集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
20.一般分析 被害と対策

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

20.一般分析

被害と対策

idx20, 2015/10/7, 2017/1/26

今後の予定、懸案事項




初心者向け説明


 まずはその監視や偶然を装った嫌がらせが集団ストーカーだと被害初心者に自覚してもらい、対策を援助します。 和平交渉、加害者との話し合いの場では、加害者への説得材料にもなります。 2016/04/15

超初心者向けの集団ストーカー説明
 集ストは「組織的な監視・嫌がらせ犯罪」

集団ストーカー・テクノロジー犯罪 初心者講習
 ネット知識が少ない方や被害初心者の方へ

集団ストーカーの基礎知識

目次へ




対策の理念


 こころえ、目標、概要など。


不正の改善策
 不正行為の間接的な抑止、再発防止策

知らなければどうにもならない
 聴いて理解する集スト問題

犯罪対策の基本方針
 集スト犯罪は、オオカミ少年の監視詐欺にすぎない

15102206.20 監視犯罪は確実に改善する

15101903.20- 監視犯罪の改善、全体の流れ【作成中】
 犯罪や被害情報の周知、対話による改善策の検討、法整備

恐怖支配は臆病者の支配方法
 テロ・カルト教団・秘密結社は臆病者を支配する

加害者の健全化
 加害者の健全化活動を続け社会全体の健全化を目指す

役所の集団ストーカー非難への対策マニュアル

集団ストーカーの3つの問題
 人為的・科学的・社会的問題

自殺・絶望
 被害者に一度は自殺・絶望を意識させるのが集ストのシステム

集団ストーカー問題の解決予想
 被害限界の突破とともに世界は集スト問題を改善させる

被害限界の突破
 逮捕されない犯罪者は際限なく悪事を繰り返すため限界を超えてしまう

どんな変化が起これば、問題が解決されるのか

証拠のない犯罪の立証
 「証拠がないときは、証言させればいいんです」(古畑任三郎)

犯罪全体のなかでの集団ストーカー問題対処の優先順位

秘密結社システムと集団ストーカー
 秘密犯罪の結果としての集団ストーカー被害

15092901.20 テレビ・ラジオ経由の被害 メディアと共に歩む未来

目次へ




全般的な被害と対策


 比較的全体に共通する問題への対策例や実際に対策するときの方法案など

被害対策を始める前に
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害対策を始めるにあたっての注意

道徳心向上策
 人類愛の育て方

証拠の確保
 映像証拠は犯罪抑止効果が高い

健康管理
 最も確実な被害対策、ビタミン摂取や睡眠法・メンタルケアなど

英気を養う必要性
 活動を続ける工夫

和平交渉
 話し合いによる事態の改善

強打速攻法
 すぐに反撃する方法

洗脳・マインドコントロール:心理的な支配や思考誘導
 加害者がほのめかしや文章などで行う、被害者への思考や心理への誘導、ごまかしやおどしなど

犯罪者へのアドバイス
 危ない橋は想像以上に危ない

全般的な被害と対策
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪

犯罪の沈静化
 嫌がらせなどの被害を無視・黙殺する被害軽減法

精神病工作
 精神病の誤診断への対策、統合失調症などの精神病扱いされないために

統合失調症
 集団ストーカー犯罪の目的のひとつ

出入り口や室内の防犯
 内鍵や防犯カメラなどの不法侵入対策

悪い対処例
 集スト被害対策の失敗例


< 参考 >

被害対策・被害改善方法リンク
 ほかのサイトの被害対策や防御法など

集団ストーカー関連の被害・被害の種類
 そのハラスメント、集スト・テク犯じゃありませんか?

テクノロジー犯罪
 そのほかのテクノロジー犯罪はこちら

被害対策グッズ
目次へ




個別の被害と対策


 比較的個別の問題への対策例や実際に対策するときの方法案など

被害対策を始める前に
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害対策を始めるにあたっての注意

アンチガスライティング
 加害者の健全化策

ほのめかし
 実際の音声や思考送信による音被害対策

ネット・パソコン被害
 動かない、速度が遅い、SNSや動画などが見れないなど

電話線の切断
 思考盗聴対策に高い効果、低コスト高効果

非常識工作
 非常識性を根拠にした隠蔽工作の論破

集スト・強制尾行被害の通知書の配布
 犯罪者への反撃、隣人知人へ注意喚起

ノイズキャンペーン対策
 所詮は時報やアラームのようなもの

警察への通報・相談・被害届
 一時的に被害は悪化するが、徐々に改善する傾向がある

GPS尾行
 アルミホイルで包むだけで尾行被害が軽減

ネット情報音声化計画
 被害改善の突破口を模索するための音声資料の作成

カルトナンバー被害と対策
 被害妄想を助長する監視包囲偽装マインドゲーム

落書き
 警察への通報と筆跡鑑定用の証拠確保

対策の優先順位とコスト


< 参考 >

被害対策・被害改善方法リンク
 ほかのサイトの被害対策や防御法など

集団ストーカー関連の被害・被害の種類
 そのハラスメント、集スト・テク犯じゃありませんか?

