から積極的にネット経由で報告したり、Twitterを利用したりしているわけではありませんので、実数としては、その10倍から20倍の5万人から10万人程度とみるのが妥当ではないでしょうか。 (2015/12/01)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system