テクノロジー犯罪
 そのほかのテクノロジー犯罪はこちら

被害対策グッズ
目次へ




犯罪者コントロール


 対策例や実際に対策するときの方法案など


周りの人への説明
 理解を得るには、犯罪者非難は後回し、先に被害や犯罪の仕組みを説明

嫌がらせの抑止と沈静化
 嫌がらせ犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺

犯罪支配の境地
 集団ストーカー犯罪をあえて行わせるという考え方

加害行為の誘導とコントロール
 実行犯の加害行為をその命令内容や基準から制御

電波妨害機導入のすすめ
 イタチゴッコとはいえ、それなりに有効な対策


< 参考 >

 参考としてあげているものはほかの被害対策などと内容が重複しています。いくつかはいずれ犯罪者コントロールに移動する予定です。 2017/4/1

道徳心向上策
 人類愛の育て方

証拠の確保
 映像証拠は犯罪抑止効果が高い

和平交渉
 話し合いによる事態の改善

強打速攻法
 すぐに反撃する方法

犯罪者へのアドバイス
 危ない橋は想像以上に危ない

犯罪の沈静化
 嫌がらせなどの被害を無視・黙殺する被害軽減法

出入り口や室内の防犯
 内鍵や防犯カメラなどの不法侵入対策
アンチガスライティング
 加害者の健全化策

非常識工作
 非常識性を根拠にした隠蔽工作の論破

集スト・強制尾行被害の通知書の配布
 犯罪者への反撃、隣人知人へ注意喚起

警察への通報・相談・被害届
 一時的に被害は悪化するが、徐々に改善する傾向がある
カルトナンバー被害と対策
 被害妄想を助長する監視包囲偽装マインドゲーム

落書き
 警察への通報と筆跡鑑定用の証拠確保





テクノロジー犯罪


 テクノロジー犯罪と呼ばれている世間ではあまり知られていないハイテク犯罪の被害と対策

被害対策を始める前に
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害対策を始めるにあたっての注意


人の体で使われている電気的信号や神経伝達物質
 思考・運動・細胞生成などの多くにイオンが関係している

電磁波被害と対策
 電磁波・テクノロジー犯罪関連の被害と対策の総合インデックス

音波系被害と対策
 高周波・低周波など

毒物系の被害と対策


< 参考 >

被害対策・被害改善方法リンク
 ほかのサイトの被害対策や防御法など

被害対策グッズ

29.科学技術
 テクノロジー犯罪につながる周辺科学技術




モビング・企業ストーカー


 職場で行われる集団ストーカーの対策や事例


モビング
 企業内集団ストーカーの対策や事例、企業監査など





分析

 テーマ毎の傾向や特徴など


< 分類:その他 >


ネットサイトの更新停止工作
 活動家や被害者のサイトなどを更新停止・削除させる工作

被害者個人情報売買の可能性
 集スト・テク犯被害者の個人情報が数百万円で取引されている?

電波妨害機の販売規制
 身分制度や管理社会到来の幕開け

思考盗聴
 電磁波生体測定による言語イメージや精神状態の解析

強制尾行
 警察や警察主導の防犯パトロールの行う集団ストーカー

引越し
 引っ越しても集団ストーカー被害はなくならない

合法犯罪
 集スト犯は証拠の残らない犯行を好む

マスコミ集スト・メディアガスライティング
 テレビやラジオを使ったほのめかし犯罪など

情報周知・集ストCM
 デモやネットなど集スト情報非規制メディアによる周知活動

パソコンや携帯電話への監視危機
 クラウドもあきらかな監視アーキテクチャ

生体解析技術
 BMI/BCIなどの電磁波による脳波や精神状態などの生体解析技術

電磁波技術の研究機関
 テクノロジー犯罪に使われる電磁波技術の研究機関予測

肖像権侵害
 加害行為が暴かれるため裁判を起される可能性は低い

集団ストーカー犯罪のスケープゴート策
 責任転嫁の流れ、創価・警察・公安・自衛隊・CIA・NSAなどをたらいまわし

北里大学
 テクノロジー犯罪に使われる電磁波技術の研究機関の可能性

暴力団
 同和、在日勢力で構成される利益組織

創価学会の支配者
 池田大作名誉会長の次は誰がどうしているのか

秘密協定システム
 フリーメーソンや集ストの隠蔽方法

過激なテロ
 自爆攻撃や自身の身の安全を省みない暴力的行動、紛争など(BMI技術、電磁波技術による洗脳、神の声作戦

TPPと集団ストーカー
 TPPによる変化は集ストを改善する可能性がある

世界防衛システム
 電磁波技術の隠蔽の正当化説





< 分類1:集団ストーカー関連 >


集団ストーカー犯罪者
 犯罪者の傾向や分析

集団ストーカーの終わり
 集スト犯罪の終わるパターン

集団ストーカーの世襲
 集ストは身分制度のように世襲されている

情報収集のための集スト
 隠れた嫌がらせよりも個人情報の収集が目的

集団ストーカーは政府の予防拘禁策
 危険人物を精神病院に拘束するという政府の集スト犯罪の正当化理論




< 分類2:被害 >


飛び降り自殺の偽装
 創価学会の好む飛び降り自殺を装った殺人

夢干渉型洗脳
 夢芝居の計、睡眠中のイメージ刷り込み犯罪

自殺・絶望
 被害者に一度は自殺・絶望を意識させるのが集ストのシステム

睡眠妨害
 疲労回復の阻害、過労状態に追い込む犯罪

ストリートシアター
 集スト劇団による若干のほのめかし劇場

消耗品攻撃
 犯罪者・被害者の妥協点のような消耗品の窃盗や破壊

被害報告の歴史
 1970年代にはすでに被害報告があった

過労死
 実数が6千人に1人、企業発表数は16万人に1人程度の割合と予想される





犯罪者の分析


集団ストーカー工作員がネット工作に力を入れない理由





サイコパスと監視犯罪


加害者のサイコパス傾向について 15092901.20 テレビ・ラジオ経由の被害 メディアと共に歩む未来





注意


 この大項目20と21の内容は、集団ストーカー まとめ wikiへ情報提供されています。 このサイトと同じ内容が掲載されているのは、無断転載ではなく作者による情報提供が行われたためです。 2015.12.7, 2016.9.1









  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system